チョウ目のタグまとめ

チョウ目」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはチョウ目に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「チョウ目」タグの記事(25)

  1. 野鳥の森で自然観察 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    野鳥の森で自然観察

    軽井沢の野鳥の森にコルリが出ていて、写真が撮れると教えていただきました。観察できるチャンスが少ない野鳥ですから、是非撮影したいと思い、5月18日(土)〜19日(日)に掛けて遠征してきました。そのお目当のコルリについては 願いが通じ、“野鳥の森でコルリを撮りました” として紹介していますから、そちらを参照してください。滞在中、コルリを撮影するために、2日がかりで野鳥の森の中を歩き回ってきました...

  2. 赤城でヒメギフチョウを撮影しました - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    赤城でヒメギフチョウを撮影しました

    氷河期を生き残り、生きた化石とも言われるギフチョウは、原始的なアゲハチョウの仲間ということです。日本にはギフチョウとヒメギフチョウの2種が生息していますが、その生息域は明確に分かれているようです。その存在を知って、10年ほど前からギフチョウが見たいと思い、神奈川県の石砂山へ通うようになりました。今年も “吸蜜するギフチョウ” として紹介していますから、ぜひ参照してください。しかし、これまでギ...

  3. ベニシジミ - なんでもブログ

    ベニシジミ

    本日第二弾・春に日当たりの良い草原でよく見られる小さな赤褐色のチョウベニシジミ・春に現れる個体は赤っぽく、夏の個体は黒っぽい。秋には両方のタイプが見られる。・画像クリックで少しだけ大きくなります。

  4. ギフチョウの交尾も撮れました - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    ギフチョウの交尾も撮れました

    春を迎えて菜の花やサクラが咲き、カタクリやスミレなどが野原を彩る時期になると、年一回だけ羽化する季節を迎えるギフチョウが、その優雅な姿を見せてくれます。「春の女神」と称されるその姿は、1年間の出現を楽しみに待ちわびていた、自然を愛する人に神様が与えてくれるご褒美です。氷河期を乗り越えて生き延びて来たギフチョウは、アゲハチョウの原始的な姿であると言われていますが、近年その数を減らし、絶滅危惧種...

  5. 吸蜜するギフチョウ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    吸蜜するギフチョウ

    数百万年前から何度かの氷河期を乗り越えて、今でもその姿を見せてくれるギフチョウは、生きた化石とも言われる、原始的なアゲハチョウの仲間です。我が国では、ギフチョウとヒメギフチョウの2種が知られていますが、特にギフチョウは日本固有の種類で、本州の秋田県から広島県の範囲だけに生息し、近年絶滅危惧種として天然記念物に指定されるなど、手厚く保護されています。東京近郊ではほぼ絶滅したと言われていましたが...

  6. 秩父で自然観察 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    秩父で自然観察

    春らしい陽気になってきました。昨日までの冷たい雨とは打って変わって、今日は気持ちの良い晴れのお天気で、大変気持ち良く過ごせました。昨日に続き、今日も年休消化のお休みを取りましたが、春の山野草などが芽生え始めていますから、アウトドアへ自然観察に出かけるにはとても良い気候です。ちょっと早いかなとは思いましたが、ハナネコノメの写真が撮りたくて出掛けてみたところ、早くも咲き始めていました。見頃は今度...

  7. 尾瀬ヶ原で観察したチョウとトンボ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    尾瀬ヶ原で観察したチョウとトンボ

    今年は異常気象と言われるほど暑い日が続いていますが、標高1,400mを超える尾瀬ヶ原でも、日中は熱中症を心配するほどの暑い陽気でした。木陰が恋しい気持ちで木道を歩いていると、青空の中に至仏山(標高2,228m)や燧ヶ岳(標高2,356m)の姿がクッキリと見えますから、登ってみたいという衝動に駆られてしまいました。でも、写真撮影を目的に来ているうえ、暑さが半端ではありませんから、とても登山が...

  8. 高原のルリタテハ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    高原のルリタテハ

    仕事関係のおもてなしがあって、一席設けて来ました。先方さんが群馬県にお住まいで、山登りを楽しんでいる方でしたから、同じ趣味の仲間として話が弾みました。また、群馬地方の山の情報や、地元でなければ知り得ないお得な情報をたくさん聞くことが出来て、私にとっても大変有意義な一日になりました。毎回こういう話ができれば嬉しいのですが、なかなかそんな訳にもいきません。美味しいお酒を飲み、旨い魚をツマミに色々...

  9. 秋ヶ瀬公園で自然観察~その2 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    秋ヶ瀬公園で自然観察~その2

    6月29日(金)に関東甲信地方に梅雨明け宣言が出されました。昨年より7日早く、平年より22日も早い梅雨明けということで、統計を取り始めてから6月中に梅雨明けとなったのは、初めてのことだそうです。たまたまこの日の午前中、外で仕事をしていましたが、頭がクラクラするような気温の上がり方でした。その前夜にサッカーW杯のポーランド戦を観戦していたので寝不足でしたから、身体がだるくて動くのも嫌になるよう...

  10. 秋ヶ瀬公園のミドリシジミ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    秋ヶ瀬公園のミドリシジミ

    6月の最終週に入りましたが、東京ではずっと晴れの天気が続き、気温も30度前後になっています。まるで梅雨が明けたような日々が続いていて、テレビの気象予報でも関東地方の梅雨明けが、西日本より早まるということを言っていました。ジトジトの天気が続くのは嫌ですから、早く梅雨明け宣言を出してもらいたいところですが、そうすると熱暑の日が続くことになります。これもまた有難くない話になってしまいます。(-_-...

  11. 奥日光で自然観察 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    奥日光で自然観察

    仕事関係で宴会に参加してきました。30人ほどが個室で宴席を張ったのですが、タバコを吸う人が多くて匂いがひどく、自宅に帰ったらスーツだけではなく、下着にもタバコの匂いが付いてしまいました。東京都が新たに制定する条例では、原則として飲食店では禁煙になると思いますが、全く時代に逆行するような状況です。喫煙者が多くいますから、吸わないでくれとは言いにくいし、然りとて参加しないわけにはいきません。困っ...

  12. ミヤマセセリとビロードツリアブ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    ミヤマセセリとビロードツリアブ

    ゴールデンウィーク初日に栃木県の県民の森へ出掛けて来ました。都内からは東北自動車道を使うのが一般的であると思いますが、連休初日は高速道路の渋滞が予想されましたから、今回は平場の一般道だけで現地まで行ってみることにしました。高速道路を利用して、何もなければ通常2時間弱で到着できますが、今回初めて一般道だけで行ったところ、途中でコンビニに立ち寄って3時間ちょっとで到着することが出来ました。意外に...

  13. 春先のチョウ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    春先のチョウ

    春の訪れとともに野山には山野草が咲き始め、賑やかな様相になってきました。小さな青紫色をしたオオイヌノフグリの花が、日当たりの良い草地を覆い尽くすような大群落を形成していたり、道端にはホトケノザがピンク色の可憐な花を咲かせたりしていますが、栃木県の星野にある四季の森では、これまで紹介してきたように、セツブンソウやフクジュソウなどの山野草の他に、マンサクやロウバイなども咲き競っていました。そんな...

  14. 三毳山のチョウなど - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    三毳山のチョウなど

    通勤電車の中から外を見ていたら、紅葉した樹木が目に付きました。あれはサクラだったでしょうか、それともハナミズキでしょうか?確認することはできませんでした。いつものように3駅前で下車して職場までのウォーキングの道すがら、植えられているポプラの街路樹はまだ緑の葉を付けていました。でも途中の歩道橋の脇に植えられているモクレンの木は、少し黄色く色づき始めていました。今朝は、愛犬チョコちゃんのお散歩に...

  15. 白樺峠のチョウ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    白樺峠のチョウ

    今朝の都内はかなり冷え込みました。テレビのお天気お姉さんが、今シーズン一番の冷え込みで、都内でも14度になったと言っていました。昨夜から冷え込んでいて、羽織るものが欲しいと感じていましたから、フリースを出しておきました。毛布も1枚増やして寝たので夜は寒さ知らずに寝られましたが、今朝は布団から出るとヒンヤリしていましたから、出しておいたフリースが役に立ってくれました。これから日1日と秋の気配が...

  16. 唐沢山で観察した昆虫です - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    唐沢山で観察した昆虫です

    10月に入って、大変過ごしやすい陽気に変わってきました。もうあのギラギラするような暑さに悩まされることもないでしょう。外に出ると空気に爽やかさが感じられますから、これからはアウトドアライフも存分に楽しめる季節になってきます。紅葉を楽しむのも、もう間も無くのことですが、先週末に乗鞍岳(標高3,026m)に登ってきた時には、中腹の赤や黄色の紅葉が真っ青な空を背景にして見事な景色を見せてくれました...

  17. 菅生沼で観察したチョウとトンボ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    菅生沼で観察したチョウとトンボ

    関東地方では夜半から雨が降り始め、所によっては1時間あたり100mmを超える激しい雨が降っているようです。目が覚めた時にも、雨音が聞こえていましたからこれはかなり降っているなと感じていました。こんな日の通勤は、何時ものようにウォーキングをするわけにはいきません。職場直近の駅まで電車利用となりますが、乗り換えなしで行かれますから、この日は始発電車の列に並んで座っていくことにしました。現役時代は...

  18. ライトトラップ(2017.7.20)① - あれも見たいこれも見たい

    ライトトラップ(2017.7.20)①

    しばらく前に知人のライトトラップに便乗した際の備忘録。やや風が強く、虫の飛来は少なかった。クロフオオシロエダシャク。クロフシロエダシャク。ナカキエダシャク。シロスジトモエ。カバマダラヨトウ?フタモンコブガ。ヒメネジロコヤガ?ナカムラサキフトメイガ。ゼニガサミズメイガ。ヤマトマダラメイガ。コガタシロモンノメイガ。マタスジノメイガ。初見。シロスジエグリノメイガ。色が薄めの個体で、指摘されるまで何...

  19. 伊吹山の昆虫(甲虫以外) - あれも見たいこれも見たい

    伊吹山の昆虫(甲虫以外)

    先日の伊吹山の記事も今回が最後。山頂で見られたアキアカネ。何頭か見られたツメクサキシタバ。図鑑によれば、伊吹山が分布の西限らしい。これはヒメキマダラヒカゲであろう。数は多い。山頂で見られたおそらくヤマトシリアゲ♂。ヒシバッタの仲間。おそらくコバネヒシバッタであろうと教えていただいた。個体数の多かったフキバッタの仲間。キンキフキバッタではないかと教えていただいた。フキバッタの同定は難しいが、腹...

  20. 坪庭の花と昆虫 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    坪庭の花と昆虫

    このところ野鳥観察に出かけることがありません。7月最後の週末に外房へ出掛けて以来、家族旅行や山登りなどで楽しんでいましたから、このブログで野鳥写真の紹介も滞っていました。忘れないうちに野鳥写真を撮ってこようと、8月最後の週末は野鳥写真を撮りに出掛けて来ました。色々な成果があがりましたから、その結果は次回から紹介させてもらいます。さて、今回は八ヶ岳で撮影した写真の最後になります。坪庭で撮影した...

総件数:25 件

似ているタグ