タムシバのタグまとめ

タムシバ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはタムシバに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「タムシバ」タグの記事(5)

  1. タムシバ追っかけ、その仕上げは・・・ - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    タムシバ追っかけ、その仕上げは・・・

    「タムシバ(田虫葉)」、別名「ニオイコブシ(匂辛夷)」。今年は何年かに一度の絶景開花。追っかけの仕上げは、「兵庫県立宝塚西谷の森公園」。展望台からは、見渡す限り「タムシバ」の絶景が広がっていました。まず、ご近所の「長尾山トンネル」からスタートし、長尾山系に沿って数キロ北上し、15分ほどでしょうか、新名神高速の「宝塚北SA」に向かう。この間、「タムシバ」の景観が途切れることはない。このSAは一...

  2. もうひとつのご近所花めぐり - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    もうひとつのご近所花めぐり

    この時期になると、「エドヒガン」桜の他に、どうしても気になる花があって、買い物のかえり少し遠回りをしてチェックに向かう。「タムシバ(田虫葉)」である。7、8年ほど前、ちょっと春の里山あたりを寄り道してと車を走らせた時、宝塚市とわが町の境付近にあるトンネルを抜けると、そこには驚くべき景色が広がっていた。明らかに桜ではない白い花が、まるでモザイクのように山一面を覆っている。そして、そんな絶景が数...

  3. 冬の林・タムシバの開花(No.149) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    冬の林・タムシバの開花(No.149)

    夕方散歩南天茅場北窓の際に置いたタムシバが開花を始めています。いい匂い(香水成分のような)がします。

  4. タムシバの花の色が見えた(No.148) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    タムシバの花の色が見えた(No.148)

    不注意に切り落としてしまった、タムシバのたった一つの蕾を信楽の花瓶に挿していました。年が明けて、10日ほどたった朝、花の包(ホウ)が落ちて、花の色が見えていました。開くと純白ですが、まだ薄い黄色みを帯びています。時期が時期ですので、開ききるのは無理かもしれません。窯周りの小屋の改造をしています。薪置き場に濡れずに行き来できればと考えています。夕景

  5. その一花・タムシバの蕾(No.136) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    その一花・タムシバの蕾(No.136)

    風がおさまって太陽が出たので庭仕事には最高。鳥が運んできて芽生えた桑の枝が茂りすぎたので、枝を何本か落としました。脚立に上って落とす枝をどれにしようか選別していると、枝にぶら下がっているものがありました。これって、なにかの繭でしょうね。蚕ほどの大きさはないので、なんでしょう。かねがね、前の住まいの庭から運んできたタムシバが樹齢10年を越えたはずなのに、なんで花が咲かないの?とじれったく思って...

総件数:5 件

似ているタグ