テングチョウのタグまとめ

テングチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはテングチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「テングチョウ」タグの記事(126)

  1. チョウの卵や幼虫との出会い - 公園昆虫記

    チョウの卵や幼虫との出会い

    ツマキチョウの場合通りがかりにツマキチョウがオオアラセイトウ(ムラサキハナナ)に止まったのを目にしたのは、4月中旬のこと。メスだし、花ではなく葉にとまったので、産卵だとわかった。▲オオアラセイトウにとまるツマキチョウツマキチョウが去ったあと、とまった葉をチェックすると、卵が見つかった。▲ツマキチョウの生みたての卵今までも、ここまでは何度も観察してきたが、その後(卵の孵化や幼虫)がなかなか観察...

  2. 20210626 【蝶】テングチョウ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20210626 【蝶】テングチョウ

    テングチョウは、「和名は成虫の頭部が天狗の鼻のように前方に伸びることに由来する。」(Wikipedi)高校生の頃は、「テングチョウ科」というたった1種の科でした。蝶も植物も遺伝子解析が進み、科が統合されたり、別の科に移ったりしていて、戸惑います。「テングチョウ亜科は全世界に10種類ほどが知られるが、日本に分布するのは1種類だけである。これらはタテハチョウ科の亜科の1つとして分類されるが、かつ...

  3. 2021.6.7東京・奥多摩ウラクロシジミ2021.6.16 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.6.7東京・奥多摩ウラクロシジミ2021.6...

    20021.6.7午後にウラクロシジミを見に行く。撮りに行くと書きたいところだが、すべて証拠写真。天気予報が少し外れ、現地に着くと快晴、しかも気温が高いせいか、♂の飛び出しが遅かった。そして、数も少なく、同時に見たのはせいぜい2頭だけだった。最初に撮れた♀は、マンサクに産卵にやってきたようだが、暗くて遠かった。2頭目の♀は至近距離。近すぎ、300ミリ+1.4テレコンなので、一番下がっても下が...

  4. ε-(´o`;A アチィ - なんでもブログ2

    ε-(´o`;A アチィ

    こんにちは。本日2回目の投稿です。今日も32℃風~~~~"Qo┃・∀・┃"パタパタ早朝から鳥見に出かけたけど現地は猟犬の声で五月蠅いฅ◤•(エ)•◥ฅわん♡そんなわけで鳥が出てくるわけもなく肩を落として帰路に撮れたのは...テングチョウのみご覧いただきありがとうございます。

  5. 幼虫がいっぱい?? - 蝶超天国

    幼虫がいっぱい??

    5月30日つづきこの時期はいろいろな幼虫を探すのも楽しみです。一番多かったのはエノキを食すオオムラサキでした。エノキからはテングチョウの幼虫も時々見つかります。更にヒオドシチョウの幼虫が大量発生している木がありました。あまり可愛い幼虫とは言えません。ウメノキからはオオミスジの幼虫も見つかります。大きさは多少ばらつきがあります。ルリタテハの幼虫もいました。ゼフィルスの幼虫は時間切れで見つける事...

  6. テングチョウ - 打出頑爺の鳥探し

    テングチョウ

    テングチョウ(天狗蝶、学名:Libythea celtis)チョウ目タテハチョウ科テングチョウ亜科0.06 5PF5.6

  7. 小畔川便り(アカシジミとミズイロオナガシジミ:2021/5/25.28) - 小畔川日記

    小畔川便り(アカシジミとミズイロオナガシジミ:2021...

    5月25日はそろそろミズイロオナガシジミが出ているかなと思って、いつもの場所に出かける。10時過ぎに歩き始めて、すぐに見つかったのはアカシジミ。まだ不活発で止まったまま動かない。笹の間にも止まっていた。コンクリートのポールに止まっていたのはテングチョウ。家内撮影このテングチョウ、通常のものより裏面の色がずいぶん黒い。上手にポールに溶け込んでいる。雑木林の中を歩いていると、白い蝶が飛んできた。...

  8. 秩父のクモガタヒョウモン(2021/5/14) - 小畔川日記

    秩父のクモガタヒョウモン(2021/5/14)

    5月14日は、数日前にクモガタヒョウモンが出ていると、秩父のekuboさんから連絡があったので出かけてみた。10時ころにポイントに着くけど最初は見つからなかった。昨年、オオムラサキやスミナガシを撮影した場所では、クヌギの幹に防虫用のシートが貼ってある。今年は撮影できないかもしれない。ダイミョウセセリが鳥の糞から吸汁していた。自宅に帰ってから手元のストックを見たら、ダイミョウセセリの吸汁は初め...

  9. ウラゴマダラシジミとウラナミアカシジミ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ウラゴマダラシジミとウラナミアカシジミ

    2021年5月22日(土),雨時々曇り.早朝から雨が降っていたが9時頃になると雨は上がって明るくなってきたので近くの里山へ出かけた.先週アカシジミが出たので今週はウラナミアカシジミが目的.アカシジミは2頭目撃のみだった.先週一つも見られなかったウラゴマダラシジミは6~7頭確認.開翅してくれなので飛翔を撮る.新鮮なテングチョウ.今日羽化したのかあまり飛べない目的のウラナミアカシジミ.見つけたの...

  10. テングチョウ(天狗蝶:Libythea celtis) - なんでもブログ2

    テングチョウ(天狗蝶:Libythea celtis)

    おはようございます。夏鳥を探しに近くの山に出かけてみました。朝は用事があったため昼過ぎに行ったので鳥は囀りすら聞こえず撮れたのは蝶と花のみ翅がボロボロなので、テングチョウの越冬個体だと思います。ご覧いただきありがとうございます。エキサイトユーザー以外の方も♡押していただけます。励みになっています。ありがとうございます。

  11. テングチョウ、ルリシジミ等 - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    テングチョウ、ルリシジミ等

    2021年4月15日通過中の夏鳥が居ないか探しました、歩き回ったので約9,200歩冬鳥のツグミを確認しましたがそのほかの鳥は見当たりませんでした。普通の蝶々が飛び回っていました・・・・ルリシジミ♀ルリシジミ♂ヒメウラナミジャノメテングチョウベニシジミモンキチョウ♀モンシロチョウX-T4、XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR

  12. 小畔川便り(桜満開:2021/3/29.30) - 小畔川日記

    小畔川便り(桜満開:2021/3/29.30)

    3月29日は自宅より上流のコツバメの発生地に行くけど、この日は見かけることはできなかった。蝶の姿が少ないのでうろうろしていると、テングチョウがエノキの周りを飛んでいるのが見えた。様子を見ていると産卵態勢をとったけど、すぐに飛び上がって近寄れない。何度同じことの繰り返し、そのうち飛んで行ってしまった。いつもミヤマセセリがいる場所に行くと、この日も1頭のオスが出てきてくれた。家内撮影オリンパスで...

  13. 春ならではの出会い♪ - *la nature*

    春ならではの出会い♪

    朝から待つ事約2時間・・・。やっと今季初のツマキチョウに会えました~♪近づくとすぐに逃げてしまうので、離れた所からしか撮れず、まずはCOOLOPIX p900で!クリアには撮れませんが何とか証拠写真を(^-^;しばらく待った甲斐があり3頭が絡むシーンも見る事ができました!この模様が何とも言えません*今日は鳥撮り用レンズを持たずに散策したのでD500はマクロでしかとれず・・・(^-^;大大トリ...

  14. 蝶たちの季節♪ - *la nature*

    蝶たちの季節♪

    今の時期に現れるツマキチョウ、トラフシジミに会いたいと出掛けましたが、残念ながら今日も念願叶わず・・・。ですが、モンシロチョウのペアに出会いました♪3月25日舞岡公園春は恋の季節ですね♥全く動きがないので撮りやすいのですが、時折風に煽られ思うように撮れず・・・。突然、乱入者が!すぐ退散したかと思うとまたまた乱入!今度はスジグロシロチョウまで!!・・・というわけで、今までアップしそこなった蝶特...

  15. 暖かさに誘われて飛び出す越冬蝶たち - 蝶超天国

    暖かさに誘われて飛び出す越冬蝶たち

    3月14日つづき記事の順番が逆になってしまいましたが・・・コツバメなどの新生蝶を撮影した里山の続きです・・・。越冬蝶もいろいろ見られました。一番多かったのはテングチョウで、あちらこちらで姿を見る事が出来ました。ヒオドシチョウはボロボロから綺麗な個体までいろいろでした。ムラサキシジミは地面付近を飛ぶもの・・・・・食草のアラカシ周りで佇むもの・・・気まぐれに飛び出しますが、目立たないので見失って...

  16. スギタニルリシジミ(2021/3/15) - 小畔川日記

    スギタニルリシジミ(2021/3/15)

    3月15日は晴れて風もなく暖かい。スギタニルリシジミも出たようなのでダムサイトの公園に出かける。途中渋滞があって、12時すぎに着いたけど、すぐにテングチョウが花壇の花で吸蜜して出迎えてくれた。家内撮影ポイントに着くと、cactussさん、クーさん、NAGUさんなどがいらしていたけどスギタニはまだ出ていないようだった。13時近くなってようやくスギタニが降りてきてくれて吸蜜を始めてくれた。家内撮...

  17. 越冬タテハ - 飛騨山脈の自然

    越冬タテハ

    季節の進み具合から春の新成虫は望めないが越冬タテハは飛んでいた。天気が悪くなってきたこともあってテングチョウが2頭だけ確認できた。思いがけずフチグロトゲエダシャクが飛んだ。昨年初めて岐阜県で確認され今年も調査を続けている。何の変哲もない広場だったが、夏には食餌植物を含む様々な植物が繁茂するのだろう。風が吹いて寒くなってきたがキタテハが1頭だけ飛んでいた。標高の低い富山平野でも今年は雪が多かっ...

  18. コツバメの飛翔撮影(2021/3/6、16) - 小畔川日記

    コツバメの飛翔撮影(2021/3/6、16)

    3月6日は晴れて暖かい。この日は自宅近くのコツバメの発生地に様子を見に行く。ここのコツバメは、いつも行くアセビの公園でコツバメが出てから数日後に出ることが多いけど、そちらはまだ出ていないようなので、コツバメは無理だろうけどどんな感じかなと様子見。天気が良くて暖かいので、テングチョウくらいはいるかなと思ったけど何もいなかった。ぶらぶら歩いていると花壇のパンジーにキタテハが吸蜜に来た。家内撮影家...

  19. イスカ③ - Mag's  DiaryⅣ

    イスカ③

    3月10日、珍しい鳥がいると聞いて、広島市の山へ出かけました。残念、目的の鳥は、数日姿を見ないということでした。でも、イスカがいました。メスが持っているのは?電線にも止まっていました。おまけは冬を乗り越えたテングチョウ!(^^)!たくさん見かけました。ルリタテハも飛んでいましたが、撮れませんでした。みんな元気に春を迎えているようです。

  20. コツバメの公園で(2021/3/11) - 小畔川日記

    コツバメの公園で(2021/3/11)

    日時がずれますが、旬の記事の方を先に。毎年楽しみにしている公園で、6日にコツバメが出たというので、11日に様子を見に行ってきた。3ヶ所ある撮影ポイントのうち上の方では、キタテハがアセビに来ていたけどコツバメは見当たらない。次の場所に移動するけど、ここでもダメ。一番下の場所に移動する途中で、キタテハとミヤマセセリが飛んできて止まった。ミヤマセセリはこの日は期待していなかったので、エッ ! と思...

総件数:126 件

似ているタグ