スミレ科のタグまとめ

スミレ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスミレ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スミレ科」タグの記事(48)

  1. ニョイスミレ - Mag's  DiaryⅣ

    ニョイスミレ

    5月4日、ため池の縁に、ニョイスミレが咲いていた。(雨が続くので、撮り置きの画像の出番です。)この場所にはピンク色の花が多かった。我が家の周りでピンク色を探すのは難しいけれど、ここにはたくさんあった。淡いピンクは乙女色だょ(*´з`)ニョイスミレの隣に咲いていたスミレ('ω')あなたはだあれ?

  2. コミヤマスミレ - Mag's  DiaryⅣ

    コミヤマスミレ

    コミヤマスミレ(小深山菫)スミレ科スミレ属日本のスミレの中で、最も暗い所と湿ったところを好むと、本にはある。この場所は常に水しぶきがかかっているような岩場、斑入りの葉。2015年に訪れてから、6年ぶり、3度目の観察。少し減少していた。の膝では、この場所に来るのはこれが最後かな。コミヤマスミレ、卒業宣言(*´з`)

  3. スミレが分からない(-.-) - Mag's  DiaryⅣ

    スミレが分からない(-.-)

    アリアケスミレかなあと思ったけれど・・・。花の色が濃いよなあ・・・。こちらはもっと濃い・・・。もっと濃い・・・。スミレとアリアケスミレの交雑種で、ハリマスミレというのがあるそうな。葉の形や花弁の紫条が目立つところなど、ハリマスミレとしたいのだけれど・・・。・・・わからない・・・たすけて・・・

  4. エイザンスミレ - 源爺の写真館

    エイザンスミレ

    叡山菫私が識別できる三種のスミレの内の一種。したがって識別できないスミレは撮らない。

  5. 春分桜始開その2 - 紀州里山の蝶たち

    春分桜始開その2

    皆さん、こんにちはー。当地は雨模様で、これから雨あしが強くなって来そうです。昨日、訪れた里山は天気が良くてスレの無いギフチョウが愛好家の皆さんを歓待してくれました。そして、足元では春山野草も出迎えてくれました。春蝶&春山野草のシーズン開幕です。

  6. 春分雀始巣その3 - 紀州里山の蝶たち

    春分雀始巣その3

    皆さん、おはようございます。当地は春の嵐です。「春に三日の晴れなし」ですね。尾根筋を行くとヒサカキの良い香りが漂っていました。ヒサカキの開花と春蝶の発生がリンクしていました。

  7. アオイスミレ葵菫 - 里山の四季

    アオイスミレ葵菫

    春早く開花し、あっという間に花が終わり葉を茂らせます。その後閉鎖花を次々とならせます。小さな古墳の裾に群生していましたが年々少なくなってしまいました。花もどんどん小さく元気がなくなっています・・どうしたのでしょうか?二つの上弁がウサギの耳みたいにピント立っている姿が可愛い。くるりんと反り返るくせがあります。距はでこぼこしていて、後部が太短い。雌しべの柱頭はかぎ形葉の形がフタバアオイに似ている...

  8. 雨水土脉潤起(つちのしょううるおいおこる) - 紀州里山の蝶たち

    雨水土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

    皆さん、こんにちはー。MFではタチツボスミレが開花していました。この分だとかなり前から咲き出していたみたいです。近くでは、フキノトウが顔を出し始めました。

  9. スミレサイシン - こんなものを見た2

    スミレサイシン

    スミレサイシン Viola vaginata2020年4月18日、道内ここの個体は、概して花弁の色が薄く感じました。

  10. フイリミヤマスミレ - こんなものを見た2

    フイリミヤマスミレ

    フイリミヤマスミレ Viola selkirkii f. variegata2020年5月2日、道内雨上がりの森にて。

  11. アカネスミレ - Mag's DiaryⅢ

    アカネスミレ

    アカネスミレの花を観察に行った。去年はたくさんの花で斜面が茜色に染まっていたのだけれど、今年はずいぶん少なかった。葉に毛が生えているので、白っぽく見える。花柄にも距にも毛がびっしり。大変毛深い茜姫なのだ。で、こちらはオカスミレ。側弁の基部に毛がある以外は無毛のもの。無毛。無毛。

  12. 4月5日灰ヶ峰のスミレ - Mag's DiaryⅢ

    4月5日灰ヶ峰のスミレ

    ヒゴスミレが咲き始めていた。ヒナスミレの花は一輪だけ、葉はたくさんあるのになあ・・・。べっぴんさんのナガバノタチツボスミレ。山陰型タチツボスミレかな。去年見つけたマダラナガバノタチツボスミレが咲き始め。これからどんどん咲いてくるだろう。

  13. エイザンスミレ - 源爺の写真館

    エイザンスミレ

    叡山菫私が知っているスミレ二種の内の一種です。このスミレは葉に特徴があるので覚えられます。

  14. 道々のスミレ - Mag's DiaryⅢ

    道々のスミレ

    エイザンスミレが咲き始め。ヒナスミレは満開。タチツボスミレが満開。これもタチツボスミレだと思うのだが、↑の株とはずいぶん違う。もしかして別の名前がついているかな?

  15. 銀山平で見られる紫色のスミレ - 奥只見・銀山平で見られる山野草

    銀山平で見られる紫色のスミレ

    草むらの隅に見かける小さなスミレ、紫色にも微妙な差があり詳細は不明です。葉の形が概ねハート形であることからタチツボスミレかと思いますが2019年の散策時、銀の道2合目で葉に埋もれて咲く色鮮やかなスミレを見かけ種類が違うのかと思いましたが、ただ環境差による個体差なのかも2019年5月31日撮影タチツボスミレ?(花が葉に埋もれていた)今回はこの年に見た紫色のスミレを纏めてみようと思い調べた所色鮮...

  16. オオタチツボスミレ? - こんなものを見た2

    オオタチツボスミレ?

    オオタチツボスミレ Viola kusanoana ?2019年5月15日僅かに紫色が出ていますが、ほぼ真っ白なオオタチツボスミレと思われる個体(周辺に生育しているのはオオタチツボスミレだけでした)。白変種は「シロバナオオタチツボスミレ V. k. f. alba 」と言いますが、このくらいの白さであればそう言っても大丈夫でしょうか?オオタチツボスミレの白花は初めて見たので、目に入った時は驚...

  17. スミレサイシン - こんなものを見た2

    スミレサイシン

    スミレサイシン Viola vaginata2019年5月1日わさわさしていてとても立派な株でしたが、もしかしたら1個体ではないのかもしれません。スミレサイシン Viola vaginata2019年5月1日この斜面には、多くのスミレサイシンが咲いていました(バックに見える紫色のは全て本種)。

  18. スミレ - Mag's DiaryⅢ

    スミレ

    とても立派な株のスミレがあった。これぞスミレ!すぐ隣に上の半分くらいの大きさのスミレがあった。花弁に模様があるのがまたかわいらしい。並べるとこれだけ大きさが違う。当然だけれど、花の大きさも。これだけ大きさが違えば別の種類かも。もしかしてスミレと何かほかのものの交雑種か?期待して少し調べてみたけれど、行き当たるものはない。アスファルトの隙間に生えていたので、単なる栄養不足だけなのかも・・・。大...

  19. ケマダラナガバノタチツボスミレ? - Mag's DiaryⅢ

    ケマダラナガバノタチツボスミレ?

    車を走らせているとき、とてもきれいなスミレの花が見えた。少し走って広い場所に車を止め戻ってきたら、ナガバノタチツボスミレだった。なんだ、ナガバかあ、でも、きれいなので撮っておこう。あれ、なんか感じが違うんだけど(^ω^)・・・ナガバノタチツボスミレには、葉の葉脈に沿って紅紫色の斑が入るものが多いけれど、これは特別濃いょ!(^^)!これはマダラナガバノタチツボスミレと言ってもいいねえ。おまけに...

  20. アケボノスミレ - Mag's DiaryⅢ

    アケボノスミレ

    アケボノスミレが咲いていた。あったかい落ち葉の布団を押しのけて顔を出す。後から葉が出てくる。ほんとうの色は曙色なのだけれど・・・。落ち葉の上に寝っ転がりたいような(*^^)v

総件数:48 件

似ているタグ