チャバネセセリのタグまとめ

チャバネセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチャバネセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チャバネセセリ」タグの記事(7)

  1. チャバネセセリ 羽化までのカウントダウン - 90% Papillon -蝶の写真を撮っています-

    チャバネセセリ 羽化までのカウントダウン

    clossianaさんに託されたチャバネセセリの蛹付きの鉢ですが、そこでは別の蛹も着々と羽化の時をカウントダウンしていました。clossianaさんが鉢を引き取りに来てくれなかったので、そのコの晴れ姿も見届けるべく観察モードに入りました。上は羽化5日前。白くなっているのは翅のパーツでしょう。羽化3日前。わわわー目が現れた!!とんがり帽子は鼻のように見えるけど、蝶になったらどこのパーツになるの...

  2. お馴染みの蝶々、そして種名不詳のキノコたち - 花と葉っぱ

    お馴染みの蝶々、そして種名不詳のキノコたち

    撮影:10月2日(千葉市・加曾利貝塚公園)冷たくうっとうしい雨が続いてどこへも出かけられませんね。2週間前に撮った在庫から、チョウやキノコを選別しました。キノコの名前は難しくて全くわかりませんでした。アオスジアゲハスジグロシロチョウチャバネセセリヒカゲチョウタカトウダイの紅葉?キノコ1(ホコリタケの仲間?)キノコ2キノコ3キノコ4キノコ5キノコ6

  3. 2017.9.27 東京・中目黒 チャバネセセリ   2017.10.6 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.9.27 東京・中目黒 チャバネセセリ   ...

    2017.9.27前日の虹色ベニシジミを探しに行くと、同じ花壇のケイトウの真っ赤な花にベニシジミがいた。この時は曇っており、LEDを照てやっと翅を開かせた。しかし、虹色には輝いておらず、前翅の紋が少し違っていた。ただ、虹色の片鱗はあった(1コマ目が前日撮影した虹色ベニ)。その後、千日紅に2頭が吸蜜していたが、1頭は先ほどと同じ個体。どうやら、虹色は新鮮個体にだけ見られるようだ。日が射してきた...

  4. 新チャンピオン君臨 - 不思議の森の迷い人

    新チャンピオン君臨

     先週後半は突然気温が下がりました。日曜日はまた少し蒸し暑くなりましたが、近くの里山にウラナミシジミを探しに行きました。実に5月の連休以来の散策です。初めに見つけたのは表がブルーの雄でした。 このところ夜は虫の声が聞こえるようになりました。でも、昼間はまだ蝉の声が流れています。ミンミンゼミに混じってツクツクボウシの声が目立ちます。この季節にウラナミシジミは数を増します。こちらは雌です。 今日...

  5. 見分けがつかん! - 身近な自然の観察日記 ~丹沢大山周辺を中心に~

    見分けがつかん!

    イチモンジセセリさんと思われます。羽の斑点が、一列に並んでいます。これは、、、白い斑点がガタガタしています。オオチャバネセセリ? それともイチモンジセセリ?もう、全く、素人には見分けがつきません、ハイ。ついでにこの子も、親鳥が何か、全く分かりません、苦笑アオジなのかホオジロなのか、カワラヒワなのか、冬鳥のカシラダカではないだろうくらいは分かる程度。この世界は、多種多様でありながら、その判別手...

  6. チャバネセセリ他 8月19日 庭にて - 超蝶

    チャバネセセリ他 8月19日 庭にて

    日曜日は、家でのんびり庭の日々草に集まる蝶を撮影秋になると増えてくるチャバネセセリ黒い蝶が飛んで来たと思ったらムラサキツバメモンシロチョウ

  7. 御岳山麓の高原 (1) - 飛騨山脈の自然

    御岳山麓の高原 (1)

    御岳山麓の高原に立ち寄った。以前の噴火の影響で登山客は少ないが、高地トレーニングする人達が増えたので宿泊施設はいつも満員のようだ。フジマメを植えると産卵に来ると言われるウラナミシジミがいた。トラフシジミのきれいな♀がヒメジョオンで吸蜜していたがすぐ逃げられた。この地で発生したのか移動中の個体か分からないがイチモンジセセリも吸蜜していた。ヘリグロチャバネセセリはもう末期の状態になっている。ヨツ...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ