チドリ目のタグまとめ

チドリ目」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチドリ目に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チドリ目」タグの記事(68)

  1. 銚子漁港のシロカモメ2態 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    銚子漁港のシロカモメ2態

    週末は、どこかの探鳥地へ出かけて野鳥写真を撮るのが、今の私の楽しみになっています。毎週、その季節ごとに探鳥地を探すのが楽しみではありますが、それがまた大変な仕事になっているのも確かです。この週末も、当初は長野県の山に出かけて野鳥写真を撮る予定でいましたが、冬将軍の到来で日本海側では雪が降って、交通機関などに支障が出ているようです。急遽の予定変更で、日曜日は渡良瀬遊水地へ出かけて来ましたが、お...

  2. 小合溜に憩うユリカモメ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    小合溜に憩うユリカモメ

    来年は天皇が退位されて、平成の元号が改められます。このためカレンダー業者さんは、来年のカレンダー作りに苦慮していると聞きます。日本独自の元号ですが、西暦だけで表されると何か違和感を感じて、やはり和暦で表現した方がしっくりと馴染みます。聞くところによると、ある業者さんは西暦でカレンダーを作り、昭和だったら何年、平成だったら何年と併記するものを作るという話も聞きました。いずれにしても、新しい年号...

  3. これから越冬しますミユビシギ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    これから越冬しますミユビシギ

    私が野鳥観察に出掛ける時は、車を利用することが基本になっていますが、少し遠い場所である場合には、2〜3日程度の日程で車中泊をしています。車を止めて泊まる場所は、移動途中のサービスエリアであったり、道の駅であったりしますが、その他に公園の駐車場やトイレのある公共駐車場などを利用しています。いずれの場所であってもトイレがあることが最低条件ですが、道の駅には温泉施設が併設されていたり、コンビニなど...

  4. ミヤコドリで賑やか三番瀬 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    ミヤコドリで賑やか三番瀬

    今回もまた車中泊の話から入りますが、車中泊に欠かすことが出来ないアイテムとして、サブバッテリーがあげられます。カメラのバッテリーやスマートフォンの充電はもちろん、暑い時期には車内で扇風機を回したり、寒い時期にはセラミックファンヒーターで暖をとることも出来ます。また、今年はエンゲルの冷凍冷蔵庫を購入しましたから、その電源としてなくてはなりません。特に今年の夏は暑かったですから、冷凍冷蔵庫が大活...

  5. 干潟に集うハマシギの群れ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    干潟に集うハマシギの群れ

    車中泊をしながら、各地の探鳥地を訪問するのが楽しみです。車中で快適に過ごすために、色々なグッズを取りそろえるようになり、今ではほぼ満足できる車中泊ライフを楽しむことが出来るようになりました。まず欠かすことが出来ないアイテムとして、ウインドウの目隠しに使うシェードが挙げられます。車中泊をするようになってから今の車で3台目ですが、始めた時はニッサンのエクストレイルに乗っていましたから、ネットでマ...

  6. 三番瀬のオオソリハシシギ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    三番瀬のオオソリハシシギ

    週末に連休が取れると、決まって遠出しながら野鳥観察を楽しんでいますが、そんな時はいつも車中泊で対応するのが基本です。私の場合、今の車がホンダ・ステップワゴン・ハイブリッドですから、二列目と三列目のシートをフラットにすると、寝る場所が広く確保できます。でも、それだけではシート上に凹凸があって気持ちよく寝ることが出来ません。それで使用しているのがTHERMA-RESTの8cm厚のマットです。空気...

  7. 伊佐沼にはトウネンもいました - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    伊佐沼にはトウネンもいました

    9月の三連休に、長野県の白樺峠へタカ渡りの観察に行ってきましたが、その帰りに道路脇にあったりんご直売のお店で、赤いリンゴと黄色いリンゴをそれぞれ一袋づつ買ってきました。長野県といえばリンゴの産地で有名ですから、家族へのお土産としてちょうど手頃な品物でした。我が家では、毎朝の朝食でカスピ海ヨーグルトを食べるのが習慣ですが、まだ残っているリンゴをカミさんが薄くスライスして、その中に入れてくれます...

  8. ツルシギとアオアシシギそしてクサシギ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    ツルシギとアオアシシギそしてクサシギ

    伊佐沼は埼玉県川越市に位置します。周辺には田園地帯が広がりますから、渡り途中のシギやチドリの仲間を観察するには、とても良い環境が広がります。この日も、時間があれば南古谷駅周辺まで足を伸ばして、休耕田巡りをしてみようと思っていました。でも、地元の人に聞いたところ、田んぼはもうダメだというのです。残念ですがシギチ観察は諦めようと思ったのですが、何のことはありません。この伊佐沼の中に何種類かのシギ...

  9. イソシギもいた伊佐沼 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    イソシギもいた伊佐沼

    台風24号が通過していった10月1日(月)は、朝からとても良いお天気で気温もぐんぐん上がりました。この日は休みを取って病院で胃カメラ検査を受けてきましたが、午前中で終わったので午後から伊佐沼へ野鳥観察に行ってきました。現地には台風24号の置き土産とも言えるコシジロウミツバメがいて、近くから撮影することができました。その様子は “台風の置き土産〜コシジロウミツバメ” としてアップしています。ま...

  10. 伊佐沼にいたツバメチドリ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    伊佐沼にいたツバメチドリ

    10月7日(日)は、北日本は台風25号が温帯低気圧に変わって通過した影響で、大荒れの天気になったようです。関東地方の各地では、30度以上の真夏日を記録する、10月としてはこれまであまり経験したことがないような、季節外れの暑い陽気になったようです。でもこの日、私は奥日光の戦場ヶ原にいましたから、そんな暑い陽気は経験できませんでしたが、戦場ヶ原は昼間の気温が25度前後でしたから、とても快適な陽気...

  11. 伊佐沼のセイタカシギ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    伊佐沼のセイタカシギ

    野鳥観察のために各地の探鳥地へ出かける時は、いつも車を利用しています。これまで東京近郊であれば、平場を使って移動していましたが、少し距離があると高速道路を利用するのが常で、ETCを使っているとあまり料金のことも気にせずに使ってきましたが、カミさんから高速利用は少し控えるように注文がつきました。それで、この頃は急いでいる時以外は、極力平場を使うようになったのですが、この日伊佐沼へ行くのに午前中...

  12. 三番瀬でミヤコドリ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    三番瀬でミヤコドリ

    都内では、9月に入ってほとんど毎日のように降水があったと、テレビの気象情報で紹介していました。猛暑の夏が終わり、やっと涼しくなってくれたかと思うのですが、今日も我が家の周辺では、夕立のような強い雨が降っています。9月は一年の中でも一番日照時間が少ないということですから、梅雨時期よりも雨の日が多くあるのかもしれません。雨の日は好きではありませんが、あの猛暑の日々からすれば、心地よささえ感じます...

  13. 干潟にいたメダイチドリ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    干潟にいたメダイチドリ

    敬老の日に続く9月の三連休は、初日に朝から雨に降られて自宅待機を余儀なくされ、中日には仕事が入って相模湖のセンターまで出掛けましたから散々でした。でも、その代休を9月18日(火)にとりましたから、仕事の現場から富士山麓へ直行し、敬老の日は奥庭荘の水場で終日野鳥写真を撮影し、代休を取った18日は西湖の野鳥の森を散策してみることにしました。二泊三日の予定になりますから、1泊目は道の駅富士吉田、2...

  14. 谷津干潟でキアシシギを観察 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    谷津干潟でキアシシギを観察

    三連休の中日の今日は、仕事で相模湖に近いセンターへ行って来ましたが、予想以上に暑くなりました。連休最終日は富士山周辺で野鳥観察をしようと思い、道の駅富士吉田で車中泊をしています。標高900メートルもありますから、涼しいだろうと期待していたのですが、実際に来てみると午後7時でも外気温が22度ですが、車内の気温は28度もありなかなか下がりません。窓を開けて扇風機を回しながらこの書き込みをしていま...

  15. トウネンが近い - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    トウネンが近い

    今日も朝から雨模様となりました。このところの天気予報でも、ずーっと傘マークと雲マークが並んでいて、この週末もスッキリしません。天候不順な毎日が続くうえ、敬老の日に続く三連休だというのに、ど真ん中の日曜日に仕事が入ってしまいました。これではどこへも出かけられません。秋の渡りが始まり、たくさんの野鳥たちが観察できるシーズンですから、とても残念ですがこればかりは致し方ありません。また来週には秋分の...

  16. 干潟でソリハシシギを撮影 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    干潟でソリハシシギを撮影

    秋雨前線が南下している影響で、ここ数日はずいぶん涼しい日が続いています。今朝は、朝から雨に降られていますが、猛暑の夏が終わり、季節は秋に切り替わってきたと実感させられるような陽気です。体的にはとても楽になってきましたが、また残暑の日が戻ってくることもあるのでしょうか? 夏が去って秋が深まることに何かしらもの寂しさも感じますが、秋ならではの趣きもありますから、そんなものを堪能しながら、これから...

  17. 熱中症のカメラで撮ったダイゼン - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    熱中症のカメラで撮ったダイゼン

    前回に引き続き、熱がこもって機能が低下してしまったカメラで撮影した写真を紹介しています。9月8日(土)に、船橋海浜公園(三番瀬)にシギ・チドリの写真を撮りに行ってきましたが、前にも紹介したようにとても暑い日でしたが、シギチが撮影対象のたくさんいましたから、カメラの連写機能を使ってバシャバシャと撮影していました。自分自身が熱中症にならないように注意しなければならないような環境でしたが、夢中にな...

  18. 暑い三番瀬のミユビシギ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    暑い三番瀬のミユビシギ

    三番瀬へシギ・チドリの写真を撮りに行ったのは、9月8日(土)のことでした。とても強い風が吹いていた干潟は、まだ残暑が厳しくて私自身も熱中症に気をつけなくてはならないような状況でした。でも、実際に熱中症になってしまったのは私ではなく、カメラ本体であったようです。暑い干潟を歩きながら、シギ・チドリがいるとすぐにカメラを向けて、バシバシ連写していましたから、高い気温と相まって、カメラ本体にはかなり...

  19. 三番瀬にいたオオソリハシシギ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    三番瀬にいたオオソリハシシギ

    シギ・チドリの渡りがピークを迎えようとしています。この時期は、田園地帯で休耕田を探して淡水性のシギチを撮影するのが楽しいのですが、海浜性のシギチも観察しておきたいところです。このところ、田んぼ巡りばかりをしていましてから、海辺にも足を運んでおかなければと思います。海浜性のシギチ観察なら谷津干潟が一番手頃なところですが、どうしても撮影距離に制約があったり、潮の満ち引きの影響も大きく受けてしまい...

  20. 休耕田でツバメチドリと遭遇 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    休耕田でツバメチドリと遭遇

    今週の東京は、雨マークが多くみられるお天気となり、一時の暑さが少し和らいでくれそうです。これで秋の気配がぐっと深まってくれることでしょう。この夏は、これまで経験したことがないような猛暑に見舞われ、また大規模な洪水を発生させる豪雨や、台風21号による高潮被害で関西空港が閉鎖になったり、そのうえ北海道で震度7の大地震が発生して、それに伴う全道停電という考えられないような大きな被害が発生しました。...

総件数:68 件

似ているタグ