ツバメシジミのタグまとめ

ツバメシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはツバメシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ツバメシジミ」タグの記事(167)

  1. 6/13その1ツバメシジミ斑紋異常?他 - ブログ和歌山の里山便り2

    6/13その1ツバメシジミ斑紋異常?他

    この日は特に目的もなくMFへ。時折雨が降ったりする変な天気でしたが、いろいろ楽しむことができました。ツバメシジミ何頭かいたツバメシジミのうちの1頭に黒い模様があることに気付きました。一番上の写真のように一方の後翅に小さな黒い模様が、もう一方の後翅には大きな黒斑と前翅にも黒斑がありました。これは異常斑紋なのか、それとも何かで汚れている(黒いマジックインキのようにも見えます)のかは不明です。ヤマ...

  2. 柿の実を食べてるオナガ - あだっちゃんの花鳥風月

    柿の実を食べてるオナガ

    我が家から下流の堰に行きましたが、工事中だから鳥がいない。青空の良いお天気だったが、撮ったのはセグロセキレイだけ。水が綺麗に撮れた。家に帰って来てから消化不良で、近くを散歩する。柿の実を食べてるオナガが撮れた。家の近所にレモンを植えてる家があった。かなり実がついています。今まで知らなかった。地味な蝶。ツバメシジミ。

  3. 台風前散歩で出合った小さな蝶たち20202020/10/10in Tokyo - むっちゃんの花鳥風月  ( 鳥・猫・花・空・山 )

    台風前散歩で出合った小さな蝶たち20202020/10...

    先日公園で逢った小さなシジミたちヤマトシジミヒガンバナ背景にツバメシジミベニシジミ渡り鳥がいないときのお助けマン

  4. 里山レポート16「秋晴れの翌日」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート16「秋晴れの翌日」

    9月最後の月曜日、珍しく天気予報が晴れだったので、青空の下の散策を存分に楽しもうと企んでいました。予報通りこの秋一番の秋晴れとなりました。しかし、散策に出かけたのは結局、翌日の火曜日になってしまいました。灰色の空の下です。里山の入り口で出迎えてくれたのはキタテハです。秋の装いを纏っていました。散歩道にはヒメアカタテハも降りていました。青空でないのは残念ですが、蝶たちは曇りの方がよく翅を広げる...

  5. 近場の散策 - チョウ!お気に入り

    近場の散策

    近場の散策です。河川敷の遊歩道ではモンキチョウ×3 + モンシロチョウが舞っていました。傍らではツバメシジミです。近くに花があるのに訪花せずでした。植物園に入ると、まだ少ないながらアサギマダラが訪れていました。そろそろ渡りの季節です。園内のシリブカガシではお疲れのムラサキツバメ♀がいました。風が強く枝が大きく揺れる状況でしたが、何とか撮影できました。帰りの道端では何種類かハチを見かけました...

  6. 小さな蝶達・・! - さすらい写人

    小さな蝶達・・!

    ツバメシジミオオチャバネセセリヒメウラナミジャノメ

  7. 秋の日差し - 飛騨山脈の自然

    秋の日差し

    すっかり涼しくなった初秋に近場に出かけた。さすがに見かける蝶は少ないが新鮮なツバメシジミがいた。日差しが強すぎて開翅してくれなかった。♀は一瞬V字開翅した。近くにいたアオサギは車から音を立てないように降りたが、はるか遠くの岩に飛んでしまった。ダム湖の対岸近くでカワイサが泳いでいた。

  8. 2020.9.17東京・中目黒キタキチョウ2020.9.20 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.9.17東京・中目黒キタキチョウ2020.9...

    2020.9.17曇り空だが少し日が射してきたのでキタキチョウを撮りに行くが、結果的には3日前より空は暗かった。草ぼうぼうの原っぱの木陰には丈の低い萩の花が咲いており、暗いけれどその上や群落の中を♀を探して飛ぶ♂を狙う。探雌飛翔の♂はゆっくりと飛ぶので比較的撮りやすい。♀を見つけた♂は最初はおとなしい。おとなしいうちに撮らなければチャンスはない。♂が本格的にアタックをかけると猛烈なスピードで...

  9. ツバメシジミ彼岸を前に - 蝶のいる風景blog

    ツバメシジミ彼岸を前に

    明日9月19日は彼岸の入りだ。同時に明日から4連休が始まる。「GO-TO」から除外されていた東京が10月から解禁になるそうで、今日から旅行会社などで受け付けが始まった。東京のコロナ感染はこのところ拡大のきざしがあるというのに大丈夫かなとも思ってしまう。いつもならこの時期、彼岸花にやって来る黒いアゲハが見られるのだが、今年は開花が少し遅れているようだ。昨年の千葉台風の影響か黒いアゲハもちょっと...

  10. ツバメシジミ - つれづれ日記

    ツバメシジミ

    ツバメシジミ。

  11. 里山レポート14「下唇鬚の役目は?」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート14「下唇鬚の役目は?」

    この日の目的はウラナミシジミを探すことでした。主に葛の花を探したのですが、やっと見つけたのは帰り道、里山の入り口でした。雌ですが、羽化してだいぶ日が経っているようです。葛の花にはルリシジミもやって来ます。葛の葉で休んでいました。ルリシジミは翅を広げていました。雌です。いつも春先から見かける蝶ですが、今年はあまり出逢えないまま夏が終わってしまうところでした。こちらはツバメシジミ、田圃の脇で見つ...

  12. ツリフネソウ - つれづれ日記

    ツリフネソウ

    本を読む。買い物に行く。コミスクへ行く(本を借りに)。森へ行く。きっと、贅沢な日々だろう。百年生きても28年でしたっけ?寝てるのは。つまらないことをぼやきました。ちょっと涼しい朝で本ばかり読んでてはいけないと、森へ行って来た。ツリフネソウ。こんな所に咲いています。ツバメシジミ。

  13. 4/23ナミアゲハ、ツバメシジミ - ブログ和歌山の里山便り2

    4/23ナミアゲハ、ツバメシジミ

    ナミアゲハブルーベリーの花に吸蜜に訪れました。翅裏の黄色の模様がきれいでした。ツバメシジミ♀♀の翅は黒っぽくて地味ですが、光の当たり具合によっては様々な色に見えます。この♀はわずかに青色鱗が出ていました。おしまいです。

  14. 6月に出会った蝶たち* - *la nature*

    6月に出会った蝶たち*

    特に珍しくもないですが新鮮な個体だと写欲が増します^^6月7日ルリシジミ目の前に現れた時、これってルリシジミなの?と思うほど別物に見えました!(^^)!6月17日キマダラセセリ6月24日スポットライトを浴びたようなヒカゲチョウツバメシジミ*舞岡公園にて*

  15. ミヤマシジミ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ミヤマシジミ

    午前中、曇り時々晴れ、午後は雷鳴も長く続きドン曇でしたが、夕刻には雨、涼しくはなった。午前中、ミヤマシジミの観察、オスは擦れた個体ばかり、メスは新鮮な個体が居ました。気温が高くてメスは開翅しなかった。スリスリは擦るけど駄目でした。これが精一杯の開翅でした。ヒョウモンチョウの生息する極限られたフィールド、秋ですね、食草のワレモコウが目立ってました。ゴマシジミが生息していてもいいのではと思うが、...

  16. 里山レポート11「梅雨明けの散歩道は」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート11「梅雨明けの散歩道は」

    8月になってやっと梅雨が明けました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今年は小学生の夏休みが短いと朝のニュースで報じられていましたが、今週の金曜日はもう立秋です。とは言え、暑さはまだまだこれからだと思います。午前中に用事を済ませ、午後は久々に近所の里山を歩いてみました。散歩道の入り口で出逢ったのはゴマダラチョウです。ここでもゴマダラチョウはあまり見られなくなりました。一年に一度逢えるか逢...

  17. ダムサイト - 飛騨山脈の自然

    ダムサイト

    友人の一人は故郷がダムによって失われるのと豊かな自然を残したいとの思いで、ダム建設反対をしていたがすでに亡くなってしまった。調査で何回もこの地を訪れてなじみの所だが、昔日の面影は全くない。ノリウツギに最盛期を過ぎたオオウラギンスジヒョウモンが吸蜜していた。キタキチョウは良い状態だったがノリウツギの装飾花はほぼ終わりかけだ。砂利道にツバメシジミが飛んできた。口吻を伸ばしていないので、単なる休憩...

  18. キャンプ場 - 飛騨山脈の自然

    キャンプ場

    雨の中キャンプ場に行くことになった。以前はテントを担いで登山してテント設営指定地で泊まったものだが、近年車横づけでテントを張ってキャンプするのが流行っている。今年はコロナ禍や連日の雨もあって全く人がいない。雨の中羽化したばかりのジャノメチョウが1♀だけ見られた。カーブを曲がったら斜面上に黒いものが、すぐ熊だと分かってシャッターを切った。もう少し近づきたいと思ったがお尻を向けて薮に消えてしまっ...

  19. 蝶たちの産卵シーン - *la nature*

    蝶たちの産卵シーン

    先日のジャコウアゲハの産卵に続き、この日はアカボシゴマダラとツバメシジミの産卵シーンに遭遇!散策していると目の前にどこからともなくアカボシゴマダラが飛んできました。するとエノキの葉にお尻を擦り付け始めたのです!産卵しています!!産卵シーンを見たのは昨年の9月以来です。飛び去った後、確認すると葉上に3個卵を産み付けました♪この高級飴玉のような卵の美しい事*またここでゆるキャラの幼虫が見れそうで...

  20. 雨粒とツバメシジミ - Magnolia Lane 2

    雨粒とツバメシジミ

    ☂雨の止み間今日のデジカメスケッチ📷✫

総件数:167 件

似ているタグ