ダイヤモンドバックテラピンのタグまとめ

ダイヤモンドバックテラピン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはダイヤモンドバックテラピンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ダイヤモンドバックテラピン」タグの記事(58)

  1. カロリナダイヤモンドバックテラピン2018年国内CB - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    カロリナダイヤモンドバックテラピン2018年国内CB

    カロリナダイヤモンドバックテラピンとオルナータダイヤモンドバックテラピンの自家繁殖生体販売は下記のイベントで行います。カロリナオルナータ◇イベント名エキゾチックレプタイルエキスポ日時:8月19日 日曜日場所:東京都立産業貿易センター台東館6階出展名:爬虫類・両生類オフ会◇イベント名エキゾチックレプタイルエキスポ日時:9月30日 日曜日場所:東京交通会館3階グリーンホール出展名:爬虫類・両生類オフ会

  2. 水温上昇対策 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    水温上昇対策

    猛暑、昼間は35℃超え、そして夜間もあまり温度が下がらない。ってことは水温が上がったまま下がらないって事、ちょっと遅れました水温上昇対策を。(我が家は玄関と外の飼育場なのでエアコンはありません。)小型ファンを取り付けました。熱帯魚屋で売っている水温上昇対策品です。意外にこれ効果あるんですよ。水面に風があたるようにして、気化熱で温度を下げます。ベビー育成用環境には、ホットスポットとヒーターそし...

  3. 7月15日(日)アクアリウムバス出展!! - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    7月15日(日)アクアリウムバス出展!!

    今日から7月ですね。(ってことは、2018年も半分終了ですね)夏はイベント(実際には毎月ありますが・・・)、気持ちが少しだけ開放的になり財布の紐も緩む季節かな。7月15日(日)産業貿易センター台東館(浅草)で開催されるアクアリウムバスにオフ会で知り合った仲間と出展いたします。出展名:爬虫類・両生類オフ会出品生体:http://tohira-1017.hatenablog.com/を参照くださ...

  4. カロリナダイヤモンドバックテラピン 2018年国内繁殖生体 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    カロリナダイヤモンドバックテラピン 2018年国内繁殖生体

    孵化シーズン?うん?、~2月まではクーリング・育成、3月~は産卵シーズン、5月~は孵化シーズンって感じになるのでしょうか。先日孵ったカロリナも水槽デビューです。画像ではわかりずらいですが、ごま塩模様とダルメシアン模様のようです。7月15日のアクアリウムバスまでしっかり育成します。

  5. 今年もこの瞬間に立ち会えました!! - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    今年もこの瞬間に立ち会えました!!

    本日4月27日カロリナダイヤモンドバックテラピンが孵化しました。これで4年連続で繁殖成功です。

  6. 交尾の促進 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    交尾の促進

    生き物を長く飼育していると、成長し性成熟に至ります。雌単体での飼育環境だと有精卵は望めませんが、雌雄揃っている環境なら産卵したら有精卵であって欲しいと思います。有精卵を産んでもらうための工夫1.まずは雌の身体を仕上げましょう。(しっかり性成熟、産卵に耐える身体つくり)2.優秀な雄、しっかり仕事をしてくれる雄を。(これも性成熟が必要です)3.きっかけ作り・蜂蜜浴:栄養補助的な役割・水質・水深の...

  7. オルナータダイヤモンドバックテラピン2017年国内CB - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    オルナータダイヤモンドバックテラピン2017年国内CB

    この個体は、昨年(2017年)に亀友さんに譲って頂いたベビーです。オフ会などを通して知合った方の中で、オルナータのブリーダーが3名います。それぞれの生体を見ましたが、無紋、ごま塩、ホワイトヘッド、ピンクヘッド、ブルーヘッド、グレーヘッドと個体差があり、どれも綺麗な生体です。この個体は、甲ずれですが、無紋に近いホワイトヘッドです。うちのオルナータも3クラッチ14個の卵を無事に産卵してくれていま...

  8. 産卵記録データの活用 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    産卵記録データの活用

    前回の記事で産卵記録データを記録することをお勧めしましたが、データがあるとこんなこともできます。青の部分は産卵実績、黄色の部分は次回産卵予想日になります。前回表のタイトルが見えなかったようですので、再掲載。

  9. 産卵記録 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    産卵記録

    産卵の記録簿。卵の産んだ日の日付を書く人は沢山いますが、ぜひ記録を付けて欲しいと思います。理由がいくつかあります。①どの親がいつ産んだかの証、そして孵化日の予想ができます。②数年貯まると、どの親個体の産卵時期と間隔を予想できます。③記憶でなく記録に残すことで説得力のある記録になります。データを貯めていくことで繁殖記録としての価値につながります。エクセルで簡単に作れますよ。※事情により飼育継続...

  10. オルナータ産卵&旧型インキュベーダー稼動開始 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    オルナータ産卵&旧型インキュベーダー稼動開始

    4月10日に仕事を終えて帰宅すると、オルナータ水槽の中に白い物体が2個。え?、なに?、あ、卵・・・。急いで回収しました。食べられることなく無事に。で、どの雌親が産んだか、この環境には、産卵可能な雌親が3頭、1頭は2クラッチ産卵済み、残りの2頭のどちらか?いや、やっぱり2クラッチ産んだ雌親の3クラッチ目と睨み、直ぐに産卵場に移動。今朝方2個の産卵を無事に終えました。1クラッチ目から4個をコンス...

  11. カロリナダイヤモンドバックテラピン産卵 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    カロリナダイヤモンドバックテラピン産卵

    昨日の日曜日に日光浴をさせているときに、なにやら後ろ足で穴を掘るような仕草をしているメス親がいました。前回産卵は3月5日だったのでそろそろかなとは思っていましたが。産卵場に移動して今朝見たら、無事に2クラッチ目を産卵してくれていました。産んでくれた雌親、顔の周りが土で汚れています。この雌はかれこれ4シーズン目の産卵かな。無事に孵ってくれることを願うばかりです。孵化予定日は、6月8日頃かな。

  12. テキサスダイヤモンドバックテラピン2017国内CB - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    テキサスダイヤモンドバックテラピン2017国内CB

    テキサスダイヤモンドバックテラピン2017国内CB2017年のCBの中からマイコレ用に残していた個体です。色の薄いタイプです。甲羅の縁の黄色い発色、各甲羅の色合い、あまり黒くならないようです。次回のイベント販売します。

  13. 日光浴と蜂蜜浴 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    日光浴と蜂蜜浴

    暖かな土曜日だったので、日光浴です。水温合わせをした水の中には蜂蜜を溶かしていれてあります。オルナータ、カロリナ、テキサスの混泳です。(混泳できるほどの深さはないけど)

  14. オルナータの顔の模様 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    オルナータの顔の模様

    ダイヤモンドバックテラピンは7亜種に分けられていますが、亜種の中でも顔の模様は個性的です。大柄な顔の模様ほぼ無紋のタイプごま塩タイピとさまざまです。

  15. カロリナダイヤモンドバックテラピン背甲比較 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    カロリナダイヤモンドバックテラピン背甲比較

    カロリナダイヤモンドバックテラピンの背甲の比較をしてみました。暗い感じですが、コンセントリック(同心円模様)は見れます。1枚目より明るい発色です。甲羅の発色は黄色い感じが強く、ハッキリとコンセントリック模様がわかります。肌も真っ白い感じです。こちらも背甲は黄色の発色が強くコンセントリックがハッキリしています。肌はブルーグレイタイプです。この4頭は、昨年までに産卵を経験してます。今年も産卵を期...

  16. 2017年自家繁殖テキサスダイヤモンドバックテライン - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    2017年自家繁殖テキサスダイヤモンドバックテライン

    2017年自家繁殖テキサスダイヤモンドバックテライン2017年CB、自家繁殖生体。3頭残してあります。これは3月18日のブラックアウトで販売予定の生体です。

  17. とんぶり市の御礼 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    とんぶり市の御礼

    参加出展者としての御礼は別ブログで記載しましたので、こちらではダイヤモンドガメに絞っての、とんぶり市の振り返りを。ダイヤモンドガメの出品は、3ブースとちょっと寂しい状況でした。確かに繁殖例は聞くようになりましたが、国内CBってくくりになるとまだまだ少ないようです。ブラックアウトでは売れ行きはイマイチでしたが、持っていったテキサスダイヤモンドバックテラピンは、ほぼ完売になりました。今回はなんと...

  18. 飼育ノウハウと記録 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    飼育ノウハウと記録

    HBMととんぶり市の開催時期です。 こんな時期なので、ブリーダーへのお願いです。飼育・繁殖記録を作ってみませんか。亀の飼育書は、専門の先生や専門家が書いたものが書店(爬虫類ショップかな?)に行けば入手可能ですが、「この種」の飼育書ってありません。 実は昨年自分で作成してみました。イベントとかで配ってたりするので、目にした方もいるかもしれませんが、自分の経験をもとに飼育・繁殖記録をまとめたもの...

  19. 11/5HBM(ハープタイルブリーダーズマーケット)出展 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    11/5HBM(ハープタイルブリーダーズマーケット)出展

    11/5HBM(ハープタイルブリーダーズマーケット)出展します。☆出展名:ブリーダーズサークルオンリーワン・テキサスダイヤモンドバックテラピン・カロリナダイヤモンドバックテラピン・キボシイシガメ・ハラガケガメそれぞれ数頭しか持って行きません。基本は早い者勝ちです。HBM詳細→http://hbm.c.ooco.jp/

  20. 亀会(オフ会)実施のご案内 - ダイヤモンドバックテラピンの飼育日記

    亀会(オフ会)実施のご案内

    亀会(オフ会)実施のご案内 11月19日(日)は、とんぶり市です。その前日の18日(土)に亀会を開催します。この会は、亀の飼育・繁殖に興味のある方に参加頂ければと思っています。 開催概要日時:11月18日(土)15:00~(3時間程度)、希望者は二次会あり場所:池袋(予定) 会費:4,000円ぐらい 2017年の各自の飼育・繁殖を振返り情報交換、そしてトレード話や譲渡まで、いろいろな話しがで...

総件数:58 件

似ているタグ