テングチョウのタグまとめ

テングチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはテングチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「テングチョウ」タグの記事(126)

  1. 10/31ルーミスシジミ、ムラサキシジミ、テングチョウ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    10/31ルーミスシジミ、ムラサキシジミ、テングチョウ他

    ルーミスシジミの開翅を撮りたくて、プチ遠征しました。いつもの駐車場所に着くと、蝶友さんの姿が。これは心強い。この時点では天気も良くて楽勝かな?と思ったのですが、そうは問屋が卸さず。終わってみれば厳しい結果になったのでした。林道に日が差し始め、頃合い良しとばかりに歩き始めますが、肝腎のチョウの姿はほとんどなく。たまに飛んだ!と思ったら…ムラサキシジミ草被りながら、開翅も披露してくれたんですけど...

  2. 土佐水木・シキミの花・テングチョウ - あだっちゃんの花鳥風月

    土佐水木・シキミの花・テングチョウ

    地元の公園に、花を見つけに来ました。土佐水木がある場所に行きました。やっと少し咲きだしてきた程度。もう少しで賑やかになると思います。シキミの花を見つけました。今まで知らなかった。カメラに望遠レンズを付けていた時、テングチョウが飛んできて、止まってくれました。

  3. 山へ行く - 虫のひとりごと

    山へ行く

    西脇市にある矢筈山へ行ってきました。ヤブツバキが綺麗です。登山道が整備されていて、歩きやすいですが、頂上まではちょっときつい。頂上まで後800mのところで、引き返しました。全然登っていません。おめざめのテングチョウ。ウスタビガの繭ヒヨドリ。野鳥の鳴き声はきこえますが、数は少ないです。いつも河川付近を歩いているのですが、野鳥の種類も数も全く違いますね。あらためて河川付近の野鳥の豊富さに気付きま...

  4. 早春の道端で - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    早春の道端で

    オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)オオバコ科名前が可哀想だからと、どなたかが「星の瞳」という別名を考えましたが、実際より美しすぎる(?)からか、あまり普及しないようですね。そこでおっさんも考えてみました。もっと気軽に平民的に「瑠璃小草」なんてのは、どうでしょうかね?タンポポ(蒲公英)キク科写真では分かりにくいですが、花の下の総苞片が反り返っているのでこれは外来種(多分)。年中咲いてますがこの黄色...

  5. ■春を探しに (2)21.2.23(モンシロチョウ、キタテハ、テングチョウ) - 舞岡公園の自然2

    ■春を探しに (2)21.2.23(モンシロチョウ、キ...

    穏かな「天皇誕生日。きのう花を接写しようと屈んだだけなのに、腰の筋を痛めて動きづらくなった。休養日です。「春の蝶」が飛んで、タンポポや菜の花にとまった。モンシロチョウ21.2.22FUJIFILM X-T30 100-400mm×1.4 ISO800 1/1250,F8連日の暖かさで羽化したばかりなのでしょう。今季初見のモンシロチョウです。近くに寄ろうとしたら、飛び立たれてしまいました。キタ...

  6. とても暖かくて・・・ - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    とても暖かくて・・・

    朝から快晴、今日は気温が上がって20度を超えた様です。飽きもせず、ダムサイト公園に出かけてました。暖かくて、時折風が吹いた際には山火事かと思うほどにスギ花粉が飛散しており、クシャミも出ます。(.)とても暖かくて、越冬明け蝶が沢山舞ってました、キタテハ、テングチョウ、ムラサキシジミ、凄い数でした。サザンカには20頭位のムラサキシジミが群がっていたけど、気温が高くて開翅はしなかった。サザンカには...

  7. 新生蝶発見ならず - 茨城蝶遊記Ⅱ

    新生蝶発見ならず

    2021年2月20日(土),快晴.今日は気温が上がる予報だったので,筑波山周辺を歩いてみたが吹く風が冷たく新生蝶は見つからなかった.燧ヶ池(ひうちがいけ)周辺を探してみたが何も出ない.マヒワが近くに飛んで来た.畑やあぜ道は緑が少なくまだ冬の様相でホトケノザやイヌノフグリもあまり咲いていなかった.あちこちうろうろしてみるが何もいないのでMFへ行くとカワヅザクラが咲き始めていた.風が当たらない暖...

  8. 低気圧の発達した日でした - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    低気圧の発達した日でした

    昨日は雨、今日は朝から快晴、関東は比較的暖かい、北海道は猛吹雪らしい。町内のダムサイト公園へコンビニ弁当持参で出かけた。ヒイラギナンテンの花が間もなく咲くでしょうムラサキシジミが沢山飛びだしてました。キタテハ多く、テング少なかった。モンキチョウが意外と多く飛び出していた。午前中は意外と穏やかだったけど、午後は流石に低気圧の影響で風が吹いたので撤収でした。

  9. 覚醒チョウばかり - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    覚醒チョウばかり

    朝から快晴、穏やかで暖かい1日、午前中から今日もダムサイト公園に出かけた。暖かくて、今年一番の覚醒チョウのオンパレードでした。ホソミオツネントンボも覚醒

  10. 都下の3ヶ所目のホソミイトトンボ観察場所 「観察地 C」(都下-4) - オヤヂのご近所仲間日記

    都下の3ヶ所目のホソミイトトンボ観察場所 「観察地 C...

    ■都下の3ヶ所目のホソミイトトンボ観察場所 「観察地 C」1/31のブログで都下のホソミイトトンボ観察場所は2ヶ所と記載していたのですが、3ヶ所目があったのをすっかり失念していた。それは昨年の春、ムカシトンボ撮影で訪問した場所。ホソミイトトンボとホソミオツネントンボを同時に見ていた。4/19だったのでホソミイトトンボはすっかり婚姻色で現れた。ホソミオツネントンボはまだ完全に婚姻色ではなかった...

  11. 暖かい週末のダムサイト公園にて - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    暖かい週末のダムサイト公園にて

    朝から快晴、とても穏やかで暖かい1日、コンビニ弁当持参で今日も町内のダムサイト公園に出かける。このところ、モンキチョウが余り見られないのが不思議です。サザンカで吸蜜するアカタテハが1頭居ましたが傷みも無く綺麗でした。先日にパンジーで見られたアカタテハとは斑紋から別個体でした。奇麗な個体だったので、今日も新生蝶?かも知れません。越冬組ではムラサキシジミの奇麗なメスが見られた。テングチョウも覚醒...

  12. 今日は越冬蝶のみ - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日は越冬蝶のみ

    朝から快晴、お天気良くて気温が上がる予報、お昼時には曇り空の時間もあったけど概ね晴れの1日でした。お昼前にはダムサイト公園に出かけた。キタテハテングチョウムラサキシジミ新生蝶はモンキチョウのみ見かけたが、今日、撮影出来たのは越冬蝶のみでした。ルリタテハが背後から飛んで行ったけど、見送っただけでした。

  13. 暖かくて・・・ - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    暖かくて・・・

    朝から快晴、暖かい1日でした。お昼前からダムサイト公園に出かけた。今日はアカタテハがパンジーで吸蜜していました。アカタテハは傷も無く新生蝶かも知れません。超拡大画像、縁毛にもスレが無く綺麗です。暖かくてテングチョウも飛び出してました。午後、川の広場に移動、モンキチョウのメス4頭、オス3頭が飛んでいた。無理やりワンコと一緒に撮った。1輪のオオイヌノフグリで吸蜜のメス。

  14. モンキチョウと越年タテハ(2021/1/13.14) - 小畔川日記

    モンキチョウと越年タテハ(2021/1/13.14)

    1月13日は晴れ、最低気温はー2℃位、最高気温は12℃位。7日からほぼ1週間後の入間川のモンキチョウ撮影に行く。11時くらいにポイントに着くと、モンキチョウが飛んでいるのが見える。ナノハナに止まったのを撮影するけど、ナノハナは傷んだ花が目に付くようになってきた。家内撮影飛び立つところも撮影。11時半くらいになると、吸蜜は一段落して下草に止まる個体が増えてきた。家内撮影家内撮影それで自宅近くの...

  15. スペ・ゲス彡をお迎えして、越冬蝶達も一時覚醒(2021/01/27)② - 里山便り

    スペ・ゲス彡をお迎えして、越冬蝶達も一時覚醒(20...

    時系列は 'ムラシ' の方が遅かったのですが、久し振りに観た '紫色' につい先に投稿してしまいました。此方の蝶達もしっかり撮ったのですが「絵図」が今一だったのでつい後回しになってしまいました。テングチョウ♂(天狗蝶)The Nettle-tree Butterfly [Libythea celtis]'キタキチョウ' が飛んでい...

  16. 今日のシーン - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日のシーン

    午前中は晴れて暖かったが、午後は曇り時々晴れでした。午前中、荒川水系でしたが、シャッター切れたのはテングチョウのみ。午後、自宅前、JR試運転車両GV- E400試運転もそろそろ終わりでしょうか。やがて五能線に配属されるのでしょう。

  17. ムラサキツバメ(褄紫)とテングチョウ - 風任せ自由人

    ムラサキツバメ(褄紫)とテングチョウ

    本日はムラサキツバメが数匹とテングチョウしか確認できなかった。晴れて気温もそこそこ高かったが、明らかに違っていたのは風が殆どなかったこと。ムラサキツバメ笹の葉に留まったこの雌は前翅の先端に青い鱗粉が載った、所謂「褄紫」だった。下の写真はその部分のアップ塒を探していた子テングチョウ

  18. 荒川水系ムラサキ兄弟プチ遠征7回目 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    荒川水系ムラサキ兄弟プチ遠征7回目

    今日もお天気良し、比較的暖かい予報だったので、午前中のみ荒川水系ムラサキ兄弟の観察に出かけた。暖かい日差しにムラサキツバメの雌雄が飛び出してました。 ...

  19. ■成虫越冬する蝶 3種20.12.9(アカタテハ、テングチョウ、ウラギンシジミ) - 舞岡公園の自然2

    ■成虫越冬する蝶 3種20.12.9(アカタテハ、テン...

    初冬の寒い曇り空の日に。虫目当てに散策するも鳥さえいない無収穫の破目に。「小春日和」の谷戸奥では、成虫で越冬する蝶が飛んでは「日向ぼっこ」をする光景が見られる。アカタテハ20.12.1CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/1000,F4 谷戸の奥の草原を飛んで来て、エノキの幹にとまって翅を拡げた。年に1回出会えるくらい、たまに撮影できる蝶です。テン...

  20. 擬態に感動:テングチョウ - 赤いガーベラつれづれの記

    擬態に感動:テングチョウ

    近隣の公園散歩。まだ冬鳥はジョウビタキさんだけですけれど・・・そのうち青い鳥も赤い鳥も白い鳥も姿を見せてくれることでしょう。オレンジの美しい色のチョウを見つけました。ウラギンシジミのようなオレンジです。少しの間留っただけでさっと右手に飛び去りました。なかなか見つかりません。そのはずです。表は明るいオレンジ系ですが、これ同じチョウなのですが、分かりますか。少しだけオレンジが見えて気づいたのです...

総件数:126 件

似ているタグ