チョウセンアカシジミのタグまとめ

チョウセンアカシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチョウセンアカシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チョウセンアカシジミ」タグの記事(16)

  1. チョウセンアカシジミ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    チョウセンアカシジミ

    ヒメサユリを ゆったりと楽しんだ後は、チョウセンアカシジミとキマダラルリツバメに会いに向かった。トネリコという懐かしい木の、低い葉の上にチョウセンアカシジミがいた。トネリコは刈り取った稲の稲架木にするなど、子供の頃の東京でもよく見かけた。今は地方に廻っても、金属製のパイプで組まれたものが大半でなかなか目にできなくなった。高度成長とともにトネリコの利用価値が低下し、人里近くのトネリコの除去・減...

  2. 岩手のチョウセンアカシジミ - 不思議の森の迷い人

    岩手のチョウセンアカシジミ

    6月末の週末、「蝶と自然。」のNAGUさん、Yさんと私の三人で、岩手のチョウセンアカシジミを見に出かけました。目的地の公園に着いたのは11時過ぎでした。時期が合うかどうかの心配があったのですが、Yさんが直ぐに一頭目を見つけてくれました。この時期、一番難しいのは天気ではないでしょうか。スマホでいくつかの天気予報のサイトを見るとそれぞれに予報が異なるようです。そんなときには一番良い天気予報を信じ...

  3. キマダラルリツバメ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    キマダラルリツバメ

    2021年6月18日(金),晴れ.地元からキマダラルリツバメ撮影の許可が出たので2018年以降撮影できていないキマルリの生息地へ出かけた.午前10時ごろ現地着.キマルリの登場は午後3時過ぎなので午前中は他のチョウとハリブトシリアゲアリ(キマルリの幼虫がお世話になるアリ)を探した.ハリブトシリアゲアリは桐の木以外にもあちこちで見つかった.キマルリは条件の良い樹を選んで産卵しているのだろう.ヒメ...

  4. トネリコの木の上に(前編) - 不思議の森の迷い人

    トネリコの木の上に(前編)

    チョウセンアカシジミを見に行くのも今年で三年目になりました。今年は新鮮な個体を見たいと思い、少し早めの日程を選びました。雲は多いものの陽射しは十分な朝です。Yさんと二人で始発の電車に乗り、午前9時に目的地に着きました。まずトネリコを見上げるとチョウセンアカシジミは直ぐに見つかりました。念願の新鮮な個体に逢うことができました。近くの低木を捜すと、チョウセンアカシジミはそこここにポツンと留まって...

  5. チョウセンアカシジミ(2020/6/21) - 小畔川日記

    チョウセンアカシジミ(2020/6/21)

    6月21日は自宅付近は曇天だったけど、周辺の天気を見ると新潟方面が晴れの予報。移動の制限も解除されたので、新潟にチョウセンアカシジミを見に出かけることにした。チョウセンアカシジミの活動時間は14時過ぎなので、7時頃に家を出る。途中は雨だったけど、関越トンネルを抜けたら青空だった。10時半過ぎにポイントに着くと、「蝶と自然」のNAGUさんと「不思議の森の迷い人」のfushiginomoriさん...

  6. 逢いに行ける幸せ(弐) - 不思議の森の迷い人

    逢いに行ける幸せ(弐)

    朝、トネリコの樹を探したときにはチョウセンアカシジミは見つかりませんでした。一回りして戻ってきたとき、僅かな数ですがチョウセンアカシジミも活動を始めたようです。少し時期が遅かったようですが贅沢は言わないことにします。ルリシジミは新鮮でした。とても小さな雌です。翅を開いてくれるのですが、留まる位置が悪くなかなか表を写せませんでした。今度は正面を向いて留まりました。本当は緑に輝く蝶を撮る予定だっ...

  7. 逢いに行ける幸せ(壱) - 不思議の森の迷い人

    逢いに行ける幸せ(壱)

    6月19日にやっと県外に移動できるようになりました。平地産ゼフィルスの発生には間に合いませんでしたが、場所を変えれば出逢いのチャンスもあるかと、始発電車で出かけました。目的地についてさっそくゼフィルスを探しましたが見つかりません。梅雨というのに、朝から強い日差しがいっぱいです。数が多かったのはヒョウモンの仲間です。後裏翅を二分するタイプは何種かいますが、これはオオウラギンスジヒョウモンと思わ...

  8. 梅雨空の陸奥へ(壱) - 不思議の森の迷い人

    梅雨空の陸奥へ(壱)

    6月末に蝶と自然のNAGUさんに、岩手県中部のチョウセンアカシジミの発生地に連れて行っていただきました。梅雨らしい空の下、傘をさして緑の中を歩きました。そして、発生地に着くころには傘を畳むことができました。初めのうちは、チョウセンアカシジミは比較的トネリコの木の高いところに見つかりました。折り重なる葉の隙間を探してその姿を捉えます。そして、トネリコの葉の水滴の数が減ってくるころ、チョウセンア...

  9. 何気に取りこぼしていた写真をUP - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    何気に取りこぼしていた写真をUP

    今日も朝からドン曇、梅雨時だからと諦めの境地、そんなことで最近の取りこぼし画像でもUPしておきます。

  10. 三度目の始発電車で - 不思議の森の迷い人

    三度目の始発電車で

    私にとって一番活動する時期は5月下旬から7月下旬の2ヶ月です。そして今シーズン3度目の始発電車に乗ることになったのです。オオミドリシジミを見に行った日に、神奈川のYさんから日帰り遠征のお話を伺いお供させていただいたのです。そして、初めて見るチョウセンアカシジミです。発生してからだいぶ日にちが経っているようで翅の鱗粉はかなり剥がれてしまっています。”アカシジミ”という色には見えません。トネリコ...

  11. キマルリ再撮影-2(2018/6/25) - 小畔川日記

    キマルリ再撮影-2(2018/6/25)

    オオヒカゲの撮影が無事終わったので、キマルリのポイントを目指して移動。10時半ころに出発して13時半くらいに着いた。キマルリの保護をしているTさんに挨拶してから、念のためにチョウセンアカシジミの発生木の周りを探してみると数頭の個体がいた。ニコンD500ニッコール70-200ここのチョウセンアカは、キマルリの頃には傷んでいるのであまりカメラを向けたことはないけど、今回は案内係なので、まだ残って...

  12. チョウセンアカシジミ・ヒメシジミ(2018/06/25)福島遠征 - 里山便り

    チョウセンアカシジミ・ヒメシジミ(2018/06/...

    お目当ての「梅雨の妖精」 'キマダラルリツバメ' が姿をあらわすまで、他の蝶達の撮影を楽しむ。現場に向かう途中もう 'チョウセンアカシジミ' はいないのではないかと話しを伺ってきていたが、何頭かの個体が痺れを切らして待っていてくれた。「遅いっ!」と言ったかどうかは不明です。勿論、初見、初撮りです。チョウセンアカシジミ(朝鮮赤小灰蝶)絶滅危惧Ⅱ類...

  13. チョウセンアカシジミ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    チョウセンアカシジミ

    チョウセンアカシジミも、大雪山に住むナキウサギ同様に、氷河期を越えて命をつないでいるチョウだそうだ。『チョウセンアカシジミは、氷河期を経たはるか太古の昔に大陸から渡り限られた地域に陸封された希少種。鱗翅類シジミチョウ科に属している。この蝶は名前が示す通り朝鮮半島、中国北東部、ウスリー、アムール地方だけに分布すると考えられていたが、昭和27年(1952)当時の宮古高校教師・山本弘氏・・・により...

  14. 新潟のチョウセンアカと福島のキマルリ(2018/6/17) - 小畔川日記

    新潟のチョウセンアカと福島のキマルリ(2018/6/17)

    6月17日は新潟にチョウセンアカシジミの撮影、その後福島にキマダラルリツバメの撮影に行ってきた。チョウセンアカシジミは、昨年山形に本来の生息地の様子を見に行ったけど、今年は人為的に移入された場所のチョウセンアカシジミの様子も見たいと思っていた。細かな場所はわからないので、昨年から町田のSさんにお願いしておいたら、今年、"naoggio写真日記"のnaoggioさんからもお...

  15. 会津のチョウセンアカシジミ(2018/06/17) - Sky Palace -butterfly garden- II

    会津のチョウセンアカシジミ(2018/06/17)

    6月初旬は忙しかったのですが、この日1日だけ蝶の撮影に行けることになり、天気も晴れたので思い切って福島まで来ました。狙いはチョウセンアカシジミとキマダラルリツバメです。ポイントは大体のエリアくらいしかわからず、現地で当てずっぽでホストを探す作戦です。朝3時に出発し、現地に6時過ぎに到着。まずはとにかくトネリコとキリを探します。幸い、キリは分かりやすくたくさん見つかりました。しかしトネリコが全...

  16. 福島遠征その1 - 風任せ自由人

    福島遠征その1

    6月14日にキマダラルリツバメの発生が確認されたという現地のブログ記事を見て一刻も早く出かけようと思っていたが、その後天気が芳しくなくて、結局ギャラリーが沢山来ることが予想される日曜日の訪問となった。蕎麦を食した後、まずはチョウセンアカシジミの撮影をした。時期的にもう遅いかと思っていたが、まだきれいな個体も多く、交尾も撮影できた。チョウセンアカシジミ当日は快晴で、どうせ本命のキマダラルリツバ...

総件数:16 件

似ているタグ