ズーラシアのタグまとめ

ズーラシア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはズーラシアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ズーラシア」タグの記事(655)

  1. ここにいるよ - bonsoir

    ここにいるよ

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、タニアマゾンセンターに引っ越してきてからもうどれくらいどれくらい慣れたかな、それとももう飽きてしまったかな空調が効けばいつでも快適なところもあるはず今、タニの気持ちはどうなのか────ここにいるよタニは心の中で言う────ここにいるよタニは窓の外を見て食べたい気分そうでもない時今はどんな、どんな時ここでの暮らし、それは変に静かな時間の流れそしてなん...

  2. まだ知らない夏が来る - bonsoir

    まだ知らない夏が来る

    ズーラシアで暮らすホッキョクグマ、ゴーゴ暑い日には水がいいじゃぶじゃぶ泳いでいるといいたまには何かを抱えて齧るそれがいいなんだか楽しくそれもいいこの暑さのまま時間は進む進んで夏へとなりそうに今年の春はまだ何も知らなかった春こんな春があるのかなんて陽射しは強く、それはどこでも同じよう風と空、ある場所ならば同じようだけど知らない春だった知らない毎日、過ぎてった知らない場所にやってきて、知らない顔...

  3. もう暑くなってきた - bonsoir

    もう暑くなってきた

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、モアラ庭の目の前、ピンク色のブラシノキ空はだんだんと夏の雲そんなときもう暑くなってきたキノボリカンガルーにはもう暑くなってきた何をやっているのかモアラその二の腕は舐めて濡れ気化熱、身体を冷やすようそれがもう、暑くなってきたという印パプアニューギニアの高原のようにはいかずオーストラリアの夏ほど空気は乾いてないキノボリカンガルーには厳しい季節がやってく...

  4. ひかれ、夢の動物園 - bonsoir

    ひかれ、夢の動物園

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、タニ眩しく晴れた日は、小さく見えるその空を眺めてまた思い出すいつだったかのあの日、同じように晴れてた日あの日、動物園はなんだか変に眩しくて風はいつもと様子を変えて、吹くたび夏を呼ぶようにこんな日、そんな日朝ごはんの枝葉は早く食べないとしおれてしまうなのにどうしても落ち着かない身体は、心は何を求めて動くよう強い光のコントラスト紫外線が焦がして日向あの...

  5. イルミとワカメ - bonsoir

    イルミとワカメ

    ズーラシアで暮らすチベットモンキー、イルミとワカメイルミ最近はよくここで静かにたたずむワカメはなんだか何見てる二人はチベットモンキーここ最近は様子が変わっていくように何を見ている何見つけたかいろいろと凝りだすワカメ何かを気にして、眺めて見つめ触って手に取りまた見つめそれがワカメワカメらしく春を過ごしてきたままのチベットモンキーらしくそのままにいつのころから二人はずっと二人で暮らすきっとそれは...

  6. 頑張らないといけないね - bonsoir

    頑張らないといけないね

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、モアラ春も半ばを過ぎた頃季節よりも早く変わる、変わっていくことそれはモアラの暮らしセスジキノボリカンガルー達のこの先とその変わり目から少し経ち、今ではついた、心の整理晴れたら暑い陽射しは強く、そこに紫外線を感じるよう休むように、動物達は日除けのタープ、その下、日陰眺める向こう、眩しく光る動物園「頑張らないといけないね」そんな言葉が頭をよぎるそれはあ...

  7. 朝のモテモテ - bonsoir

    朝のモテモテ

    ズーラシアで暮らすアカカンガルー達暑くなりそう、そんな朝今日は少し様子が違ういつもどおりだったら分けて展示の雄と雌今朝はその雄の群れに雌が2頭それはきっとペアリング発情が来ていればそう大勢の雄達が後を追いかけもう大変気を抜いていたもう一人の女の子すぐにほらやっぱり、と今朝はいつもと少し違う朝ちょっとだけ騒がしい朝のモテモテ普段はのんびりしているみんなも今日だけはちょっと離れてでもまた大勢に追...

  8. あの日の夕暮れ帰り道 - bonsoir

    あの日の夕暮れ帰り道

    暗くなる暗くなる少しずつ暗くなる※4月22日撮影空はだんだん暗くなる動物園は静かになって、風もまだまだ冷たくてズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、タニ今日も夕方、閉園時間一日楽しく過ごした日には、夢を見るための準備もそれはたくさんのあの日の夜は、あの日の夢を見たように今はあの日の夢を、夢の思い出、思い出し見ていた何を見ていた何、見てたあの日の夕暮れ帰り道空は夕焼け、始まるよう薄く、薄...

  9. 空と風と土の匂いの思い出と - bonsoir

    空と風と土の匂いの思い出と

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、タニ※4月22日撮影あの庭、あの部屋、今どんなお引越しをしてから一週間向こうの方は今どんな思い出たくさん、あの庭の空と風、地面に降りて土の匂いがしていれば思い出せば考える時間が経って今どんな季節が進んで今どんな思い出の中の庭空は色々な色だった風は優しく、時に強く冷たく、温かく、気持ちよく雨上がりあの土の匂いが懐かしい色褪せない思い出がたくさんあるか...

  10. 続けてる - bonsoir

    続けてる

    ズーラシアで暮らすホッキョクグマ、ゴーゴガラス面へと向かってじゃばじゃば戻ってまたじゃばじゃばとそれを続けて続けてるけっこう長く続けてるそんな日は誰にでもあるようにどんなときにもやりたいことを続けてるそれでいいきっとそれでそれでいいこれから夏にホッキョクグマには暑い季節も始まろうとしていれば晴れた日にも雨の日にも暑いと感じてちょっとづつそんな日お天気、陽射し雨降り、土の香りと木や草水は透きと...

  11. 思い出すのはいつのこと、桜の葉が美味しかった日のことを - bonsoir

    思い出すのはいつのこと、桜の葉が美味しかった日のことを

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、タニ※4月22日撮影タニがアマゾンセンターで暮らすようになってからどれくらい今もうこれで、どれくらい日除けのタープ、その下で眩しいあの日、晴れた空少し暑くて休んでじっとそれがいい今まで何度、これで何度橋を渡って庭へ出て地面へ降りたら気になるものに足を止め季節季節の風景を今、思い出すのはいつのことあの庭で見つけた食べ物、道草、野草食べて思わず「美味し...

  12. ここには地面も空も風も確かに無いけれど - bonsoir

    ここには地面も空も風も確かに無いけれど

    今まで暮らした部屋、そして過ごしてきた庭から引っ越しをしたタニそこはアマゾンセンターの部屋ジャヤ・メイと交替をしてそう、タニはキノボリカンガルーセスジキノボリカンガルーズーラシアで暮らしてる引っ越しをした次の日に朝はゆっくりしていた日移動してから昨日の今日過ごし方、休む場所そして何をしたらいいのかと朝のうちは戸惑ってそれでもタニはタニらしくいつものタニ、キノボリカンガルーらしくあろうとするよ...

  13. 風は覚えておけばいい - bonsoir

    風は覚えておけばいい

    足の裏に感じた地面季節と季節、春から夏にそれだけどんどん草は伸び夏を運び込む風、告げる風冬の風が春を呼んできたように、今度は春風、夏を連れて少しずつ風はどこからどこからどこに季節の源、季節の行き先それは遥か、遥か向こう風に気づいてしまったら、風を気持ちがいいと感じたらその風、覚えておけばいい覚えて、ときに思い出すその時どこでもその風吹いて覚えている風、それはどこでも吹き抜ける色、匂い音に声そ...

  14. 大きいね - bonsoir

    大きいね

    ズーラシアで暮らすインドライオン、ガウリー朝はガウリーそっと静か、いつもどおり雨上がりの庭、湿り気混じり少し冷たい風吹いてあくびの口は大きいね大きいねそしてあくびの終わりかな朝は駆け足、すぐにお昼気温は上がり、歩いてくるお客さん流れていく雲、大きいね

  15. 土の匂いと草の香り - bonsoir

    土の匂いと草の香り

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、タニセスジキノボリカンガルーのんびりする時、眠る時キノボリカンガルー、木に登るそんな時はどこかの上に降りていく時何かをする時やっぱり戻るセスジキノボリカンガルーキノボリカンガルー、木に登る木に登っていれば、高い場所にいたならばそれはキノボリカンガルー登ればわかる風の香り登って思う時間の流れ地面に陽射し雨と交互にそんなことすると生えて伸びてと緑色季節...

  16. この眩しさはどこでもきっと - bonsoir

    この眩しさはどこでもきっと

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、タニ日除けのタープが作る影そこから見る光はなんだかとても眩しくてその眩しさは空を飛ぶ鳥の姿を隠すよう眩しさのぶん、日向の気温はどんどん高くそこに春の終わりを予感するこの眩しさは昔からずっとずっと昔からタニがここで過ごすようになってからずっとそれより前からずっとそう日除けのタープが作ってくれる大きな影にその中、その下キノボリカンガルー世界のどこでもき...

  17. タープの下に漏れてる光 - bonsoir

    タープの下に漏れてる光

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、タニ晴れた今日の日向は暑く朝から眩しい陽はすぐ登るそこでタープ日除けのタープ朝のご飯はその下で広く広がる日陰の中に風がときおり気持ちがいいもう季節が一回り前の初夏から今年の初夏へここで何度、初夏へと吹いて、吹き抜ける春の終わりの風を感じてきたのかをクモは綺麗な形を作るそれはいつの間にかのよう大きく小さく、光できらきらタープの下に漏れてる光それは変に...

  18. ユキちゃん - bonsoir

    ユキちゃん

    少しずつ暑くなってきた春はもうすぐ春らしくは無くなるかそれとも春は暑いものなのかその暑さのせいなのか、シロフクロウのユキちゃんは口を開けたままの顔大丈夫かい平気かい多摩動物公園生まれだから、暑さに少し強いかいこれは飛ぶ前飛んでいく前シロフクロウは昼間のフクロウ少し明るいくらいがいい羽音はばさばさそんなに静かにしなくていい飛ぶ時は口を閉じ止まればずっと口が開いてる暑くなるね今年はどこへ行くんだ...

  19. 風とタープで8歳の誕生日 - bonsoir

    風とタープで8歳の誕生日

    ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、モアラじりじりとする紫外線、夏の草が伸びるころ日除けのタープが庭には張られそして4月の24日にモアラは誕生日地面が大好きなモアラも今は、この時間はテラスでそっと休んでる朝にきっとぱたぱたとしていたからそして陽が傾いて涼しくなった頃にまた跳んで駆けてとしたいから風がモアラを撫でる時、ふと起こされたような気がしたり寝ぼけまなこで残りの葉っぱを齧ったりそ...

  20. 眩しい陽射し - bonsoir

    眩しい陽射し

    ズーラシアで暮らすレッサーパンダ、ララ静かにそっと、入ってくるそんなララそれはお散歩、通り道幾度、何度、静かに静かに繰り返し陽射しは背中少し暑いか、春はすぐに夏を呼ぶララはもうおばあちゃんとてもかわいいままに歳を重ねて四季巡る眩しい陽射しはどこから差し込む時間とともに変わればそれをときには追ったり、ときに避けたり今はお散歩、通り道その途中に眩しく陽射し陽射しを背中に時にはその陽射しに向かい眩...

総件数:655 件

似ているタグ