ツマグロキチョウのタグまとめ

ツマグロキチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはツマグロキチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ツマグロキチョウ」タグの記事(21)

  1. 2017年10月上旬 栃木県 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年10月上旬 栃木県

    2017年10月9日 栃木県9月下旬に訪問して約1週間後、また来ました。今回の目的は、シルビアシジミの開翅です。前回は雌がちょっとだけ翅を広げてくれましたが、雄は古いものばかりで裏のみの撮影でした。しかし、今年は個体数が少ないので新鮮な雄に会えればよしというところです。今回も午前中に帰宅しなければなりませんので、早朝に出発して7時半に到着してしまいました。前はミヤクゴサがほとんど咲いていませ...

  2. 鬼怒川のツマグロキチョウ、モンキチョウの交尾など(栃木県、20171008) - Butterfly & Dragonfly

    鬼怒川のツマグロキチョウ、モンキチョウの交尾など(栃木...

    鬼怒川撮影行のラストはツマグロキチョウです。「鬼怒川 秋の3種」の中では、個体数が最も多いように感じました。▮ツマグロキチョウとキタキチョウはじめに訪問したシルビアシジミのポイントで見つけたツマグロキチョウです。キタキチョウが近寄ってきました。両種の裏翅の違いが分かります。翅がてからないようにと露出補正をしたところ、暗い感じになってしまいました(汗)Olympus E-M1MarkII, M...

  3. 栃木の蝶たち-2(2017-10-8) - 小畔川日記

    栃木の蝶たち-2(2017-10-8)

    3連休の中日の10月8日は、naoggioさんご夫妻、町田のSさん、悠凜さん達と栃木に行ってきた。この時期期待できる3種のうち、前回も少なかったシルビアシジミが撮影できるかどうか少し心配だったけど、ポイントについて探し始めると、すぐに見つかって一安心。ニコン1V3 1ニッコール10-30カメラを向けていると、翅を開いてくれた。ニコンD500 ニッコール70-200ニコンD500 ニッコール7...

  4. クロマダラソテツシジミ 継続観察 - 自然を楽しむ

    クロマダラソテツシジミ 継続観察

    先週末もいつもの場所でクロマダラソテツシジミを観察。2日間で♂♀合わせて6,7頭、このうち交尾個体が1ペア。♂2頭が綺麗な個体で、うち1頭は羽化直後。蛹も前回の1個体の他、わずかな時間で4個体ほど見つかった。ソテツの葉上でテリハリする♂ここは下草がきれいにされているため、吸蜜源はわずか。そのため、羽化しても多くはどこか別の場所へ飛んで行ってしまうのだろう。紅葉し始めた葉に止まった♂1週間前に...

  5. ツマグロキチョウ 卵〜幼虫〜蛹 - 90% Papillon -蝶の写真を撮っています-

    ツマグロキチョウ 卵〜幼虫〜蛹

    ツマグロキチョウの卵と幼虫を探す前に、食草のカワラケツメイを探さねばならなかったのですが、ツマグロキチョウの姿はあれど、ネムノキの葉に似た草は一向に見つからず…最初の場所ではあきらめて車で移動しました。そこには蝶もいたし、ほどなくしてカワラケツメイを見つけました。数株をチェックしていると幼虫も見つかりました。次々と見つけることができました。ずいぶん大きさの違うコが2匹というのも。体に横ライン...

  6. ツマグロキチョウ 交尾 - 90% Papillon -蝶の写真を撮っています-

    ツマグロキチョウ 交尾

    この日の目標1.ツマグロキチョウの食草であるカワラケツメイを見つけること2.ツマグロキチョウの卵を見つけること3.ツマグロキチョウの幼虫を見つけること4.ツマグロキチョウの産卵を撮影すること1〜3はなんとかクリアできました。4に関しては目撃さえできませんでした。でも想定外の交尾シーンに出会えました

  7. チョウ日和 - Mag's DiaryⅢ

    チョウ日和

    田んぼの花を撮った帰り、クロツバメシジミの石垣へ寄った。ツメレンゲはまだ咲いていない。新鮮な個体のようだ。ツマグロキチョウが数頭いた。ヤマトシジミが一番多い。キタテハが石垣に止まった。メスグロヒョウモンも来たが、撮れなかった。ぴかりと輝く翅が一枚落ちていた。主を撮りたいよ。

  8. 栃木の蝶たち(2017/9/26) - 小畔川日記

    栃木の蝶たち(2017/9/26)

    9月26日は"森林里山巡り"のMorrieさんと栃木に秋の蝶を撮影に行った。今回はいつもとは違って、最初にツマグロキチョウとミヤマシジミを押さえて、あとでゆっくりとシルビアシジミを探そうかなという予定。最初の場所では、着くとすぐにツマグロキチョウが出迎えてくれた。ニコン1J5 1ニッコール6.5-13今年は昨年に比べて花の数が少なく、小さなキツネノマゴで吸蜜する個体が多かった。ニコンD500...

  9. チョウのライファー3種 - 公園昆虫記

    チョウのライファー3種

    この夏は、ヘンムレンさん、みき♂さんに誘われて、地元周辺では見ることのできない多くのチョウを見ることができた。そろそろチョウの季節も終盤となる9月下旬、さらに2種の絶滅危惧種を探しに遠征した。シルビアシジミヤマトシジミによく似た地味なシジミチョウだが、絶滅危惧種Ⅰ類。初めはなかなか見つからず、しかもヤマトシジミと区別もできなかったが、温度が上がるにつれて姿を現し、いくつか見ていくうちになんと...

  10. 栃木県チョウ3種 in2017.09.30 - ヒメオオの寄り道

    栃木県チョウ3種 in2017.09.30

    昨日は、天気が良かったので栃木県に出かけてきました。狙いはズバリ栃木県チョウ3種と呼んでいる蝶の撮影です。最初に出逢えたのは「ツマグロキチョウ」です。藪の中に止まったツマグロキチョウを撮影していると、「キタキチョウ」が求愛を始めました。当然のことですが彼らの恋は成就しませんでした。次に登場してくれたのは「ミヤマシジミ」です。雄個体は、比較的綺麗でしたが雌個体はやや傷んでいました。撮影に苦戦し...

  11. 2017年9月下旬 栃木県 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年9月下旬 栃木県

    2017年9月27日 うっかりしていましたら、9月が終わろうとしています。週末は何かと忙しいので、急遽休みをとって栃木県の河川敷に行ってきました。毎年数回は来ていましたが、今年は4月30日に来て以来2回目の訪問になります。今回は、シルビアシジミ、ミヤマシジミ、ツマグロキチョウに会うのが目的です。まずはミヤマシジミのポイントへ行きました。まだ朝露の残る8時ちょっとすぎ、黄色い蝶がちらほら飛んで...

  12. 地元で秋のチョウを探索 - 蝶超天国

    地元で秋のチョウを探索

    9月24日 続きそろそろツマグロキチョウの秋型が発生していると思い探してみました。まず見つけたのは湿った地面で吸水している個体でした。次のポイントでは・・・活動している個体数は極めて少ない様子でしたが・・・・ヤハズソウで吸蜜するツマグロキチョウを捉えることが出来ました。しかし、曇りがちな空模様の為か・・・・・すぐに休止モードにななってしまいました。他には特に目ぼしいチョウも見られませんでした...

  13. ☆ ミヤマシジミ・ノビタキ・ツマグロキチョウ ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ ミヤマシジミ・ノビタキ・ツマグロキチョウ ☆

     真夏の様な暑さの26日、ミヤマシジミを写しに行きました。日陰の無い場所、流れる汗が目に入ります。コマツナギも、咲いています。ミヤマシジミはそこそこ出てくれましたが、メスは傷みが目立ちま コマツナギ 翅を開かず飛び廻っていたので、写したものを整理していると、メスかオスか分からなくなりました。  メドハギにも止まりました。 近くを2羽の小鳥が飛び廻っていました。草の中で餌を探していたり、セイ...

  14. ツマグロキチョウ - 風任せ自由人

    ツマグロキチョウ

    蝶友さんを誘って秋の河川敷の様子見に行った。勝手に河川敷の希少3種と呼んでいるミヤマシジミ、シルビアシジミ、ツマグロキチョウのいずれも撮影できたが、圧倒的に数が多かったのは今回の主役であるツマグロキチョウ。数はいても、草の生い茂った地面や葛の葉の裏などに留まっていることが多く、気づかずに飛ばれてしまうことが殆ど。なかなか神経質で近寄るのも難しい蝶だ。ということで、最初の1枚はどんな場所にいて...

  15. クロマダラソテツシジミ   徳島の旅 - 蝶のいる風景blog

    クロマダラソテツシジミ   徳島の旅

    徳島に行って来た。天気には恵まれなかったが、室戸岬まで足を伸ばし、鳴門の大塚国際美術館で一日のんびり名画の鑑賞もした。室戸岬はサツマシジミでもいないかと思ったがまだちょっと早いのか、それとも先日の台風の影響なのか、まったく見られなかった。それにしても台風の影響はひどかった。岬周辺の木々の枝は折れ、塩害で木の葉や植物が茶色く枯れていた。途中、海岸沿いのソテツの周りをちらちら飛ぶ蝶がいた。クロマ...

  16. 栃木県で「ツマグロキチョウ」たちと遊ぶ in2017.09.09① - ヒメオオの寄り道

    栃木県で「ツマグロキチョウ」たちと遊ぶ in2017....

    「ツマグロキチョウ」たちに逢いに久しぶりに栃木県まで出かけてきました。入口付近の湿った路上には「キタキチョウ」たちが吸水に集っていました。飛び立った表翅の黄色綺麗ですね!ツマグロキチョウ?かなと写してみました。翅先の黒縁の模様よりこの個体はキタキチョウでしょう。こちらは「ツマグロキチョウ」夏型かな?この個体は特長的な裏翅の模様より明らかに「ツマグロキチョウ」秋型ですね!ツマグロキチョウ夏型た...

  17. タマムシとツマグロキチョウ - 自然を楽しむ

    タマムシとツマグロキチョウ

    8月の終わり、久しぶりに近くの里山を歩いてみた。まず目に入ったのは、背丈ほどのエノキの梢の上を飛び交うタマムシ。2年前に一度根元から切られてしまい、残念に思っていたが、知らぬ間に新しい枝葉が出て、タマムシも戻ってきたようだ。少し観察していると、飛び回っているのは♂のようで、時々エノキの葉でじっとしている♀をみつけて交尾するシーンもみられた。ツマグロキチョウはまだ夏の姿。個人的には特徴的な秋型...

  18. 2017.8.17 栃木県・鬼怒川河川敷  (2) ツマグロキチョウ   2017.9.2 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.17 栃木県・鬼怒川河川敷  (2) ツ...

    2017.8.17 (続き)昼過ぎに、ミヤマシジミとツマグロキチョウを探しに行く。曇っていた空も時々日が射すようになった。ポイントまでかなりの距離があるが、途中にもチョウはいるし、年によって発生場所も変わるので、ゆっくりと歩く。ミヤマシジミはコマツナギがあるとたいてい付近にいる。♂のほうが目立つがほとんどスレているが、♀は比較的新しい。自分の日陰になってしまったが、翅の透けが中途半端だった。...

  19. ツマグロキチョウ - Mag's DiaryⅢ

    ツマグロキチョウ

    ツマグロキチョウがいた。カワラケツメイの周りを飛び回っている。止まったら撮ろうと構えているのだが、茂っている葉の中に入り込んで止まる。あっ、産卵をしているのだな、それなら粘らなきゃ。100枚近く撮った中で、なんとか撮れていた一枚。

  20. 九州へ - 飛騨山脈の自然

    九州へ

    初めてFDAを使ったが座席と座席の幅があり快適なフライトになった。長崎と佐賀にわたる草原で6年前にも同地を訪れているが、この地は毎年野焼きが行われているにもかかわらず草丈が高くなっていて環境の変化が感じられる。前日までの雨がようやく上がったが草叢はまだ水滴があり、下半身を濡らしながらの撮影である。最初に見たのがツマグロヒョウモンだった。♂は殆んど擦れていたがこれはまだましな方だ。♀は羽化して...

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ