ティンのタグまとめ

ティン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはティンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ティン」タグの記事(11)

  1. 初夏のブラックリーのアンティーク・モール 4 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    初夏のブラックリーのアンティーク・モール 4

    ブラックリーのアンティーク・モールには、ストールそのものが博物館のような、拘った品揃えとディスプレイが素晴らしい、多分名物的な店が幾つかあります。それぞれのテーマに沿ったアイテムだけが見事に集まり、特に其処で何かを買う訳ではないのに、眺めて圧巻なのです。このコロナ渦で、モール自体もストールの存続も厳しい中、これらが残っていてくれてホッとしました。例えばこちらのストールは、昔懐かしい店舗をテー...

  2. 青い家の缶 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    青い家の缶

    義母の家に行ったら、玄関の下駄箱の上にこの缶が置かれていました。すっかり気に入っているから置いているのかと思い、「この缶素敵だね」と言ったら、実は処分するつもりで置いていたらしく、「欲しかったら上げるわよ~」と言われたので貰って来ました。昨年義妹からクリスマス・プレゼントとして贈られたM&S(マークス&スペンサー)の製品で、中にはビスケットが入っていたそうです。M&Sのギフト用お菓子缶には時...

  3. 食器柄の古い缶 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    食器柄の古い缶

    山小屋風チャリティショップで、黒地にティーポット&カップ柄の缶と共に買った、もう一つの古い缶はこれです。いかにも1950年代らしいタッチで、波状エッジの四角で仕切られた構成の中に、食器や家具、観葉植物等の器物が描かれています。言わば50'sが凝縮されたようなデザインで、絵柄的にはこちらの方が好みです。色はやはり経年でくすんでおり、当初はどんなに鮮やかだったかと想像します。形も仕様も...

  4. ティーポット&ティーカップ柄の古い缶 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ティーポット&ティーカップ柄の古い缶

    山小屋風チャリティショップで、好みの古い缶が二つ、鍵の掛かったガラス・キャビネットの中に並んで売られていました。キャビネットの中と言う事は、多分それなりに値段が張ると言う意味です。キャビネットを開けて貰って確認すると一つ2.5ポンドで、確かにチャリティ屋としては安い買い物ではなかったけれど、アンティーク・モールで買う事を考えればお買い得と自分に言い聞かせ(それに慈善活動に役立つ)、二つとも買...

  5. 菫の花柄の缶 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    菫の花柄の缶

    秋頃フリマで買った、焦げ茶色の地に菫の花束が描かれた、少し変わった形の古い缶です。直径10cm×高さ9cm位で、元はビスケットが入って売られていたようです。上から見ると、花型なのが分かります。側面に描かれた籠入り菫の花束は、全部で三つです。一見同じようで、実はそれぞれ微妙に違います。菫は元々好きな花ですし、焦げ茶の地色が菫の魅力を高めています。しかし、こう言うクソ真面目な写実的な絵柄の缶なん...

  6. 雪柄のブリキのレシピ・ボックス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    雪柄のブリキのレシピ・ボックス

    フリマのハウス・クリアランスっぽい段ボール箱の中で、再び1950年代のブリキ製のレシピ・ボックスを見付けました。大きさは、相変わらず共通していて同じ位です。何処の国の製造かは記してありませんが、多分アメリカ製ではなくイングランド製だと思います。朱赤の雪のような文様が散っていて、最初はクリスマス専用なのかと思いましたが、特にそう言う訳ではないようです。キッチンで使用したままの状態らしく、蓋がベ...

  7. ブリキの家型貯金箱 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ブリキの家型貯金箱

    イギリスに戻って来て、初めての日曜日が来ました。折しも、季節はフリーマーケットの最盛期になろうとしています。ところが、私の住んでいる地域で最大規模だったフリマは、開催地(牧草地)を地主が宅地として売ってしまった為に閉鎖され、今だ代わりの土地が見付からずにいます。私達を始め、今までそのフリマに出掛けていた客は、同じく日曜日の少し遅い時間に開催される、もう少し小規模の牧草地のフリマに行くようにな...

  8. 3月のルイスでアンティーク・モール巡り テーブルウェア編 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    3月のルイスでアンティーク・モール巡り テーブルウェア編

    今日は、3月のルイスのアンティーク・モール巡りで出会った、陶器、缶類、そしてウラン・ガラスを中心としたガラス器等を御紹介します。タイトルが長くなり過ぎるので、無理矢理「テーブルウェア」と一括りにしています(笑)。このティー・セットを見て、苺はイギリス人の大好きな果物の一つなのに、苺柄の食器は、有名なウェッジウッドの「ワイルド・ストロベリー」以外は、割と少ない事に気付きました。こちらも在りそう...

  9. ハンガーフォードでお宝探し  玩具&その他編 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ハンガーフォードでお宝探し 玩具&その他編

    今回のハンガーフォード・アーケードでは、ビンテージ・ジュエリーの品揃えも少なくなったかもと感じましたが、ビンテージ玩具も以前より少なくなったように感じました。玩具専門のストールが撤退したからのようで、まあ残っていたとしても、私が買えるアイテムはほとんど無かった訳ですが…。かと言って、ストールに空きが目立つようになって来た訳ではなく、ちゃんと代わりのストールで埋まり、ガラス製品は返って益々豊富...

  10. キッチン柄のブリキのレシピ・ボックス -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    キッチン柄のブリキのレシピ・ボックス

    昨年の11月と12月は、フリマでの収穫がほとんどありませんでした(涙)。本当に毎週末見事に暴風雨で、フリマ自体が欠行されたからです。僅かに開催された日でさえ、予報に反して結構雨が本格的に降り出したりしました。猫並みに濡れるのが嫌いなP太は、フリマに連れて来てはくれたものの、雨が降っているので、自分は車を降りずに中で待っていると言いました。それで、私のみが雨の中フリマを見て回りました。隣町の駐...

  11. ルイスのアンティーク・モール巡り ビンテージ缶編 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ルイスのアンティーク・モール巡り ビンテージ缶編

    確証は全くありませんが、古い缶のコレクションと言うのは、もしかしたらイギリスが一番盛んなのかも知れません。イギリスでは、昔から缶に入ったお菓子が典型的な(無難な)プレゼントの一つで、中身のお菓子自体はチョコやビスケットやファッジばかりで全く変わり映えしないのに、様々な凝った装飾の缶が存在します。V&A美術館にも、20世紀初頭のお菓子缶が展示されている程です。それ故に、缶のコレクターも...

総件数:11 件

似ているタグ