タックルのタグまとめ

タックル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはタックルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「タックル」タグの記事(63)

  1. 2021サマープロモーションのお知らせ:ロッドグローブ - Go Beyond

    2021サマープロモーションのお知らせ:ロッドグローブ

    カスタムロッドへの添付品として取り扱いをスタートさせたのが2015年の夏早いもので6年が経ちました。そこで改めまして、より多くの方にロッドグローブの使い勝手の良さを知って頂くため、ロッドグローブ社の以下の商品を対象に2021サマープロモーションを7月1日より7月30日まで実施させて頂きます。まだ使ったことがない方、既に愛用頂いている方、買い足したい方、どなたでも是非この機会をご利用下さい。お...

  2. 2021/06/29オールド シマノ バンタム201sg - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2021/06/29オールド シマノ バンタム201sg

    その存在を知ったときから、"いつか手に入れたい"と思っていたリール、シマノバンタム201sg。今日その夢が叶った。国産初のレフトハンドルのベイトリール。佇まいは、カッコいいの一言。アンバサダー5001cとバンタム201sg。レフトハンドルユーザーである自分にとって、究極の2台で釣りをすることができるなんて、これ以上の幸せはない。

  3. 2021/06/02モンベルビッグウェイブ - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2021/06/02モンベルビッグウェイブ

    思うところがあり、フローターフィッシングに関する道具を見直すことにした。まずは安全面。カヤックでの事故のニュースを時々耳にする。夜間釣りをすることが多い自分は、釣果よりもまず安全対策に向き合わなければならない。以前にランブルフィッシュさんのブログに書かれていた記事を思い出す。人は水中では生きられない。自分は「地獄の淵で遊んでいる」のだ。これまで手動膨張式のライフジャケットを使用してきたが、命...

  4. 新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その5) - Go Beyond

    新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その5)

    今日は変化球的なC65ジャークベイトロッドの使い方を紹介したいと思います。その一つがヘビダン、そうヘビーダウンショットリグです。ポストスポーンに突入するこれからの季節、登場する機会がグンと増えるリグの一つシンカーのウェイトは5g前後なので、「それがヘビーか?」って言われると、そうでもないかも知れませんが、ヘビダンって呼んでます。だいたい5gくらいが中心で、重くても7g、10gは殆ど使った記憶...

  5. 新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その4) - Go Beyond

    新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その4)

    NFX PRO C65ML+/C65M+の製品紹介ページを公開しました。スペック、推奨ルアー等、ご確認下さい。https://northforkcomposites.jp/nfxproALL AROUND JERK : C65ML+SLASH JERK : C65M+

  6. 新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その3) - Go Beyond

    新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その3)

    NFX PRO C65ML+とC65M+はジャークベイト専用モデルとして開発したものですが、ジャークベイトの他にもペンシルベイトとか、スイッシャーとか、C65ML+ならポッパーだってイケます。言葉でまとめると「ラインスラックをコントロールする釣り」とでも表現すればいいのでしょうか。非常に個人的な趣味が反映されたルアーですけど、ざっくりボックスから出した候補生はこんな感じです(デビルズホースは...

  7. 新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その2) - Go Beyond

    新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その2)

    既にチェック済みかも知れませんが、琵琶湖のプロフェッショナルガイド舞木プロがエリー115SDと併せ、C65ML+について語っていますので、是非、ご覧下さい。

  8. 新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その1) - Go Beyond

    新製品のご案内:NFX PROジャークベイトロッド(その1)

    2021年新モデルとしてオールラウンドジャーキングロッドNFX PRO C65ML+と、スラッシュジャーキングロッドC65M+の2モデルを近日リリースします。NFX PRO C65ML+NFX PRO C65ML+は、90mmから120mm前後のスタンダードジャークベイト向けのロッドで、かつてJカスタム2.Xで提供していたJPR65MLの直接的な後継モデルとなります。ブランクマテリアルは中弾...

  9. 2021/04/05マスキージッターバグウッドエラー品 - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2021/04/05マスキージッターバグウッドエラー品

    マスキージッターバグはかなり好き。これで釣れたときの嬉しさといったら。釣れ釣れだったウッドマスジをロストしてから数年が経つ。おもむろに、猛烈にウッドマスジが欲しくなり購入した。この道の人なら知っているであろうエラー品。ラインアイが逆についているやつ。オールドではなく、あえて現行を買った。これを使い倒したい。逆です。同封されていたリペアキット。ニッパーで切断。完了。作業時間は1分ほど。他はいじ...

  10. 2021/03/21BC521SSS-T - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2021/03/21BC521SSS-T

    猛烈に欲しいリール。理由は、カッコいいから。五十鈴のBC521SSSのトライアングルフルチューンモデルBC521SSS-T。自分がメインで使っているリールは、オールドのアンバサダー5001Cと五十鈴のBC421SSS。前回の釣行は、morena53 改+5001Cでやった。当然と言えば当然だが、やはり軽いルアーは投げにくい。さて、次にどういう思考に至るか。テーマとしては数年考えてる。オールド...

  11. 2020/02/25フローターのエプロン - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2020/02/25フローターのエプロン

    今年の1月と2月は、自分的には完全に終わっている感じ。釣りに行けないもどかしさと釣りに行っても釣れなかったときのもどかしさを比べたらどちらがよいかは言うまでもなく。フローターでのんびりと浮かんで、自然の景色を眺めながら好きなルアーを投げる。これだけで十分楽しい。もう少し我慢のときが続きそうだ…。さて。実は去年の12月に、フローターのエプロン(落下防止のメッシュ)を水没させてしまった。フロータ...

  12. 2021/02/15ハネクラ、パラボリックml55とバレル - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2021/02/15ハネクラ、パラボリックml55とバレル

    今日は何とかタックルをいじる時間ができた。次回釣行のルアーを選んだり、からまん棒を自作したり。(これは強がりではなく、本心で)1月と2月は自分が一番釣りに打ち込みたい時期なんだけど、今年は思うようにいかない。こんな日が続くと色々考えてしまうが、このタイミングで師匠から連絡があり、いい物を手に入れることができた。ハネクラ、パラボリックml55。師匠曰く、魚を掛ければ良さが分かるよ。名竿のオーラ...

  13. 2021/01/07バートルの防寒アノラックパーカ - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2021/01/07バートルの防寒アノラックパーカ

    暖冬の反対の言葉、知ってますか?今年みたいな寒い冬のことを寒冬とか厳冬とか言うみたいです。日本海側から九州北部で大雪。関東も大寒波に見舞われてます。東京でも最低気温は0℃以下。最高気温も4℃とか。ニュースでは、chinaの首都ではマイナス19.5℃。史上最大の寒さらしい。さすがにこれでは浮いてもキツいだけでしょう。しばし様子を見ることにしようかと思う。さて、今日の本題は防寒着の話。バートル防...

  14. 2020/12/22今年最後の釣り - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2020/12/22今年最後の釣り

    またしても完全無欠のnbnf。何を書いても仕方がない。が、このブログは超個人的な釣りの記録なので、今日思ったことを書き記しておく。釣りに行ってもモヤモヤが残ると、年末ギリギリまでやってそうな自分がいる。だから今日やりたいことをやり切って、年末はフローターを洗ったり道具のメンテをして新年を迎えたい。そんなことを考えながら、いつもの場所へ向かった。ルアー3個で男らしい釣りを、なんて思っていたけど...

  15. 2020/12/10印旛水系1チェイス、フローターの横までバスが… - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2020/12/10印旛水系1チェイス、フローターの横...

    久しぶりに下流域でフローターを出した。ハイシーズンはヘラ師とオカッパリバサーが多くてフローターではやり辛いが、冬なら居ないだろうと思い。案の定、釣り人はヘラ師1名と自分だけだった。プレッシャーが減ったからといって釣れるわけではないんだけど…。下流域は上流域に比べシャロー+カバーのポイントが点在する。変化が多いので、手返しよく打っていけば反応する魚に出会えるかもしれない。水温は前回より1℃下が...

  16. 2020/12/07冬のトップウォーター - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2020/12/07冬のトップウォーター

    冬の釣りを根性論でやっても仕方がない。そもそも根性論では魚は釣れない。こいつ、こんな寒い日に何時間もでっかいプラグ投げて根性あるな、しょうがないからバイトするか、って魚が考えるわけもなく。冬のトップウォーターのメソッドを漁ったところで、限られたシチュエーションで効いたやり方を再現することは非常に難しい。だとすれば、今自分がいる釣り場でのベストは何かを考えてやるしかない。それでも1匹釣るどころ...

  17. 2020/12/04印旛水系、冬の洗礼 - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2020/12/04印旛水系、冬の洗礼

    夕まづめのワンチャンスを狙って15時にフローターを出した。前回悩まされた水面の落ち葉はなくなっていたが、水温はとうとう12℃台になってしまった。晩秋は終わり、冬になってしまったな…。そして気温は8℃。寒さは釣り人にとって死神みたいなものだと、何かの記事で読んだ。今日はその死神に会ってきた感じ。日没間際になって、急に寒くなった。気がつくと、ハンドルを回す指先とサミングする指先が痛くて泣きたくな...

  18. 2020/11/16hi-finホグバスター - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2020/11/16hi-finホグバスター

    今年後半は羽根モノに助けられることが多かった。ハイシーズンに有効なのは分かっていたが、秋〜冬にかけてもメインで使ってみたい。実際に今シーズンは、秋に羽根モノで40後半を何匹かキャッチすることができた。冬については何投げても渋々…。ならば羽根モノで行ってみようかな、今年は。さて、羽根モノについてはチューンして使うというのが一般的になっているが、デフォルトではそもそも泳がない(クロールしない)も...

  19. 新製品のご案内:ZS66ML MULTI(まとめ) - Go Beyond

    新製品のご案内:ZS66ML MULTI(まとめ)

    今回は既に商品紹介ページを公開しているので、今更感も否めませんが、総括という意味を込めましてZS66ML MULTIのスペックなどをまとめて紹介させて頂きます。スペック値ブランクマテリアル:ノースフォークコンポジット・ハイモジュラスカーボンHM G3レンクス:6'6"パワー:ミディアムライトアクション:モデレイト・ファーストラインウェイト:8ポンド(フロロ、ナイロン)、2...

  20. 2020/11/03無情の雨のナイトゲーム - BG's Topwater Bass Fishing Blog

    2020/11/03無情の雨のナイトゲーム

    腰を据えて晩秋のナイトゲームをやるつもりだったが、フローターを浮かべた瞬間に雨が降り始めた。1mm〜2mmぐらいでおさまってくれと願っても、雨は強くなるばかり。その後本降りとなり、予報では深夜まで5mm雨。釣りならない…。引き返すか。対岸に渡り復路。打てる箇所をひたすら打ち続け、リザードクローラーで1バイトもらったが、フッキングできずに終了。早めに折り返したから釣りをしたエリアは狭かったけれ...

総件数:63 件

似ているタグ