チェコスロバキアのタグまとめ

チェコスロバキア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチェコスロバキアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チェコスロバキア」タグの記事(4)

  1. 【大阪万博】1970年4月3日 (金)チェコスロバキアスペシャルデー - 大阪万博EXPO70/51年前の今日は

    【大阪万博】1970年4月3日 (金)チェコスロバキア...

    1970年4月3日(金)雨(最低7.1℃/最高10.0℃)チェコスロバキアナショナルデー【チェコスロバキア館】●入場者:359,049人(入場予定者380,000人)●迷子:300人●尋ね人:617人●患者発生数:265人●救急車:33件●火災発生件数:0件●来訪VIP:チェコ・スボボダ大統領夫妻/ブルガリア・ジフコフ第一副首相【催物】●グランドバレエ“進歩と調和”日本バレエ協会352人/日...

  2. またまたまた今週の読書(長い長いお医者さんの話) - おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

    またまたまた今週の読書(長い長いお医者さんの話)

    K.チャペックの「長い長いお医者さんの話」。1952年発行の岩波少年文庫版(1001)。チャペックはチェコスロヴァキアの劇作家・小説家。ロボットということばを作ったことでも有名。通勤バス車内で何げに読み始めたところ、だんだんと夢中になり、いつの間にか読了。いわゆる童話ではありますが、どこにでもいるような人間や動物が主人公なのに、じつに独創的で、ファンタジックで、かつ作者の眼差しが暖かく、つい...

  3. チェコスロバキアのカメラ - 見る聞く歩く

    チェコスロバキアのカメラ

    チェコの二眼レフカメラ、正確には「チェコスロバキア」の「フレクサレット」です。チェコとスロバキアに分離する遥か前の1950年代半ばの製品。フレクサレットは多くの機種がありますが、これは「Ⅴ(5)」型のようです。しっかりした作りのカメラです。ピントはレンズ下の振り子のようなレバーで合わせます。ミノルタオートコードと同じ方式で、操作しやすいものです。ファインダーの蓋は中央が開く仕掛けになっており...

  4. 『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』 - モルゲンロート

    『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』

    蓼科で読んだこの米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』は、久しぶりに出会った、ほのぼのと心あたたまるいい本でした。米原さんは1950年生まれ(2006年に癌で死去)。1960年から64年まで(小学校3年生から中学2年生まで)、チェコスロバキアの首都プラハの「ソビエト学校」に通っていました。なぜチェコに、なぜソビエト学校なるものに、と思いますが、お父さんが日本共産党の幹部で、当時、世界の共産...

総件数:4 件

似ているタグ