チェコのタグまとめ

チェコ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチェコに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チェコ」タグの記事(357)

  1. 菊芋 - チェコ徒然日記

    菊芋

    大家さん、以前私が作った菊芋の甘酢漬けが気に入って下さったようで、「庭で菊芋が沢山出来たから、この前もらったのにしない?」と声を掛けてくれました。本当に沢山だったので、ハニチカさんに洗うのを手伝ってもらい、、、大量の菊芋の皮を剥くのはちょっとしんどいので、できるだけゴシゴシ洗ってもらって、皮はついたまま甘酢漬けに。全て薄くスライスするのに、3時間半ほどかかりましたが、、、12瓶、無事甘酢漬け...

  2. 書評『となりのカフカ』@関西ウーマン信子先生のおすすめの一冊(2021年4月) - 本日の中・東欧

    書評『となりのカフカ』@関西ウーマン信子先生のおすすめ...

    関西ウーマン「信子先生のおすすめの一冊」2021年4月分、『となりのカフカ』が公開されました。カフカの小説はどこかで読んだことがあり、よく分からないところがあるけれども、印象に残っている。写真も見たことがあるような気がする。なんとも不思議で難しい小説を書いた人というイメージがある。今回ご紹介するのは、そんな人のためのカフカ入門書です。ドイツ文学者で名エッセイストであった故・池内紀さん(194...

  3. 春なのに - チェコ徒然日記

    春なのに

    町の掲示板。いつもならば春を前にイヴェントのお知らせでいっぱいになるはず。今年はこんな状態。何とも寂しい姿ですね。春なのに。企業内での週に一回の抗原検査が義務になりました。ダンナちゃんもさっそく初挑戦〜。結果は陰性。検査が企業などで徹底されることは良いことなんでしょうが、陽性と出た後、ちゃんと自己隔離してくれるかどうか、家族もちゃんと検査自主隔離してくれるかどうか、チェコの場合心配でございま...

  4. PSYCHOLOGICKY TEST(27) - ひつじ逍遥記

    PSYCHOLOGICKY TEST(27)

    「フキヤくんは、心理試験の危険さをよくご存じだ。だから、事前に徹底的に準備をした。先を見越して、事件に関連する単語の、言語連想を注意深く考えに考えた。誤解しないでほしい、ぼくはフキヤくんのやり方を批判しようというつもりは毛頭ない。心理試験というものは、ものすごく危険な場合もある。犯人を告訴から解放することもあれば、無実の人を被告人席に座らせることもある。準備のやり過ぎもしてはならなければ、そ...

  5. 2021年1月のまとめと読書記録 - 本日の中・東欧

    2021年1月のまとめと読書記録

    2021年が始まって、はや1ヶ月。2020年度の授業が3週あったので、その準備などに励みました。発表者が意欲的に取り組んでくれていたので、私もあらかじめ発表に使う本や論文を読んでおいて、授業の臨みました。たいへん勉強になりました。授業が終わると、虚脱感と寂寥感、もっとできたのではないかという気分に苛まれるのですが、今年度はやりきった感と、まだ続くよ感に満ちて終わることができました。実際、「遠...

  6. チャペック『白い病』ハヴェル『力なき者たちの力』クンデラ『存在の耐えられない軽さ』を一緒に読んだ - 本日の中・東欧

    チャペック『白い病』ハヴェル『力なき者たちの力』クンデ...

    本や映画を通して、東欧やソ連・ロシア、ドイツの社会、歴史、文化を知る特殊講義、今年度もたくさんの作品について語り合いました。チェコものも、いくつか取り上げました。全員が通読してきて話し合ったのは、カレル・チャペック『白い病』。コロナ禍の状況にピッタリだということで、新訳が緊急出版されました。45歳~50歳くらいで罹患する感染病の特効薬を「人質」に、永久平和を迫る医師。平和なんてとんでもないと...

  7. 『チェコ共和国と日本1920-2020外交経済文化交流の100年』 - 本日の中・東欧

    『チェコ共和国と日本1920-2020外交経済文化交流...

    今年は、チェコ共和国と日本の国交樹立100年です。各地で催しが行われていますが、コロナのこともあって、私は、6月に京都国立近代美術館へ「チェコ・デザイン100年の旅」展を見に行ったくらい。チェコにも行けないので、さみしい限りですが、先日、関西チェコ/スロバキア協会に、駐日チェコ共和国大使館から贈呈された100周年記念冊子『チェコ共和国と日本』を一部、いただくことができました。ひっくり返すとチ...

  8. 講演「ビロード革命30周年のプラハを歩く」関連リンク集 - 本日の中・東欧

    講演「ビロード革命30周年のプラハを歩く」関連リンク集

    本日、関西チェコ/スロバキア協会主催の「知遊サロン」におけるオンライン講演、「ビロード革命30周年のプラハを歩く」、無事終わりました。参加いただいたみなさま、ありがとうございました。協会としては、初めてのオンライン講演会の試みということで、事前にも、直前にも打ち合わせをして臨みました。本番は、その甲斐あって、とてもスムーズに進んだのではないかと思います。^^私個人としても、昨秋のプラハ訪問を...

  9. ビロード革命10周年の風景(大昔のエッセイ) - 本日の中・東欧

    ビロード革命10周年の風景(大昔のエッセイ)

    明日は、関西チェコ/スロバキア協会の「知遊サロン」で、「ビロード革命30周年のプラハを歩く」と題して、オンライン講演をさせていただきます。今週は、そのためのスライドをせっせと作っていました。その作業をしているなかで、そういえば10周年(1999年)も、プラハに行って、いろいろ見たなあ~、なにか使える写真はないかな~と当時のアルバムを見たら、見事にいろんなことを忘れていて、びっくりしました。そ...

  10. オンライン講演会のご案内 - 本日の中・東欧

    オンライン講演会のご案内

    今度、関西チェコ/スロバキア協会の「第62回知遊サロン」で、オンライン講演をさせていただきます。^^もともとは昨年秋に、ビロード革命30周年記念を祝うプラハをガシガシと見て回った報告を、春先にお話する予定だったのですが、コロナで延び延びに。まだまだ予断を許さない状況なので、サロン初の試みで、オンラインで開催することになりました。このカッコイイ案内↓の写真は、私が撮ったものではありませんが、当...

  11. チェコ、ポーランド、ハンガリーの短編アニメーション@ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020 秋の映画祭 - 本日の中・東欧

    チェコ、ポーランド、ハンガリーの短編アニメーション@シ...

    ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2020秋の映画祭が開催されています(~10月18日)。その一部として、「アニメ-ティッド・スピリッツ」現代ヨーロッパアニメーションフェスティバルも、オンラインで開催されています。今日から全作品が公開されていまして、さっそく、チェコ、ポーランド、ハンガリーの作品を観ました。チェコからは「娘」。チェコの人形アニメはやっぱすごいなあ。ーーーーーーーー...

  12. めずらしく邦題が巧い、演技も巧い現代チェコサスペンス映画「幸福の罪」(2011年) - 本日の中・東欧

    めずらしく邦題が巧い、演技も巧い現代チェコサスペンス映...

    Amazonプライムで無料だったときに、「ロリ…?」と忌避して見逃していたチェコ映画「幸福の罪」を、TSUTAYA Discas のDVD配送レンタルで観ました。いやいや、なかなか、これはいいですよ。現代物サスペンスで、派手ではないのですが、不穏さを漂わせながら、二転三転していく、実に巧い映画です。俳優の演技もいい。自然です。14歳の少女なんて、すごい。うまい。たいした役者だわ。←二重の意味...

  13. ノスタルジック1968誇りと希望と青春、恋、そして戦車~映画「プラハ!」(2001) - 本日の中・東欧

    ノスタルジック1968誇りと希望と青春、恋、そして戦車...

    無料または格安で映画を観るチャレンジ、9月は、TSUTAYA Discas 無料体験を試しています。そろそろ残り期間も少なくなってきました。ツタヤは、さすがにDVDやブルーレイの現物の所蔵には強くて、あ!これ!公開当時逃してたやつやーん!という作品を発掘しています。今回の映画「プラハ!」もです。2001年制作で、日本公開は2006年だったようなので、わたくし、次男出産前後で、それどころではな...

  14. パイロットのバラード映画「非情なつばさ」(2018年)~英国空軍チェコスロヴァキア部隊の英雄の悲劇その2 - 本日の中・東欧

    パイロットのバラード映画「非情なつばさ」(2018年)...

    昨日の投稿直後から、またまたプチバズっている本ブログ。日曜ごとに、どなたか、どこかが広めてくださっているのでしょうか。昨日の記事は、先週のルワンダの記事と違って、時事的な要素もないので、機械のカウント間違いなのでしょうかね?それとも、タイトルの「天空の騎士」が、吹奏楽曲やアニメかゲームか何かのタイトルと被っているからかな?「天空の騎士」というのは、記事中で紹介した展覧会のタイトルをそのまま付...

  15. 天国の騎士英国空軍チェコスロヴァキア部隊の友情と悲運~映画「ダーク・ブルー」(2001年) - 本日の中・東欧

    天国の騎士英国空軍チェコスロヴァキア部隊の友情と悲運~...

    大好きな「コーリャ愛のプラハ」のヤン・スヴェラーク監督(息子)と、ズデニェク・スヴェラーク脚本(父)コンビによる映画「ダーク・ブルー」を、ほぼ20年越しで観ました(笑)2001年といえば、わたくし、長男を産んだ年。映画を観る余裕はまったくなかった頃です。それから20年近く経ったとは…おそろしい。十年一日とはよく言ったもんです。その後、この映画を観る機会がずっとなかったのですが、今月試している...

  16. 代償はあまりに大きかった~映画「ナチス第三の男」(2017年) - 本日の中・東欧

    代償はあまりに大きかった~映画「ナチス第三の男」(20...

    いつまでも35度を超すような暑い日が続いています。さすがに耐え難くて、朝っぱらから冷房をつける日々です。そのせいもあるのか、昨日は、根を詰めて資料映像を見ながらメモを取る作業をしていたら、首・肩・背中がおかしな具合になってしまいました。夜はまた映画を観ようと思っていたのですが、首がどんどん回らなくなっていくので断念。早めに横になりましたが、寝つきが悪い。奇妙な夢を見ていたようです。開院を待っ...

  17. 映画「疑いの中で」(2019年) - 本日の中・東欧

    映画「疑いの中で」(2019年)

    このところ、せっせと映画を観ております。なんとなく違う感じのもの行ってみよ~ということで、Amazonプライムで無料のチェコ映画「疑いの中で」を観ました。現代ものです。写真の女性は80を超えた敬虔なクリスチャン。元物理?教師です。夫にも、娘にも先立たれ、アパートの1階の自宅でさみしく暮らしています。郵便屋さんとの短い会話や、教会での奉仕、通院くらいしか楽しみがありません。でも、郵便屋さんも医...

  18. ビールとお城とゴーレムと~ロシア・東欧地域研究第14回クイズの答え~ - 本日の中・東欧

    ビールとお城とゴーレムと~ロシア・東欧地域研究第14回...

    みなさん、おはようございます。とうとう春学期の授業も終わります。いやいや大変でしたね。(;´∀`)私自身は、もともとICT(情報通信技術)を教育に活用する方でしたが、それでも完全遠隔授業は初めてですし、自分の講義を録画して人に見せるとか、テレビ会議システムを使って授業をするなんて、嫌で嫌で仕方がありませんでした。撮ったものを確認するときなんて死にたくなる気分でした。でもまあ人間慣れるもので、...

  19. ヤン・シュヴァンクマイエルの「アリス」(1988) - 本日の中・東欧

    ヤン・シュヴァンクマイエルの「アリス」(1988)

    奇才?というイメージのチェコの著名なアニメーション作家、ヤン・シュヴァイクマイエルの代表作「アリス」を観ました。実写と人形アニメを融合させた作品で、1988年の制作ということを感じさせない時代を超越した感覚。「不思議の国のアリス」のストーリーを踏まえつつ、独自の解釈というか演出というか、チェコらしい不思議さ、奇妙さ、不気味さ、グロさ、うっすらとしたエロティシズムがぎゅううううっと混ざっていて...

  20. やっぱりチェコの人形劇はイイ!映画「リトル・マン」(2015年) - 本日の中・東欧

    やっぱりチェコの人形劇はイイ!映画「リトル・マン」(2...

    オンラインで開催中のEUフィルムデーズ。先日観たポーランド映画「メモリーズ・オブ・サマー」とお得なパックになっているチェコの人形劇アニメ「リトル・マン」を観ました。やっぱチェコのアニメ、チェコの人形劇はすごいわ。予想外に面白かったです。EUフィルムデーズの案内文はこちら。2008年にチェコで出版され話題になった絵本を題材にした人形実写。主人公の小さな紳士(リトル・マン)は森の中の家で静か...

総件数:357 件

似ているタグ