ツバメシジミのタグまとめ

ツバメシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはツバメシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ツバメシジミ」タグの記事(199)

  1. ミドリシジミ吸汁(2021/6/9) - 小畔川日記

    ミドリシジミ吸汁(2021/6/9)

    6月9日はミドリシジミの別のポイントの様子を見るために、6時半ころに家を出て、7時ころにポイントに着く。周囲の様子を見るけどなにもいない。30分くらいして家内が桑の葉の間で吸汁しているミドリシジミを見つけた。家内撮影ちょっと遠い。さらに30分くらいして、目の前からミドリシジミが飛び出して、頭上の桑の葉に止まった。数枚シャッターを押したら飛んで、かなり先のハンノキの葉に止まった。5分くらい眺め...

  2. しましま - LOOSE

    しましま

  3. ハナショウブとポピー - Magnolia lane 3

    ハナショウブとポピー

    山崎公園(せせらぎ菖蒲園)へ行って来ました。色とりどりのハナショウブまだ咲き始めくらいかと思いましたが遅いくらいでした。子育て中のシジュウカラとムクドリが賑やかでした。印象派?鳥狙いのピンボケです(^^ゞポピーは見納めという感じでした。公園の横には川が流れ、田圃が広がっています。土手に群生するナヨクサフジ?たくさんのモンシロチョウ、数匹のモンキチョウが飛んでいました。・・・アカツメクサにはツ...

  4. 水辺にて - 飛騨山脈の自然

    水辺にて

    曇り空で照度は低いが気温が高いので、水辺環境に行ってみた。ツマキチョウが数頭飛んでいたがなかなか止まらない。ようやく止まったので近づけた。水際近くの木に止まったので近づくと先客がいてファインダー内に2頭収まった。広角で周りの情景を入れてみた。1頭だけツバメシジミがいた。有り難いことにV字開翅してくれた。

  5. 2021年4/24その2ヒメアカタテハ、ジャコウアゲハ、ツバメシジミ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年4/24その2ヒメアカタテハ、ジャコウアゲハ...

    もうひとつの目的を求めて移動してきたのは、とある堤防。何年か前ならこの時期に行くと確実に数頭は見られたものですが、このところ激減しているらしい、というのが気がかりです。到着して最初に目に留まったのは…ヒメアカタテハ手前の草が除けきれず、頭がかすんでいますが、初見・初撮りなので良しとしよう。きれいな個体だったしね。目的と食草を同じくするジャコウアゲハはたくさん飛び交っていました。ジャコウアゲハ...

  6. 2021年4/4ツバメシジミ、ジャコウアゲハ、ナミアゲハ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年4/4ツバメシジミ、ジャコウアゲハ、ナミアゲハ他

    朝方降った雨が上がったので、近所を探索しました。ツバメシジミきれいな子を見つけました。地元では初撮りです。求愛シーンを観察しました。残念ながら成就せずじまい。まだ気温が上がらないせいか、チョウの姿は少なめ。そこで先日見つけたジャコウアゲハを探すことに。まずはよく翅を休めているポイントへ。期待どおり。ジャコウアゲハ残念ながらしっぽが片方ありません。きれいなのも見つけました。その近くの草むらにナ...

  7. 2021年3/31ツバメシジミ、ヤマトシジミ、ナミアゲハ - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年3/31ツバメシジミ、ヤマトシジミ、ナミアゲハ

    所用で出かけた先で、ツバメシジミを見つけました。ツバメシジミ♂惚れ惚れするような朝やかな青。良いですね、新鮮なチョウは。おまけにそれが今年の初見・初撮りとなるとうれしさもひとしおです。ヤマトシジミ♂ヤマトシジミの新鮮でした。はじめは青が濃く見えたのでツバメシジミかと思ってしまいました。近付いてよく見るとヤマトだったのでビックリ。ヤマトシジミ♀♀も新鮮でした。翅表に青色鱗が広がっていたので開翅...

  8. ツバメシジミ - 飛騨山脈の自然

    ツバメシジミ

    スギタニルリシジミの生活圏にツバメシジミが入ってきた。右の後翅が伸びが悪いが俊敏に飛び回っている。しばらくしたら字開翅をしてくれた。スギタニルリがテリトリーを主張しに来た。ツバメシジミは同種と勘違いしたのか?翅を広部て尾端を上げる交尾拒否行動のような動作をした。♀は良く見る動作だが、♂もこういうこともあるのが面白い。色んなところに止まってさまざまな表情を見せてくれた。

  9. 東京・多摩川河川敷ギンイチモンジセセリ2021.4.21 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    東京・多摩川河川敷ギンイチモンジセセリ2021.4.2...

    2021.4.12消滅したいつものポイントより上流に行く。かなり歩いた所で、土手と河原の間で局所的に飛び交っている所があった。しかし、午前中はまるでとまらず、正午が過ぎてからようやくとまり出した。思ったより傷んでおり、きれいなものを後で選んだ。前回と違って、開翅する個体は少なかった。気温が影響しているのだろう。実は、ギンイチよりもツバメの青♀。しかし、青♀は見つからなかった。青くなくても新鮮...

  10. シジミチョウの春 - 旅のかほり

    シジミチョウの春

    寒暖の差が大きく朝晩は気温が低いですが日中は初夏の陽気になっています。爽やかな風と共に散歩がてらに歩く足元にも爽やかな花がみられ小さなチョウたちも活発に動き回っています。ヤマトシジミヤマトシジミのメス桜の散った地面でオス光の関係か色が出ませんベニシジミは春色できれいです貴婦人のようなツバメシジミ久しぶりにあえましたレンゲの花にキタキチョウモンシロチョウ春は早足でやってきています[

  11. 里山レポート03「風の散歩道」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート03「風の散歩道」

    昨日と同様、強い風が吹いていました。空は青く、雲は見当たりません。風が止むのを待ちきれず、1時過ぎに散歩に出かけました。気温は20度を超えていると思いますが、風のお陰でさわやかな午後です。揺れるハルジオンでベニシジミが出迎えてくれました。蝶たちの顔ぶれは一週間前とほぼ変わりません。ツマグロヒョウモン、今日は雌でした。ヒメジオンは先週は未だ蕾でした。偶然ですが、ベニシジミとのツーショットが撮れ...

  12. 沢山の出会いあり♪ - *la nature*

    沢山の出会いあり♪

    期待していた本命には会えませんでしたが、嬉しい出会いが沢山!!とても美しいコチャバネセセリ*葉の花にスジグロシロチョウ*ツバメシジミ*ムラサキハナナのお花畑には数頭のクマバチが*身体の重みで宙ぶらりんになるんですが、必死でしがみついている姿が微笑ましかったです^^足元にアオオサムシがいるのを夫が見つけてくれました!!シャイなのですぐ隠れてサササっと逃げちゃうのよね~(^-^;トゲヒゲトラカミ...

  13. 2021.4.9東京・多摩川河川敷ツバメシジミ2021.4.19 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.4.9東京・多摩川河川敷ツバメシジミ2021...

    2021.4.9毎年ギンイチモンジセセリを撮影していた場所は、1か月ほど前に電車の窓から見た時、すっかり砂利が敷き詰められていた。昨年は全く来なかったのでわからなかったが、2019年の台風19号の後始末の河川敷工事によるものと思う。そこで、このポイントがどうなったか確認に行ったわけだが、やはり完全に消滅していた。その下流はノイバラに多い尽くされ、ヒメウラナミジャノメだけが目についた。まあ、覚...

  14. ツバメ - そらと林と鳥

    ツバメ

    春一番にやってくるツバメ。ツバメシジミ

  15. ギンイチモンジセセリチガヤの川原で苦戦 - 蝶のいる風景blog

    ギンイチモンジセセリチガヤの川原で苦戦

    ギンイチモンジセセリを探しに行った。以前行っていたところは一昨年の台風で壊滅してしまった。別の川原に行ってみるといた、いた。ギンイチモンジセセリがチラチラ飛んでいた。翅の裏に銀色の線がすっと一文字に入っているこの蝶はとてもかわいらしい。しかし、チガヤの中を飛ぶばかりでなかなか止まらない。撮影は意外と難しいのだ。朝早くなら比較的止まるのだが、今日はやっぱり苦戦した。チガヤをかき分けて入って行っ...

  16. 里山レポート02「柔らかな緑の午後に」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート02「柔らかな緑の午後に」

    このところ日曜日はあまり天気に恵まれず、久々の里山の散策です。土筆から生まれたスギナが野原を覆い、去年アカシジミを見つけたコナラは薄緑の葉とともに紐のような花をつけていました。里山は柔らかな緑に包まれる時期です。そして、春の里山を彩るツマキチョウに今年も逢えました。褄が黄色いのは雄です。裏翅には青海苔のような模様があります。これは別の個体です。モンシロチョウは雌が多くなっていました。雄と比べ...

  17. ベニシジミタンポポの綿帽子 - 蝶のいる風景blog

    ベニシジミタンポポの綿帽子

    河川沿いの菜の花ロードをぶらぶらした。モンシロチョウとモンキチョウくらいしかいなくて食指が動かない。そこに綺麗なナミアゲハがやって来た。あわててカメラを向けたがシャッターが押せない。なんどやってもダメだ。アゲハは飛び去って行った。バッテリーをもう一度入れ直そうと思ってカバーを開けるとなんとSDカードが入っていなかった。先日パソコンに画像を取り込んだ時、そのままになっていたらしい。大失敗。幸い...

  18. クロアゲハ桜から躑躅 - 蝶のいる風景blog

    クロアゲハ桜から躑躅

    会社勤めをしていた頃の後輩から到来物が届いた。タラの芽とタケノコだった。早速天ぷらとタケノコご飯にして食べた。実においしかった。お礼の電話をすると「2月と3月に雨が少なかったので今年はちょっと痩せてしまって」と言っていたが、何の堂々とふっくらとしていた。退職後、埼玉で悠々自適の生活をしているが、季節、季節にイチジク、ブルーベリー、クリなども送ってくれる。ありがたいことだ。最近はそば打ちに凝っ...

  19. 春先の蝶達(4/7) - 見沼の私記3

    春先の蝶達(4/7)

    今日は晴れて風も無く、何時もの様に公園・堀などウォーキングするがカワセミは確認できず。M用水をツマキチョウ探しに歩く。隣町側でツマキチョウ♂を目撃するが、止まらず撮影できず。他にはツバメシジミ・ムラサキシジミ・アゲハチョウ等を目撃する。ノートリ我が町エリアにて(ツバメシジミ)別個体のツバメシジミ隣町のムラサキシジミ隣町のアゲハチョウ

  20. ツバメシジミ - 飛騨山脈の自然

    ツバメシジミ

    ツバメシジミがいたのでしばらく見ていたら産卵行動のようだ。小さすぎてよく分からないが、カラスノエンドウ?に固守している。ニホンジカ用の電柵があるので良い立ち位置が取れなかったが産卵シーンを見ることが出来た。地元ではまだ発生していないけれど南部の暖かさを改めて実感した。まだ3月中なのにもう産卵しているのには驚いてしまった。遠い場所ではあるが年何回発生するのか調べてみたいものだ。

総件数:199 件

似ているタグ