ツバメシジミのタグまとめ

ツバメシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはツバメシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ツバメシジミ」タグの記事(72)

  1. 初めての「ナカボシカメムシ」 - 花と葉っぱ

    初めての「ナカボシカメムシ」

    撮影:7月9日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)この日はスズサイコやレンリソウを目当てに行き、既報のようにスズサイコの綺麗に咲いた花を見ることができました。初めてのカメムシにも出合えました。脱皮中のカメムシのような虫は調べましたが、何だかさっぱりわかりません。見慣れた花やトンボ、チョウに癒されながらのんびりと歩いてきました。ナカボシカメムシ(中星亀虫)カメムシ科<初見>体長約8ミリ。銅色光沢...

  2. 蝶の里にて - 季節の映ろひ

    蝶の里にて

    蝶の里公園にオオムラサキの様子を見に行ってきました。残念ながら羽化中のオオムラサキは見る事が出来ませんでしたが、羽化後に保護されたメスのオオムラサキが2頭いました。ツバメシジミ、翅の傷跡が目立ちますヤマトシジミ気に入っていただきましたら、ポチッと応援して下さい!宜しく(ノ^-^)ノ前記の記事↓↓に訪問いただき、有難うございます。

  3. 小畔川便り(ツバメシジミの産卵:2019/6/28,30) - 小畔川日記

    小畔川便り(ツバメシジミの産卵:2019/6/28,30)

    6月28日は台風3号が、朝に太平洋側を通過した。自宅付近は雨は大したことがなかった。11時頃から川原に出るとヒメイワダレソウにベニシジミが来ていた。ギンイチモンジセセリの姿はない。雲が多くほとんどチョウの姿はないので家に帰りかけると、土手のシロツメクサにツバメシジミのメスが来ていた。カメラを向けていると産卵を始めた。29日は一日雨。30日も朝は雨。雨が上がって川原も少し乾いた13時過ぎに川原...

  4. ツバメの名前で出ています。 - 夜つぐみの鳴くところで

    ツバメの名前で出ています。

    小さな蝶がチラチラと飛び回っています。そうこちらは ツバメシジミ(燕小灰蝶)です。よく一緒に見られるのは ヤマトシジミ(大和小灰蝶)と ルリシジミ(瑠璃小灰蝶)普通の原っぱで見られるのは大体この3種でしょう。(+ まれに ベニシジミかな)見分け方は、名前の由来でもある後翅の小さなシッポ(尾状突起)です。また雌雄とも後翅裏面には薄いオレンジ色の紋があります。幼虫で越冬し年4、5回発生するため、...

  5. 今年はチョウは少ないけどカメノコテントウは多め - 心機一転  のんびりフォトライフ  

    今年はチョウは少ないけどカメノコテントウは多め

    あちこちでカメノコテントウの脱皮を見掛ける。エサキモンキツノカメムシの産卵も順調^^ツバメシジミも今の時期多い。オオムラサキのサナギ寄生蜂にやられているのを初めて見た。小さな成虫(ゴミかと思うほど)と点々と見えるハチの幼虫。可哀想です。生きるためには仕方ないんですね。

  6. ギンイチモンジセセリ - 飛騨山脈の自然

    ギンイチモンジセセリ

    標高1300~1350m地点にある植物を探しに出かけた。今冬は雪が少なかったのでカヤの類が倒れていなくて歩きにくい。そん中ギンイチモンジセセリが飛んでいた。第1化は銀一が鮮やかだ。ここは標高が高いので年1化の発生しかしない。黒褐色の翅表は傷が目立ちやすいが、この個体も少し傷がある。第1化のベニシジミ♀が生き残っていた。新鮮なツバメシジミ♂が2匹確認できた。標高からいっても6月に新鮮個体なので...

  7. 京都で撮影した蝶 - 風任せ自由人

    京都で撮影した蝶

    6月初旬の京都を旅してきた。観光が目的だったが、宿泊したホテルがキマダラルリツバメの生息地のすぐ近くだったので、何回か見に行った。結論から言うと、自分はその姿を見ることはできなかった。しかし、既に発生はしているようで、最後に行った時はカメラマンが2名、採集者が2名来ていて、そのうちの2人の話によると、その日も樹上を飛んだのを目撃したということだった。その場所ではキタキチョウ、ツバメシジミ、ヒ...

  8. 39ツバメシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    39ツバメシジミ「蝶図鑑」

    ヤマトシジミ、ベニシジミと同様にほぼ日本全国に見られる蝶・・・早春とか、晩秋の青♀に注目です。♂のスカイブルーも綺麗です。

  9. 春の可愛いチョウたち - 旅のかほり

    春の可愛いチョウたち

    春の可愛いチョウたちベニシジミ春のベニシジミは赤がきれいです。ツバメシジミメスヤマトシジミモンキチョウモンシロチョウ

  10. チャマダラセセリ春型(2019/05/03) - Sky Palace -butterfly garden- II

    チャマダラセセリ春型(2019/05/03)

    チャマダラセセリ春型を求めて某所へ遠征。2年前に夏型を撮影したポイントです。夏は草が生い茂るので非常に探しづらかったのですが、春は地面が露出し、食草のキジムシロ等がよく見えるし探しやすいはずです。と思いきや、まさかの大苦戦を強いられました。食草はたくさん見つかるのですが、肝心のチャマダラセセリが全然見つかりません。探し始めて5時間後、ようやく1頭目を発見しました。しかも結局この1頭だけで、撮...

  11. 2019.4.16東京・多摩川河川敷ブラック・ビューティー2019.4.24 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.4.16東京・多摩川河川敷ブラック・ビューテ...

    2016.4.16(午後)芳しくなかったトラフシジミの後、多摩川河川敷に行く。前日より気温が高く撮影は気乗りはしない。午後1時、ギンイチモンジも昼休み中だ。足元にミヤマチャバネセセリが下りてきた。飛んだので追いかけると花で吸蜜し、また少し飛び、休む。♀はこんな行動が多いようだ。テリ場には♂が健在。飛翔撮影は一緒した杉並Mさんに任せる。藪の中のギンイチモンジセセリ。どうしても同じような写真にな...

  12. シジミチョウ - Magnolia Lane

    シジミチョウ

    ベニシジミフレンチラベンダーツバメシジミドイツスズランナナホシテントウジャーマンアイリス?近所の緑地公園で虫撮り📷✫

  13. ツバメシジミ橙色の提灯模様 - 気まぐれ野鳥写真

    ツバメシジミ橙色の提灯模様

    団子祭りの時、足元に見つけました普通にいる蝶だそうですが、私は初めて知りとても新鮮ですカラスノエンドウの小さな花に隠れてしまうほど小さいですね !開いた綺麗な上面が撮れず残念でしたが、とんがりと橙色の提灯のような模様が可愛らしくアップです

  14. 里山レポート「蛙の唄が始まる頃に」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート「蛙の唄が始まる頃に」

    里山を歩くと季節毎に聞こえてくる音も移り変わります。春から初夏へと季節が変わろうとする4月下旬、田圃では蛙の合唱が始まります。子供の頃トノサマガエルと教わった蛙が、本当はトウキョウダルマガエルだったのか、よくわかりません。そんなことを考えながら歩いていると、足元でツマキチョウが吸蜜していました。やっと褄の黄色を写すことができました。しかし、4月も下旬になるとツマキチョウはだいぶ翅が傷んでいま...

  15. 2019.4.15東京・多摩川河川敷ギンイチモンジセセリ2019.4.19 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.4.15東京・多摩川河川敷ギンイチモンジセセ...

    2019.4.15朝から晴れ上がった多摩川の河川敷に行くと、河川敷の様相が今までと全く違っていた。いつもは密生したオギ等が洪水で倒されているが、一面が直立したままの枯れ藪状態。釣り人が通う踏み後もほとんどなく、昨年の場所は完全に藪の中。入り込むのも面倒でここを諦めるしかなかった。昨年は洪水がなかったようだ。しかたがなく土手の下と河川敷の藪の間に出てきたギンイチモンジセセリを狙う。土手の中腹を...

  16. ツバメシジミ吸水(2019/04/15)荒川 - 里山便り

    ツバメシジミ吸水(2019/04/15)荒川

    前回掲載の 'ギンイチモンジセセリ' のはっきりした吸水行動をみて、一つの実験を試みた。撮影予定であるので順光を考慮して、反対側の斜面に落ちていたコンビニ弁当のパックを水平に設置、小さな玉石で崩れない様に石垣を組み、パックの中に小石を敷き詰め、砂混じり枯草混じりの土を手もみして被せ、持ち合わせていた飲料用の 'ポカリスエット' を染み渡るま...

  17. スギタニルリシジミ♀・ツバメシジミ交尾(2019/04/13)荒川 - 里山便り

    スギタニルリシジミ♀・ツバメシジミ交尾(201...

    今日のギンイチ撮影には早くから、外秩父山地より 'Kho-1さん' が参戦、やや遅れて、地元 'Nさん' も合流してきた。快晴の暖かいお天気に恵まれたが、'ギンイチ' が停まらない。各自別ポイントで探索するも結果は同じで又合流する。午後から静止する個体が数多くみられ、今度はどれを優先するか?迷うほど撮影機会ができた。本日のゲ...

  18. ギフチョウの発生確認4月7日 - 超蝶

    ギフチョウの発生確認4月7日

    日曜日の今日も良いお天気そうだったので岐阜県へ(^ω^)・・・ねらいは、一昨日撮れなかったギフチョウ朝一は、ホソオチョウの生息地から再訪しました。♂は若干増えたみたいですが、まだまだ発生初期、♀は見られませんでした。ツバメシジミ♂ツバメシジミ青♀ベニシジミ求愛それからギフチョウの生息するカタクリ山へ・・・地元の方もまだ一頭も発生は確認して無いとの事。コツバメキタキチョウそれからお馴染みの同好...

  19. ホソオチョウ他4月5日 - 超蝶

    ホソオチョウ他4月5日

    今日は久々にお天気で気温も上昇するとか自信満々で岐阜県のギフチョウの生息地へが、肌寒い位の気温で、ギフチョウは未発生霜が降りたり、雪が降ったりしたそうです。出会えたのは、コツバメテングチョウムラサキシジミ未発生ではしょうがないので揖斐川のホソオチョウの生息地へ移動昨年に比べ、発生が遅れているようです。それでも河川敷を歩いていると何頭か見られました。ツバメシジミ♂ツバメシジミ♀早々と帰宅して、...

  20. ☆コツバメ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆コツバメ☆

    風の強い一日・・・。風景は、花粉で?霞んで見えます。今年も、可児市のカタクリを見に行きました。カタクリは、風で揺れににゆれます。落椿カタクリよりコツバメが目的ですが、風のせいか、気温が低いからかなかなか出てくれません。テングチョウは何頭も姿を見せます。ツバメシジミも出て来ましたが、本当に小さいチョウです。何かが飛びました。コツバメです!1本だけ咲いていたムラサキハナナにとまってくれました。目...

総件数:72 件

似ているタグ