スピニングパーティのタグまとめ

スピニングパーティ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスピニングパーティに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スピニングパーティ」タグの記事(13)

  1. タネから糸へ - わたいとや

    タネから糸へ

    スピパで意外に(汗)好評、いろいろ説明するにもお役立ちだったポストカードを、Creemaでも販売することにしました。『タネから布へ』とタイトルを考えたものの、いや布の画像はないと気づき、『タネから糸へ』に変更。しかし実際に綿が糸になる場面がない…まあ、追々…(汗)よかったらリクエストやご意見などお聞かせくださいm(_ _)m

  2. スピパ2日目 - わたいとや

    スピパ2日目

    画像は1日目の全景です。2日目は割とのんびりだったかな。私は栽培関係の話ができたのがよかったです。昨年もお話できた、私と同じように綿の種を販売されている方、それに静岡で和綿を長年栽培されている岐部幡本舗の寺田さんのお話も、ほんの少し聞くことが出来ました。でも今年のスピパで一番「出会い」を感じたのは1日目。綿繰りのお試しの為だけに持ってきていた少量の綿を持って、お試し綿繰りを終え、ついでに会場...

  3. スピパ搬入 - わたいとや

    スピパ搬入

    雨が止んでくれて助かりました。搬入は宅配にせず、両手に荷物で持ち込みなので、什器も軽くてかさばらないよう、手作りの貧乏臭いものを使っています。そこはあまり見ないようにお願いいたします(汗)。BASEに出品している地機布も並べるので、この画像では伝わりにくい、自然の綿の色が織り成す美しい色合いを、ぜひ見に来てくださいね。今年も共同出店の綿工房さん、本日すでに大きなWSがあったのですが、明日明後...

  4. スピパ荷物梱包 - わたいとや

    スピパ荷物梱包

    スピパの荷物はほぼ梱包し終わって、あとは明日持ち込んで搬入するだけ、という状態にしたところで天気予報を確認したら、雨の予報が昼にズレこんでる~。両手荷物で傘差しは難しいな。何か考えねば。前記事でも書きましたが、スピパで販売する種・実綿は一年前産ですのでご注意を。実綿は和洋綿各10gと少量からお選びいただけます。和綿の茶は、実綿・綿ともに在庫が多いので、20~30gの袋を作って、省けた手間分を...

  5. 緑綿の色の変化5年経過後の処理 - わたいとや

    緑綿の色の変化5年経過後の処理

    スピパ出店初期から展示していた、緑綿の色を変化させる実験をした糸。2012年収穫の綿で2013年に紡いだ糸で、同年にアルカリ、酸、ベランダ放置などの処理をしたのでした。5年経った今でもこの糸たちをアルカリ処理すれば緑の色を濃く出来るのか、試したのが右の画像。濃くなりましたね。この糸は元々、暗目の緑綿に少し赤茶・白を混ぜて紡いだ糸なので、濃い色の糸でしたが、多分、紡いだときより濃くなっていると...

  6. 新作? - わたいとや

    新作?

    説明書きと展示用に、画像を印刷する上質な紙を探していたら、はがきサイズの用紙を発見。印刷してみたら、それっぽく見えなくもないなぁ~といい気になって、ポストカードとして販売することにしました。需要があるかは不明ですが…まあ、とりあえずお試し。デザインに悩んで、少し文字の位置が違うだけとか(汗)、いろいろあります。タネはいつもどおり、昨年2017年産のものです。小袋に入るだけ、50粒前後で¥30...

  7. 小さな布いろいろ - わたいとや

    小さな布いろいろ

    スピパ準備。以前にリジット機で織った、小さめの双糸の布や、地機の試し織りなど(色のよくない画像でスイマセン)。切りっ放しだったり、経糸をつけたままだったり、緯糸が解けないよう同じ手紡ぎの糸で縫い合わせていたり、いろいろです。簡単に縫っただけなので、解いて新たなものを作るのもOK。双糸の布は以前の記事にも書いた用途もお勧めです。値段は、私の独断と偏見でつけています。よく見て触ってご検討いただけ...

  8. 糸いろいろ - わたいとや

    糸いろいろ

    スピパに向けて少しずつ準備中。糸は今年始めに何となく紡ぎたくなって紡いでいたゼンマイ綿入りや、地機布11・12でお試しで紡いだ糸など。画像右のほうにある水色の糸は、先日の生葉染めで染めた綿を白い綿とまだらに混ぜて紡いだ糸。自家綿ではないので展示用。、

  9. 地機布12でチュニック風 - わたいとや

    地機布12でチュニック風

    本当は袖もつけたかったのですが、足りませんでした。スピパで着用予定です^^使用した布は巾46cm×206cm。いつもどおりハギレなく使い切りました。縫い糸は経糸の残り。胸の白い布は、地機布3のよい出来ではなかったものです。地機布3のような小さな布なら、売りやすく買いやすいのでしょうが、それは既に世に溢れていて、私は同じことをしなくてもいいかと思い始め、あまり作らなくなりました。オーダーがあれ...

  10. 2017年の布 - わたいとや

    2017年の布

    毎年の収穫分で織る記録用の布。結局今年は各色経糸3g、緯糸2gで紡ぎました。綿の色合いや感触をできるだけ残したくて、この布用の糸はいつもあまりカードをかけずに紡いでいます。菜種梅雨なのか、雨や曇りの日が続く中、ようやく晴れた日に経糸を糊付け。2枚目の画像が緯糸です。今回糸綜絖を使う予定だったので、経糸は軽くカードがけしました。それでもデコボコですが。緯糸はまったくかけていないので、さらにデコ...

  11. 緑綿発見 - わたいとや

    緑綿発見

    おかけざまでスピニングパーティで完売した緑綿の実綿でしたが、このたび、棚の奥の方にしまいこんでいたものが発見されました(汗)。2016年産ですので、一年古いものですが、種も綿も両方使う方にはよいかもしれません。creemaにて再販しています。来年播種するには発芽率が少し落ちている可能性もありますが、1年くらいではさほど変わらないかと思います。気になる方は来年発売の今年産をお待ち下さい!ちなみ...

  12. スピパ準備 - わたいとや

    スピパ準備

    来週末開催のスピニングパーティへ向けて、体調に合わせて少しずつ進めています。篠綿はあまり多く準備しない予定なので、目当てのものがある方はぜひ事前にお知らせください!篠はご希望にあわせて作ることもできます。私は細い糸を紡ぎたい時は、それにあわせて篠も作っています。スピパでは実綿・綿・篠、すべてcreemaでの価格より100円以上値下げして販売予定です。タネは和綿のみ、2016年収穫分の残りが少...

  13. ワンピース - わたいとや

    ワンピース

    ワンピース用に織った布と縫い糸用に紡いだ糸で、当初の目的どおりワンピースを作りました。一部、裏地もつけました。今年春に二年越しで織り終えた薄い布です。必要に応じて簡単なスカートからスーツまで作ってはきたものの、特別洋裁を習ったわけでもなく、義務教育の家庭科レベルなので、細かいところは目をつぶってください(汗)。ハギレなし、直線裁ち・直線縫いです。縫い糸も自分の手紡ぎ糸を使うのは、不要になった...

総件数:13 件

似ているタグ