タロットカードのタグまとめ

タロットカード」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはタロットカードに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「タロットカード」タグの記事(53)

  1. やり遂げました、e-tax。。 - じぶんを知ろう♪アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

    やり遂げました、e-tax。。

    e-tax、無事終わりました〜〜。。去年イキって買った私のMacでは、どうしても申告画面のマイナンバーカードを読み取る場面で通信が滞ってしまうという謎のハプニング。原因不明で、相談窓口では「デバイスを変えていただくしかありませんね…はい、申し訳ないのですが、、はい、、それしか、、」なんて言われて、結局家族の古いWindowsを借りて全ての作業をやり直して、何とか完了しました。Macで作業しな...

  2. 「銀座四丁目交差点の和光前で待つ」 - 積木ノアラ/日々捲る

    「銀座四丁目交差点の和光前で待つ」

    「銀座四丁目交差点の和光前で待つ」だから、何月何日なの~で、何時なのよ。和光前ってどっち側の前なの~三越向くの?それとも大黒屋?父です。朝イチにこれだけLINEで送って来ました。私の返信には既読スルー。く~っ。。。そう云えば私が4,5歳の頃、父に迷子にさせられました。同じ銀座の三越で、父と二人でお買い物していたんです。「ちょっとここで待ってろ。ここ動くんじゃないぞ」って消えてかなりの時間が経...

  3. 図外 - 積木ノアラ/日々捲る

    図外

    図外。ずはずれと読むそうです。初めて知りました。程度が標準を外れているさま。また、そのようなものや人、並外れ、図抜け、図はぐれ。『世を夢の如くわたりて夜を昼になし世界の図はづれなる者』浮世草子・本朝桜陰比率(1689)まぁ、こんな説明文でした。さて、タロットとの関係です。見知らぬ方でした。品のあるお婆さんでした。私がタロットをしているテーブル席に徐に座りました。大きな樹の木陰に置かれたテーブ...

  4. 迷い鳥の日 - 積木ノアラ/日々捲る

    迷い鳥の日

    以前2階建てのテラスハウスに住んでいた頃のエピソードです。2階はジプシータロット占いオフィスにしていました。来客あります。わりと頻繁に。日常生活空間は1階で、でした。ポカポカな小冬の朝、お掃除するか!!のために1階の窓全開していました。2階は常にしないと気が済まないので、半日に1回はしていましたよ。異常なほど(笑)お掃除終わり窓閉めてっと。「ん⁉」2階が騒がしいです。何者かが壁に当たる音がし...

  5. プラシーボ・エフェクト - 積木ノアラ/日々捲る

    プラシーボ・エフェクト

    プラシーボ・エフェクト。それは偽薬効果のことですね。偽薬を薬だと信じ込むコトで改善がみられるんですね。納得です。もの凄く納得です。言葉もそうですね。信仰もそうだと思いますね。さて、タロットカードを読む時「THE DEVIL」だから悪いとか、「DEATH」だから不運とかではありません。どうすれば気持ち穏やかな方向に進めるかの、おこがましい導きの言葉だと感じています。偽薬のようにニセモノな言葉で...

  6. 水星逆行の日のタロット - 積木ノアラ/日々捲る

    水星逆行の日のタロット

    水星逆行と言っても本当に方向転換するわけではありませんよね。ここ地球から視て逆に動いているように視える天体ショーなんです。逆行は太陽、月以外の惑星にも起こります。太陽に逆行がないのは、太陽をを軸に他惑星が公転しているからなんですね。月は地球の衛星だからなし。水星逆行の影響は他惑星のそれより、遥かに甚大のようです。理由としては、水星と地球の間に太陽が存在していない時に起きる現象だからなんですね...

  7. タロット紐解く2 - 積木ノアラ/日々捲る

    タロット紐解く2

    フロイト、ユング筆頭の精神分析学。いきなり重厚なカテゴリです(笑)私がタロットカードを読む時のバックボーンになっています。夢判断も重要課題です。そればかりではなく、総ての学問、存在する全てが祖となっていると云っても過言ではありません。宇宙も、細胞も、植物も、機械、科学、、、、知識のインプットには当たり前的に限界があります。しかし、占われる方の世界に近付き、ニアミスなく、イメージを適切な言葉で...

  8. タロット紐解く - 積木ノアラ/日々捲る

    タロット紐解く

    イタリアのルネサンス全盛期に誕生した、タロット。語源はイタリアでカードを意味するタロッキからなのです。そして、キリスト教、旧約聖書、カバラなどがタロットの象徴性に多大な影響を及ぼしたんですね。一方でタロット占いの起源はジプシー占いなんです。それは、古代インドライガールから、パンジャーブ地方、小エジプトを経てヨーロッパへ放浪の旅をしていたジプシーが使っていた占いなんですね。ジプシーのようにキリ...

  9. 素数とタロット - 積木ノアラ/日々捲る

    素数とタロット

    素数。2つしか約数がない数、それが素数。コインを長方形に並べられず、一列にしか並べられない数、それが素数。物質における元素のようなもの。あっ、2022年に私の年齢が素数です(笑)さてさて、素数とタロットの関係です。1と自分以外に約数を持たない云々、ってところです。1はカードの持つ意味とします。約数はその時の運勢としちゃいます。で、三位一体の方程式なんですね。まぁ、こじつけ的理論ですね(笑)リ...

  10. 安息日 - 積木ノアラ/日々捲る

    安息日

    始めて数ヶ月間、タロットにどっぷりの毎日でした。カード抱えたまま眠っていたことも頻繁。食事中も、映画観ている時も触れていないと落ち着きませんでした。タロットと融合したい気持ちでした。そんなある初夏の朝方。突然クルマで海に向かいました。ボードを降ろし渚に立ちました。サーフィン歴6年。タロットで休憩してました。「あっ、どこか似てる」タロット占師だからと云って、タロットオンリーなんてあり得ませんよ...

  11. 守護カード - 積木ノアラ/日々捲る

    守護カード

    私の守護カードは"The Fool"愚者のカードです。守護カードにはイロイロな説、選択方法があるようです。私は自分が好きな意匠、しっくりくる意味合いで決めました。『愚者』なんかイイ感じです。斬新なアイデアが浮かぶ。思い切った行動を起こせる。楽観的自由人。ますますイイ感じです。あとはイラストを観てのインスピレーション。みなさんにお任せします(笑)

  12. 名もなきもののように従順に真摯に語れば - 積木ノアラ/日々捲る

    名もなきもののように従順に真摯に語れば

    言葉のボキャブラリィを増やしても、ひとつ間違えればただの言葉遊びに過ぎません。伝える。きっとそれは年季でも、経験でもないと思います。センス。それも、真摯なセンスだと思います。感情移入すればイイものでもなく、第三者的な見方オンリーでもない。占者として、開いたカードの伝達者として、常に真摯でありたいのです。雲は雲と呼ばれなくとも雲であるように、雨が雨と呼ばれなくとも雨であるように、あなたのためだ...

  13. シャッフル - 積木ノアラ/日々捲る

    シャッフル

    シャッフル。カードへの問い掛けはシャッフルから始まります。そう、シャッフル。占う内容に集中しカードへ伝えるための、シャッフル。たくさんの方達を占って来た、タロットカード。いつでもシャッフルからのスタートです。占うと云うよりは、人生を、運命を、光り輝く場所へ近付けるための誘い。そう、いつしかこんな感覚になっていました。そう、タロットカードの代弁者として。カードの言葉を聞くための、シャッフルなん...

  14. 大辞林 - 積木ノアラ/日々捲る

    大辞林

    タロットを始めた頃の、私。疑問?カードを読みそれを伝える時、言葉のボキャブラリィは必要なのか?奇をてらった言葉だったりすると、逆に伝わり難かったりしますよね。だけど自分のイメージに当てはまる言葉が探し切れなかったりして、近いモノを選んだりしてました。やっぱりある程度というか、言葉は識っておくに越したことはないが、結論。『大辞林』買いました。右脳のインスピレーション+左脳の大辞林。まぁ、頑張り...

  15. フランチェスカ - 積木ノアラ/日々捲る

    フランチェスカ

    4歳の頃、私にはフランチェスカというお友達がいた。フランチェスカのパパとママはイタリア人だけどおじいちゃんが日本人だった。なので、おじいちゃんが住んでいる私の町にやって来ていたフランチェスカ。スゴい!!日本語ペラペラの同じ4歳のフランチェスカ。これほどフランチェスカを連呼したのは、超久し振りのこと。髪の毛は栗毛のクリンクリン。毎日違う綺麗なワンピを着ていた。も~う何から何まで私と違うフランチ...

  16. 伝達者 - 積木ノアラ/日々捲る

    伝達者

    悟ったわけじゃないです。けど、私は伝達者。タロットカードの声を、私を介して占われる方に伝える。責任回避的予防線じゃないですよ。カードをシャッフルしている時「私はタロットの伝達者。私を介してお伝えします」。と、ココロで呪文る。イタい人でもないですよ。入り込むのです。心頭滅却すれば的集中。なんか、何処かに行っちゃってます。おちゃらけていますが、私はいっちゃってます。そのお話は、明日。

  17. カードを読む - 積木ノアラ/日々捲る

    カードを読む

    神戸トリップのお土産は、タロットカード。買った日の夜ホテルのお部屋で、早速タロット。自宅に帰ったその日から、ずーっとタロット。先ずは、それぞれのカードの意味を識るコトから始めた。一枚のカードに対していくつか書かれてある、意味。「まぁ、記憶した」ここからがタロットの真骨頂である、カードを読むコトが始まる。『カードを読む』カードに描かれたイラストから受けた、自分なりのインスピレーションと記憶した...

  18. 港町タロット - 積木ノアラ/日々捲る

    港町タロット

    ある年の暮れ、神戸・三宮の高架下の商店街をブラブラと歩いていた。入り口の極小さな雑貨屋さんが目に止まる。「オリエンタルへいらっしゃい」そんな感じのいかにものお店だ。オレンジ色の裸電球が天井からブラブラぶら下がった店内は、超狭い。あっ、大好きなサンダルウッドのお香の香り。ここに引き込まれたのはコレが原因だったのかとも思った。いやいや、もっともの凄いモノを見つけてしまった。『タロットカード』凄い...

  19. 新年は自己占いから - HARUBA

    新年は自己占いから

    前日遅くにバイトを終えた息子は友達と合流して、そのまま初詣に行きお友達3人と我が家に帰ってきた。高校時代とは違って2階に男4人が居てもわりと静かで成長を感じてしまった。朝、窓を開けるとお正月らしく、雪がどっさり。静かに穏やかに2021年雪かきからのスタート!さて…雪かきが終わったらお正月と言っても特にする事もないので自分の事でも占ってみようとタロットカードを並べてみた。1〜3月は良好な人間関...

  20. カードリーディングの理由 - HARUBA

    カードリーディングの理由

    少し前娘のお友達から悩み相談があった。大したアドバイスも出来ないし私が望む方向に持っていくことも出来ない。どんな問題でも結局のところは本人が決めるしかない。その後の事について気になってしまい勝手に占ってみた。結果を娘に伝えたら私の事も占って〜と。一体何を占うの?って聞いたら・・・特に悩みや問題がない事に気付く。笑笑良かったね。取り敢えずのところ占いって、悩める人のものなんだなぁって今更再認識...

総件数:53 件

似ているタグ