スミナガシのタグまとめ

スミナガシ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスミナガシに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スミナガシ」タグの記事(67)

  1. スミナガシ - 飛騨山脈の自然

    スミナガシ

    庭のミヤマハハソにスミナガシが産卵に来てくれた。この地に住んで34年になるが2回目の訪問になる。前回は10数年前になるが春型成虫が産卵してくれた。まるまると太った老熟幼虫。寄生峰が飛んでいたので袋を掛けた。そのため枝ではなく葉の主脈に蛹化した。小学3年生が蝶に興味を持っているので、差し上げたいと思っている。

  2. 樹液酒場のカブトムシとカナブンByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    樹液酒場のカブトムシとカナブンByヒナ

    林縁巡り最後の被写体はカブトムシ。長雨に見舞われる前の8月初旬、メス2頭、オス1頭、カナブン数頭で樹液を舐めていました。樹液の出る場所が1点に集中していて、そこに皆が群がるのでごちゃごちゃ感が半端ないです。それと左側に写っている枝が邪魔で、構図の自由度が無い撮影でした。オスが交尾に移行したので、撮りやすくなりました。ちょっと無理かなと思いましたが、魚眼で挑戦。左側の枝に左手でぶら下がり、両足...

  3. スミナガシ幼虫の成長Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    スミナガシ幼虫の成長Byヒナ

    夏になると林縁で見られるようになるスミナガシ。昨年初めて終齢幼虫を見れたので、今年は継続的に見に行き、成長の経過を撮ることができました。撮影時期は五月下旬から7月上旬です。最初は成虫が葉裏で休んでいる所。葉裏に居ると気づきにくいので、歩いていると突然飛んでビックリする事があります。そう言えば幼虫の姿が似ているイシガケチョウも葉裏で休む事がありますね。1齢幼虫葉先を葉脈のみ残して食べ、その葉脈...

  4. カブトムシと樹液酒場の仲間達Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    カブトムシと樹液酒場の仲間達Byヒナ

    ヒラタクワガタを中心に多くの昆虫が集まっていた木を、翌日も見に行きました。ヒラタクワガタも居たようですが、この日は洞の中でお休み中。代わりにカブトムシのオスがこの日の主でした。他は変わらずスミナガシ、ゴマダラチョウ、カナブンの面子です。夏はこのような日陰で撮影するに限りますが、やぶ蚊が多いのが辛いです。何か所も刺されながらの撮影になるので、ちょっとした我慢比べの感が有ります。翌日も見に行きま...

  5. ヒラタクワガタと樹液酒場の仲間達Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ヒラタクワガタと樹液酒場の仲間達Byヒナ

    昨日は久しぶりに晴天の休日だったので撮影に出たものの、これといった被写体に出会わず残暑も強烈だったので、すぐ帰ってきました。という事で、今日は8月最後の休日ですが、フィールドには出ず自宅で過ごしています。仕事が再び忙しくなっているのと、パラリンピックのテレビ観戦のため、再び記事の投稿が停滞中。9月が近づいているのにまだ7月の記事では遅すぎですが、8月は撮影自体が少ないので、季節のミスマッチ解...

  6. 照葉樹林の林道 - 飛騨山脈の自然

    照葉樹林の林道

    照葉樹の林道を歩いた。第1化の綺麗なルリタテハが地面で吸水していた。良く見ると黒っぽい塊があり、野生動物のフンのようなので吸汁になる。翅を閉じると周りに同化して姿が見えにくくなる。この状態が続けば鳥などの天敵から発見されるリスクは低くなると思われる。照葉樹林にふさわしいムラサキシジミ♀が開翅していた。ウラギンシジミもムラサキシジミと同じ環境に飛んできた。地元にアワブキは殆どないが、照葉樹林の...

  7. 2021年6/8スミナガシ、サラサヤンマ - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年6/8スミナガシ、サラサヤンマ

    久しぶりにスミナガシを見たくなって、テリ張りポイントへ向かいました。昨年は、夏の樹液ポイントでは見ることができなかったので1年ぶり、しかも時期遅れかも?と不安もあったのですが、無事出会うことができました。スミナガシまずまずの綺麗な姿を見ることができて大満足。この場所の常連、アオバセセリもいましたが、例によって全く止まってはくれず、指をくわえて眺めるだけに終わりました。この日はブユが多くて、顔...

  8. 渓谷で嬉しい出会い②スミナガシ(2021/05/29) - 里山便り

    渓谷で嬉しい出会い②スミナガシ(2021/05/29)

    今期は 'スミナガシ' との出会いに恵まれている。此処でも 'ミヤマカラスアゲハ' の途切れた合間、いい感じで遭遇できた。途切れたと言っても 'ミヤマカラスアゲハ' はほゞ出ずっぱりですが,,,,,.........☆ My Cup of Tea ☆.......超嬉しいです。こんなシーンに巡り会えるとは夢にも思いませんでした...

  9. 林道で - 風任せ自由人

    林道で

    林道で探蝶した。本命は次の記事で紹介するとして、今回は、その林道で出会ったその他の蝶を掲載する。サカハチチョウスミナガシクモガタヒョウモンアサギマダラ

  10. 高原にも夏の訪れ、元気に飛び回るヒョウモン類(2021/05/mid)外秩父山地 - 里山便り

    高原にも夏の訪れ、元気に飛び回るヒョウモン類(2021...

    'スミナガシ' 、 '黒系アゲハ' を狙っている最中にも既に出現していたが、思いついた時にカメラを向けても全く撮影は叶わなかった。今回は狙ってみました。.........☆ My Cup of Tea ☆.......平地でも発生する 'ヒョウモン' ですが、大好きな一種です。例年の平地の撮影場所が、「COVID-19」 の影響...

  11. 今期のスミナガシ②(2021/05/early)外秩父山地 - 里山便り

    今期のスミナガシ②(2021/05/early)外秩父山地

    晴一時曇り 穏か・暖かい絶好のお天気に恵まれ、再挑戦の願いが叶った。それでも撮影の難しさは変わらなかった。.........☆ My Cup of Tea ☆.......樹液に集まる蝶の撮影は、'スズメバチ' と供に関わって行かなければならないですね。----------------------------------------------------------...

  12. 今期のスミナガシ①(2021/05/early)外秩父山地 - 里山便り

    今期のスミナガシ①(2021/05/early)外秩父山地

    何時もの事ながら遅い投稿になってしまいました。今回は同じ場所で吸蜜するシーンをお届けです。同じシーンの数々ですが、お気に入りが見つかるまで挑戦しました。撮影技術が経験不足、「光と影」の課題に直面、対処できないままの投稿です。.........☆ My Cup of Tea ☆.......悩みぬいて選びました。吸蜜からお休みモードの一幕です。------------------------...

  13. 近場の高原に下見行って出会いました(2021/05/early)外秩父山地 - 里山便り

    近場の高原に下見行って出会いました(2021/05/e...

    今回2回目の下見です。前回と同じく「里山の案内人」、'Kj彡' と、外秩父山地の 'Kho-1彡' のフィールドにお邪魔した。目的は 'スミナガシ' です。昨年は捕獲されてしまった後で撮影叶わずでしたが、'アキニレ(秋楡) Lacebark elm [Ulmus parvifolia]' に樹液がよく出ている...

  14. 2021.4.30神奈川・ツツジのヒルトップカラスアゲハ2021.5.10 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.4.30神奈川・ツツジのヒルトップカラスアゲ...

    2021.4.30昨年は行かなかったがヤマツツジが適期とのことで、ミヤマカラスアゲハ狙いで雑木林の丘に行く。気温は低めだが気持ちのいい晴天。ポイントに着くと、先客が2名。町田のSさんとAkakokkoさんだった(午後には川崎のMさんが現れた)。ヤマツツジは満開、山頂の樹間には数頭の黒系アゲハが飛び回っている。しかし、ツツジにやってくる気配はまるでなかった。しかたがなく、飛んでくる黒系アゲハを...

  15. 高原で - 風任せ自由人

    高原で

    県内の高原に出かけた。実はそこにはもう少し前に行く計画を立てていたが、その日は天気が悪くて実現できなかった。時期的に狙いの蝶は変わってしまった。一番の目的はスミナガシ。ちょっと車を走らせて移動した場所も含めて多くのスミナガシが見つかった。スミナガシ黒系アゲハもナガサキアゲハ以外は全て見つかった。一番残念だったのは何回か見かけてレンズを向けながら、ほとんどまともに撮影できなかったミヤマカラスア...

  16. ☆ブログを、再開します☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ブログを、再開します☆

    6月末の投稿を最後に、長くお休みしてしまいました。時々更新していきますので、宜しければご覧ください。チョウの季節も過ぎてしまいましたが、撮っておいたものを載せてみます。季節は戻り、5月、7月のツマグロヒョウモン…白い花は、ネズミモチです。8月には、高原、山にもに行きました、白花のリアトリスにアカタテ分水嶺公園にはアサギマダラ山道では、スミナガシとオオムラサキ♀さん11月に入ると、南知多でヤ...

  17. 6/2その2スミナガシ、アオバセセリ、ヒメキマダラヒカゲ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    6/2その2スミナガシ、アオバセセリ、ヒメキマダラヒカゲ他

    午後、代休を取って高標高地へ行ってきました。狙いはスミナガシのテリ張りです。ポイントに着くと、早速出迎えてくれました。スミナガシこの色、素晴らしいですね。名前もピッタリです。アオバセセリスミナガシと同じ場所でテリ張りしてました。ところがスミナガシのテリ張りと違うのは、ただひたすら飛び回ってパトロールしていること。運良く近くの葉に止まってはくれましたが、それも一瞬だけで飛び去りました。ヒメキマ...

  18. 5/24ミヤマカラスアゲハ、スミナガシ、アオゲラ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    5/24ミヤマカラスアゲハ、スミナガシ、アオゲラ他

    蝶友さんからヤマツツジに来るミヤマカラスアゲハを見に行こうとお誘いいただき、プチ遠征してきました。ちょうどヤマツツジが花盛り、そばで待つことにしましたが、この日もあまり気温が上がらずちょっとちょっとチョウには厳しい雰囲気。お昼前になり、最初に現れたのは…モンキチョウ主役が現れないもので、しばらく相手にして貰いました。お昼を過ぎてようやく気温も上がり始めた頃、やっと主役が登場。ミヤマカラスアゲ...

  19. スミナガシの幼虫初見Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    スミナガシの幼虫初見Byヒナ

    おらんくの自然満喫の古庵さんからスミナガシの幼虫が居たよという連絡をもらい、見に行ってきました。ヤマビワの葉の上で終齢になっているはずとのこと。探すこと数分、なんとか見つけることができました。ちなみに成虫はこちら、名前の通り和柄で渋い色合いの蝶です。見つけた幼虫は寝ていました。このままだと何枚撮っても同じになってしまうのでしばらく眺めていると、起きて食事開始。ユニークな顔を見ることができまし...

  20. 秋のクロツバメシジミ2020 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    秋のクロツバメシジミ2020

    撮影日2020年09月20日今年初めてのクロツバメシジミの撮影へ。朝ゆっくりと出発したのでポイントには11時ごろ到着。石垣のツメレンゲが少なく、ちょっと寂しい感じです。クロツバメシジミも擦れた個体が数頭見えるだけ。マクロ撮影は断念し、比較的綺麗な個体を選んで広角撮影。途中、石段で給水中のスミナガシを撮影。昼を過ぎたころ、ようやく綺麗な♀を発見。俄然やる気になりましたが、すかさず雄が絡んで求愛...

総件数:67 件

似ているタグ