チドリ目のタグまとめ

チドリ目」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチドリ目に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チドリ目」タグの記事(202)

  1. 漁港にいたセグロカモメ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    漁港にいたセグロカモメ

    11月第3週の週末に、銚子漁港へカモメ類の観察に行って来ました。本格的な冬シーズンの到来を目前に、たくさんのカモメ達が集まっているだろうと、期待を膨らませて足を運びましたが、意に反して漁港を囲む堰堤の上には、少数のカモメ類が並んでいるだけでした。ちょっとガッカリするような状況でしたが、少ないなりに一羽一羽をしっかりと写してこようと、気持ちを切り替えて撮影に臨みました。幸いお天気に恵まれて、風...

  2. ユリカモメが群れで - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ユリカモメが群れで

    銚子漁港にカモメ類が集まるようになりました。そんな姿を見て来たいと思い、11月第3週の週末を利用して足を運んできました。漁港の水路を隔てる堰堤の上には、全盛期であれば立錐の余地もないほど沢山のカモメ達が並んでいますが、この日はまだ少数のカモメ類が、集まっているだけの状況でした。ちょっと寂しい眺めではありましたが、それでも小春日和の穏やかな陽気の中で、ノンビリと観察できてましたから、幸福感に浸...

  3. 堰堤の上のウミネコ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    堰堤の上のウミネコ

    カミさんと一緒に、食事しながらテレビを見ていたら、銚子の外川漁港で旬を迎えた、サカナの干物作りの様子が紹介されていました。カミさんから美味しそうだねという呟きが出ましたから、明日あそこへ行くので、お土産に買ってこようかと話をしておきました。そう言った手前、何処でどんな魚を買ってこようか、干物が良いか鮮魚が良いかなどと考えていましたが、現地に着くとカミさんからLINEで「魚買って来なくていいよ...

  4. 池の畔にクサシギがいた - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    池の畔にクサシギがいた

    赤城山の覚満淵に、去年のゴールデンウィークで立ち寄った時、コルリやキビタキなどの写真が撮れました。また、雪に覆われる冬の間には、ズミの実を食べに来たアトリやウソ、マヒワなどを撮影することが出来ました。私的にはお気に入りのポイントの一つで、今年は10月第4週の週末に訪問しましたが、紅葉が見頃だったので、たくさんの観光客が来ていました。10月24日(土)の昼過ぎに、麓の嶺公園に到着して、夕方まで...

  5. 公園の池にいたタシギ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    公園の池にいたタシギ

    このところ、秋晴れの日と雨が降る日が、定期的に繰り返すようなお天気が続いています。先週末の都内は、雨がちなお天気であったようですが、探鳥行で足を運んだ長野県は、土曜日は雨降りだったものの、日曜日は大変良いお天気に恵まれて、すっかり紅葉に包まれた森の中で、お目当ての野鳥達との出会いを楽しんでくることが出来ました。先週末の金曜日に休みをとって、探鳥行に出掛ける予定でいましたが、土曜日が1日中雨と...

  6. ハス田に入っていたヒバリシギ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ハス田に入っていたヒバリシギ

    シギチが渡って行くシーズンを迎えると、田園地帯でその姿を効率的に観察しようと、車でクルージングしながら水の入った休耕田を探すのが、この時期の恒例行事のようになりました。8月中旬から9月中旬にかけてそのピークを迎えますが、暑さもまた強烈ですから観察するのも楽ではありません。でも、シギチが入った休耕田を見つけると、助手席にセットした望遠レンズにかじり付いて、夢中になって撮影することになります。か...

  7. ハス田にいたタカブシギ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ハス田にいたタカブシギ

    台風12号が日本の南の海上にあって、北上を続け、今後本州に接近する見込みです。当初心配されていた上陸は避けられそうですが、秋雨前線の影響で大量の雨が降る恐れがあるということですから、今後の天気予報から目が離せません。この台風が発生した四連休を利用して、後半の21日〜23日にかけての日程で、長野県の白樺峠でタカ渡りの観察をしていました。最終日までゆっくりタカ見の見物と決め込んでいましたが、23...

  8. 休耕田にはキリアイもいた - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    休耕田にはキリアイもいた

    9月の敬老の日と秋分の日が続く四連休の今、長野県の白樺峠にいて、この書き込みをしています。目的はもちろんタカ渡りの観察です。連休前半は傘マークが出て天気が悪かったので、21日(月)〜23日(水)の日程としました。月曜日の朝は、日課としている愛犬の散歩を済ませ、カミさんと朝食を食べてから出発しましたが、予想以上の大渋滞が発生していて驚きました。普通は4時間半ほどで到着できるのに、6時間半以上も...

  9. タシギも出てきてくれました - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    タシギも出てきてくれました

    一時は減少傾向を見せていた新型コロナウイルスですが、このところまた増加するのではないかと思えるような状況で、ジワジワと感染者数が増えてくるのが不気味です。私が今できる対策としては、マスクをして3密を防ぎ、アルコール消毒をすることくらいしかありません。あとは外出から戻ったらうがいと手洗いくらいでしょうか。これから冬に向けて、インフルエンザも流行してくると思われます。先行きに不安が募る毎日ですが...

  10. オジロトウネンが撮れました - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    オジロトウネンが撮れました

    この週末に続けて、敬老の日と秋分の日の休日が連なり、四連休となりました。タカの渡りや小鳥類の渡りを観察する好機ですから、週末バードウォッチャーとしてはとても嬉しい連休です。この時期は例年、タカの渡りを観察するため、長野県の白樺峠へ出掛けていますが、良いタイミングですから、今年もまたその予定を立てました。2泊3日の車中泊で、ゆっくり観察したいと思います。先日から天気予報を確認していますが、連休...

  11. クサシギがいました - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    クサシギがいました

    朝夕の陽気は、ひと頃に比べるとずいぶん涼しくなってきて、エアコンなしでも気持ちよく寝られるようになりました。異常なほどに暑かった今年の夏もようやく終わり、やっとのことで秋が到来してくれました。実りの秋が始まり、美味しい作物の出来具合に関心が向きますが、秋の渡りシーズンを迎え、野鳥観察にも実りのある成果を期待したいところです。シギチもさることながら、タカの渡りや小鳥類の渡りにも期待したいところ...

  12. 遠かったアメリカウズラシギ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    遠かったアメリカウズラシギ

    我が家の玄関の蛍光灯が、点滅を繰り返すようになってしまいました。家を建ててから20年以上使っていた蛍光灯ですから、寿命が尽きたようです。この土曜日は一日、雨が降ったり止んだりのお天気となってしまいましたから、自然観察に出掛けるのは止めて、この蛍光灯を取り替えることにしました。30型の丸形蛍光灯でしたから、同じ30型のLED電灯を買ってきました。値段は5000円弱ほどもしましたから、決して安く...

  13. 熱暑の田んぼにいたムナグロ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    熱暑の田んぼにいたムナグロ

    9月11日にオリンパスから発売された、ED100-400mm F5.0-6.3 IS を購入してきました。一時は注文が多く入ったので供給不足となり、一部のお客様へのお届けが遅くなりますとアナウンスされていましたが、注文を入れていたお店から発売日の前日に電話があり、1日前に手に入れることができました。この週末は、早速フィールドへ持ち出して、試し撮りをしてみたいと思います。でも、不安定なお天気と...

  14. 休耕田にサルハマシギがいた - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    休耕田にサルハマシギがいた

    長期政権となった安倍総理が退陣を表明し、与党も野党も新しい代表を選出することになりました。日本の新しい時代が始まるのでしょうか? 選ばれたリーダーのもとで、どのように変わるのか、また変わらないのか、先のことを見通すのは難しいことですが、誰が新しい総理大臣になっても、コロナ禍に対応していくのは大変です。早く安心して生活できる環境を、取り戻して貰いたいと思います。そして、地球温暖化による自然界の...

  15. 田園地帯にいたケリの群れ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    田園地帯にいたケリの群れ

    特別警報が出されるかもしれないと心配された台風10号でしたが、特別警報は発令されることなく、通過して行ってくれました。でも、各地で多くの人が避難を余儀なくされ、災害の発生に備えていましたが、それでも死者が出たり、土砂崩れで行方不明になったり、怪我をされた方がたくさん出てしまいました。また、広範囲で停電も発生したようです。台風通過後には、熱い太陽が照りつけますから、停電でエアコンが使えなければ...

  16. 干潟にはイソシギもいた - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    干潟にはイソシギもいた

    このところの猛烈な暑さほどではなかったものの、梅雨が明けたばかりの8月最初の週末の都内では、連日30度以上の真夏日が続いていました。熱帯夜にもなっていたので、日帰りはもちろん、泊まりながらの自然観察には二の足を踏む状況でした。でも、テレビの天気予報を見ていたら、千葉県の銚子市は最高気温が25度で、最低気温が20度という日が続いていました。信じられないような涼しさですから、これは実際に足を運ん...

  17. 干潟のコチドリ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    干潟のコチドリ

    今日(8月11日)は、猛烈な暑さの一日になりました。今季最高の40.5度を記録した群馬県の伊勢崎市を始め、各地で40度を超える気温となり、災害級の暑さであると紹介されていました。都内でも、朝から晴天の強烈な日差しを受けて、午前7時過ぎには既に30度を超えていたようです。それからグングン気温が上昇し、午後には最高気温が37度を超えてこの夏の最高気温を記録してしまいました。前日から暑くなるとの注...

  18. 繁殖していたケリ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    繁殖していたケリ

    関東地方で梅雨入り宣言が出された最初の週末は、土曜日も日曜日もあいにくの雨模様となってしまいました。入梅してからの平日は、ほとんど雨が降らなかったのに、貴重な週末に降られてしまい、ガッカリでした。天を恨んでみても仕方ないので、車の中から撮影できるフィールドへ行ってこようと思いました。小鳥類を撮影するのはまず無理ですし、渡り途中の田んぼのシギチは、もう時期的に遅いでしょう。水辺の鳥を狙ってみよ...

  19. 空飛ぶコチドリ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    空飛ぶコチドリ

    私が使っているカメラは、オリンパス E-M1mkⅢ ですが、撮影時にターゲットとなる被写体を捉えると、自動でオートフォーカスが追尾してくれる便利な機能(C-AF+TR)が搭載されています。これまでのカメラ(E-M1mkⅡ)にも連写中にAFが追従する、コンテニュアスAF(C-AF)の機能は搭載されていましたが、新機種では画面の中を動き回るターゲットを自動で追尾してくれる、とても優れものの機能...

  20. ケリのペアを確認しました - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ケリのペアを確認しました

    我が家の愛犬チョコちゃんは、今年10歳になる茶色のトイプードルです。もう10年も一緒に暮らしていますから、すっかり馴染んで今ではかけがえの無い家族の一員になっています。年齢的には、私と同じくらいの高齢者(犬)になってきたと思います。2〜3歳頃のような元気一杯の、チョコチョコした無駄な動きはなくなり、散歩に出た時の歩みは、以前より少しゆっくり目になってきたかなと思います。そのチョコちゃんを今日...

総件数:202 件

似ているタグ