ソリハシセイタカシギのタグまとめ

ソリハシセイタカシギ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはソリハシセイタカシギに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ソリハシセイタカシギ」タグの記事(40)

  1. 沖縄2018-6 - ちいさな森-mode:κ-

    沖縄2018-6

    12/24Z7329-2:あぼ。12/24Z7333-2:12/24Z7357-2:12/24Z7362-2:12/24Z7399-2:さりげなくカワセミ。12/24Z7422-2:クロサギ。

  2. 沖縄2018-1 - ちいさな森-mode:κ-

    沖縄2018-1

    この連休中、沖縄本島へ突撃しておりましてん。2ヶ月連続で沖縄県旅行やね!ネット環境があまり良くなかったもんで、旅行中に記事書けなかったの…消化にどれだけかかるやら。12/22Z6567-2:まず、行って速攻でソリハシセイタカシギ。あぼ。12/22Z6638-2:若と成鳥のツーショ!12/22Z6683-2:ホントウアカヒゲは「その辺にいるよ」状態。12/23Z6831-2:目の前に出てきた。...

  3. ソリハシセイタカシギ - Y's bird

    ソリハシセイタカシギ

    沖縄の有名な池でソリハシセイタカシギです

  4. ほんとに綺麗な鳥です。ソリハシセイタカシギ - ノラニンジンの咲く庭

    ほんとに綺麗な鳥です。ソリハシセイタカシギ

    ソリハシセイタカシギ積丹

  5. 2017年を振り返って(前半) - 比企丘陵の自然

    2017年を振り返って(前半)

    今年も残り僅かとなりました。一年を振り返って見ると珍鳥有りメジャーな鳥有りと多彩でした。時には遠くまで遠征したり家の近くで同じポイントへ何日も通ったりでした。1月茨城県にアネハヅルが入ったのでどうしようか迷っていたら鳥友に行って来な!と云われ行って来ました。2月大洗港から船に乗って道東へ行き2週間鳥撮りをしてきました。毎年鳥の数が少なくなっているようです。3月群馬県にヤツガシラが入って一度抜...

  6. ソリハシセイタカシギⅪ - 野鳥との出会い

    ソリハシセイタカシギⅪ

    漢字名:反嘴丈高鴫英名:Pied Avocet科属:チドリ目セイタカシギ科全長:L43cm時期:旅鳥または冬鳥。環境:干潟、海岸の砂浜、汽水湖、河口など。命名の由来:セイタカシギは脚が長く背丈が高いので「丈高鷸」。英名のStlltは竹馬。まさに竹馬に乗ったようなプロポーション、美しさと優雅さで「水辺の貴婦人」ともいわれる。「嘴が反っているセイタカシギ」(再掲載×多数)山と渓谷社刊「新刊日本の...

  7. ソリハシセイタカシギⅩ        娘が近くに引っ越ししたんです - 野鳥との出会い

    ソリハシセイタカシギⅩ 娘が近くに引っ越...

    首都高速のトンネルを潜ってアクアラインを渡ると現地、先日、娘の引っ越し結いに電車で行きましたが、新幹線でねぶたに行くような遠さ来春には外環自動車道も開通するようで、孫と鳥に会いに行けそうです。娘家族の世話に妻が三時間近くかかって今日行っているんです。幾日かは独身貴族です。漢字名:反嘴丈高鴫英名:Pied Avocet科属:チドリ目セイタカシギ科全長:L43cm時期:旅鳥または冬鳥。環境:干潟...

  8. ソリハシセイタカシギⅦ - 野鳥との出会い

    ソリハシセイタカシギⅦ

    漢字名:反嘴丈高鴫英名:Pied Avocet科属:チドリ目セイタカシギ科全長:L43cm時期:旅鳥または冬鳥。環境:干潟、海岸の砂浜、汽水湖、河口など。命名の由来:セイタカシギは脚が長く背丈が高いので「丈高鷸」。英名のStlltは竹馬。まさに竹馬に乗ったようなプロポーション、美しさと優雅さで「水辺の貴婦人」ともいわれる。「嘴が反っているセイタカシギ」(再掲載×6)山と渓谷社刊「新刊日本の野...

  9. ソリハシセイタカシギⅥ - 野鳥との出会い

    ソリハシセイタカシギⅥ

    漢字名:反嘴丈高鴫英名:Pied Avocet科属:チドリ目セイタカシギ科全長:L43cm時期:旅鳥または冬鳥。環境:干潟、海岸の砂浜、汽水湖、河口など。命名の由来:セイタカシギは脚が長く背丈が高いので「丈高鷸」。英名のStlltは竹馬。まさに竹馬に乗ったようなプロポーション、美しさと優雅さで「水辺の貴婦人」ともいわれる。「嘴が反っているセイタカシギ」(再掲載×5)山と渓谷社刊「新刊日本の野...

  10. 私的には・・・ソリハシセイタカシギ③(三度目の正直編) - 鳥見んGOO!(とりみんぐー!)野鳥との出逢い

    私的には・・・ソリハシセイタカシギ③(三度目の正直編)

    一度目は抜けると思い、雨の中・・・。二度目は、仲良い仲間が来られるので曇天の中・・・。そして三度目の正直でやっと理想の光線状態の日に撮影する事が出来ました。(#^.^#)私的には白と黒のコントラスト強い鳥さんはどうも質感を出すのが難しく、曇りだと羽色綺麗ですがアイキャッチや質感は出しづらく、ピーカンのギラギラの快晴だとアイキャッチや解像はできても羽の白い部分が飛んでのっぺりとしてしまい・・・...

  11. この日は・・・ソリハシセイタカシギ②(再会編) - 鳥見んGOO!(とりみんぐー!)野鳥との出逢い

    この日は・・・ソリハシセイタカシギ②(再会編)

    2度目の訪問です。この日は、仲良くさせていただいている仲間が2組いらっしゃるという事もありアボにももちろんですがその方たちとも楽しく時間を過ごせるので海を渡りました(#^.^#)あいにく天候はいまいちでアボも動きほとんどなかったですが仲間とおしゃべりできてとても楽しい1日でした。(^_-)-☆そんな訳で再会編のアボセットを。5月中旬撮影。早朝は水鏡が綺麗でした。ストレッチ・・・。カイカイ〜。...

  12. Wセイタカシギ - 平さん

    Wセイタカシギ

    5/15日の時はソリハシさんがセイタカさんに威嚇されていましたが、 半月過ぎた6/2日には平穏な蓮田に戻っていました。CMさんはちょっとガッカリでしたが、平和が良いですね。5/156/2蹴りを入れられるソリハシさん画面上でクリックすると別画面で大きく見れます。

  13. ソリハシセイタカシギ② - 平さん

    ソリハシセイタカシギ②

    ソリハシセイタカシギを近距離で見られたことに感謝です。以前一度だけチャンスがありましたが遥か遠くで証拠写真も撮れませんでした。ずーと何時か逢いたいと思っていたので逢えて良かった・嬉しかったです。鳥撮りの諸先輩さん有難うございます。画面上でクリックすると別画面で大きく見れます。

  14. ソリハシセイタカシギⅣ - 野鳥との出会い

    ソリハシセイタカシギⅣ

    漢字名:反嘴丈高鴫英名:Pied Avocet科属:チドリ目セイタカシギ科全長:L43cm時期:旅鳥または冬鳥。環境:干潟、海岸の砂浜、汽水湖、河口など。命名の由来:セイタカシギは脚が長く背丈が高いので「丈高鷸」。英名のStlltは竹馬。まさに竹馬に乗ったようなプロポーション、美しさと優雅さで「水辺の貴婦人」ともいわれる。「嘴が反っているセイタカシギ」(再掲載×3)山と渓谷社刊「新刊日本の野...

  15. ソリハシセイタカシギ・・・近くまで来てくれました - 赤いガーベラつれづれの記

    ソリハシセイタカシギ・・・近くまで来てくれました

    一羽なのに恐れず堂々としていました。どこからやってきていずこに行こうとしているのでしょう。美しい鳥さんでした。飛んだところが撮れなかったことに悔いが残ります。片付けもほぼ終了。昨日はいらない本やものをリサイクルのお店に。置いておくことができないものなので仕方ないのですけれど、とてもお安い。しかし、捨てるのにもお金がかかる時代、引き取っていただけただけでもありがたいと思わなければと。ここに来て...

  16. これが見納め?ソリハシセイタカシギ - 気ままな生き物撮り

    これが見納め?ソリハシセイタカシギ

    6月5日のソリハシセイタカシギです。ほとんど動かず、羽繕いか寝ていました。たまに食事にでますがすぐに定位置に戻ってしまうなど、これまでと行動が違い、ひょっとしたら抜けるのではと相棒と話してました。この日が最後?だったかも知れません。でも、また先日のように戻って来るかも知れませんね。セイタカシギが掻いてあげているわけではありません。

  17. ソリハシセイタカシギⅢ - 野鳥との出会い

    ソリハシセイタカシギⅢ

    漢字名:反嘴丈高鴫英名:Pied Avocet科属:チドリ目セイタカシギ科全長:L43cm時期:旅鳥または冬鳥。環境:干潟、海岸の砂浜、汽水湖、河口など。命名の由来:セイタカシギは脚が長く背丈が高いので「丈高鷸」。英名のStlltは竹馬。まさに竹馬に乗ったようなプロポーション、美しさと優雅さで「水辺の貴婦人」ともいわれる。「嘴が反っているセイタカシギ」(再掲載×2)山と渓谷社刊「新刊日本の野...

  18. ソリハシセイタカシギ - 菜奈ちゃんコーナー

    ソリハシセイタカシギ

    レンズを変えての撮影です。

  19. 夢だった・・・ソリハシセイタカシギ①(出逢い編) - 鳥見んGOO!(とりみんぐー!)野鳥との出逢い

    夢だった・・・ソリハシセイタカシギ①(出逢い編)

    今年はアネハヅルに続きいつか出逢いたいと思っていたソリハシセイタカシギが私でも行ける場所に入ってくれました。(#^.^#)初めは情報入っても仕事続きでしたので、すぐに抜けると諦めモードでしたが・・・。この子は長居してくれて私でも間に合いました〜(^^♪今日はまずは5月中旬雨の日の出逢い編から・・・。早朝到着時車から降りて目の前に佇んでいる夢だったこの子の姿を見た時はあまりに感動し、しばらくじ...

  20. ソリハシセイタカシギ - 菜奈ちゃんコーナー

    ソリハシセイタカシギ

    中々行こうと思ってもチャンスが無かったが、曇り時々雨の予報でしたが思い切ってAM4:00出発アクアラインを通って現着AM5:10でした。現場にはカメラマンは誰も居ない、雨も予想より小雨でした貸し切り状態でラッキーでした。暫らく撮影していると地元の方が来て私が第一発見者ですと言っていた。5月9日から居ると聞きました。近くを電車が走ってきた

総件数:40 件

似ているタグ