スーパーラグビーのタグまとめ

スーパーラグビー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスーパーラグビーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スーパーラグビー」タグの記事(30)

  1. トヨタがトヨタが首位発進、トップリーグは全勝対決、サンウルブズ連勝なるか首位発進、トップリーグは全勝対決、サンウルブズ連勝なるか - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トヨタがトヨタが首位発進、トップリーグは全勝対決、サン...

    WRC第2戦ラリー・スウェーデンデイ1が行われた。深刻な雪不足で大幅なSS変更が行われた中での開催、どんなラリーとなるか注目であったが、4本のSSのうち2SSでトップタイムをマークしたトヨタチームのエバンスがトップにたった。2番手はヒュンダイのタナック、3番手にトヨタのロバンペラ、4番手にオジェが続きトヨタチームとしては最高に近いデイ1であったと思う。デイ2も全く同じコースを走る4SSだそう...

  2. 新球場で紅白戦、チーフス連勝、王将戦第3局1日目 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    新球場で紅白戦、チーフス連勝、王将戦第3局1日目

    日本ハムが新しくなったキャンプ地のタピックスタジアム名護で初の実戦となる紅白戦(5イニング)を行った。レギュラークラスはほとんど出場せず、今年1軍定着を目指す選手、再起を目指す選手など若手中心の紅白戦であった。その中で打撃では高濱祐仁が新球場第1号を放ち、気合いをはいた。今年から背番号は162、育成登録となってしまい支配下登録を外れてしまった高濱は是が非でもキャンプで結果をだし再び支配下登録...

  3. クルセイダーズ優勝、錦織は完敗、藤井四段は”連敗” - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    クルセイダーズ優勝、錦織は完敗、藤井四段は”連敗”

    スーパーラグビー決勝、ライオンズ対クルセイダーズが土曜日に南アフリカで行われた。ラグビーに限らず、プロスポーツの試合はホームチームが有利であることは自明、したがってライオンズの初優勝が期待される一戦であった。そんな中で試合ははじまった。ライオンズ優勢で試合が進んだが一発のタックルがその流れをかえてしまった。7分、自陣22メートルライン付近まで攻めこまれたクルセイダーズ、No8・リードのタック...

  4. 日本ハム連敗止める、明日はスーパーラグビー決勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム連敗止める、明日はスーパーラグビー決勝

    日本ハムが連敗を止めた。4連敗を止めるとともにビジター球場での連敗も10で止めることとなった。試合は日本ハム・加藤、ロッテ・唐川の先発ではじまった。初回にいきなり西川のヒット、田中賢介の内野ゴロで先制(大田、大谷の連打、レアードの犠飛もあり)した日本ハム、この試合は加藤がよくロッテ打線を抑え込んだ。追加点が取れない日本ハムであったが、加藤のロッテ打線に対して丁寧にコースをつくピッチングで要所...

  5. ラリー・フィンランド、トヨタが首位、鈴鹿8耐はヤマハがポール、スーパーラグビーは - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ラリー・フィンランド、トヨタが首位、鈴鹿8耐はヤマハが...

    鈴鹿8時間耐久レース、トップ10によるポールポジション争いが行われ、ヤマハの中須賀克行が2分6秒038でトップタイムをマークし見事に今日のレース、ポールポジションからスタートする。MuSASHi RTから出走する中上貴晶は途中までポールを狙えるタイムをたたき出していたが、ダンロップコーナーと最終シケインでミスをしてしまい全体で5番手タイムとなってしまった。MotoGPだとミスは命取りになって...

  6. ラリー・フィンランド、8耐はじまる、荻野は銀、スーパーラグビーは準決勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ラリー・フィンランド、8耐はじまる、荻野は銀、スーパー...

    WRC第9戦ラリー・フィンランドがはじまった。午前中に行われたシェイクダウンでハンニネンがマシンを立木にヒットさせてしまうトラブルがあったが何とかSS1のスタートには修復され間に合ったようだ。そしてデイ1のSSは1本のみであった。距離も短くタイム差もそれほどない中、トップタイムはMスポーツのタナックであった。トヨタチームはラトラバが5位、ハンニネンが7位、ラッピが13位であった。初日としては...

  7. ベスト4決定、今日は大暑 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ベスト4決定、今日は大暑

    スーパーラグビーの準々決勝残り3試合が開催され、ベスト4が決まった。土砂降りの雨の中で行われたニュージーランド地区のクルセイダース対ハイランダーズ戦。接戦が予想されたが、雨の影響で現地入りが試合開始7時間前となってしまったのが影響したのかハイランダーズにいつものきれが見られずにクルセイダースが17-0で勝利しベスト4に進出した。南アフリカ地区チームの対決となったライオンズ対シャークスの一戦は...

  8. 藤井四段敗戦、白鳳歴代1位、スーパーラグビー決勝Tはじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井四段敗戦、白鳳歴代1位、スーパーラグビー決勝Tはじまる

    藤井四段の15歳となった初戦、上州YAMADAチャレンジ杯準々決勝が昨日行われた。相手は三枚堂達也四段であった。この三枚堂四段、佐々木勇気五段(現六段)と同じ千葉県柏市出身で幼少期から棋力を争った間柄だそうだ。藤井四段をまかす戦略を伝授されたようで、序盤から優位に将棋をすすめ、一時藤井四段が優勢の場面もあったが、三枚堂四段が総じて将棋を支配し続け、藤井四段を219手で圧倒した。これで藤井四段...

  9. アストロズ快勝も主力が離脱、いよいよ決勝トーナメント - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    アストロズ快勝も主力が離脱、いよいよ決勝トーナメント

    アストロズがマリナーズ戦に6-2で快勝した。青木も8番で先発出場し、3打数1安打1打点の活躍、3点目の追加点と4点目の得点に貢献した。これで2位と16.5ゲーム差となり地区優勝はよほどのことがない限り大丈夫であろう。ただプレイオフを勝ち抜くとなると心配な点もある。それは中軸を打つ、コレアの離脱である。左手親指の靭帯損傷で手術を受けるため、6~8週間離脱することが発表されたからである。復帰は9...

  10. インディ12戦はピットストップのタイミング、白鳳歴代2位、スーパーラグビー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    インディ12戦はピットストップのタイミング、白鳳歴代2...

    インディカーレース第12戦がトロントで開催された。インディカーレースシリーズで唯一のカナダでの開催である。予選10番手と不本意なポジションに沈んでしまった佐藤琢磨であるが、マシンの調子はいいようで決勝での巻き返しが期待できた。そしてスタートでポジションアップした佐藤琢磨、イエローコーションも出ずに淡々とレースは進んだ。ただピットストップのタイミングを逃してしまった。トップ3がピットストップせ...

  11. ウィンブルドン2日目、スーパーラグビー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ウィンブルドン2日目、スーパーラグビー

    男女8名が出場したウィンブルドンであったが、1回戦の壁は厚かったようだ。初日に錦織圭、大坂なおみが勝利したが、日比野菜緒、奈良くるみは負けてしまった。そして2日目、男子はダニエル太郎、杉田祐一、女子は土居美咲、尾崎里紗の4選手が出場した。ダニエル太郎はククシュキンと対戦、第1セットを6-4とし、幸先よいスタートをきったが第2セットは4-6とされて追いつかれると第3セットはタイブレイクとなった...

  12. 日本ハム連敗ストップ、チーフス引き分け、錦織敗れる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム連敗ストップ、チーフス引き分け、錦織敗れる

    日米通算2000本安打まで後10本となっているアストロズの青木宣親が地元で開催されたタイガース戦に先発出場した。まずは守備で魅せてくれた。初回の守備、二死2塁でレフトに飛んだヒットをホームへ好返球して2塁走者を刺し、先制点を防いだ。MLBトップとなる6捕殺である。そして打撃ではタイガースの好投手・バーランダーから2安打(1本目は幸運な中前であったが2本目は完ぺきに打ち返した中前であった)を放...

  13. 錦織準々決勝は鬼門、土曜日に2勝目を目指して - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    錦織準々決勝は鬼門、土曜日に2勝目を目指して

    今シーズンの錦織圭はATPシリーズで準々決勝が鬼門のようだ。開幕戦こそ決勝にすすんだが、それ以外のトーナメントでは準々決勝の壁が大きく立ちはだかっていた。そしてジュネーヴオープン、その準々決勝の相手はアンダーソンであった。過去の対戦成績もよく相性のよい相手であったがやはり壁は存在するのか、第1セット第4ゲームをブレイクされてしまった。2-5で迎えた第8ゲームもブレイクされなんとこのセット2-...

  14. 日本ハム連敗脱出、トヨタにアクシデント、2勝目なるか - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム連敗脱出、トヨタにアクシデント、2勝目なるか

    日本ハムが楽天戦の連敗劇を忘れさせるような戦いぶりではなかったが、とりあえず連敗脱出である。久しぶりの札幌ドーム、日本ハムの先発は浦野であった。その浦野は初回を無失点でおさえると、打線はこの日から一軍復帰、即スタメン出場の杉谷がヒットで出塁すると、中田がタイムリー、1点を先制した。2回はオリックス守備陣のエラーもあり、一死2、3塁のチャンスをつかむと西川がしぶとくライトに運んで3-0と序盤で...

  15. 熱い戦いスーパーラグビー、トヨタがポール、有原は3連敗 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    熱い戦いスーパーラグビー、トヨタがポール、有原は3連敗

    スーパーラグビーの再編が発表されチーム数の削減が公になったオーストラリア地区、その削減候補と噂されるレベルズが今シーズンの初勝利をかけて同地区カンファレンス首位のブランビーズと戦った。試合は1点を争う緊迫したゲームとなり、ノーサイドの瞬間までどちらが勝つかわからないほどであった。このチームでNo8のポジションを不動のものとしているアマナキ・レレィ・マフィは先発フル出場した。試合のキーポイント...

  16. サンウルブス完敗、トヨタは好発進、そしてアロンソはインディ500挑戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    サンウルブス完敗、トヨタは好発進、そしてアロンソはイン...

    スーパーラグビー第8節、サンウルブスは初めてニュージーランドの地で戦う機会を得た。昨年から参加のサンウルブス、初年度はオーストラリア地区のチームとの対戦で今年、ニュージーランド地区と対戦するスケジュールで会った。開幕初戦は秩父宮競技場でハリケーンズと対戦していたが現地でニュージーランド地区のチームと対戦するのは初めてである。どんな戦いをしてくれるのか楽しみであった。試合はあいにく土砂降りの雨...

  17. 今季初の連勝、カード勝越し、ダルビッシュ初勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    今季初の連勝、カード勝越し、ダルビッシュ初勝利

    中田翔が登録を抹消され、日本ハムは非常事態となってしまった。(ベンチメンバーも含めての)レギュラークラスからの離脱者は大谷、マーティン、杉谷に続いて中田で4人目、これに谷口を加えると5人となってしまった。日本一メンバーからの離脱は大きな損失であるが、来年以降を考えた場合、大谷はポスティングでMLB、中田はFAで他球団というシナリオが想定されるだけに早めの対応と割り切ることもできる。そんな中で...

  18. 浅田真央引退、スーパーラグビー再編、アジアラグビー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    浅田真央引退、スーパーラグビー再編、アジアラグビー

    今朝一番のニュースはフィギュアスケート元日本代表の浅田真央選手の引退発表であった。朝のニュースではトップ記事扱いされており、いかに浅田真央が国民から注目されていたかがうかがえた。昨晩に自身のブログで引退を発表したとのこと、約20年に及ぶ選手活動、お疲れ様でした。前々から噂されていたことではあるが、サンウルブスも参戦しているスーパーラグビーの再編が管理団体から発表された。予想されていた通り南ア...

  19. サンウルブス初勝利、ラトラバは4位浮上、中上は雨に翻弄 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    サンウルブス初勝利、ラトラバは4位浮上、中上は雨に翻弄

    スーパーラグビー第7節、休養明けのサンウルブスは秩父宮競技場でブルズと対戦した。今シーズン2度目の対戦、前回は敵地で21-34と負けてしまったが後半途中までは接戦していただけに初勝利が期待できる相手である。小雨が降り続く中でのキックオフ、序盤は明らかにサンウルブズペースであった。そして5分にPGのチャンスを得たが、SOクリップスが外してしまった。接戦が予想されるだけにこの失敗が悔やまれる結果...

  20. フェデラーのすごさ、日本ハム今季初勝利、チーフス強し - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    フェデラーのすごさ、日本ハム今季初勝利、チーフス強し

    ATP1000・マイアミオープンの準決勝が行われた。残念ながら錦織圭は敗退してしまったが、フェデラー対キリオスの準決勝は見ごたえのある素晴らしい試合であった。両者の対戦は3回目でいずれもATP1000大会である。そして1回目はキリオスが2-1で勝ち、2回目は棄権でフェデラーが勝利している。1回目はすべてのセットがタイブレイクに持ち込まれる接戦であったが、この試合もそうであった。しかもお互いに...

総件数:30 件

似ているタグ