セミナー・講演のタグまとめ

セミナー・講演」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはセミナー・講演に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「セミナー・講演」タグの記事(56)

  1. 20年前の臨床基本ゼミの記録から - 土竜のトンネル

    20年前の臨床基本ゼミの記録から

    新型コロナ問題なので延び延びになってきた今年の基本ゼミがようやく始まります。

  2. 口腔内写真を撮る - 土竜のトンネル

    口腔内写真を撮る

  3. 久しぶりの火曜会 - 土竜のトンネル

    久しぶりの火曜会

    もちろんまだリモートでのWeb開催ですが、心なしか集まった20人のメンバーの顔つきにも生気が戻ってきて、文句を言いながらもワイワイ4時間ほど今年の企画などについても話し合いました。ちょうど3月から始まるたった11名の「臨床基本ゼミ」をきっかけに今年のスケジュールも先が見えてきて「新司会」も頑張っていました。

  4. 数年昔のこと - 土竜のトンネル

    数年昔のこと

    パソコンをかき回していたところ昔の写真が、続々出てきました。今はダイビルに寄贈してしてしまった大きなディスプレーを待合室に設置した頃ですから、そんなに昔のことではなく、先日の火曜会の演者などの顔づれもちらほら見かけます。そろそろ静岡勢が増えてきた頃のようですが新型コロナなど夢にも考えなかった平和な時代でした。先日、偶然見つかったタグの纏め読みにも、下顎運動描記装置などが出てきます。熊本、真鶴...

  5. コンピューターを応用した下顎運動描記 - 土竜のトンネル

    コンピューターを応用した下顎運動描記

    ゴシックアーチから発展して全顎的な下顎運動を診査する装置もいくつも輸入されていました。(下図)簡便でチェアサイドですぐ見られるれることが売り手の口上でしたが、使用目的がはっきりせず、コンピュータの画像も不鮮明でしたので相手にはせず、私たちはありあわせの機材をクラッチで歯列に取り付け、矢状面内運動などを観察することに熱中していました。直接描記板上に描かれる下顎運動路の美しさは、コンピュータ上の...

  6. ゴシックアーチとアンコウ鍋 - 土竜のトンネル

    ゴシックアーチとアンコウ鍋

    冬場に限らずアンコウ鍋は真鶴でよく登場するメニューでした。その解体方法は火曜会出入りのお寿司屋さんからの耳学問でしたが、下の画像を作っていた人は、その経験も生かしてゴシックアーチ風あんこうの吊るし切りをいち早くマスターしました。こうして夕食準備から深夜のプレゼンまでタイトルは「ゴシックアーチの所見からに」まとまりました。

  7. パソコン2台体制の混乱 - 土竜のトンネル

    パソコン2台体制の混乱

    この1週間は基本ゼミ準備のためアジトに出勤していました。決められていたテーマのプレゼンをまとめていたためですが、ここで新入りのiMacがちょこちょこ邪魔をしてくれて、何度も大騒動になりました。特に最終段階では出来上がったプレゼンのホルダーが、デスクトップ上から突如消失するなどの事件もあり青くなりました。次の問題は長期経過を見てきた本人と、後からそれを見聞きする人とのギャップです。両者の間には...

  8. 二次固定をどうまとめるか - 土竜のトンネル

    二次固定をどうまとめるか

    5月の基本ゼミで受講生に現在進行中の症例を提示して頂き、それぞれに対する私たちからのコメントをお伝えしました。その後の進捗状態をうかがいながら、具体的な設計寸前の状態でもご相談できればと思っていましたが、どうやらそれにはあまりにも期間が短すぎたようです。例年でも最終ケースプレが、簡単な歯牙移動や移植が多くなってしまうことから考えても、高齢者を対象にするパーシャル・デンチャーの相互プレゼンテー...

  9. クラウンブリッジのための調節性咬合器 - 土竜のトンネル

    クラウンブリッジのための調節性咬合器

    1900年代を総括した石原寿郎先生らの「下顎運動と咬合器」(1950)に次ぐ、クラウンブリッジを対象にした別冊で、下の図は末次先生による咬合器変遷史である。この他にも臨床歯科を語る会などの多くの臨床家が参加し、未成熟ながら1977年の時点での集大成といっても良いだろう。私自身は、編集担当としてこの別冊の企画にも参加しつつ、自分自身では別の連載に熱中していた。1974年「咬合器私の使い方」であ...

  10. 基本ゼミともくあみ会 - 土竜のトンネル

    基本ゼミともくあみ会

    今年は2つのセミナーの記事が続くことになりましたが、これは偶然ではありません。1900年代新潟で始まった小さなセミナーは、2000年から「臨床基本ゼミ」と名前を変えて東京でリスタートしました。ほとんど同じ頃、同じセミナーのOB会として始まったのが「もくあみ会」です。初心の情熱を忘れてまた元のもくあみにならないように!というということからのネーミングでしたが、火曜会の若手などの協力もあって、分...

  11. 2019基本ゼミ当日 - 土竜のトンネル

    2019基本ゼミ当日

    今回の受講生の方々のリストを見ていると、昨年より平均年齢が高まり紹介者もはっきりしていることに意を強くしました。この画像は10年以上封印していた2008年の記録ですが、オリエンテーションも先日のもくあみ会で使ったものをブラッシュアップして、1960年代からの臨床の足取りをお話ししました。受講生の自己紹介ではすでに32カ国の僻地を放浪してきたなどというツワモノもいらして、狙いはそんなにずれては...

  12. 2019臨床基本ゼミ - 土竜のトンネル

    2019臨床基本ゼミ

    基本ゼミのスタートを週末に控え連日準備に追われています。たまたま愛知もくあみ会のレポートなどもあって、その発展形でオリエンテーションの内容をまとめていますが、だんだんエスカレートしてきて、止まらなくなってしまいました。始めは近年の受講生の方々の様子から、日常臨床を大切にしてほしいということが主眼でしたが、詰めて行く間にこれまでの経験からアレもコレもと話が広がって、収拾がつかなくなりつつあり...

  13. もくあみ会ケースプレ・メモリアルを終わって - 土竜のトンネル

    もくあみ会ケースプレ・メモリアルを終わって

    お二人のもくあみ会ビッグ・プレゼントのアップがまとまりました。依頼を始めた時には実現は難しいだろうと思っていましたが、渋々ながら引き受けて頂き私もハラハラドキドキの数日間でした。自分は高みの見物で・・・・というのもお願いしたお二人や、この会をマネージしていただいたしんせん組の方々にも申し訳ないので、私のパートの中の1枚で締めくくることにします。すでにこの2日のアクセスは急上昇していますが、陰...

  14. もくあみ会ケースプレ・メモリアル - 土竜のトンネル

    もくあみ会ケースプレ・メモリアル

  15. もくあみ会ケースプレ追加 - 土竜のトンネル

    もくあみ会ケースプレ追加

    (最初の画像は筆者のものに置き換えましたので、時代は戦前で30年ほど昔になりますが、話題のプレゼンはこんな画像で始まります。)小学校の集合写真ですが、そこには後に登場する主治医と患者が一緒に写っています。本命ではその後も同じ街で時を重ね、患者と歯科医として再開するところから物語は始まります。両家の間の交流は続く中で主訴は発生し経過して行きますが、家族ぐるみの交流もあり、患者関係は良好ですが経...

  16. 2019愛知・もくあみ会 - 土竜のトンネル

    2019愛知・もくあみ会

    思いだけはあるものの、それを実際の症例で語り、企画にまとめることにまでは届かぬまま、滑り出しは苦しい時間帯でした。次回開催予定の熊本軍団も多数参加され、懇親会は賑やかでしたが人質を取られたような気分の最終演者としては未完のプレゼンも「迷い」のままでした。しかし、20年の積み重ねは土壇場でそのきらめきを見せ、最終2本のベテランのプレゼンは珠玉のケースプレでした。事前の静岡支局長のブログ、土居健...

  17. 今夜も大集合 - 土竜のトンネル

    今夜も大集合

    こちらは特別の話題もなくテレビ番組などでお茶を濁しているというのに、熊本方面からは今夜も楽しげな歌声が響いて来ます。確か一日二日前には焼肉屋で大集合していた筈なのに、今夜はこれで一泊いう人たちも集まってこの騒ぎです。地震のことなどは水に流して、シャンパン6本グラス55個を積み上げ、咬合崩壊がどうのこうのと盛り上がっていたようですから、われわれとは生まれ育ちが違うとしか考えられません。クマモ...

  18. プレゼンを支えてきた規格撮影の重要性 - 土竜のトンネル

    プレゼンを支えてきた規格撮影の重要性

    今年の基本ゼミも無事終了して、来年に向けての仕込みも始まったようです。しかし私にはこれまでの推移の中で、今後に向けて極めて心配なことがあります。これまでの50年間われわれはデンタルX線写真、35ミリスライドの接写、パノラマX線の複写などを規格化して比較検討する事を常にしてきました。その過程でデジタル化という大波もかぶりましたが、何とかそれも乗り越えてきました。しかし近年スマホによる変革はそん...

  19. 2018基本ゼミ・最終回 - 土竜のトンネル

    2018基本ゼミ・最終回

    2018基本ゼミの受講生最終ケースプレが終わりました。毎年のことですが、受講生の大半は初めてのケースプレになりますし、主催者側は講師陣が全員出席しますから、賑やかな集まりになります。準備段階では脱落寸前の人もいたようですが、サポートスタッフの懸命な努力で、脱落者なしで終われたことは何よりでした。懇親会はテーブルごとにマグロの中落ちが並び、ハマグリの貝殻ですくってビールということで、豊洲に移...

  20. パーシャル・デンチャーの設計 - 土竜のトンネル

    パーシャル・デンチャーの設計

    一夜明けて昨日の続きを再開します。画像は送られてきた受講生の人たちのケースをこちらで整理したものですが、悪戦苦闘の末11名分が終わったところで、3人の担当者は次々にダウンしてしまいました。初診時の状態を整理するだけで目一杯で、とてもセッケイなどにはたどり着けないのです。最初の綺麗な画像はボロボロになり、バーゲンのチラシのようになってしまいましたが、目指すものはさっぱり見えてきません。後5名な...

総件数:56 件

似ているタグ