スティーブン・スピルバーグのタグまとめ

スティーブン・スピルバーグ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスティーブン・スピルバーグに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スティーブン・スピルバーグ」タグの記事(36)

  1. 小説がもとになったSF作品 - ハネっちのブログ

    小説がもとになったSF作品

    前回ご紹介した「トータルリコール 2012」は1966年のSF小説「記憶売ります」が原作になっていますが、他にもSF映画には原作が古い小説がもとになっている人気作品がいっぱいあります。今回はそんな小説がもとになったSF作品を鳥川の独断と偏見でご紹介したいと思います。*「トータルリコール 2012」のレビューはココ ←をクリックすると見られます🐸 原作「盗まれた街」ジ...

  2. 映画「ミュンヘン」 - ハネっちのブログ

    映画「ミュンヘン」

    来年は東京オリンピックが開催される年ですが、今から47年前に西ドイツで行われたミュンヘンオリンピックでは大変なテロ事件が起こってしまいました。今回はその「ミュンヘンオリンピック事件」の後日談を描いたスティーブン・スピルバーグ監督の映画「ミュンヘン」をご紹介します。2005年公開「ミュンヘン」あらすじ1972年に西ドイツのミュンヘンで開催された夏季オリンピック、その選手村を自動小銃と手りゅう弾...

  3. 『メン・イン・ブラック/インターナショナル』(2019) - 【徒然なるままに・・・】

    『メン・イン・ブラック/インターナショナル』(2019)

    幼い頃にエイリアンと遭遇したモリーは、その際にMIBの存在を知る。長じて自らMIB本部を突き止め、仲間入りを志願。エージェントOは彼女の熱意と実力を認め、研修生のエージェントMとしてロンドン支局へ配属を命じる。そこでMは自ら売り込み、一見チャラ男だが実は凄腕のエージェントHと組んで要人警護の任務に就くが、謎の暗殺者の出現により任務は失敗してしまう。だが一部の上級エージェントしか知らない筈の任...

  4. 『メン・イン・ブラック3』(2012) - 【徒然なるままに・・・】

    『メン・イン・ブラック3』(2012)

    月の刑務所から凶悪犯ボリスが脱獄。エージェントKの前に姿を現し、「お前は過去で死ぬ」と言い残して姿を消した。Jは本部のデータベースで、かつてKがボリスを逮捕し地球の危機を救ったことを知るが、それ以上は機密扱いになっていた。翌日MIB本部へ出勤したJは、誰もKのことを知らないことに混乱する。亡くなったZに代わる新任のエージェントOからKは既に死亡していていることを聞いたJは、ボリスが過去を改変...

  5. 『メン・イン・ブラック2』(2002) - 【徒然なるままに・・・】

    『メン・イン・ブラック2』(2002)

    Kの引退後、Lをパートナーに活躍していたJだったが、Lとのコンビを解消後は誰と組んでも長続きせず、勝手に相棒の記憶を消す始末。とうとうZからは犬型エイリアンのフランクを相棒につけられてしまう。そんな中殺人事件が発生。調査の結果、これは25年前にKが解決したはずの事件に関係があるらしいことがわかり、JはZの命により今は記憶を消され一般人として暮らしているKを訪ねる。「メン・イン・ブラック」の5...

  6. 『ビリーブ/未来への大逆転』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『ビリーブ/未来への大逆転』(2018)

    子育てをしながら夫であるマーティンと共に大学で法律を学ぶルース。しかし首席で卒業しながらも、「女性である」というだけで彼女を雇ってくれる弁護士事務所はなく、已む無く大学教授の職に就くことになる。「全ての人間は法の下に平等」を謳いながら、実際は性差別を認める法律が数多く存在している。そんな法律を変えて行こうと熱心に学生たちに語るルースだったが、自分が弁護士になりたかったとの不満をついマーティン...

  7. 『メン・イン・ブラック』(1997) - 【徒然なるままに・・・】

    『メン・イン・ブラック』(1997)

    NY市警察の刑事ジェームズは犯人を追跡中に取り逃がしてしまい、逃走犯は自殺してしまうが、その死の寸前に異形を見せた。この荒唐無稽な話は警察内部でも検視官のローレル以外は誰も信じず、ジェームズのミスとして片付けられそうになるが、突然現れた黒衣の男がローレルの記憶を消去、そしてジェームズを自分の所属する組織の一員へとスカウトする。Kと呼ばれるその男は、地球に密かに滞在する多くのエイリアンが犯罪行...

  8. 『バンブルビー』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『バンブルビー』(2018)

    ディセプティコンとの戦いに敗れ、オートボットたちの新たな拠点づくりをオプティマスから託され、サイバトロン星を脱し地球へとやってきたB-127。だが追手の襲撃を受け、発声機能と記憶を失う。1987年、最愛の父を亡くした18歳のチャーリーは、その痛手が癒えずに家族や周囲の人とも打ち解けられず、孤独な毎日を送っていた。そんな時に近所のジャンク屋でオンボロの黄色いビートルを見つけ、無理を言って譲り受...

  9. 『ファースト・マン』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『ファースト・マン』(2018)

    今年はアポロ11号の月面着陸から50年。その節目に合わせその偉業を描いた物語――なんだと思っていた、製作の報を聞いた時は。実際はアポロ11号の船長として、人類史上初めて月面を歩いた男ニール・アームストロングの伝記であった。テストパイロット時代にあのチャック・イェーガーから失格者の烙印を押され、幼い娘を病気で失い、宇宙飛行士に応募して選ばれ、ジェミニ8号に乗り込み初のランデブーとドッキングのテ...

  10. 『グーニーズ』(1985) - 【徒然なるままに・・・】

    『グーニーズ』(1985)

    悪ガキ集団”グーニーズ”は、ある日屋根裏部屋で古地図を発見。それは海賊”片目のウィリー”が残した宝の地図だった。早速宝探しの冒険へと乗り出すグーニーズたち。しかしそこは悪名高いギャング”フラッテリー一家”の隠れ家でもあったのだ。スティーブン・スピルバーグのアイディアを元にクリス・コロンバスが脚本を手掛け、リチャード・ドナーが監督したアクション・アドベンチャー。ショーン・アスティン、コリー・フ...

  11. c534 " ペンタゴン・ペーパーズ " Blu-ray2018年12月16日 - 侘び寂び

    c534 " ペンタゴン・ペーパーズ &qu...

    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 2018年出演: メリル・ストリープ, トム・ハンクス, サラ・ポールソン, ボブ・オデンカーク, トレイシー・レッツ監督: スティーブン・スピルバーグ;これも実話。

  12. 『未知との遭遇<特別編>』 - 【徒然なるままに・・・】

    『未知との遭遇<特別編>』

    「未知との遭遇」を見直したので「特別編」の方も、と思っていたのですが、先延ばしになっちゃいました。そういや去年の今ごろも「未知との遭遇」を見ていたことに気付いたんですが、特に意味はありません。去年はこのタイミングでテレビ放送があったのでチェックしていたんですけれどね。で、「特別編」。最大の売りは、ロイ・ニアリーがマザーシップに乗船した後。その内部はさてどうなっているのでしょうか?でした。実は...

  13. 『ルイスと不思議の時計』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『ルイスと不思議の時計』(2018)

    両親を事故で亡くしたルイスは、伯父のジョナサンが住む屋敷に引き取られる。そこでルイスは不思議な体験をするが、実はジョナサンも隣人のツィマーマン夫人も魔法使いだった。そしてこの屋敷には秘められた謎があるらしい。伯父から魔法を学ぶことになったルイスだったが、ある日禁じられた扉を開けてしまう。そこに収められていた一冊の書物。ルイスはそれを紐解き、恐るべき災いを呼び覚ましてしまう。ジョン・ベレアーズ...

  14. フランス盤「レディ・プレイヤー1」には4K UHDと3Dには日本語収録あり。4Kで見るフェイクだが「シャイニング」は嬉しい。 - Suzuki-Riの道楽

    フランス盤「レディ・プレイヤー1」には4K UHDと3...

    ●フランス盤のsteelbook仕様で、4K、3D/2D入り「レディ・プレイヤー1」を購入した。これは4Kだが日本語字幕と吹き替えがUHDと3DBDには収録されている。他の国でも2DBDに収録があるのもあるので、DVD Fantasiumや海外アカウントで買うと日本盤よりかなり安く買える。steelbookのデザインは日本のGEO限定と同じ。冒頭のレースシーン。フレアなどがHDR効果あるが、...

  15. 『JAWS/ジョーズ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『JAWS/ジョーズ』

    今日は「海の日」かあ。では”海”に因んだ作品をば。ピーター・ベンチリーのベストセラー小説を映画化したスピルバーグの出世作品。Blu-rayには懐かしの「水曜ロードショー」放送時の吹替版が収録されていたので、そちらで再見。この作品を初めて見たのは後継番組「金曜ロードショー」でのオンエア時だったので、ブロディ、クイント、フーパーの声は滝田裕介、北村和夫、樋浦勉がしっくりくる。ブロディ署長を中心に...

  16. 『ジュラシック・ワールド』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ジュラシック・ワールド』

    <ジュラシック・パーク>シリーズの第4弾。以前にも書いた通り、第1作(「ジュラシック・パーク」)と同じ島が舞台になっているのはこの4作目が初。2作目(「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」)3作目(「ジュラシック・パークIII」)とは舞台も違うしお話も直接繋がっていないので、このシリーズは2~4作目の全てが1作目の続編という珍しい構成になっている。序盤からジョン・ウィリアムズ作曲のテーマ...

  17. 『E.T.』 - 【徒然なるままに・・・】

    『E.T.』

    日本にハロウィーンと宅配ピザが定着したのは「E.T.」のおかげ、という説があるそうな。BMXの自転車も流行りましたねえ、あまりブームは長続きしなかったけれど。でも個人的に一番カルチャーショックだったのは、エリオットが仮病を使ってる時に口に咥えてる体温計。体温計って腋に挟むタイプのものしか知らなかった…。そんなこんなも懐かしい不朽の名作、もう36年も前の作品になります。同時期にスピルバーグはプ...

  18. 『ゲームウォーズ』アーネスト・クライン - 【徒然なるままに・・・】

    『ゲームウォーズ』アーネスト・クライン

    スピルバーグ監督の手によって映画化された「レディ・プレイヤー1」の原作小説。最初に粗筋を聞いたり、レオパルドンにミネルバX、ライディーンにガンダムにウルトラマンや機龍(メカゴジラ)が出てくると言われた時は、一体全体どんな話なんだろうかと見当もつかなかったが、先に映画を見て、それから小説を読みだしたら「なるほどそういうことか」と得心がいった。作中に引用されてるサブカルチャーのウンチク話は映画以...

  19. 「レディ・プレイヤー1」の日本盤が8/22に発売されるが、4K UHDはセットしかないのが悲しい。 - Suzuki-Riの道楽

    「レディ・プレイヤー1」の日本盤が8/22に発売される...

    ●8/22に日本でも「「レディ・プレイヤー1」のソフトが発売されるが、4K UHDはセットしかないのが悲しい。4K UHDに加え3D BD/DB、特典ディスクのセットだが、正直4K盤だけ買いたい作品だった。ディスク以外にも、●日本限定ボーナス・ディスク ●オリジナルキーチェーン(特製ステッカー付)●オリジナル ブックレット ●開田裕治氏による日本版オリジナルポスター 差し替えジャケットカード...

  20. 『ポルターガイスト』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ポルターガイスト』

    いきなりアメリカ国家が流れて驚いたが、これがテレビ放送終了の合図。わが国でもNHKの放送終了時は「君が代」が流れたっけ。今じゃ24時間放送が珍しくないけれど、まだまだテレビの深夜放送が珍しかった時代だ。その放送終了後の通称「砂の嵐」に向かって語りかけるキャロル・アン。これが怪異の始まり。何かが起りそうな空の色、家の横にある不気味な大木、長閑な新興住宅街の風景を映し出しながらも、少しずつ少しず...

総件数:36 件

似ているタグ