ソフトカバーのタグまとめ

ソフトカバー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはソフトカバーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ソフトカバー」タグの記事(7)

  1. フロッタージュ - 書皮とスピン

    フロッタージュ

    コピー用紙にコインのフロッタージュをして、書皮にしました。いつも計画性のないブリコラージュなので、今回はまとまりませんでした。お金関係、投資関係の本にコインの景色を与えるのもいいかも知れません。

  2. 納品書 - 書皮とスピン

    納品書

    納品書で作りました。ちょうど手頃な大きさでした。「雪崩のくる日」辻邦生 中公文庫納品書ですから書名や作家名も入っています。背表紙には何か書かないと本棚に並べたときにわかりませんが。

  3. ワックスペーパー - 書皮とスピン

    ワックスペーパー

    お菓子屋でパウンドケーキを買ったらワックスペーパーでできたハンドメイドの手提げ袋に入れてくれました。解体すると、折れ目やシワができました。なんとかキレイな場所を選んで、包みました。ちょっと擦ると白く跡がつきます。ホントに扱いやすい紙です。まあ、でも味わい深くて手触りもよくて、頼もしい感じです。少し透けます。カメラのマニュアルです。文庫本サイズですが、表紙が頼りないので書皮が必要でした。背表紙...

  4. A5版でピックアップフック - 書皮とスピン

    A5版でピックアップフック

    相変わらずピックアップフック(造語)の研究をしています。上部にハサミを入れて折り曲げます。こうしたら良いという確信はないので、成り行きで折って行きます。フックの立ち上がり部分に裂け目ができやすいので、なんとかしなければ。本を読んでいる時の見える風景です。この辺はいつもの通り。相変わらず、お菓子の包装紙です。箔押しがあってゴージャス。「僕の音盤青春記 花の東京編1981-1991」牧野良幸 C...

  5. シワシワ - 書皮とスピン

    シワシワ

    硬い紙を揉んでシワシワにしました。「天空の城ラピュタ」宮崎駿 シネマ・コミック2 文春ジブリ文庫シワがあるということは、しっかりとテンションがかからないということで・・表紙の端の折り込みにも力がかかりません。まあ、全体には突っ張らないので、本自体を曲げても追従」してくれます。持って、読むと、掌から離れそうな不安定さがあります。この物語の持つ浮遊感が触覚を通して伝わってきます。

  6. 軍艦部 - 書皮とスピン

    軍艦部

    「魔女の宅急便」宮崎駿 文藝春秋シネマコミック 5こんな風に切れ込みを入れて上部の背表紙付近は二重に折り返しましたが、折り返し部分を少し幅広にしました。表から見るとこんな感じ。包んで見るとこんな感じ。カメラの軍艦部の切り返しのようです。指がかけやすそう。開いてみても突っ張ることはありません。フランス装風とスタンドカラー風の引き出し用フックがいい景色を作っています。

  7. 花布風を研究中 - 書皮とスピン

    花布風を研究中

    「耳をすませば」柊あおい 宮崎駿 近藤喜文 文藝春秋シネマコミック 9いつもは上端に揃えて下に折り返すのですが、上にちょっと突き出して、更に二重になるように折ります。本の上端から少し飛び出しています。開いても背表紙付近に破綻はありません。読む方向からみるとこんな風に見えます。ちょこんと飛び出しています。襟を立てているみたい。本棚に並べていて取り出しにくいとき、ここに指をかけて引き出します。

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ