ズマロンのタグまとめ

ズマロン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはズマロンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ズマロン」タグの記事(7)

  1. 平安に映えるズマロン - Various lenses

    平安に映えるズマロン

    京都市左京区平安神宮は赤の神社です。白い玉砂利と建物の赤が映えます。インスタ映えすることは確実ですね。京都市右京区明治時代に創立された小学校。京都市の中心には子供が極端に減少しているという。町並みを残していかなければならないのに後継者がいなくなり、国や市が維持していかなければならないとなると、「生活の場」としての京都の魅力はほとんどなくなり、ただのテーマパークになってしまう。京都市中京区SU...

  2. ズマロンの京都商店街いろ - Various lenses

    ズマロンの京都商店街いろ

    商店街はどこも経営が大変だろうと思います。少子化による影響と、大型店舗による影響です。しかし、京都ではまだまだ頑張っている商店街もあります。京都は歴史的建造物や、由緒ある土地がほうぼうにあるので、大型スーパーが立ちにくいのかも知れません。京都市東山区京都市東山区パチンコ屋の看板のような商店街のアーケード。京都の食材には京都ならではの産地直送の素材が多くありますので、京都の人には大量仕入れの全...

  3. 深い朱色のズマロン - Various lenses

    深い朱色のズマロン

    京都市東山区ズマロンの赤は鮮やかだ。ちなみにこの写真には一切の手は加えていません。こういう発色をするとは思いませんでした。色の出方はレンズだけではなく、カメラ本体の画像エンジンにも左右されますのでズマロンで撮影すればがこういう発色をするとは限りませんが、他のレンズでは特に赤色系が強いことはないので、傾向としてはあるのかなと思います。京都市東山区路地裏にも京都の臭いがします。京都市東山区SUM...

  4. ズマロンふたたび - Various lenses

    ズマロンふたたび

    京都市右京区ズマロンは軽量で、ピントも合わせやすく、手軽にスナップするには最適なレンズです。開放値は暗いのですが、当時の光学設計では限界だったのでしょう。ライカにズマロンを1台であればコンデジ並みの軽量さで、重たい1眼レフとクソ重たいズームの大三元を持ち歩くなどという行為と比較すると天国と地獄という気がします。京都市中区地方へ行くと明治時代に建ったような小学校を見かけることがあります。コンク...

  5. ズマロンの京都いろ - Various lenses

    ズマロンの京都いろ

    ズマロンは戦後作られたレンズなので、コーティングもされており現代風に写るレンズです。解像度もそれなりにあり、色の出方もこってりとしていて、キャノンのEFのような赤系に敏感な発色をします。京都市右京区神社と巫女さんの赤が鮮やかに映えます。京都市東山区京都市左京区SUMMARON35mmF3.5EPSONR-D1京都の銭湯建築は独特です。東京の銭湯建築とは明らかに違うし、大阪の「温泉」とも違いま...

  6. 夏の京都にズマロン - Various lenses

    夏の京都にズマロン

    京都市左京区京都の夏はとてつもなく暑い。テレビ番組のロケ隊のうち半数が熱中症となることがあったくらいだ。京都市東山区私もあまりにも暑くて、喫茶店に入りかき氷を貪り食べた。京都市東山区SUMMARON 35mm F3.5 EPSONR-D1夏になるとサルサが聞きたくなる。DESPACITO | Luis Fonsi - [Versión Salsa]

  7. ズマロン35mmF3.5の色気にほっこり - Various lenses

    ズマロン35mmF3.5の色気にほっこり

    ズマロン35mmF3.5は1946年から生産が開始されたライツ社の広角レンズです。 終戦直後から作られたわりには、しっかりしたガウス形式のレンズ設計で、写りは現代 のレンズに負けないくらいの解像力を持ちます。 コンパクトで扱いやすく、人気のあるレンズでした。開放値は暗いのですが、価格が安く なっていますから現在でもライカファンには人気の高いレンズだということです。 ...

総件数:7 件

似ているタグ