スマート工場のタグまとめ

スマート工場」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスマート工場に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スマート工場」タグの記事(20)

  1. 現場のセンサーデータ取得から、製造マネジメントデジタル化までの、意外な道のり - タイム・コンサルタントの日誌から

    現場のセンサーデータ取得から、製造マネジメントデジタル...

    最初にちょっと、お知らせです。製造実行システム(MES)に関するオンライン・シンポジウムが、10月7日(木)午前9:00-12:30に、(財)エンジニアリング協会「次世代スマート工場のエンジニアリング研究会」の主催で開催されます。内外の有力ベンダー5社による最新の製品と事例紹介等に加えて、わたしも最初に基調講演「実務者の目線から見たMESの重要性」をお話しします。 参加申し込みは、10月4日...

  2. モノの「作り方を管理する」システムとは (そしてMESに関するシンポジウムのご案内:10月7日AM) - タイム・コンサルタントの日誌から

    モノの「作り方を管理する」システムとは (そしてMES...

    別段、料理が趣味という訳ではないが、ときおり必要に応じて、自分で作る。得意料理は(やや平凡ながら)カレーである。といっても、スパイスを混ぜるところから始める、それなりに本格的なインドカレーだ。じつは若い頃、留学生寮に住んでいた時に、知人のインド人の奥さんに教えてもらったのだ。以来、アレンジは時によって変化しつつも、作り方はずっと頭の中にある。材料や配合はほぼすべて、目分量。それでもなんとか仕...

  3. モノの「作り方を管理する」システムとは (そしてMESに関するシンポジウムのご案内:10月7日AM) - タイム・コンサルタントの日誌から

    モノの「作り方を管理する」システムとは (そしてMES...

    別段、料理が趣味という訳ではないが、ときおり必要に応じて、自分で作る。得意料理は(やや平凡ながら)カレーである。といっても、スパイスを混ぜるところから始める、それなりに本格的なインドカレーだ。じつは若い頃、留学生寮に住んでいた時に、知人のインド人の奥さんに教えてもらったのだ。以来、アレンジは時によって変化しつつも、作り方はずっと頭の中にある。材料や配合はほぼすべて、目分量。それでもなんとか仕...

  4. モノの「作り方を管理する」システムとは (そしてMESに関するシンポジウムのご案内:10月7日AM) - タイム・コンサルタントの日誌から

    モノの「作り方を管理する」システムとは (そしてMES...

    別段、料理が趣味という訳ではないが、ときおり必要に応じて、自分で作る。得意料理は(やや平凡ながら)カレーである。といっても、スパイスを混ぜるところから始める、それなりに本格的なインドカレーだ。じつは若い頃、留学生寮に住んでいた時に、知人のインド人の奥さんに教えてもらったのだ。以来、アレンジは時によって変化しつつも、作り方はずっと頭の中にある。材料や配合はほぼすべて、目分量。それでもなんとか仕...

  5. お知らせ:次世代スマート工場関連の講演を3つ行います(8/26, 9/16, および8/18) - タイム・コンサルタントの日誌から

    お知らせ:次世代スマート工場関連の講演を3つ行います(...

    本サイトでも何度か書いていますが、(財)エンジニアリング協会の傘下で、3年前から『次世代スマート工場のエンジニアリング』研究会を組織し、幹事を務めて活動を続けてきています。現在、1省庁・2団体・3大学・20数社から50名ほどの参加会員を得て(オブザーバー参加含む)、「事例調査」「技術開発」「人材教育」の3分科会体制で進めています。 また、わたしの勤務先は、この4月から「ネクストファクトリー・...

  6. 優先番号法(ディスパッチング・ルール)とは何か - タイム・コンサルタントの日誌から

    優先番号法(ディスパッチング・ルール)とは何か

    日本企業は、ボトムアップ型で、現場に大きな権限を与えている、という言い方をよく聞く。「現場力」という言葉も使われるし、企業の強さは現場カイゼンから生まれるとか、三現主義(現場・現物・現実)を大切に守っているから、といった解説も多い。もっとも、こうした言い方をそのまま受け取るには、少しばかり留保が必要ではないかと、わたし自身は感じている。日本の製造現場に真面目で優秀な人が多いのは、もちろん事実...

  7. お知らせ:「次世代スマート工場と製造業の活力再生」を日経研月報7月号に書きました - タイム・コンサルタントの日誌から

    お知らせ:「次世代スマート工場と製造業の活力再生」を日...

    お知らせです。 日本政策投資銀行のグループ企業である、(一財)日本経済研究所の依頼で、機関誌「日経研月報」2021年7月号に、「次世代スマート工場と製造業の活力再生」という解説論文を書きました。 この機関誌は、原則として日本経済研究所の賛助会員に配布されるもので、読者層の多くは企業経営者や金融関係者、あるいは官庁自治体の政策立案部門の方と思われます。そこで、製造業の工場のあり方に詳しくない読...

  8. キャパシティか、スループットか〜生産能力を理解する - タイム・コンサルタントの日誌から

    キャパシティか、スループットか〜生産能力を理解する

    生産マネジメントに関連して、混乱しがちなもう一組の用語について考えよう。それは生産量(生産能力)を表す言葉だ。 『キャパシティ』とは何か。それは、ある機械設備なり、一連の工程なり、あるいは工場全体の生産能力を表す、設計上の値である(そしてたぶん、この言葉の用法については、あまりブレがない)。 たとえば、前回の記事と同じく、パン焼き窯を題材にしてみよう。窯には30個までのパンの材料を置くスペー...

  9. ライン、ショップ、セル〜生産方式を理解する - タイム・コンサルタントの日誌から

    ライン、ショップ、セル〜生産方式を理解する

    社内の勉強会で、若手のエンジニアに対し、「スマート工場とは何か」をテーマに話をしている。といっても、スマート工場に関する共通定義が、世の中に明確にある訳ではない。だから、既存の工場にロボットやAGVを1,2台導入して、ちょっぴり作業を自動化したり、タブレット端末やセンサーを数カ所につけて情報化したりしたら、誰でも「ウチはスマート工場です」と言えてしまう。ある意味で便利な(?)社会である。 も...

  10. 講演のお知らせ:「生産スケジューリングの基礎とリードタイム短縮への活用ポイント」(6月2日) - タイム・コンサルタントの日誌から

    講演のお知らせ:「生産スケジューリングの基礎とリードタ...

    久しぶりに、生産スケジューリングとリードタイム短縮をテーマとした研修講演を行います(オンライン・有償)。前回は2018年に実施し、お陰様で好評だったためアンコール講演も開催しました。今年はさらに今日的な課題も盛り込み、バージョンアップしてお届けします。今なぜ、リードタイム短縮なのでしょうか?QCD(品質・原価・納期)は、製造業の最も重要なKPIです。そしてこの3つの指標は、互いに連動し合って...

  11. お知らせ:工場設計に関するオンライン・セミナー2件に登壇します(4月15日・4月23日) - タイム・コンサルタントの日誌から

    お知らせ:工場設計に関するオンライン・セミナー2件に登...

    ここでお知らせです。 日揮株式会社は、この4月から、新しく「ネクストファクトリーソリューション部」を設置し、製造業のお客様に向けた、スマート工場づくりのビジネスに、本格的に力を注いでいくことになりました。わたしも、この新しい部門のアドバイザーとして、微力ながら日本の製造業の課題解決をお手伝いして参ります。 弊社はこれまで得意分野として、石油・化学・医薬品などのプラントを数多く手がけてきました...

  12. そうか、製造業のデジタル化って、そういう意味なのか - タイム・コンサルタントの日誌から

    そうか、製造業のデジタル化って、そういう意味なのか

    (前回までのあらまし)工場で『製造IT担当』として働くあなたは、ある日、「全社DXチーム」の一員に任命され、会議のため本社に呼び出される。事務局を務める情報システム部次長のもと、経営企画・営業・設計・生産技術・品管など、社内各部の若手中堅が集められていた。何をすべきなのか皆で議論するが、甲論乙駁、なかなか方向性が定まらない。あなたは、社内の各種ITシステムがバラバラで、かつ情報が一方向にしか...

  13. ふーん、デジタル時代には双方向のインテグレーションが必要って事? - タイム・コンサルタントの日誌から

    ふーん、デジタル時代には双方向のインテグレーションが必...

    (前回からつづく)――ええと、今日このDXチームで議論しているうちに、やっと自分の言いたいことがわかってきました。たしかにウチの社内の各システムの間には、インターフェイスはあります。でも、全体がつながるって、別のことだと思うんです。 情シス次長「意味がまだよく分からないけど。」――つながるって、1方向だけじゃダメだと思うんです。両方向のループになっていないと。最近のデジタル技術、例えばロボッ...

  14. お知らせ:プラントのレイアウト(Plot Plan)最適設計手法に関するウェビナーを開催します(11月13日11:00〜) - タイム・コンサルタントの日誌から

    お知らせ:プラントのレイアウト(Plot Plan)最...

    えー、続き物の記事の途中ですが、ここでまたスポンサーからお知らせです(笑) 以前の記事で、設計行為には4つのレベルがある、と書きました。 1.選択問題(選択的決定):設計の選択肢からどれかを選ぶ(いわゆるカタログ・エンジニア) 2.求解問題(演繹的決定):科学技術計算で、主要な設計変数を逐次導出する 3.最適問題(最適化決定):評価関数を最大化する設計変数の組を探索する 4.システム合成問題...

  15. 製造業のデジタル化におけるミッシング・リンクとは+オンライン講演のお知らせ(10/30) - タイム・コンサルタントの日誌から

    製造業のデジタル化におけるミッシング・リンクとは+オン...

    2000年の4月に、共著で「MES入門」(中村実・正田耕一編)という本を上梓した。わたしは第3章「MESを中核とした垂直統合-プロセス産業のケース-」を執筆し、その中でMES/ERP/SCM/DCSなど、製造業の生産物流活動に関わるITシステム群の機能関係と構造を図解した、一種のソリューション・マップを提示した。それが下図である。 この図は、プロセス産業を念頭に置いたものだが、今眺めても、そ...

  16. お知らせ:次世代スマート工場に関するオンラインセミナーを再度開催します(7月14日10:30〜) - タイム・コンサルタントの日誌から

    お知らせ:次世代スマート工場に関するオンラインセミナー...

    先月の23日に開催したオンラインセミナー: 「日揮の考える《次世代スマート工場》とは~どう動くのか、どう作るのか~」 は、おかげさまで大勢の方から参加申し込みをいただき、すぐ定員100名に達しました。 そこで、参加できなかった方のために、下記の要領で7月14日(火)10時30分から、アンコール開催をいたします。もちろん前回同様、無償です。1時間枠で、最初にわたしが40分ほど講演し、その後20...

  17. お知らせ:次世代スマート工場に関するオンラインセミナーを開催します(6月23日15:00〜) - タイム・コンサルタントの日誌から

    お知らせ:次世代スマート工場に関するオンラインセミナー...

    という訳で、お知らせです。 (「という訳」の意味を知りたい方は、前回の記事 をご覧ください) 次世代スマート工場に関する、オンラインセミナーを6月23日に開催します。もちろん無償です。1時間枠で、わたしが40分ほど講演し、その後20分ほどQAをオンラインで行うという形式でやろうと思っています。 わざわざ『次世代』スマート工場とつけたのは、理由があります。現在あちこちで語られている(そして実証...

  18. 工場のデジタルツインとは何か、製品のデジタルツインとはどこが違うか - タイム・コンサルタントの日誌から

    工場のデジタルツインとは何か、製品のデジタルツインとは...

    1.「デジタルツイン」概念はどこから来たか デジタルツインという言葉を、以前よりよく聞くようになった。例によって、DX(デジタル・トランスフォーメーション)に関連する文脈で、登場する。とくに製造業のDXと共に、語られることが多い。 デジタルツインとは、物質的(フィジカル)な存在のモノの、双子のコピーを、サイバー(デジタル)空間内に構築したもの、というほどの意味である。IT関係の流行言葉の常と...

  19. エンジニアリングとは統合力(インテグレーション能力)である - タイム・コンサルタントの日誌から

    エンジニアリングとは統合力(インテグレーション能力)である

    「エンジニアリング」という言葉を聞くと、読者諸賢はどのような仕事を想起されるだろうか。都会的なオフィスで遂行する、理知的な設計とデザインの仕事?それとも製図板と作業着とノギスをともなう、泥臭い仕事?あるいは企画と要求仕様だけを与えて、どこか海の外でやってもらう設計の力仕事? 『エンジニアリング会社』と呼ばれる職場で、もう30年以上も働いている。会社には、机と椅子とPCと、あとは人が並んでいる...

  20. 次世代スマート工場の市場可能性に関する調査報告会のお知らせ(1月23日) - タイム・コンサルタントの日誌から

    次世代スマート工場の市場可能性に関する調査報告会のお知...

    明けましておめでとうございます。今年はじめての講演発表のお知らせです。一昨年より、一般財団法人エンジニアリング協会の中で、「次世代スマート工場のエンジニアリング研究会」を組織し、活動をはじめました。今回はその研究会が中心となって、JETRO(日本貿易振興機構)から受託した調査事業の、成果報告会という形になっています。わたしも報告者の一員としてお話いたします。 ご承知の通り、現在の日本の製造業...

総件数:20 件

似ているタグ