ダムのタグまとめ

ダム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはダムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ダム」タグの記事(32)

  1. 五十里ダム - WEEKEND EXTENDED LIFE-STYLE

    五十里ダム

    五十里ダムここも川治、湯西川ダムと同水系で至近に位置している 但し残念ながら補修工事の真っ最中、展望台からの記録のみ鬼怒川4ダムの内3ダムを制覇 上空を飛んでいるヘリは何を吊るして何の作業をするのだろうか?   

  2. 湯西川ダム - WEEKEND EXTENDED LIFE-STYLE

    湯西川ダム

    更に湯西川ダムにやって来た川治ダムから僅か10分以内、途中で道路上猿出没で睨まれる 道の駅湯西川でソフトクリームとお土産三昧ダムツアーの水陸両用バスを追いかけダム堤上で見学 湯西川ダムは比較的新しく特異な魅力は無いが風景の調和が取れている感ダム影が下流に映る、JSKさんの指先にトンボがたくさん飛んでいた やっぱり上部洪水吐は萌える要素 渇水対策中とは?ダム管理職員がダムカードを持参して向こう...

  3. 川治ダム - WEEKEND EXTENDED LIFE-STYLE

    川治ダム

    佐野ラーメンの後、宇都宮鬼怒川を通り川治ダムにやって来たスカッとする天候にアーチ式ダムは素晴らしい ダム下の龍王峡からの冷気が上がってくるとこは圧巻ダムの迫力満点の光景にテンション上がりまくり 上部の洪水吐、中間フローゲートから放流を是非拝みたいものだ湖面に鯉が居て、売店で餌を買って与えることができる餌は買わないが、ダムカードはここで取得した    台風21号が関西圏で爪痕残し、今度は北海道...

  4. 2018.08.04 小渋ダムでダムカード - ジムニーとカプチーノ(A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.04 小渋ダムでダムカード

    大鹿村に有る小渋ダムダムカードが頂けます一人1枚ですよダムカレーも誕生します大鹿の道の駅に行く楽しみが増えますねダムカレー初の鹿肉カレーですね小渋ダムでダムカード何とUFOの湯切りプレートになったそうです

  5. 建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった

    事故を起こした韓国企業は勿論けしからん。しかし、日本も資金面では事故を起こしたダムに参加していたということです。無理のある事業に対して、精査せずに金を出した側の責任も重大ですね。 建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと志葉玲2018.08.21印刷ダム建設に韓国企業が加わっていたことで、韓国叩きの“燃料”にダムの決壊で村が水没...

  6. 8月19日 Daily. - 父飯。

    8月19日 Daily.

    今日の父ちゃん料理は夏休み休暇を利用し草津を旅行しましたのでお休みします。写真は完成まじかの八ツ場ダムです。(読み方はやんば、です。)ダムが完成し水張りが完了すると向かって左側がダムの高さまで満水になり水没する地域になります。2年後に完成との事、又遊びに来るよ。

  7. 湯田ダム(岩手県) - 長女Yのつれづれ記

    湯田ダム(岩手県)

    こうして全景を見るとダムって 大きい!放水口側を覗きこむと底まで見えて ク~ラクラッ!資料によるとダムの高さ~89.5mダムの長さ~264.9m11年の長い年月をかけて、昭和39年10月完成とあります。鉄道、道路の付け替えに年月を要したようです。コンクリートの壁面にコオニユリが咲いて、植物の逞しさに驚きです。湯田のお蕎麦や山菜ピクルス、乳製品等々お土産に買って従妹と二人連れこのまま帰るのも...

  8. 奥只見ダム - WEEKEND EXTENDED LIFE-STYLE

    奥只見ダム

    トンネルを抜けるとそこは、ダム、おまけにとんでもない猛暑35℃はあったと思う、秘境?いやいや観光客が大汗かいて大行列 ダム自体は巨大かつ迫力満点、ここでは水位豊富ダムマニアは一度は訪れないといけない聖地でもある   

  9. 奥只見ダム堤上県境 - WEEKEND EXTENDED LIFE-STYLE

    奥只見ダム堤上県境

    奥只見ダムのもう一つのポイントは、県境ダムの二つ吐水口の中心に新潟、福島県境が走破しているところがこの中心には進入禁止である、見学会とかだと行けるらしい 仕方ないので見ずらいかもしれないが画像に県境を引いてみた向こうに行けないもどかしさがあったが福島県側を画像で沢山記録していました   

  10. 千屋ダムで千屋牛 - つれづれ日記

    千屋ダムで千屋牛

    高梁川上流の千屋ダムにやって来ました。平成11年から運用された比較的、最近のダムです。下の国道から眺めると迫力があります。ここではハッピーも降りて見学です。翠がかった水色です。アオコガ発生しているのかな?お天気のせいもあるかもしれませんが以前来た時は蒼い色をしていました。ダムの堤体の中ほどには赤い屋根の展望小屋がありダムの下から吹き上げる風が爽やかです、暑い日にはおススメのスポットかもしれま...

  11. 純国産自然エネルギーの水力発電 既存ダムの活用で1350億kWの電力量が増やせる - yuu2雑記帳

    純国産自然エネルギーの水力発電 既存ダムの活用で135...

     電話の発明で知られているグラハム・ベルがの明治31年(1898年)に来日し、「日本は豊かな水力エネルギーを保有している」「日本は水力発電で発展する」と演説したのだそうです。 日本列島は平均すると68%が山地で、しかも列島の北海道から九州まで中央を脊梁山脈が走っている。太平洋側、日本海側を問わず、全ての土地が均等に川という水流のエネルギーに恵まれている。そして、雨の多い気候。雨と山岳地帯は自...

  12. 木曽へ - 写真ブログー信濃路の風

    木曽へ

    木曽は4年ほど前、「信濃路の橋」木曽川バージョンの撮影以来,木曽は遠いからチョイチョイ来れません。高速で塩尻ICへ、下りてから1時間半、19号を右折してから民家が全くない道をしばらく走って、木曽郡王滝村到着です。途中にあの「御岳百草丸」「日野百草丸」の製造元がありました。そんなとこ何しに行ったの?バイトです(^_^)人口は800人、1km四方に2人半の人口密度と書いてあります。少な!!ついで...

  13. 白水のながれ - いつかみたソラ  

    白水のながれ

    7月24日 大分県竹田市荻町 白水ダム涼やかな風になびくレースのような日本一美しいといわれる白水のながれ(「一度は行きたい!日本の絶景」より)正式には白水溜池堰堤(はくすいためいけえんてい)というそうです。日本の河川法では、堤高15m以上をダムとし、13・9mの白水溜池堰堤はダムではないそうです。地盤の弱い(阿蘇周辺の火山性地質)場所にあるので水圧を抑えるために、石造の壁を滑らかに水が落ちる...

  14. 2018.07.06 草木ダムでダムカード - ジムニーとカプチーノ(A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.07.06 草木ダムでダムカード

    草木ダム直下まで行けるのか天端で記念撮影昨日の貯水率直下から見るダムは迫力有ります朝食後に来ると今日の貯水率が貼って有った少なくなってるねダムカードはお洒落なしおり付き草木ダムでダムカード

  15. 小牧ダム - モクもく写真館

    小牧ダム

    定宿にしている、ログハウスです。此処の温泉が、好きでする朝、前にはでは、浴衣だけでは、寒かったです。正面に見える、小牧ダムです。

  16. 奈良俣のダム - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    奈良俣のダム

    2018年7月15日NIKON D7000群馬県利根郡水上町 「伯方の塩」ではなく「奈良俣のダム」ダム好きのマニアの間では最近注目されている。ロックフィルダム。自然石を積み上げて造られたダムで、下から見るとピラミッドのように見える。(写真の無断転載はお断り)

  17. 018.05.21 清水沢ダムと風間邸 - ジムニーとカプチーノ(A4とスカルペル)で旅に出よう

    018.05.21 清水沢ダムと風間邸

    清水沢ダムゲートレスになって寂しい形ですシューパロダムの放流分をそのまま流す構造ですが発電もしている様です近くには写真家 風間健介 さんの自宅が有ります去年お亡くなりになりましたこの家も屋根が崩壊寸前ですので来年は見れるか解りませんね

  18. 青水鏡 - 気ままに☆ひ撮り旅

    青水鏡

  19. 有間ダム - デジカメ写真集

    有間ダム

    昨日でしたが夕方。涼みがてら名栗の有間ダムまで車で行ってみました。有間ダムは風が少し吹いていたので夕涼みまではゆきませんでしたが涼しかったです。久し振りの有間ダムは水位が10m以上大幅に下がってて普段は水底に隠れてた昔の沢やら島が見えてました。有間ダムは洪水調整機能を担っていて7月から9月の間は水位を下げて洪水に備えてるそうです。その洪水調節容量は440万m3という事で、今の時期は水位が意図...

  20. 岩屋川内ダム - きずなの家

    岩屋川内ダム

    我が町嬉野の岩屋川内ダムです。下流から上流へと霧が流れていたので上流へたどり着くまで待っていると小雨が降りだし濡れ鼠にカメラも濡れたけど大丈夫でした。一枚目はダム下の景色ですがちょうど良い所にあった木が枯れかけ残念です。

1 - 20 / 総件数:32 件

似ているタグ