ステロイドのタグまとめ

ステロイド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはステロイドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ステロイド」タグの記事(73)

  1. COVID-19と非COVID-19のARDS患者は低用量ステロイドに対して明確に異なる反応を示すー後向き観察研究 - 麻酔科医の日々

    COVID-19と非COVID-19のARDS患者は低...

    ・COVID-19によるARDS患者は、非COVID-19によるARDS患者とくらべて、明確に異なる生理学的ならびに免疫学的な特性を示す。COVID-19によるARDS患者(n=32)は低用量ステロイドの治療後において有意なPaO₂/FiO₂比の向上を示した(p=0.046)が、非COVID-19によるARDS患者(n=16)はそうでなかった(p=0.529)。COVID-19によるARDS...

  2. WHOが重症新型コロナへのステロイドを推奨 - 井蛙内科開業医/診療録(4)

    WHOが重症新型コロナへのステロイドを推奨

    WHOが重症新型コロナへのステロイドを推奨https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202009/566986.html(要ログイン)世界保健機関(WHO)は、(2020年)9月2日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症患者に対して、コルチコステロイド投与を推奨する新たなガイドラインを発表した。WHOによる新...

  3. 幼馴染との久しぶりの再会……そして告白 - 小さな幸せを集めて

    幼馴染との久しぶりの再会……そして告白

    ブログを始めようとしたきっかけの一つに「友人に病気のことをどう伝えよう」との悩み。自分でさえ受け止めることも受け入れることも……辛かった。それを大事な友人に、家族にどう伝えよう……。隠し通せるなら、その方がよい。でもこの脚の状況では、会うときに隠しているのはちょっと難しい。 最近の一番の希望。大事な大切な大好きな幼馴染に会いたい。近からず、遠からずの距離にいるのに…会えない。会わずにいるのも...

  4. ステロイド……なぜ使いたくなかったのか、減らしたいのか - 小さな幸せを集めて

    ステロイド……なぜ使いたくなかったのか、減らしたいのか

    原発性シェーグレン症候群(合併症PBC:原発性胆汁性胆管炎)の診断の結果、いろいろな投薬の可能性を説明され、その中でもステロイド服用は第一選択肢でした。他にも免疫抑制剤についても説明は受けました。精密検査や状況を見ながらの判断ということになったのですが…ステロイドを使うにはやはり抵抗がありました。一度手を出したら面倒くさいのではないか、副作用に悩まされるのではないか……等々心配ばかり。という...

  5. ステロイド減量挑戦……今回の経過1 - 小さな幸せを集めて

    ステロイド減量挑戦……今回の経過1

    今回使用開始は19年7月中旬。スタート時は10mg/1日。「あれ?身体ってこんなに軽くなる?え、世界が明るい?」とすぐに効果を実感。徐々に血液のデータも良くなり、約一ヶ月半後。主治医から「減らしてみようか」との提案にも「待っていました」とばかりに従いました。 9mg/1日。やはり少しダルい。鼻血もまた出るようになった。身体が慣れるまで少し我慢しよう。足の痙攣もまた出るようになった。でも内出血...

  6. ステロイド治療終了 - La Vie en rose  バラ色の人生

    ステロイド治療終了

    10日分のステロイドを服用後本日再診です。多飲多尿、オヤツが食べられないからか覇気が無い、なんとなく寝付かないでウロウロしちゃうそんな感じはあることをお話して。炎症の度合いを示すCRP値を調べる血液検査でステロイド治療の効果を見ることに。結果は0~1が基準値のところ結果は0.6肝臓の数値も爆上がりとまでは行っておらずこのくらいであればまぁ異常値とも言えない程度、で収まっていました。 向こう2...

  7. 終わり良ければ - La Vie en rose  バラ色の人生

    終わり良ければ

    キョンキョンに投薬していたステロイドを急止していたわたしたちもう戻らないことを言っても仕方ない残を投薬しなくても、見た感じ弱っていないので慌てて飲ませることは避けて先生の判断を仰ぐために予定通り病院へ。「行き違いで6錠を残して飲ませていませんでした💦」と話しました。結果としてはキョンキョンが不調に陥っていないのであれば結果オーライという感じ体内で起きている炎症を示すC...

  8. 薬のんでなかった - La Vie en rose  バラ色の人生

    薬のんでなかった

    娘に頼んでいた服薬明日、薬切れるから病院だ、混むだろうなと、薬を見ると6日分まだある・・・あれ???ディアバスターが「終わった」と言ったことを全ての服薬が終わったと受け取り毎日飲ませる心臓の薬のみの服薬になったと受け取ったと・・・・・冷静に腹立つステロイドの話も、突然止めると危険なことも説明していたのに調べると、倦怠感、頭痛があるらしい吐いてはいないけれど表のそう言った症状よりも体内で起きて...

  9. あと1日分 - La Vie en rose  バラ色の人生

    あと1日分

    ステロイドの増減の影響でお腹を下しているらしいキョンキョン下痢止めのお薬の量を間違えていて苦しい思いをさせてしまいましたが今日は気持ち、ほんの気持ちもう少し硬さがあっても良いかなぁ?くらい、安定しています。あと1日分を残してディアバスターは終わり。ただ、なんとなく落ちつかない。お散歩しっかりして帰宅しても、安心して眠ってくれないでずっとこちらを気にしてチラチラ見ている。催促すれば散歩に行ける...

  10. 今日もお腹痛いのねん - La Vie en rose  バラ色の人生

    今日もお腹痛いのねん

    今日もお腹が痛そうキレイにお座りして見つめて来るのが合図になっている。昨日より便の回数が減っている食欲が出ている不調な中でも上向きな様子があれば様子を見て下さいそう言われたけれど、昼寝すらままならずウロウロしては💩💩💩💩💩1度は💩を訴えるお座りのまま...

  11. キョンキョンお腹痛い - La Vie en rose  バラ色の人生

    キョンキョンお腹痛い

    春の嵐台風のようだった昨日。キョンキョンがお腹を壊しました。低気圧だと体調が悪くなることは多いのですが雨が上がり、わたしが帰宅しているのにもう丸24時間、💩は外でないとしないのにウーン💩あっさり出るので防ぐことも出来ず。ゆうべ、何度か外に連れ出していい加減、これだけ出たらもう終わりだろうそう思うのに、可哀想にそれからも朝まで繰り返し。キョンキョ...

  12. 注目のCRP値 - La Vie en rose  バラ色の人生

    注目のCRP値

    ステロイドの服薬は今日で11日め。体内の炎症を示すCRP値は・・・0.0~1.0をめざすところ0.7と降下しました~一時は9.5の状態で退院だったのでどうなることかと思いましたがおりこうに療法食のみで頑張った甲斐もあって良かった だけどお腹空いた~ってアピールに負けて増量してしまうので0.6kgも太らせてしまってる💦人間なら10日で3kgくらいに匹敵する?ちょっとま...

  13. 退院後の体調 - La Vie en rose  バラ色の人生

    退院後の体調

    お水をやたらと飲み、付き合える時は4時間おきくらいに大量のおしっこが出ます。だいたい手で催促のチョイチョイが始まるのが合図ちょっと待って、なんて言ってたら粗相しちゃいますこうして操作されるわたしたちそれでもオヤツは完全に断って、次の血液検査の結果が楽しみ欲しそうに見ていますが、ねだったりはしないだからなおさら可哀想になる「辛いよ~おいしくないよ~」と言いながら進める微妙な食事の時間ですあと明...

  14. 再診 - La Vie en rose  バラ色の人生

    再診

    うたた寝しているとペシペシお腹がすいたよ!またはおしっこでるよ!CRP値2.2に下降基準値1までもう少しステロイドの量を調整しながら投薬治療するそうですステロイドの影響で肝臓の数値が急激に悪化先生にお任せするしかありません家ではせっかくの治療の邪魔をしないようとにかくサプリなんかも余計なものを飲ませないで療法食のみの食事適量で身体の中をキレイに、というか負担をかけないようにしますキョンキョン...

  15. 食べたい食べたい食べたいよ~ - La Vie en rose  バラ色の人生

    食べたい食べたい食べたいよ~

    はっきり言われてないけれど、調べると恐らく膵炎の急性どころか慢性ではないかなと思います。油と蛋白質がよくない。振り返ると玉子焼き、お肉、チーズなんかをあげてしまっていました。わたしが休みだと吐いたり下痢したりそれは居る時間にそういうものを食べてはそうなって居たのだ・・・合点がいきました💦本当に反省。すごい激痛らしいのに全く顔にも仕草にも出さないただ嘔吐と下痢をするなの...

  16. 低ガンマグロブリン血症の為、免疫グロブリン製剤を2本投与。 - 占い師 鈴木あろはのブログ

    低ガンマグロブリン血症の為、免疫グロブリン製剤を2本投与。

    というわけで、本日は皮膚科に続いて、リウマチ内科の受診日でしたが。なんと。今回はステロイドを30mgに増量した副作用で、IgGの数値が大幅に下がり、前回は417だったのにも関わらず。とは言えどもこの時点で500を切っているのでヤバいのですが。本日、緊急で採血をしたら、397しかなかったので、急遽ではございますが。診察終了後、低ガンマグロブリン血症の為、ガンマグロブリン製剤を2本、点滴すること...

  17. 犬の脳炎 - puffsleeve

    犬の脳炎

    あれから痙攣発作もあり、チアノーゼもあり・・・と一時も目が離せないひが続いております。寝入り30分がいつも危なくて、瞼や口元がピクピクしたりビクン!と急に手足が動いたり、そんなときが痙攣発作の予兆みたいな・・・。この数回の痙攣で左眼が視力障害になった様で左側におやつや人が居ても気が付きません。抗痙攣薬を飲むと嚥下が上手くできなくてお水を飲むときガバガバと飲むせいか咳き込むことが多くなりました...

  18. ステロイド離脱症候群か? - ぶん屋の抽斗

    ステロイド離脱症候群か?

    今朝起きますってぇと、腕から出血しておりまして、なんだか打撲のような跡が。しかし、どこにもぶつけた記憶もなく、触っても打撲特有の痛みもない。もしやと思ってよく見れば、紅斑ができていて、それが膨らんで出血したようであります。えっと、疲労が重なるとよくなるんですが、ステロイド薬である「プレドニン」を服薬するようになってからこの症状が出たんです。もう4年も前になるんですが、ステロイドを服薬するよう...

  19. 30年前の血圧の記録 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    30年前の血圧の記録

    昨日、ひょんなことから本箱の棚の隙間に、1988年から1997年までの10年間(33歳~42歳)にわたる検査データの一覧表が挟まっているのを見つけた。(((^^;)これには血圧も記録されていて、自分では当初から降圧剤が効かずに高血圧が続いていたのかと思っていたが、初めのうちは減塩生活をしていたので、血圧はかなり良好にコントロールされていたのだということを知った。やはり、途中で減塩生活を止めて...

  20. 「全身性エリテマトーデス」医療講演会(膠原病友の会大阪支部)記録(1) - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    「全身性エリテマトーデス」医療講演会(膠原病友の会大阪...

    2019年6月9日にエル・おおさかで行われた医療講演会「全身性エリテマトーデスについて」(大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学森田貴義先生)の記録。講演内容は、関西膠原病友の会関西ブロックの「明日への道大阪版」の次号に掲載されるはずだが、私なりの新しい知見のメモとして、当日配布されたレジュメの中から記録。1.免疫とは何かということは知っていたが、免疫を維持するために多く細胞が存在して...

総件数:73 件

似ているタグ