タツナミソウのタグまとめ

タツナミソウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはタツナミソウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「タツナミソウ」タグの記事(32)

  1. 6月9日の大万木山④ - 清治の花便り

    6月9日の大万木山④

    ③からの続き沢の水涸れても涸れず山清水こんこんと山毛欅蓄へし山清水歩地爺・緑蔭に銀龍草の薄笑ひ歩地爺・地蔵尊・ニホンカワトンボ・目ん玉の蟹のやうなり川蜻蛉歩地爺・大万木山でタツナミソウに会うのは初めて・沢辺りで流れを聞くや立浪草歩地爺・・すぐそばにいて気が付かなかった迷彩色の鳥撮テント・福山からの40代朝の10:00から4時間ここにアカシュウビンやアオゲラやオオルリやいろいろ見せてくれたこれ...

  2. タツナミソウ - ささつぶ

    タツナミソウ

  3. オヤブジラミ・ヨツバムグラ・タツナミソウ - 里山の四季

    オヤブジラミ・ヨツバムグラ・タツナミソウ

    オヤブジラミ 雄藪虱とても小さな花花弁5雄しべ5雌しべの花柱2果実ができました。ひっつきむしの果実は人間や動物にくっついて運ばれます。虱みたいに・・・ヨツバムグラ四つ葉葎ヤエムグラ、ハナヤエムグラに続いてまたまた”葎”です。タツナミソウ立浪草黄色の花がニガクサ、真ん中にタツナミソウ、右側にヨツバムグラ葛飾北斎の浮世絵の波のよう、紫色の斑紋もきれいです。昨日5月15日、林の中でホトトギスの声を...

  4. タツナミソウ - トコトコブログ

    タツナミソウ

    紫色の小さな花みんなでこちらを見てるよう薄暗いところで光っています。TOPに戻る

  5. フタリシズカですが - 里山の四季

    フタリシズカですが

    フタリシズカ二人静センリョウ科チャラン属花には花弁もガクもありません。白い3つ雄しべが雌しべ子房を抱いているだけの単純な構造です。名前は二人静ですが一人も三人も四人五人もいる場合があるんです。タツナミソウ立浪草シソ科タツナミソウ属ナワシロイチゴ苗代苺バラ科キイチゴ属落葉低木昔は6月の苗代のころに実が赤く熟したとのこと。今は田んぼに苗代を作ることもしなくなりました。田植えも一ヶ月以上早くなり名...

  6. エビネ - つれづれ日記

    エビネ

    許されるのは買い物と散歩。近くに森があって良かったです!エビネ。ライブビューで。森のタツナミソウ。ムラサキケマンの実、触ると種がはじけます。

  7. 散歩の花【5月始め】 - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    散歩の花【5月始め】

    こんにちは。行くところのない連休ですが、いかがお過ごしでしょうか?まあ、私はね、もともと猫を飼って以来遠出はできなくなってますから、いいんですけどね。それまではね、猫飼ってる友人に、「泊まりがけで遊びに行こうよ。猫なんて2〜3日分エサ用意しとけばいいじゃないか」なんて言ってたんですがね。いざ自分が飼ってみると、もう朝昼晩と毎日3回は世話しに来ずにいられない。世話しにというより、お世話をさせて...

  8. 自宅庭で - Naturfreude

    自宅庭で

    自宅庭でスズランが咲きました。そばにはタツナミソウです👇清々しくホウチャクソウです👇そして垣根の車輪梅です👇またまた雑巾作りを楽しみました。

  9. 夏も近づく~ - Magnolia Lane 2

    夏も近づく~

    ~八十八夜♪立春から数えて88日目。春の陽気に満ち溢れ、植物がすくすくと育ちお茶の新芽が生えそろう。畑仕事も本格的に始動するという日本独自の節目...とあります^^まもなく立夏ですが、すでに夏日となった今日☀ 扇風機を出しました。二週間ぶりのお散歩公園。山野草エリアのヤマシャクヤクは緑の実になっていました。シライトソウが咲いていました✨和名は糸屑を束ねたような花の姿に由来します。ヤマオダマキ...

  10. 野草ボリジとタツナミソウ - ひな日記

    野草ボリジとタツナミソウ

    暑くなりました。つい最近まで足元が寒いと言っていたのにあっという間に暑くなりました。東京のコロナ感染者がまた増えてしまいました。何時になったら終息するのでしょうか!我が家の狭い庭、ボリジとタツナミソウに占領されそうです。野草なのでどんどん増えます。海老根が群生している場所にボリジが2本芽を出しました。ほおっておいたらボリジが巨大化して海老根の花が申し訳なさそうに咲いています。ボリジの花朝早く...

  11. 庭の花 - しらこばとWeblog

    庭の花

    先日、筍を求めた園芸店で、筍代だけでは気が引けたのと、記事にしたばかりでもあったので、サクラソウをひとつ求めました。プリムラ・マラコイデスは育てたことがありましたが、サクラソウは初めてです。でも、花の季節の終わりで、ひとつだけの売れ残り品でしたが、品種名も付いていて安い買い物でした。👍サクラソウらしい色で、格別変わった花姿ではありませんでしたが、「里時雨(さとしぐれ)...

  12. フデリンドウとタツナミソウ - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    フデリンドウとタツナミソウ

    この時期、野を歩く楽しみのひとつが、こんな小さな紫色の花。ハルリンドウ?フデリンドウ?1本の茎からいくつかの花が咲いてますから、多分フデリンドウ(筆竜胆リンドウ科リンドウ属)でしょうか。ハルリンドウは1本の茎に花はひとつだけだそう。天気が悪いと花を閉じてるそうですが、さて、これは閉じてるんでしょうか?まだつぼみなんでしょうか?咲きました!閉じててもこの螺旋状の模様がきれいですね。咲きました!...

  13. 今日のお庭から。四月 - ひいぽぽタイムスNO.2

    今日のお庭から。四月

    花桃かしら??やっと花が咲いた感じ。名前教えて!アプリで調べたらローダンセダムっていうらしい。すぐ忘れちゃうのよね。この類は、マーガレットかと思っちゃう。↓は、タツナミソウ。ちょっと寒い一日です。あまり人影は見ません。みなさん、お家にいるのかな??人気ブログランキング

  14. 第67候芹盛んに育つ - Wind Tribe Story

    第67候芹盛んに育つ

    実家に帰るとなぜかタツナミソウが咲いていた狂い咲きかしら・・・・良き1週間をお過ごしください蒼の刻

  15. 立浪草とニヤンコ - だんご虫の花

    立浪草とニヤンコ

    タツナミソウ(立浪草)鉢の中で、紫色のタツナミソウが咲きました。きょうは、このネコちゃんが日向ぼっこ。この場所が好きみたい。代わる代わるやってきます。人気ブログランキング↑クリック、ありがとう~💗

  16. タツナミソウ - ささつぶ

    タツナミソウ

    どこからか迷いこんできたみたい・・5月26日撮影

  17. ☆最近写した花☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆最近写した花☆

    今日は涼しくなりました。ほっとします。雨の中、咲き出した「タヌキモ」を写しました。出先で写した花もあります。シュロの仲間?の花、マダガスカルジャスミンの様な強烈な匂いがします。コウホネとスイレンの葉アジサイ「ミセスアヤミ」アスコフィネチア「チェリーブロッサム」フウランの一種です。庭の「小坊主オトギリ」花は小さく落ち着いたベージュ色、実は黒くなります。西洋オトギリ「セントジョンズワート?」他所...

  18. ため池の土手に - Mag's DiaryⅢ

    ため池の土手に

    チョウを探してため池の周りを何周もした。チョウはいなかったが、タツナミソウの群落があった。今を盛りと咲いていた。ヒルガオが咲き始めていた。キショウブも満開。おだやかに過ぎていく時間(*^-^*)

  19. カンアオイの地味~な花 - 花と葉っぱ

    カンアオイの地味~な花

    撮影:5月6日(佐倉市・川村記念美術館庭園)カンアオイ(寒葵)・花ウマノスズクサ科花は暗紫色~淡緑褐色。花の直径は2~3センチ。カントウカンアオイとも呼ばれる。タツナミソウ(立浪草)シソ科ホウチャクソウ(宝鐸草)茎は上部で枝分かれし、花は筒状に見えるが花披片は合着しない。花は茎の下に数個ぶら下がって咲く。花の長さは25~30ミリ。ナルコユリ(鳴子百合)葉の腋から出る花柄は枝分かれし、その先に...

  20. 植物園の花 - しらこばとWeblog

    植物園の花

    一昨日は、藤の鑑賞と神社参拝の後、隣接の「越谷アリタキ植物園」を訪ねました。植物学者の有瀧氏所有の植物園を市に遺贈された所です。日本・中国・北米原産の大樹で覆われていて、その陰で、野草が茂っています。晩春と初夏の端境(はざかい)で、花の数はわずかでした。この季節、いろいろなところでよく見かけるシャガの花です。ふるさとでの少年時代のことを思い出して詠んだ拙句です。木登りの やんちゃに向かひて ...

総件数:32 件

似ているタグ