チェコのタグまとめ

チェコ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチェコに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チェコ」タグの記事(15)

  1. だまし絵 - 一瞬をみつめて

    だまし絵

    外を眺める熊さんいいなぁ 笑街のあちこちにだまし絵彫刻や、窓や、レンガ^^見事なデザインもいろいろあったけど。。。お気に入りは、なんといっても熊さんです 笑(2017.8 チェスキー・クルムロフにて チェコ)いつも見てくださってありがとうございます^^

  2. 時が流れる - 一瞬をみつめて

    時が流れる

    石畳がつづく中世からの時の流れのなか観光客が賑わう時間がゆったりながれる(2017.8 チェスキー・クルムロフにて チェコ)いつも見てくださってありがとうございます^^

  3. チェスキー・クルムロフ - 一瞬をみつめて

    チェスキー・クルムロフ

    チェスキー・クルムロフチェコの南ボヘミアにある小さな街世界でいちばん美しい街とも言われ憧れていた街^^ドナウ川がぐるっと囲むように流れてます城壁をくぐって旧市街へまずはランチ♪その後、石畳を歩いてチェスキークルムロフ城へ小高い丘の上にたつ城階段の上り坂斜面の道沿いにお店屋が並ぶお城の中です通ってきた中庭を見下ろすだまし絵が特徴的^^お城からは街が一望できました煉瓦色屋根の街そして、ドナウ...

  4. フィムファールム(3) - ひつじ逍遥記

    フィムファールム(3)

    鍛冶屋は縄をつかむと、森へと向かいました。そして歩きに歩いて、首を吊れそうな枝を探しました。あの枝は高すぎるように思われ、この枝は細すぎるように思われました。ご承知のように、どんな人間も皆、己の生の終わりは、できるかぎり先延ばししようとするものです。ついに手頃な枝が見つかってしまい、もう逃げ口上を言うことはできなくなりました。縄で、子牛の首に掛けるような輪っかをつくり、少し広げて、自分の首に...

  5. ミラン・クンデラ『生は彼方に』をみんなで読んだ@同志社特殊講義「文学作品で知るロシア・東欧」 - 本日の中・東欧

    ミラン・クンデラ『生は彼方に』をみんなで読んだ@同志社...

    文学作品を一冊まるごと読む特殊講義、年始めはミラン・クンデラ『生は彼方に』でした。クンデラは昨年度も4作品どしどし読みました。今年度は初めてです。今年度は、こんなエログロシーン満載の作品を授業の課題図書にして大丈夫かしらというラインナップでもまったく平気なメンバーだったのですが、この作品は「1ページで、うわぁダメかもと思った」という感想が。特に女性陣から。😅まあそれもわかりま...

  6. ペグルームの広がり - チェコのくらしと手仕事 by ミラベルカ

    ペグルームの広がり

    ミラベルカでペグルームをご紹介してから1年あまり。少しずつですが広がっています。ペグルームはたて糸を通した棒に、横糸をひとつ飛ばしに掛けていくだけの棒織り機です。道具もいたってシンプルですので、テーブルやこたつなど、どこでもできますし、使わないときにも場所をとりません。ペグルームを最初に見たのは織物博物館(チェコ)でした。ペグの本数を変えてみるとミラベルカで販売中のペグは20本。座布団づくり...

  7. 映画「プラハのモーツァルト」(2016年)を観てきました - 本日の中・東欧

    映画「プラハのモーツァルト」(2016年)を観てきました

    2018年映画鑑賞第1弾、「プラハのモーツァルト」を観てきました。三男をなくして失意のどん底だったモーツァルトは、彼を熱狂的に受け入れてくれるプラハで「フィガロの結婚」の上演と、新作オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の作曲に取り組みます。そこで、若く才能あるソプラノ歌手に出会い、2人は惹かれ合うのですが、彼女は土地の名士である男爵に目をつけられていました。さらに過去に対立した人物が復讐の罠を仕掛け...

  8. チェコ保安・情報庁、「アラブ・西側関係者がイランでの騒乱を誘導」/アメリカ、安保理でイランに因縁を付けようとして他国に無視される - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    チェコ保安・情報庁、「アラブ・西側関係者がイランでの騒...

    チェコという第三国の政府当局者がつかんでいる情報ですね。まあ、大昔、安保反対などの時も右翼が一部の左翼の若者にカネをつかませて暴れさせ、運動を却ってしぼませた、などという例もあります。今回のイランにおける工作は、目的は、ストレートにイラン内部の混乱ですから違いますが。また、アメリカは安保理でもイランに因縁を付けようと会合開催を呼びかけましたが、他国に無視されています。イランの暴動チェコ保安・...

  9. チェコの二眼レフ - 見る聞く歩く

    チェコの二眼レフ

     正確には「チェコスロバキア」の二眼レフ「フレクサレット」です。チェコとスロバキアに分離する遥か前の1950年代半ばの製品。フレクサレットは多くの機種がありますが、これは「Ⅴ(5)」型のようです。 ピントはレンズ下の振り子のようなレバーで合わせます。ミノルタオートコードと同じ方式で、操作しやすいものです。ファインダーの蓋は中央が開く仕掛けになっており、いわゆるスポーツファインダーとして使えま...

  10. 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』 〜 シネ・リーブル梅田 - いずのすけのワインライフ

    映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』 〜 ...

    クリスマスマーケットで大混雑の梅田スカイビルに向う。昭和3年から続く「梅北地下道」が閉鎖された直後で、初めてJR大阪貨物駅跡の地上通路を歩く。新大阪から環状線を結ぶ貨物船の線路は残っているので、そこだけが地下道のままだった。映画はプラハが舞台。「フィガロの結婚」で人気の出ているモーツァルトをボヘミアの首都プラハに呼ぶことになり、劇場のパトロンのサロカ男爵が旅費を用意する。モーツァルトはオペラ...

  11. フィムファールム(2) - ひつじ逍遥記

    フィムファールム(2)

    そして世間によくあるように、鍛冶屋の女房と召使い頭は、愛し合うようになればなるほど、鍛冶屋がどんどん邪魔になってきました。「亭主がいなくなるには、どうすればいいかしら?」「ボクに任せて」と召使い頭は言い、公爵さまのもとへと帰っていきました。公爵さまが一杯機嫌になるのを待って、耳元でひそひそ囁きました。「鍛冶屋がとてもおかしなことを話しています…なんでもかんでも批判するんです…奴は間違ってます...

  12. フィムファールム(1) - ひつじ逍遥記

    フィムファールム(1)

    ある日、時間があって、まったくなんにもすることがないならば、最寄りの駅へ行き、ちいさな旅へとお出かけなさい、〈サキヘハユケヌ〉への。乗るのは各駅停車です、遅ければ遅いほどいいのです、〈シンライ〉を過ぎ、〈ウヌボレ〉から〈ジガジサン〉へ。〈ジガジサン〉で支線に乗り換え、〈オマエラバーカ〉を過ぎ、〈ホラアソコダ〉を過ぎると、ついに〈オレタチバーカ〉に着きます。〈オレタチバーカ〉で列車をおり、バス...

  13. des article Czech(チェコ雑貨) - ささやかな刺繍生活

    des article Czech(チェコ雑貨)

    文房具や紙ものなどがわりと充実している、チェコ雑貨が最近気になります。随分前から知っていて、今もサイトを時々のぞくのが、雑貨ショップ「チャルカ」。こちらでは取り扱いしているお店が近くになかったのですが、地元の本屋さんに行った際、「チャルカの東欧買付け日記」(だったかな。?)の出版記念で、フェアがやっていました。お店の雑貨数点(数色ある麻ひもは有名です。)が並んでいて、ラッキー♪…チェコって言...

  14. le dessin anime Czech(チェコアニメ) - ささやかな刺繍生活

    le dessin anime Czech(チェコアニメ)

    聞いた話によると、チェコ人にとって自国アニメは"国の誇り"だそうです。風刺や皮肉を盛り込んだものも多く、シュールな印象があるチェコアニメ。自由な言論が許されなかった社会背景が関係しているのかも。しかし幻想的で、作りこまれた可愛らしさではなく実生活に基づいている。(チェコ人にとってはパペット(人形)アニメを含め小さな頃から触れているそう。)以前、知人の男性から「クラバート」という作品を貸しても...

  15. 氷と雪と雫のブレスレット - Labra ~stones and beads~

    氷と雪と雫のブレスレット

    今日紹介するのはブレスレットです金色の雪のチャームを4つ透明度の高い氷のようなチェコのうち3つに金色のワイヤーでフレーミング雪どけ水のような雫のチェコビーズを中心のビーズの両脇とアジャスターに各3つ、つけましたアジャスターの先につけた大きなしずく型はガラスビーズですが、それ以外はチェコですチェコビーズの色の豊富さ、美しさを改めて感じましたしずくが揺れる冬の、華やかなブレスレットです長さは約1...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ