テロのタグまとめ

テロ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはテロに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「テロ」タグの記事(61)

  1. テロの準備は整っているしかし その挑発に乗ってはならない - あんつぁんの風の吹くまま

    テロの準備は整っているしかし その挑発に乗ってはならない

    東京五輪競技に於けるテロ対策は抜け穴だらけのようです。この状況を察して、政府は開催期間中の無観客試合を決めたのでありましょう。中国共産党は、この時期に、日本に対して核の先制攻撃もあり得ると云う最大限の脅しを掛けてきました。しかし、かつての第一次上海事変を思い起こせば、これが中共を使ったディープステートの陰謀であることは想像に難くありません。ですから、例えテロが起きたとしても、武力によって反撃...

  2. テロに備えれば 無観客試合は当然の帰結である - あんつぁんの風の吹くまま

    テロに備えれば 無観客試合は当然の帰結である

    今度の東京五輪競技は無観客で行われることが決まったようだ。理由は疫病の流行対策と云うが、本当は違うところに在ると思う。世界中で様々なテロが相次いでいることを忘れてはならない。テロは銃の乱射や爆発物に拠るものだけでは無い。地下鉄サリン事件を思い起こせば、バイオテロの恐ろしさが解るだろう。また、フクイチ原発事故での大規模停電もある。今回は夜に試合が多く組み込まれていることから、大規模停電が起きた...

  3. 東京五輪競技の最中に米国で政変が起きる可能性を否定しません - あんつぁんの風の吹くまま

    東京五輪競技の最中に米国で政変が起きる可能性を否定しません

    昨年のアメリカ大統領選挙では、大規模な不正が行なわれ、トランプ大統領が退陣に追い込まれましたが、御存知のように、トランプは敗北を認めていません。そして、再び、各州において票の集計作業が行なわれています。また、バイデン大統領は、新型コロナウイルスの自然発生説を急に変更し、中共の武漢ウイルス研究所からの漏洩を認める発言をし始めました。そのことに不審を感じていたところ、中共の大物高官亡命の事実が明...

  4. アメリカの無血革命は未だ終わっていない - あんつぁんの風の吹くまま

    アメリカの無血革命は未だ終わっていない

    新型コロナウイルス大流行の発生源は、中共の武漢に在る、生物化学兵器研究所であることを、バイデン大統領は急に認め始めるようになりました。不思議に思っていたところ、アメリカ国防情報局が、中共高官の亡命者を匿っていることが明らかになって来ました。このアメリカ国防情報局は、CIAではなく、国防総省、即ち、ペンタゴンに在る組織です。つまり、アメリカ軍は、CIAに内緒で独自に疫病大流行(パンデミック)の...

  5. 不法移民と云う名の奴隷貿易 - あんつぁんの風の吹くまま

    不法移民と云う名の奴隷貿易

    昨日の五月二十七日は海軍記念日でした。この日、大国ロシアのバルチック艦隊を全滅させた大勝利によって、白人が席捲していた世界は大きく変わって行くのであります。従って、日本人はこの皇国の興廃を決した大事件を忘れるべきではありません。昨年から世界情勢が渾沌としてしまいましたが、そんなことは永い歴史を顧みれば、珍しいことではありません。しかし、メディアが大騒ぎしている裏には、本当は、何か隠したいもの...

  6. 平和友好条約を遵守しない国は明らかに敵で在る - あんつぁんの風の吹くまま

    平和友好条約を遵守しない国は明らかに敵で在る

    今日、チャイナの習近平は覇権主義を露にして大きな顔をしていますが、近代五輪競技は、そのチャイナが未だ清国だった日清戦争の年から始められた西洋主体の世界競技大会でありました。時代考証を考えれば解るように、当時、西洋以外でまともな独立国と云える国はタイと日本しか存在しなかった時代です。今や世界の祭典と云われる五輪競技ですが、もともと国威発揚の為の世界大会であることから、テロ事件が発生したことが在...

  7. トランプ襲撃される? - 西郷会25381883F382B

    トランプ襲撃される?

    あのドナルド・トランプが暴漢に襲撃される?古いネタで申し訳ない

  8. 未だアメリカでは二人の大統領が存在しているようだ - あんつぁんの風の吹くまま

    未だアメリカでは二人の大統領が存在しているようだ

    中共と親密なジョー・バイデンが米国大統領になった事により、米中戦争の可能性は低くなりましたが、日中戦争の危険は高まりました。大統領就任式が終了したと云うのに、ワシントンD.C.には未だ軍隊が残っています。バイデン新大統領は就任の演説で、もう故郷には戻れないような事を口にしました。また、カマラ・ハリス副大統領は、宣誓する時に、わざわざ聖書の上に小さなバックを置き、そこに手を置いて宣誓しました。...

  9. トランプ大統領は暗殺された場合を想定して行動している - あんつぁんの風の吹くまま

    トランプ大統領は暗殺された場合を想定して行動している

    自由主義の宗主国であるはずの米国で「言論の自由」の危機に瀕しています。あろうことか、現職大統領の言論封殺を露骨に行っているのですから酷いものです。日本においてもマスメディアの腐敗ぶりは酷いものが在りますが、自由主義を掲げている米国でさえこの有り様ですから、日本の総理大臣を批難しても始まりません。この腐敗した国を洗濯しようとしているトランプ大統領には、当然、暗殺される危険が孕んでいます。そこで...

  10. 米国の無血革命は失敗に終わったが 反乱法を適用する準備は整った - あんつぁんの風の吹くまま

    米国の無血革命は失敗に終わったが 反乱法を適用する準備...

    葉山港では年初の海上安全祈願が森戸神社の宮司により執り行なわれました。しかし、世界情勢は疫病の大流行だけでなく、コミュニズムの蔓延により一層渾沌として来ました。そして、どうやら米国では大規模な不正選挙を正す無血革命は失敗に終わったようです。戦争は政治の究極的手段であります。流血は望みませんが、平和を導くためには覚悟を決めなければならないと思います。過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯し...

  11. カルフォルニア州をアメリカ合衆国から独立させようと目論んでいる国が在る事を知っていますか - あんつぁんの風の吹くまま

    カルフォルニア州をアメリカ合衆国から独立させようと目論...

    米国のカルフォルニア州は元々はメキシコ領でした。しかし、カルフォルニア州を独立させようと目論んでいるのはメキシコではありません。今回の大統領選挙の混乱が収拾出来ない場合は第二次市民(南北)戦争が起きる危険が孕んでいます。もし、バイデン元副大統領が次期大統領になるならばテキサス州が合衆国から離脱する可能性が在ります。逆に、強引にトランプ大統領が次期大統領になるならば、カルフォルニア州が独立を宣...

  12. 核兵器より恐ろしい生物科学兵器 - あんつぁんの風の吹くまま

    核兵器より恐ろしい生物科学兵器

    歴史を遡ってみると、人類は疫病の流行に悩まされていた事が判ります。人類の寿命が伸びたのは疫病との戦いに勝ったからと云っても過言ではないはずです。逆の見方をすれば、疫病によって大量に人を殺す事が出来るのですから、疫病を兵器として利用しようとする悪意の在る人間が居ても不思議では在りません。実は、私の携帯電話に非通知設定で中国語の自動音声による電話が掛かってきました。何を言っているのかさっぱり分か...

  13. 軟弱外交は国を滅ぼす - あんつぁんの風の吹くまま

    軟弱外交は国を滅ぼす

    東京裁判で唯一非軍人の広田弘毅が絞首刑になりました。城山三郎の「落日燃ゆ」にも書かれた平和外交を目差した政治家でしたが、外交官と云う経歴では軍部を統制するのは当時としては不可能であった事でしょう。しかし、軍部を統制する必要のない戦後の日本の政治において、軟弱外交を展開する事は馬鹿げていると云うよりも国家の破滅を招きます。30年前に起きた北京の天安門事件は、もう歴史となり、現代の世界情勢に無関...

  14. バイデン陣営は軍を掌握しているトランプ大統領に勝つ事は出来ない - あんつぁんの風の吹くまま

    バイデン陣営は軍を掌握しているトランプ大統領に勝つ事は...

    武漢ウイルスの大流行の御蔭で、日本人は平和惚けからようやく目覚める事が出来ました。しかし、それは日本人に限った事ではなく、米国や欧州等の民主主義国の人々にも同様の事が云えると思います。それまではグローバリズム(全体主義)こそが自由民主主義の原理であるとして、ナショナリズム(民族主義)を白い目で見る風潮が蔓延していました。それがパンデミック(疫病の大流行)の御蔭で吹き飛んでしまったのです。(キ...

  15. トランプ大統領はやっぱり米国版の小泉純一郎だ! - あんつぁんの風の吹くまま

    トランプ大統領はやっぱり米国版の小泉純一郎だ!

    小泉純一郎が総理大臣になったのはもう20年も前なのですね。この小泉内閣時代は日本国民の政治に対する意識が復活した時でした。郵政民営化法案が衆議院ではなく参議院で否決されたことにより衆議院を解散すると云うのはハッキリ言って禁じ手であるはずなのに、小泉総理はそのような事はまるっきり意に返さず、自民党をぶっ壊すと云う公約どうり党内の反対勢力に刺客を送って、小選挙区制を活用しつつ国民の民意を盾に国会...

  16. プーチン大統領の言葉に耳を傾ければ 今 米国で何が起こっているか理解出来るでしょう - あんつぁんの風の吹くまま

    プーチン大統領の言葉に耳を傾ければ 今 米国で何が起こ...

    丸谷元人のインテリジェンス養成講座の講義より拝借ロシアのプーチン大統領は、「世界で起こる95%のテロはCIAによるものだ。CIAはデープステイトが持つ無法集団だ。」とか、「CIAは、今日、アメリカの一部として存在するが、アメリカ人のものではない。彼らはアメリカ国民やその利益のために働いているわけではない。」と、西側の報道機関に対してハッキリと述べています。今回のアメリカ大統領選挙の選挙詐欺は...

  17. アメリカ人民のアメリカ人民によるアメリカ人民のための無血革命これぞ国家の品格なり - あんつぁんの風の吹くまま

    アメリカ人民のアメリカ人民によるアメリカ人民のための無...

    明治維新を世界史として遡って見てみると、今、米国では明治維新のようなものがトランプ大統領の手によって進行中であることが分かります。トランプ大統領は、今回の大統領選挙で、大規模な不正が起きる事を察知していました。ですから、軍の特殊部隊を政府直属にして守りを固めています。さて明治維新前夜の日本は、アヘン戦争でシナを席巻した大英帝国の侵略が迫っていました。その大英帝国に加担したのが薩長土佐です。徳...

  18. 名誉な事に ツイッターのアカウントがロックされました - あんつぁんの風の吹くまま

    名誉な事に ツイッターのアカウントがロックされました

    今、アメリカ合衆国ではトランプ政権を転覆させようとする、選挙詐欺によるクーデターが進行中です。そのような緊迫した世界情勢をマスコミが報じないので、ネットメディアのツイッターからの情報に息を飲む日々を過ごしているのですが、とうとう、私のツイッターのアカウントがツイッター社によってロックされてしまいました。何せ、ツイッター社は検閲を強化していて、トランプ大統領のツイートもロックされるぐらいなので...

  19. 「躓きの石」 - みなと横浜、音楽・オーディオ三昧 ベルリン編

    「躓きの石」

    11月9日はナチスの暗い歴史・ユダヤ人迫害の開始をマークする1938年11月9日の夜に起きた事件、帝国水晶の夜(Reichskristallnacht)として、またベルリンの壁崩壊した日としてドイツにとってモニュメンタルな日のようだ。街を歩いていると、アパートの前に金属製のプレートが埋まっている。これは「躓きの石」というのだそうで、これはホロコーストで収容所に移送される人が最後に住んでいた家...

  20. 小さな悪事であっても黙認していると 真似する輩が増えて 必ず社会が崩壊する。 - あんつぁんの風の吹くまま

    小さな悪事であっても黙認していると 真似する輩が増えて...

    社会が崩壊する仕組みはそれほど複雑ではありません。トランプ大統領の顧問弁護士のジュリアーニ氏がニューヨーク市長になる前は、地下鉄に乗るのも危険なほどニューヨーク市は悪事が蔓延していました。ジュリアーニ氏が市長になって断行した事は、小さな悪事を見逃さないと云う事でした。マフィアが蔓延る街の些細な悪事も見過ごす事なく、悪い事をした輩を徹底して牢屋にぶち込んだ結果、今では市民が安心して歩ける街にな...

総件数:61 件

似ているタグ