セセリチョウ科のタグまとめ

セセリチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはセセリチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「セセリチョウ科」タグの記事(26)

  1. 2018年08月13日 狭山丘陵だより母の誕生日 - 愛野緑の撮影記録

    2018年08月13日 狭山丘陵だより母の誕生日

    昨年夏にペットのウサギが死んでから1年になろうとしている。狭山丘陵にはペット霊園があってそこに埋葬されている。墓参りをしてから付近を散策。コナラにはシロシタバ。羽化したばかりと思われるキアゲハ。くさはらにはツマグロヒョウモン♀。綺麗な個体だったので撮影。イチモンジセセリに混じりチャバネセセリもいた。THE END

  2. ダイミョウセセリの暑さ対策。 - 堺のチョウ

    ダイミョウセセリの暑さ対策。

    ここしばらく酷暑が続いています。今年の里山は、もう立っているのが辛いくらいの暑さです。チョウも同じなんでしょうか?葉の裏に隠れて、暑さを凌いでいるようでした。今日、たまたま出会えた2頭のダイミョウセセリは、2頭とも、葉の裏で休息していました。これは、ダイミョウセセリの暑さ対策のように思います。▼写真12018年7月22日 撮影目の前を飛んでいたダイミョウセセリは、葉の裏に止まっていました。▼...

  3. シーズン後半へ - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    シーズン後半へ

    猛暑の中、東信にあるM社のオオムラサキ観察会へ。受付をしているとヒメオオさんがやって来て、観察会の前半をご一緒させていただく。そもそもここに来たのはヒメオオさんのブログを拝見して興味がわいたからだ。冬にふもとの町でも氷点下10℃以下の日が続いたり、最近の猛暑のせいだったりしてか、今年は発生が早くて数も少ないらしい。遠くにとまったメスの証拠写真を撮っただけだった。ここにはムモンアカシジミがいる...

  4. ホシチャと遊ぶ - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    ホシチャと遊ぶ

    海の日の3連休は初日だけ北関東に遠出した。最初の林は初めての場所で、何がいるかは事前情報なし。ジョウザンミドリシジミ?と思われるゼフが活動していた。ここではアイノミドリシジミもいてこちらの方が新鮮だった。いずれも開翅のいいものは撮れなかったけど、数が多そうなので機会があれば来年また訪れたい。場所を変えた高原に着いたのは正午過ぎ。カシワやナラガシワを叩いて回ってもゼフはほとんど飛び出さない。前...

  5. ウツギに訪れた、ダイミョウセセリ。 - 堺のチョウ

    ウツギに訪れた、ダイミョウセセリ。

    5月になりウツギの花が咲きだすと、ダイミョウセセリが里山にやってきます。今年も、元気な姿を見せてくれました。▼写真12018年5月27日撮影ウツギの花に吸密に立ち寄った、ダイミョウセセリ。▼写真22018年5月27日撮影口吻(こうふん)で突い出して吸蜜する、ダイミョウセセリ。▼写真32018年5月27日撮影もう十分吸蜜したのか、この後飛び出していきました。

  6. オナガアゲハの求愛飛翔、ほか(2018年5月14日) - みき♂の虫撮り友人帖

    オナガアゲハの求愛飛翔、ほか(2018年5月14日)

    GW中の写真がまだ続く。渓流沿いでカワトンボを撮っているときにオナガアゲハがやってきた。と言うか一瞬何が起こったのか分からなかった。ピントは甘いが取りあえずカメラを向けてシャッターを切ったのが写真1。▼写真1オナガアゲハの求愛飛翔その1a(ノートリミング、2018年5月4日、東京郊外)どうもオナガアゲハの求愛飛翔らしい(写真2)。▼写真2オナガアゲハの求愛飛翔その1b(ノートリミング、201...

  7. 癒しの渓流 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    癒しの渓流

    4月30日は職場で短い仕事を済ませてから山手に行く。以前みつけたミスジチョウ幼虫のその後は、すっかり若葉が茂って確認できなかった。渓流で休んでいると、ときどきムカシトンボのオスがやって来る。時には狭い場所を行きつ戻りつ、長いときは10分くらい短いホバリングを交えて飛び回る。しまいにはカメラを持つ左手首が痛くなって、「ちょっと休ませてくれよ」と言いたいくらい長かった。2匹めがやって来て格闘が始...

  8. ミヤマセセリ - きまぐれに蝶・トンボ

    ミヤマセセリ

    ミヤマセセリ。日だまりで羽を休めていました。2018.03.26.三重県。

  9. 2018年03月26日  スプリング・エフェメラル - 愛野緑の撮影記録

    2018年03月26日 スプリング・エフェメラル

    都心は桜が満開だが、西多摩地区は3~5分咲きというところ。所沢へホソオチョウを見に行ってみたが、いくつかモンキチョウが飛んでいるのを見ただけだ。エノキにはジャコウアゲハの蛹が。なかにはうまく蛹化出来なかったまま乾燥してしまったものも。すでに午後2時を回っているし、風も強くなってきたので六道山へ桜を見に行くことにする。車で走っていくと茶色い蝶が飛び出した。ミヤマセセリだっ!車を止めて探しに行く...

  10. 2年ぶりの春の女神 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    2年ぶりの春の女神

    春になり、好天の週末とあって皆さんのブログも更新ラッシュですね。私は日曜日の朝起きて迷った末、神奈川のギフにした。来週末が最盛期だろうが、なんとか撮ることができた。9時前には山頂に着いてしまった、それまで蝶1匹飛ばなかった。9時半過ぎにようやくミヤマセセリが飛び始めた。メスがでていた。撮影者が3人になった9時50分頃、1匹がヒルトップにやってくると、10分後くらいには最大4匹が飛び交った。目...

  11. 2018スプリングエフェメラルその1 - 紀州里山の蝶たち

    2018スプリングエフェメラルその1

    当地は朝から快晴なので迷わずMFへ・・・。先日、蝶友さんの初見ポイントに到着するやいなや、尾根筋をチョンチョンとミヤマセセリがテリハリしていました。警戒心が少ないのか、足下で日光浴を始めたので真上から接写できました。

  12. 2017年8月20日 一ノ瀬高原のチョウ - 愛野緑の撮影記録

    2017年8月20日 一ノ瀬高原のチョウ

    合宿の翌日。前日エルタテハが多かったという林道へ向かうも、朝方の青空が嘘のように雲が空を覆っている。晴れ間を待ちながら散策していると、イケマにオオチャバネセセリが集まっている。撮影していると大きなセセリが飛んできた。キバネセセリだ。擦れているが奥多摩では珍しいほうだ。そのうちにもう1頭現れた。それも擦れていた。エルタテハを誘き寄せるために前夜の残りのワインを撒いておいたら・・・。エルタテハは...

  13. 2017年8月19日  富士山麓と一之瀬高原のチョウ - 愛野緑の撮影記録

    2017年8月19日 富士山麓と一之瀬高原のチョウ

    西多摩昆虫同好会の夏期合宿のため久々に土日連休。お盆時期は高速も混み遠出には不向きだからと、奥多摩で合宿を行っているのだが、その前に富士山麓へ出かけてみた。既に圏央道は、中央道小仏トンネルからの渋滞の影響であきるの辺りまで渋滞。中央道へ出るまでに1時間も掛かってしまった。やはりお盆時期はダメだ。そこは有名ポイントらしく駐車場は一杯。捕虫網を持った数人のオジサン、オバサンたち(私もオジサンだけ...

  14. ヒメキマダラセセリとキマダラセセリ(2017年7月2日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ヒメキマダラセセリとキマダラセセリ(2017年7月2日)

    載せそびれていた蝶をいくつか掲載しておく。写真1、2はヒメキマダラセセリ。ヘムレンさんと山梨方面に遠征したときに撮ったもの。最初はセリバヒエンソウで吸蜜していた(写真1)。▼写真1ヒメキマダラセセリその1a(ノートリミング、2017年6月15日、山梨県)近くにあったスイカズラに移動した(写真2)。どちらもあまりパッとしない写真だが(苦笑)、花にきているのは嬉しい。▼写真2ヒメキマダラセセリそ...

  15. キマダラセセリ今季初撮り、ほか(2017年6月9日) - みき♂の虫撮り友人帖

    キマダラセセリ今季初撮り、ほか(2017年6月9日)

    都内の公園にミドリシジミを撮りに行った6月3日はキマダラセセリも出ていたのだった。写真1、2はキマダラセセリ。この日はミドリシジミのお祭り状態だったので、ちょっとおざなりになってしまったけれど、キマダラセセリはなかなか可愛らしい蝶だ。▼写真1キマダラセセリその1a(2017年6月3日、東京都)▼写真2キマダラセセリその1b開翅(2017年6月3日、東京都)翌日はオオミドリシジミを撮りに行った...

  16. 2017年05月18日 狭山丘陵便り ヒオドシチョウとダイミョウセセリ - 愛野緑の撮影記録

    2017年05月18日 狭山丘陵便り ヒオドシチョウと...

    午後から雷雨予報。雲が多いが時々晴れるので前回のヒオドシチョウ幼虫を確認に行く。あの時の群集はすでにいなく、ここも鳥の餌になってしまったか・・・。と思ったら幹を這い上がる個体と、地面付近の葉を食べる終令幼虫が見られた。かなり成長が早いようだ。そうなるとこの前のエノキに居なかったのは蛹化したからかな??と見に行ってみた。すると蛹化直前の個体が。さらに探すと蛹もいくつか見つかった。すぐ近くでTさ...

  17. 山原遠征その1 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    山原遠征その1

    連休に3泊4日でやんばるに行ってきた。やんばる(山原)は沖縄本島北部の山や自然に恵まれた地域である。訪れるのははるか昔の学生時代以来である。宿も航空券も取りにくかったし、ゴールデンウイークは蝶もトンボも中途半端な時期ということであるが、暦通りにしか休みが取れないので仕方なかった。運よく連休後半は用事が入らなかった。天候も決していいとは言えず、雨男返上というわけにはいかなかった。初日は北上する...

  18. ミヤマセセリとヒオドシチョウ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    ミヤマセセリとヒオドシチョウ

    今年のゴールデンウィーク前半の都内では、4月29日(土)と5月1日(月)に雨が降りました。特に5月1日は雷鳴とともに激しい雨も降り、一時的に嵐のような状況になりました。しかし連休後半は今のところお天気に恵まれそうで、快適なアウトドアライフを満喫できそうです。連休直前にウィルス性の胃腸炎に見舞われて、思うように動けなかったのですが、この天気を見れば前半は療養に専念できて、かえって良かったような...

  19. ミヤマセセリ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ミヤマセセリ・・・

    この時期、日だまりで待っているとミヤマセセリがよく現れる。これも春にしか見られない昆虫だ。(Data: 20170406; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)(Data: 20170417; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

  20. チャマダラセセリ初見初撮り(2017年5月1日) - みき♂の虫撮り友人帖

    チャマダラセセリ初見初撮り(2017年5月1日)

    連休初日の4月29日は「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさん、「てくてく写日記」のbanyanさん及びヘムレンさんとチャマダラセセリ狙いで茨城県まで遠征してみた。現地には8時半頃到着。その時間帯には肌寒く感じた。チャマダラセセリの食草であるキジムシロやミツバツチグリもあまり咲いていないように見えた。しかし、よく探すとところどころ咲いていて、どうやら気温が上がるに連れて花は開いて...

総件数:26 件

似ているタグ