スズメ目のタグまとめ

スズメ目」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスズメ目に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スズメ目」タグの記事(838)

  1. 名残のモミジで遊ぶメジロ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    名残のモミジで遊ぶメジロ

    去年の12月に特定健診を受け、医者との面談では血圧が高めで腹囲も少し多いからと、食事指導と毎日の運動を勧められました。塩分控えめで炭水化物を減らす食事を心がけるとともに、ウォーキングを日課とすることにしました。毎日一万歩以上を目標に続けて来ましたが、目標に満たない日があったものの、1ヶ月の平均では12ヶ月連続で、目標をクリアすることが出来ました。コロナ禍の中でこれだけ続けてこられたことに、自...

  2. 2020年ライファー+4 - ☆じん☆「気が向いたら」・・・へなちょこブログ2・・・

    2020年ライファー+4

    今年は新型コロナで社会生活が激変しました。仕事先では3蜜対策で事務所内は透明アクリル板の遮蔽に在籍率を50%未満に抑えるために日替わり交代の在宅リモート勤務。みんなで集まることはタブーとされ全てビデオ会議。そして、仕事に関係なく公私共に一日中、マスクに手洗、お買い物をしたらアルコール消毒。お陰で手荒れが酷く指先も割れて痛い思いをしています。そんな中、鳥見だけはなんとかせねばと、今年2020年...

  3. ササ藪にアオジがいました - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ササ藪にアオジがいました

    毎年、年末のクリスマス前後になると、年賀状の作成に追われることが、年中行事のようになっています。現役時代は、200枚以上の年賀状を出していましたから、出し終えるまでが本当に大変でした。現役を退いてからは、年々その数を減らすように努めて、今年は100枚以下になりました。パソコンで印刷できるのは助かりますが、一枚一枚に近況報告などの添え書きをしていますから、書き終えるまで結構な時間が掛かります。...

  4. 水場にコガラの群れが - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    水場にコガラの群れが

    軽井沢野鳥の森と小根山森林公園を巡る探鳥行では、一日目は軽井沢の湯川ふれあい公園で、2日目は峠の湯の駐車場でそれぞれ車中泊をして来ました。この峠の湯は初めて車中泊する場所でしたが、利用できるトイレは駐車場に近いところと、すぐ脇のアプトの道を歩く人用の公衆トイレの2箇所がありました。特に、アプトの道側の公衆トイレは、ウォッシュレット付きの温水便座になっていて、とても快適な施設でした。寒い冬の季...

  5. 冬を迎えたゴジュウカラ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    冬を迎えたゴジュウカラ

    クリスマスを迎えましたが、今年は街の中に流れるジングルベルがあまり聞かれません。クリスマスツリーやサンタクロースなどの飾り付けが、いつもの年より少ないような気がします。私が住んでいる竹の塚では、例年、元渕江公園で光の祭典が開催されて、1ヶ月ほど前から駅前から公園までの街路樹に、色とりどりのイルミネーションで飾り付けられていましたが、今年はそれも中止となってしまい、寒々とした光景となっています...

  6. 初冬の別荘地にいたカケス - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    初冬の別荘地にいたカケス

    年の瀬も押し詰まり、年内に通勤するのは今週いっぱいとなりました。私の職場は、テレワークと年末年始のお休みで、来年1月11日の成人の日まで出勤することはありません。このところ増加傾向にある、新型コロナの感染拡大に対応するためですが、何もない時の長期休暇は嬉しいものの、ここにきて17日間のステイホームというのは、あまり嬉しい話ではありません。今朝は、出勤のため職場近くの地下鉄駅を出ると、鋪道には...

  7. シジュウカラも近い近い - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    シジュウカラも近い近い

    12月第二週の週末は、軽井沢で探鳥した後、碓氷峠を越えて安中市の峠の湯の駐車場で車中泊をしてきました。この日の目的は、小根山森林公園にやって来ているであろう、冬鳥達の写真を撮影することにありました。そこで付近で車中泊ができる場所はないかと探したところ、この場所が見つかったというわけです。ここは初めて宿泊する場所でしたが、静かな環境でよく寝ることが出来ました。寝る前に入浴しようかとも思いました...

  8. 渓流沿いのミソサザイ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    渓流沿いのミソサザイ

    今年も残すところあと10日を切りました。慌ただしい歳の瀬を迎えましたが、この1年は新型コロナウイルスの脅威に晒され続け、これまで経験したことがないような、厳しい年となりました。早く元通りの生活ができるように、コロナワクチンと治療薬を早期に提供してもらいたいものです。そして来年こそは、明るく健やかに暮らせる良い歳になってくれることを願います。さて、今回紹介しているのは、軽井沢で撮影したミソサザ...

  9. とても近かったヤマガラ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    とても近かったヤマガラ

    このところ強い寒気団が日本列島を覆っていて、日本海側では大変な大雪に見舞われています。都内では晴れの日が続いていますが、冷え込みが厳しくなってきました。新型コロナの感染拡大が気になるこの頃ですが、先週末の12月13日(日)は、三密を避けて、群馬県安中市の小根山森林公園へ行って来ました。もう冬鳥の本隊が到着しているだろうから、赤い鳥、青い鳥、黄色い鳥など色々な野鳥たちとの出会いが楽しみでした。...

  10. 水場に飛来したヒガラ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    水場に飛来したヒガラ

    日本海側には記録的な大雪が降り、関越自動車道ではたくさんの車が立ち往生したと、ニュースで紹介されていました。都内でも最低気温が氷点下になるなど、真冬の寒さが身に沁みる季節となって来ました。この週末は新潟県へ遠征して、ガンカモの観察をしようと思っていましたが、酷い雪ですから予定を変更しました。長野県の探鳥地も検討しましたが、やはり雪の心配がありますから、雪のない関東地方の探鳥地に変更することに...

  11. 林道沿いのジョウビタキ♂ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    林道沿いのジョウビタキ♂

    12月に入りましたから、東京近郊の探鳥地には、どこでも冬鳥がたくさん渡来しているのではないかと思いました。冬の野鳥たちと出会うため、どこへ行こうかと思案にくれて、場所選びで頭を悩ましましたが、それもまた楽しみの一つです。各地の天気予報も、場所選びには大切な要素です。思いを巡らせているうちに、数年前に足を運んだ早戸川林道のことを思い出しました。このブログのパート1で “錦秋の早戸川林道” とし...

  12. 黄葉の中のアトリ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    黄葉の中のアトリ

    車中泊をしながら、各地の探鳥地を訪問することを楽しみにしています。でも、寒い季節を迎えて、夜の冷え込みは身体に堪えます。寝袋に潜り込めば、さほど寒さは感じませんが、それまでの時間は冷え冷えした車内で過ごすことになりますから、何か工夫が必要です。そこでこの日の夕食は身体が温まるようにと、カセットコンロで鍋焼きうどんを作りました。とは言っても、コンビニで買ってきた、アルミの鍋で温めるだけのやつで...

  13. 夕陽の中にいたジョウビタキ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    夕陽の中にいたジョウビタキ

    私の探鳥行は、7〜8年前から車中泊するようになってから、日帰りばかりであったものが、天気が悪い時や用事がある場合以外は、週末を三連休にするなどして、各地の探鳥ポイントを訪ね歩くようになりました。そのために、いろいろなグッズを揃えて、今では快適な車中泊ライフを過ごせるようになりました。その中の一つが CRAZY CREEKです。いわゆる携帯用の座椅子ですが、これがとても便利グッズなのです。車内...

  14. シロハラも渡来していました - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    シロハラも渡来していました

    11月の最終週は、栃木県真岡市にある井頭公園での探鳥を楽しんできました。もともと週末を利用して、1泊2日の日程で他の探鳥地へ行く予定でしたが、天気の具合で変更せざるをえなくなりました。ここは何とかお天気が持ちそうだったので選んだ場所でしたが、駐車場は夜間閉鎖になるので、車中泊が出来ないことが分かりました。仕方がありません、車で2〜30分ほどのところにある、道の駅はがで車中泊をすることにしまし...

  15. 樹間を飛び交うアトリ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    樹間を飛び交うアトリ

    11月第4週の週末は、泊まり込みで渡良瀬遊水地のタカ類を観察してこようと、車中泊の予定を立てました。いつものことながら、愛犬の散歩を済ませ、自宅で朝食を済ませてからの出発ですが、平場を走っても昼前には現地に到着します。タカ類が飛翔する夕方まで時間があるので、近くで野鳥観察をする場所はないかと地図ソフトで探していたところ、大平山自然公園というのが目に止まりました。自然公園という名前に惹かれて、...

  16. 谷中湖にいたベニマシコ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    谷中湖にいたベニマシコ

    冬の野鳥観察シーズンを迎えて、先日タイヤを冬用のスタッドレスタイヤに履き替えて来ました。この冬も冬鳥観察に出掛けたいと思う探鳥地が色々あって、北国へ行ったり、山に入ったりすることが多くあるはずです。そのためにも、雪の中でも安心して車を走らせるように、スタッドレスタイヤが必需品です。自宅近くのタイヤ館で交換してもらいましたが、夏タイヤの保管料も含めて、去年は20,000円でお釣りが来たと思って...

  17. 小春日和に憩うジョウビタキ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    小春日和に憩うジョウビタキ

    11月第3週の週末に、今シーズン初めてとなる、銚子漁港のカモメ観察に出掛けてきました。カモメ観察シーズンが始まったばかりですから、最盛期に比べるとまだその数は少なかったですが、それでも堰堤に並ぶカモメ類の写真を、何枚も撮影することができました。帰り道の途中に、外川漁港に立ち寄ってみたところ、既に紹介しているイソヒヨドリの写真が撮れました。とても良いお天気に恵まれて、思いがけず良いお土産も撮れ...

  18. イソヒヨドリ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    イソヒヨドリ

    千葉県の銚子漁港には、もうそろそろカモメ類がたくさん集まっているだろう。利根川沿いの道を走れば、途中でタゲリが見られるかもしれないと、11月第3週の週末に足を運んできました。往路の途中で、タゲリの姿を探しながら車を走らせましたが、今回はその姿を見つけることは出来ず、時期的にまだ少し早かったのかなと思いました。帰り道はカーナビで平場の最短路を案内させたところ、旭市郊外の広域農道を走っている途中...

  19. カケスは樹上に高く - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    カケスは樹上に高く

    11月第2週の週末に、群馬県藤岡市の庚申山総合公園に足を運んできました。渡って来ているであろう、冬鳥観察がお目当ての探鳥行でしたが、冬鳥の姿はサッパリで、期待外れの結果となってしまいました。自然の鳥相手の話ですから、以前は観察できたとしても、いつもそこに居てくれるとは限りません。特に今年は季節の移り変わりが、例年とは違っているように思います。それで、渡り鳥の姿にもズレが生じているのではないで...

  20. 林床のビンズイ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    林床のビンズイ

    今年の秋は、10月下旬に気温が下がって震えるような陽気になりました。冬物の衣類を重ね着するなどしていましたが、11月に入ると一転して暖かい日が続き、都内でも夏日に届きそうな日もありました。まるで季節が逆行しているような感じを受けましたが、そのせいか自然界では、冬鳥達の渡来が遅れているのではないかと思われます。かなり暖かい日が続いていましたから、冬鳥達は急いで南下しなくても、餌が取れる環境であ...

総件数:838 件

似ているタグ