チェコのタグまとめ

チェコ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチェコに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チェコ」タグの記事(41)

  1. お祝いのお菓子(チェコ版紅白まんじゅう)Svatebni koláč - チェコのくらしと手仕事 by ミラベルカ

    お祝いのお菓子(チェコ版紅白まんじゅう)Svatebn...

    日本ではお祝いのお菓子としては紅白まんじゅうがありますが、チェコにもお祝い事にふるまわれる定番のお菓子があります。「Svatebni koláč」という、ケシの実の餡とフレッシュチーズ(トゥヴァロフ)クリームがトッピングされた伝統のお菓子です。結婚式でいただいたことがあり、とてもおいしかったので、作ってみたいと思っていました。幸い、お料理上手なアレナさんに教えてもらことができました。まず、ケ...

  2. Lvmen (インプロ/ミクスチャー) - ピンキージャンク

    Lvmen (インプロ/ミクスチャー)

    チェコのバンドで1995年に結成された。上の載せてるのはRaison D'EtreとのスプリットLPの演奏を掲載している。去年の2017年にもアルバムをリリースしているみたいで未だ健在っぽそう。俺は聴いた事ないんだけどね。かなりハードな演奏で変拍子入ってるし、メタル的な重さで押すのかと思えばそこはら外れていく。デス系なのか?というとそうでもない。へヴィーインプロの類なんやろね。絶叫が入るけど...

  3. 心ときめくデザイン@プラハ - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    心ときめくデザイン@プラハ

    いつもカメラを向けてしまうマンホール。プラハにもあった!今回、感動したのは石畳。歩いた全ての道は石畳だったが、つまづいたり、歩きづらいところはほとんどなく、実によく整備されている。マンホールの周りにも、綺麗に石が縁取られ、車道の右折レーンの矢印まで、白い石で形作られている。いい仕事してますね〜。これは、国立劇場の床。見事なモザイク。こんな小さなタイルで、床全面模様が入っている!通気口カバーも...

  4. プラハ観光色々 備忘録 - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    プラハ観光色々 備忘録

    その他、チラリ立ち寄った、プラハ市内の主な観光名所を一挙に。市民会館1911年建造、アール・ヌーヴォー様式。ぜひ見たかったが、イベント期間中で立ち入り禁止。とても残念。市民会館にくっついて建てられているのが火薬塔1475年建造、後期ゴシック様式。王の道の出発点。上まで登れば、この景色が見られるらしい。疲れ切ってしまって、断念。ダンシングハウス1996年建造、近代建築の代表格。ホテルと展示場が...

  5. プラハのカフェ - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    プラハのカフェ

    今回は、一休みの度にビールだったので、あまりスイーツは食べなかったのだが、建物見たさのために3箇所だけ訪れた。こちらはカフェ・サボイ。1893年創業の老舗カフェ。建物がおしゃれで、一度入ってみたかった。食べたのは、フレンチトースト。ブリオッシュ生地のトーストの上にたっぷりフルーツ。シンプルだけど、美味しい。こちらはグランドカフェオリエント。キュビズムのインテリアが見たかったので。カフェはブラ...

  6. チェコといえばビール - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    チェコといえばビール

    Pilsner Urquellは定番中の定番。大抵、このサイズのジョッキで出てくる。軽くて飲みやすいせいか、あっという間に飲み干せる。ピルスナーウルケルの黒ビールピルスナーの苦味が消えて飲みやすい。Kozelは黒ビールのみ。これまたあっさりしていて飲みやすい。アメリカのバドワイザーはこちらを真似て作られたという、本家本元バドワイザー。黒とピルスナー両方ある。この黒はちょっと甘め。でも、ギネス...

  7. Augustine Hotel Plague ② - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    Augustine Hotel Plague ②

    部屋はこんな感じ。広い!ベッドも、クッションが硬めで、寝やすかった。モダンな家具や調度品。棚に置かれた本の中には、なぜか谷崎潤一郎。。。備え付けのコーヒーメーカーのカプセル。箱にはプラハ城のウッドペインティング。箱、持って帰りたかった〜。朝食はメインダイニングで。ビュッフェの種類も充実。オーガニックのものも揃えている。その中でも、ひときわ目を引くのが・・・honeycomb !チェコは蜂蜜で...

  8. Augustine Hotel Prague ① - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    Augustine Hotel Prague ①

    今回滞在したホテルはAugustine Hotel。CREAにも載っていて、かなり前からここ!と決めていた。全部で7つの建物が全てホテルになっているが、私たちは比較的わかりやすい客室だったので、迷わずに済んだ。修道院を改装して作られたこのホテルは、至る所に昔の面影が見られる。レストランへの道は、礼拝堂へと向かう廊下だったのだろうか。廊下や部屋に見られる木組みが温かい。その反面、モダンなデザイ...

  9. スメタナ博物館 - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    スメタナ博物館

    スメタナ像カレル橋のたもとにあるスメタナ博物館は、ここから眺める景色が有名。チェコを代表する音楽家スメタナ。大元はピアニストだったそうで。「我が祖国」しか知らない私には彼の経歴も全く知らず、しかし、この博物館、彼の手紙が大部分で、興味がわかない。指揮台が面白くて、とりあえずパチリ。私の中では結構なおじいさんのイメージだったが、意外と若くして亡くなったのね。彼のメガネと、奥様が身につけていたガ...

  10. ヴルトボフ庭園 - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    ヴルトボフ庭園

    絶景が見られるとのことでヴルトボフ庭園に。入口がわかりづらいとあったが、確かにわかりづらかった。笑圧倒されたのは、入口の扉を開けた途端に見えるこのフレスコ画。実に精密に、色鮮やかに描かれている。バロック様式の庭園は急斜面に作られていて、かなりの階段を登って・・・この海のモチーフの螺旋階段を上ると・・・プラハ城や旧市街が全て一望できる。絶景も素晴らしかったが、庭もよく手入れされているし、フレス...

  11. プラハ国立マリオネット劇場 - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    プラハ国立マリオネット劇場

    シーズンオフ故、あまり良いコンサートはやっていなかったので、マリオネット劇場でドン・ジョバンニを観ることに。ドイツ占領下でドイツ語のみが許されていた時代、マリオネット劇だけはチェコ語での上演が許されていたそうで、今でも人気があるそうだ。小さな劇場は、なぜかアジア人ばかり。街であまり出会わなかった日本人もいっぱい!音楽はあのドン・ジョバンニだが、人形たちはなかなかやんちゃで、指揮者として登場す...

  12. プラハ国立劇場見学 - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    プラハ国立劇場見学

    国立劇場外観チェコ国民の寄付により建築されたという国立劇場。その名の通り、チェコの歴史と芸術を代表する建物だ。今回の旅では、市民会館か国立劇場は、どうしても見学したかった。が、市民会館はちょうど滞在中イベントが行われるとかで立ち入り禁止、国立劇場も英語のガイドツアーはなし。ホテルのコンシェルジュに相談したところ、ドイツ語のツアーならあると言われ、中が見られるならと予約してもらった。開始時刻の...

  13. プラハ城見学 - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    プラハ城見学

    遠くから散々写真を撮ったプラハ城、ようやく見学。夏服の衛兵さん、近くで見ると大きい。チェコ人は、やはり体格ががっしりしている。3種類のチケットが販売されているが、見たいものがとりあえず入っているのでBコースに。まずは聖ビート大聖堂へ。立派なバラ窓。おそらく一番有名なステンドグラス。ミュシャのデザイン。でも、他のステンドグラスも、一枚一枚デザインが違い、技法も違い、見応え十分。あまりの高さに、...

  14. プラハ城のある風景 - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    プラハ城のある風景

    プラハといえばプラハ城カレル橋から見るプラハ城別の橋のたもとから見るプラハ城カレル橋とプラハ城トラムとプラハ城国立劇場屋上から見るプラハ城国立劇場屋上の石像を挟んでプラハ城ヴルドボウスカー庭園から見るプラハ城裏門から見るプラハ城夕日に染まるプラハ城ライトアップされたプラハ城と、飽きもせず、プラハ城が見えるとカメラを向けたくなるのは、なぜだろう?そして、「プラハ城」と言っても、写っているのは聖...

  15. プラハの街並み - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    プラハの街並み

    プラハほどインスタ映えする街はないと思う。カレル橋につながる通りニコラス教会の前の通り火薬塔への道歴史的建造物の重厚さが、石畳の道とマッチする。でも、何気ない通りでも、写真に撮りたくなる。写真に収めると、絵葉書のような、ドラマチックな風景に。ただ、後で見て、ここはどこだったのだろう?と思うほど、どこもよく似ている。それでも、撮らずにはいられない。裏道や、細い路地も、中世を思わせる雰囲気。テラ...

  16. チェコの起き上り人形 - チェコのくらしと手仕事 by ミラベルカ

    チェコの起き上り人形

    ドイツ国境に近いチェコの町オストロフの小さな店先で、この起き上り人形を見つけました。裏から台を押すと、スキーをしているおじさんがストーンとひっくり返りますが、指を離すとスックと起き上ります。このユーモラスながんばるおじさんが好きで、2004年以来、ずっと手元に置いてきました。今回、この人形のメーカーを調べたところ チェコのおもちゃメーカー デトア社のものであることが分りました。ポーランド国境...

  17. 2018 Summer Trip 7 - てんてんinformation

    2018 Summer Trip 7

    České Budějovice-Dresden:294㎞チェスケ ブジェヨビツェの回りには高速道路が未だ整備されていないので、一般道でプラハまで。プラハからは高速道路でドイツ入りしてドレスデンへ第2次世界大戦の空襲で街のほとんどが破壊されてしまったそうだけど忠実に元の姿に戻したというドレスデンは旧東ドイツではNO1観光地!いつものように、なるべく人気の少ない時間に旧市街地へ出かけテンとバロ...

  18. マルティナ訪問記 - チェコのくらしと手仕事 by ミラベルカ

    マルティナ訪問記

    2018年7月末、ほぼ1年ぶりにボビンレースの町バンベルクに向いました。今は夏休み。途中、アウトドア派の多いチェコらしく、自転車を積んだ車とよく出会いました。渋滞で普段の倍の5時間ほどかかって、ようやくボビンレースミュージアムに到着。改装2年目の白亜の建物です。マルティナのお店は、このボビンレースミュージアム内にあります。まず、博物館内の新しいエキシビションを見学しました。プラハ在住のボビン...

  19. ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

    ★★★★★★★★☆☆WOWOWで。チェコ、イギリス、フランスの合作。チェコスロヴァキアを治めていたナチス高官の暗殺作戦を描いたもの。実話を元にしている。襲撃シーンと、それに続く実行部隊が教会に立て篭もり、逮捕に来たドイツ軍部隊と対戦するシーンと。映画後半のその一連の緊張感がたまらない。もちろん前半部分、襲撃の準備を描いた部分もよく出来ている。ただ、非常に残念なのは邦題とサブタイトル。キッチリ...

  20. フィムファールム(9) - ひつじ逍遥記

    フィムファールム(9)

    そうして、再び動けるようになった二人を、自分の前に立たせ、追い立てました。村じゅうが、二人のことを戒めとして見ることができるようにです。けれども、村の小さな広場では、鍛冶屋も二人を見失いかねません。羊飼いたちが羊を放牧場へと追い立てていて、そこではみんな、押し合いへし合いしていました。召使い頭はそれをうまく利用しようとし、もう少しのところで自由になるというときに、老女が叫び声を上げて雄牛を驚...

1 - 20 / 総件数:41 件

似ているタグ