ダイミョウセセリのタグまとめ

ダイミョウセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはダイミョウセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ダイミョウセセリ」タグの記事(74)

  1. 秋の気配 - イーハトーブ・ガーデン

    秋の気配

    友人の写真展で、千葉県立美術館へ行きました。実に久しぶり。帰途、近くの都市公園で少し撮影して帰りました。気分転換が出来てよかったです。咲き始めたコマツナギの花で、遊んでくれたのはダイミョウセセリです。小さなオリズルランに固いきずなで結ばれたヤマトシジミキバナコスモスにはホシホウジャク。遠かった…。ツメクサの上で休憩中のツマグロヒョウモンだいぶお疲れなのか、動きたがりませんでした。こちらもお疲...

  2. 普通種たち(2020/08/01) - Sky Palace -butterfly garden- II

    普通種たち(2020/08/01)

    本当はスミナガシを見に来たのですが、樹液が全然出ていません。スミナガシはおろか、ゴマダラチョウやルリタテハも見かけません。仕方ないので、普通種撮影に切り替えです。まずは新鮮なダイミョウセセリです。日差しが強く、葉の裏に隠れてしまいます。何度か追いかけまわしたら翅を閉じたところも撮影できました。■ダイミョウセセリDaimio tethysサカハチチョウの夏型です。少し擦れていたので、もう少し発...

  3. 胡桃の森から - 不思議の森の迷い人

    胡桃の森から

    7月下旬、NAGUさんご夫妻、komugiさん、Yさんと北関東の公園の胡桃の森に向かいました。目的はオナガシジミでした。時々弱い雨が降る悪条件の中の探索になりましたが、残念ながらオナガシジミとは会えませんでした。大きなヤマユリで雨宿りしていたのはダイミョウセセリです。ダイミョウセセリが雨を凌ぐのに十分すぎる大きさです。よく見ると吸蜜しているようです。伸ばした口吻は蜜源まで届いているのでしょう...

  4. 秋を感じる - 飛騨山脈の自然

    秋を感じる

    草わらにはジャノメチョウが見られるようになった。早いところでは6月から出現するがここでは7月下旬からである。これが出だすと夏は終わったの感がある。遠くでキタキチョウがノアザミで吸蜜している。ジャノメチョウは止まるとすぐ翅を開くがその後は閉じたままでいることが多い。細かい霧雨のせいかこの♂はずっと開翅してくれた。ヤマウルシが紅葉しかけていたが、虫色味という現象に思える。羽化して間もないダイミョ...

  5. 泉自然公園の喋々 - 花と葉っぱ

    泉自然公園の喋々

    撮影:7月21日(千葉市・泉自然公園)公園内をトボトボ徘徊しながら出合った蝶は下記の3種類とキチョウ、モンシロチョウだけで、極端に少なかった。雨上がりの所為だろうか。アオスジアゲハ(青条揚羽蝶)の吸水アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科前翅長35ミリほど。翅の開帳は70ミリほど。黒地に青白い筋が入ったアゲハチョウで、普通に見られる。ダイミョウセセリ(大名せせり蝶)セセリチョウ科前翅長18ミリ前後。...

  6. お花で吸蜜中の蝶たち - *la nature*

    お花で吸蜜中の蝶たち

    画像がかなり溜まっていて、アップしたいものが沢山あるんですが、まずは賞味期限切れにならないうちに旬のお花絡みのフォトから♪6月20日オカトラノオ&ベニシジミ今ではベニシジミを見つけてもカメラを向ける事が少なくなりましたが、この個体は羽化直後なのかとても美しい翅でした*7月11日タムラソウ&ダイミョウセセリ正面顔も^^7月12日イヌゴマ&キタキチョウオカトラノオ&ダイミョウセセリ7月18日オカ...

  7. ■ヤマユリ20.7.13 - 舞岡公園の自然2

    ■ヤマユリ20.7.13

    梅雨前線が列島上を付かず離れず停滞していて、天気が安定しない。午前中くもり空だったので散策に出たが、正午頃から雨が落ち始め慌てて帰宅した。園内では「神奈川県の花・ヤマユリ」が咲き始めて芳香を放っている。ヤマユリ〃アキノタムラソウと〃ダイミョウセセリと

  8. 梅雨の晴れ間に - 里山の四季

    梅雨の晴れ間に

    空模様をうかがいながらの里山散策です。ヤブ蚊、ヘビ、熱中症のリスクも。今年はヘビの当たり年でマムシ、ヤマカガシ、シマヘビ、アオダイショウ、ヒバカリと勢揃いです。ヤマユリはまだつぼみですが気の早い個体が一株開花していました。ヤマユリ山百合ナワシロイチゴ苗代苺ヤマトシジミ大和蜆ナワシロイチゴの花の吸密中よく似たルリシジミの眼は黒色、これは薄茶色なのでヤマトシジミ。ヒメヤブラン姫藪蘭とても小さいナ...

  9. コクラン - つれづれ日記

    コクラン

    今日は久しぶりにカメラのレンズを90ミリマクロに変えて撮りました。コクラン。アキノタムラソウにダイミョウセセリ。ミズイロオナガシジミ。終わってしまったヒマワリ畑。

  10. ウツギに来るチョウ - 飛騨山脈の自然

    ウツギに来るチョウ

    最盛期を迎えているウツギにいろんなチョウが吸蜜に来ている。同所で咲いているノイバラはむせるような香りを漂わせているが、チョウは寄り付かずウツギにやってくる。ウツギの蜜の方が好まれるのかもしれない。画像処理はしていないので、白い花に黒い蝶なので花が飛んでしまい見にくくなってしまった。羽化したてと思われるアサマイチモンジが時々吸蜜に来た。ずっと探していたアオバセセリにようやく会うことが出来た。ス...

  11. 棚田 - 飛騨山脈の自然

    棚田

    近くの棚田に行ってみた。田植えが終わり美しい景観になっていた。幼いころに見た原風景そのものが今でもみられて有難いものだ。傍の休耕田は昨年まで蜂蜜業者に貸し出していたので近寄ることが出来なかった。今年はそれがないのでハルジオンが繁茂する畑に入ってみた。発生末期のウスバシロが弱々しく飛んでいた。不思議と♀は見かけなかった。ダイミョウセセリの時期に当たったようで、ボロから新鮮まで多くの個体数に出会...

  12. 地味だが可愛らしい弾丸蝶in2020.05.15~06.06埼玉県低地のセセリチョウ - ヒメオオの寄り道

    地味だが可愛らしい弾丸蝶in2020.05.15~06...

    ギンイチモンジセセリ1化と2化との間のセセリチョウというと昨年まではアオバセセリ中心でしたが今年は新型コロナウイルス対策で自粛時「自転車+徒歩」→緩和「埼玉県内隣街」→解除「埼玉県内低地」で撮影可能なセセリチョウの飛翔シーンを狙ってみました。最初は、この時期始めて撮影した「イチモンジセセリ」です。in2020.05.15見沼田んぼ秋ほど多くはありませんが、外出自粛を癒してくれるかのように見沼...

  13. ダイミョウセセリを魚眼で撮るByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ダイミョウセセリを魚眼で撮るByヒナ

    ウラギンヒョウモンやウスバアゲハのフィールドにダイミョウセセリも来ました。ウスバアゲハを魚眼で撮ってる時だったので、そのまま魚眼で撮影。ダイミョウセセリはセセリの仲間では大きい方で、魚眼で撮るのはこの子のサイズ位までかなと思います。シジミチョウサイズも撮れない事は無いと思いますが、かなり寄らないといけないので諸々難易度が高まりそうです。この子が今年の初セセリでした~

  14. 普通種たち(2020/05) - Sky Palace -butterfly garden- II

    普通種たち(2020/05)

    狙いのチョウが撮影できず、悲しみに暮れる中で撮影した普通種を紹介します。コジャノメは新鮮で綺麗な感じです。■コジャノメMycalesis francisca撮影が思うようにならず悲しい時はダイミョウセセリでもありがたい。■ダイミョウセセリDaimio tethysヒメキマダラセセリは新鮮なオスが数頭見られました。■ヒメキマダラセセリOchlodes ochraceusイチモンジチョウは数頭い...

  15. ダイミョウセセリ - 八ヶ岳 革 ときどき くるみ

    ダイミョウセセリ

    夕べは 結構な雨が降り雨上がりの今日は雲が多めながら時折陽の射す時間帯もありました。今日はホトトギスの鳴く声を今年初めて耳にしました。ひと雨ごとに本格的な初夏になりつつある八ヶ岳南麓です。本日の写真は今朝出勤時にお店の駐車場で出会った蝶です。「ダイミョウセセリ」とても綺麗な個体でした。(^-^)後翅に白紋がないので関東型ですね。この蝶は不規則な飛び方をするので行き先の予測がつきません。時々、...

  16. 里山レポート09「自粛のせいか」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート09「自粛のせいか」

    14日に一部の都府県を除き緊急事態宣言が解除されたのですが、千葉県は相変わらず外出自粛が続いています。今回のテーマは徒歩圏内で平地性のゼフィルスを探すことでした。そしてアカシジミが拍子抜けしてしまうほどあっさりと見つかりました。家を出て30分も経っていませんでした。地上3メートル半ほどで葉が反っているので尻尾まで見えません。暫く待ったのですが動きそうにないので、一か八か落ちていた枝を投げてみ...

  17. ORAGA里山のCompadre、ダイミョウセセリ再び(2020/05/in the last few days) - 里山便り

    ORAGA里山のCompadre、ダイミョウセセリ再...

    この時期自宅周りを含めて、「蝶撮」・「ゼフィルス偵察」と忙しい。'ゼフィルス' が発生すると、忘れてしまいがちな '蝶達' をしっかり丁寧に撮影する。身近では撮りたい蝶達が、発生している。はやる気持ちを抑えながらの昨今です。..........POTD.........小さくて解りずらいのですが、新成蝶の証し、足の付け根の細毛が水色に輝いている。-...

  18. ORAGA里山のセセリ達、ダイミョウセセリ②(2020/in the last few days)at various places - 里山便り

    ORAGA里山のセセリ達、ダイミョウセセリ②(202...

    'ダイミョウセセリ' 撮影にもある種の思い入れがある。あまり見られない ’テリ張’ シーンに魅了された。ORAGA里山以外では 'ダイミョウセセリ' の撮影は余程のシーンに出会わない限り撮影しない。今回も生意気な書き出しで申し訳ありません。..........POTD.........意図して設えた、 ’テリ張’用「舞台」です。思惑通り乗って来てく...

  19. ウスバシロチョウの産卵シーン - 蝶超天国

    ウスバシロチョウの産卵シーン

    5月2日この日は各地の様子を見て回りましたが、狙いのチョウの発生が遅れているようです。それならば・・・と言うことでウスバシロチョウの産卵を狙いに切り替えました。ボロボロの個体が多い中、綺麗な個体もいました。交尾嚢がついた♀もいます。暫く産卵地を広く眺めながら待っていると・・・産卵行動の♀を発見しました。草地に降りて草の根元に潜りこみ・・ゴソゴソと歩き回っているようですが・・様子は窺い知れませ...

  20. アオスジアゲハ登場他 - 風任せ自由人

    アオスジアゲハ登場他

    馬酔木ポイントでウスバシロチョウの卯木吸蜜などを撮影した後、渓流沿いの躑躅ポイントや卯木ポイントを見て回り、馬酔木ポイントに戻るとアオスジアゲハが登場した。馬酔木ポイントではやっと卯木にウスバシロチョウが多数やって来るようになった。スジグロシロチョウ、コチャバネセセリも多かった。そこに1匹だけダイミョウセセリが飛んできた。ウスバシロチョウダイミョウセセリ渓流の卯木ポイントでは黒系アゲハに期待...

総件数:74 件

似ているタグ