セシウムのタグまとめ

セシウム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはセシウムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「セシウム」タグの記事(7)

  1. 外洋放出セシウム大半が土壌由来に15年以降、直接漏えい減少/  東京新聞 - 瀬戸の風

    外洋放出セシウム大半が土壌由来に15年以降、直接漏えい...

    【要約】2015年以降、大規模降雨で表面の土壌と共に河川などを経由して、F1の沿岸に流れ出した放射性物質セシウムが、流出総量の大半を占め、海水のセシウム濃度を上昇させる主因になっているとの研究結果を発表。東京新聞20年7月28日■青山道夫筑波大客員教授2019年10月の台風19号など大規模な降雨時に濃度が急上昇。洪水で表土などが広範囲に海に流出したためで、降雨がより大きな影響を与えていると分...

  2. 「山菜のセシウム調理でどこまで低減?」/  こちら原発取材班東京新聞 - 瀬戸の風

    「山菜のセシウム調理でどこまで低減?」/ こちら原発...

    【要約】あく抜きで濃度が下がることはわかっていたが、どこに、どれだけのセシウムがいくのかー東京新聞20年6月17日■調査塩ずけ、ゆで、天ぷらごとに塩や洗い流し水、茹で汁、油、拭き取り紙など回収しCsの行方を追った。■結果◯塩ずけ極めて有効キチンと塩抜きは9割以上の低減効果◯茹でて水にさらす塩づけほでではないものの一定の効果◯天ぷら衣の分見かけ上の濃度は下がるが、ほとんど低減は期待できない。◯...

  3. 伊達市産の玄米から規制値超のセシウム検出これは風評被害ではなく実害です - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    伊達市産の玄米から規制値超のセシウム検出これは風評被害...

    伊達市の玄米から規制値(暫定)を超えるセシウム検出。これは風評被害ではなく実害ですね。

  4. 放射性セシウム長く地表に森林内に深く浸透せず原子力機構など研究/東京新聞 - 瀬戸の風

    放射性セシウム長く地表に森林内に深く浸透せず原子力機構...

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】F1事故で放出された放射性物質は、森林内で土壌表面から3センチ以内の表層にとどまり、それ以上深く浸透しない可能性。東京新聞19年6月21日■観測5年間で表面に流入するCsの量は少しづつ減る。流入量はほぼ一定。流入流出ともCs全体の1%程度かそれ以下。動きはほとんどない。■結果Csは長期間森林環境に止まる。・・日本原子力研究開発機構のチームなどのまとめ。2...

  5. 学校給食の牛乳の放射能汚染測定 - 焼きそばと言えば……♪

    学校給食の牛乳の放射能汚染測定

    富士宮市、富士市(一部?)の学校給食で提供されている地場産牛乳の放射能汚染測定をしました。結果、不検出で下限値も低く安心しました。

  6. 飯館村山菜のセシウム汚染は今/こちら原発取材班東京新聞 - 瀬戸の風

    飯館村山菜のセシウム汚染は今/こちら原発取材班東京新聞

    今日ご紹介するのは東京新聞の記事。ちょい遅れだが重要な情報源。 【要約】 飯館村で山菜の放射性セシウム汚染の実態を調べた。同村の伊藤延由さん、杉岡清光さんが協力。 山に一歩足を踏み入れると、放射線量1μSv/hを優に超え、土も8000Bq/kgを超える地点がほとんど。 コシアブラはけた違いに高く、ゼンマイやコゴミ、ワラビも、ゆでたり重曹であく抜きしたりしても、食品基準を大きく上回っていた。...

  7. 水郷湖沼や川にたまる放射性セシウム/こちら原発取材班東京新聞 - 瀬戸の風

    水郷湖沼や川にたまる放射性セシウム/こちら原発取材班東京新聞

    今日、ご紹介するのは東京新聞の記事。ちょい遅れだが、重要な情報源 【要約】 F1から放出されたセシウムは広く首都圏にも降り、湖沼や川にたまり続けている。 昨年夏に調べた千葉県の手賀沼、花見川河口のデータとともにまとめた。 表層牛久沼243Bq/kg手賀沼638花見川河口488印旛沼〜新川〜花見川635霞ヶ浦・北浦209 東京新聞18年2月7日・・ F1からバラまかれた放射性物質は311から...

総件数:7 件

似ているタグ