チャイコフスキーのタグまとめ

チャイコフスキー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチャイコフスキーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チャイコフスキー」タグの記事(27)

  1.  新盤☆秀盤NO33新鮮なチャイコフスキー - 気楽おっさんの蓼科偶感

    新盤☆秀盤NO33新鮮なチャイコフスキー

    2019年5月9日(木)もとベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターでもあったガイ・ブラウンシュタイン(イスラエル1971~)のチャイコフスキー音楽集。指揮者もボーンマス交響楽団の首席キリル・カラビツ(ウクライナ1976~)、昨年6月の演奏、といった新鮮な一枚。なかでも歌劇「エフゲニー・オネーギン」からの抜粋とワルツ・スケルツォ Op. 34 がより新鮮でよかった。(大きな...

  2. チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調Op.36 - just beside you Ⅱ

    チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調Op.36

    No.161:交響曲チャイコフスキーの「交響曲第4番」は前作「第3番《ポーランド》」から余り時期をおかずに作曲されたのですが、それまでの3つの交響曲とはスケール感も集中力や表現力の強靱さも比較にならないくらい立派です。寒い冬の季節になると不思議と聴きたくなるシベリウスやチャイコフスキーですが、今日はこの「第4番」をエントリーします。 この「交響曲第4番」の第1楽章は、ホルンとファゴットによ...

  3. チャイコフスキー;組曲「白鳥の湖」より「情景」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;組曲「白鳥の湖」より「情景」

    偉大な音楽家、チャイコフスキー。眼光鋭い、紳士然としたお顔。凛々しいと言っていい。三大バレエ音楽の1つ、「白鳥の湖」は余りにも有名であり、言を待たない。バレエ組曲;白鳥の湖より、「情景」。

  4. チャイコフスキー;組曲「眠れる森の美女」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;組曲「眠れる森の美女」

    チャイコフスキーのバレエ三大音楽の1つ、「眠れる森の美女」SleepingBeautyチャイコフスキー、何処か、芥川龍之介に似た眼光の鋭さ、共通点があるのかも・・・組曲「眠れる森の美女」も素晴らしい音楽作品、本来ならバレエと共に聴くべき作品なのかも知れない。計り知れない、素晴らしい音楽芸術。※ここでは、Waltzのみの画像です。

  5. チャイコフスキー;’くるみ割り人形’組曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;’くるみ割り人形’組曲

    チャイコフスキーのバレエ音楽も秀逸。チャイコフスキー。「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」が三大バレエ音楽である。ここでは、「くるみ割り人形」を掲載。何度聴いても、楽しい。チャイコフスキーは天才であるなぁ。偉大な音楽芸術。

  6. チャイコフスキー;交響曲第5番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;交響曲第5番

    ロシアの天才作曲家、チャイコフスキー。チャイコフスキー。彼の交響曲の中で、第6番「悲愴」の次に有名なのが、交響曲第5番であろう。秀逸な作品であり、小生は大好きである。指揮;カラヤン演奏;ウィーンフィル名演奏である。この鮮烈な作品を聴いてみよう。

  7. チャイコフスキー;イタリア奇想曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;イタリア奇想曲

    ロシアの作曲家、チャイコフスキー。その偉大さは論を待たない。チャイコフスキー。この鋭い眼光を見よ!チャイコフスキーが如何に研ぎ澄まされた精神の持ち主だったか、想像出来る。数々の優れた音楽作品があり、掲載し切れない・・・・ここでは、「イタリア奇想曲」を。曲風は、如何にもイタリア風である。ロシア人であるチャイコフスキーが、イタリアを表現する~。その才能はとめどない。何度聴いても、新しい発見がある...

  8. チャイコフスキー:交響曲第4番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー:交響曲第4番

    偉大なロシアの作曲家、チャイコフスキー。チャイコフスキー。チャイコフスキーの交響曲第4番は1878年の作品。大規模、遠大な名曲である。交響曲第6番よりも、交響曲第4番の方が聴いていて面白い。この曲の時期のチャイコフスキーには精神的、経済的にも余裕があったようで、それが曲風にもよく表出されている。画像はカラヤン指揮のウィーンフィル演奏で貴重である。音質もいい。感動的な名曲。

  9. チャイコフスキー;弦楽セレナード - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;弦楽セレナード

    最も敬愛する、クラシック音楽家はブラームスであるが、ロシアの天才、チャイコフスキーも好きである。チャイコフスキーの音楽は、壮大さと繊細さが複雑に絡み合う。そこに、チャイコフスキーの魅力がある。チャイコフスキーの人生は53年であった。多くの音楽芸術作品を残し、66歳で漫然と生きている小生は誠に、恥ずかしい限りである。弦楽セレナードの旋律は美しい。音楽番組の主題曲に使用されるすらいの名曲である。...

  10. チャイコフスキー;序曲「1812年」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;序曲「1812年」

    ロシア音楽の大家、チャイコフスキー。チャイコフスキー音楽的な才能は抜群、序曲「1812年」はナポレオンのロシア進出を契機に作曲された。大衆には大受けした曲だったようである。曲の一部に大砲が使われるユニークな作風でもあるが、曲のスケールが大きい、傑作である。小澤征爾さんが指揮している。

  11. チャイコフスキー;交響曲第6番「悲愴」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;交響曲第6番「悲愴」

    ロシアの偉大な作曲家の、チャイコフスキー。彼の、交響曲第6番「悲愴」も大好きで聴いている。チャイコフスキーは、性格的には精神病質であり、曲風にその性格がよく表出している。チャイコフスキー、ともあれ、偉大であり尊敬する人物。じっくりと聴きたい名曲である。TchaikovskySymphonyNo6PATHETIQUE

  12. チャイコフスキー;ピアノ協奏曲第1番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;ピアノ協奏曲第1番

    チャイコフスキーはロシアの音楽家。ロシアでは最も有名な音楽家であろう。繊細かつ大胆な曲風。哲学的という表現が合うだろう。チャイコフスキー。偉大な作曲家である。ここでは、小生の大好きなピアノ協奏曲第1番を掲載。壮大なピアノ協奏曲である。そのscaleに於いて、比類無し。まさに、名曲中の名曲である。ピアノ演奏は太田糸音さんである。

  13. チャイコフスキー;ヴァイオリン協奏曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;ヴァイオリン協奏曲

    チャイコフスキーは、ロシアの大作曲家で、素人の小生など足元にも及びもしない。天才であるが、その曲風には哲学的側面もある。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は余りにも偉大な曲。メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ブラームスのヴァイオリン協奏曲を含めて、4大ヴァイオリン協奏曲とも称される。庄司紗矢香さんの演奏で聴いてみる。この曲は、小生が受験生時代(もう50年近くも前)ラジオでよく聴いていた、思...

  14. 新盤☆秀盤NO30”クールななかにも凝縮された燃焼”の「悲愴」 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    新盤☆秀盤NO30”クールななかにも凝縮された燃焼”の...

    2018年10月3日(水)新しく出たティルソン・トーマスのチャイコフスキー。一言でいえば”クールななかにも凝縮された燃焼”そんな「悲愴」である。チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 「悲愴」 Op. 74Symphony No. 6 in B Minor, Op. 74, "Pathétique"サンフランシスコ交響楽団マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)録音: 1-...

  15. チャイコフスキー/バレエ組曲「胡桃割り人形」Op.71a - just beside you Ⅱ

    チャイコフスキー/バレエ組曲「胡桃割り人形」Op.71a

    No.138:管弦楽曲一昨日、姪の挙式・結婚披露宴が北青山の《アニヴェルセル表参道》でありました。久し振りに晴れの日のお呼ばれに、少し緊張しながら上京しました。ここは結婚式場として人気店のようですね。仏滅のこの日(チャペルでのキリスト教式なので大安、仏滅は関係ないそうです)も、8組の結婚式がありました。さて、若い二人に祝福あれ!ということで、今回はチャイコフスキーの「胡桃割り人形」がら「花の...

  16. Tchaikovsky: P-Con#1@Olga Scheps, Carlos Dominguez-Nieto/WDR SO Köln - MusicArena

    Tchaikovsky: P-Con#1@Olga S...

    なかなか音楽が聴けない日々が続く。暑さも一段落の首都圏だったが、またまた台風の接近に伴って天候が不安定。今日は都心部でも猛暑日一歩手前まで気温が上昇した。http://tower.jp/item/4636606/Tchaikovsky:Piano Concerto No.1 in B flat minor, Op.23Ⅰ. Allegro non troppo e molto maestos...

  17. チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35 - just beside you Ⅱ

    チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35

    No.120:協奏曲チャイコフスキー38歳の1878年にこのヴァイオリン協奏曲は作曲されました。当時の彼は、結婚生活の破局から少しずつ立ち直り、平静を取り戻しつつ新たな創作意欲を持てるまで回復していました。そんな中、出版されたばかりのラロ作曲「スペイン交響曲」の楽譜から強い刺激と感動を受け、ヴァイオリン協奏曲を作る意欲をかき立てられたそうです。僅か1ヶ月あまりでこの曲を完成させたチャイコフス...

  18. チャイコフスキー金平糖の踊り使徒8章9節~10節 - 原語から見える聖書のイメージ

    チャイコフスキー金平糖の踊り使徒8章9節~10節

    使徒の行動範囲は地中海沿岸が中心とすると、お国柄の食事で旅するのも良いですよね職場の近くにモロッコ料理店があるので初めてランチしましたまずは雰囲気を楽しんで・・野菜が結構豊富にあるランチでしたコーヒーが独特の味でしたモザイク模様にらしさを感じますタジンが有名らしいので、こんど試してみますさて今日のパラグラフは「サマリアで福音が告げ知らされる」使徒の行動8章9節から適当な段落までの雑感ですサマ...

  19. マイガーデンの薔薇Ⅴ - 季節の風を追いかけて

    マイガーデンの薔薇Ⅴ

    マイガーデンの入口に造った、細長い花壇の一角には音楽家に因んだ薔薇が植えてあります。気がついたら音楽家の名前の薔薇がいくつかあったのでまとめて近くに植えることにしました。ジャクリーヌ・デュ・プレ1988年作出のシュラブ。繰り返し咲きです。難病のため若くして夭折した、イギリスのチェリストに捧げられた薔薇です。残念ながらジャクリーヌ・デュ・プレが活躍した時代を知りませんが彼女の生涯を描いた映画を...

  20.  新盤☆秀盤NO27筆舌に尽くし難い重低音 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    新盤☆秀盤NO27筆舌に尽くし難い重低音

    2017年12月25日(月)BOSEで聴く弦楽四重奏曲。チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 二楽章 Andante cantabile、このなめらかな、それでいて適度に艶っぽい、幼い頃によく耳にしたような懐かしい旋律。演奏はエッシャー弦楽四重奏団、2005年に結成されたアメリカの弦楽四重奏団が卓越した美しいアンサンブルを聴かせる。アダム・バーネット=ハート(第1ヴァイオリン)アーロ...

総件数:27 件

似ているタグ