テングチョウのタグまとめ

テングチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはテングチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「テングチョウ」タグの記事(126)

  1. 年末年始を埼玉県で過ごす蟲たちin2019.12~2020.01 - ヒメオオの寄り道

    年末年始を埼玉県で過ごす蟲たちin2019.12~20...

    年末年始に、今冬期登場したウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ムラサキツバメ、キタキチョウ、キノカワガ等以外で埼玉県内で冬を過ごしている昆虫たちを探してみました。in2020.01.02埼玉県中部の公園***************************************************************見沼区のiさんが見つけてくれたのは、な!なんと!!「テングチョウ」です...

  2. 小畔川便り(小春日和の日のムラサキツバメ他:2019/12/12) - 小畔川日記

    小畔川便り(小春日和の日のムラサキツバメ他:2019/...

    12月12日はムラサキツバメも出てきてくれた。着いてすぐにサザンカの葉の上で翅を開いているメスがいた。サザンカの花に止まっている個体もいた。しばらくムラサキシジミなどを撮影した後、2m位の高さの花を見ると、ムラサキツバメが吸蜜していた。そのままでは花弁に一部が隠れてしまうので、頭の上にカメラを差し上げてなんとか撮影する。こういった時に、Z50を買ってよかったなと思う。咲き終わった花でも吸蜜し...

  3. 越冬はムラサキ兄弟だけではありません。(2019/11/late)荒川 - 里山便り

    越冬はムラサキ兄弟だけではありません。(2019/11...

    'ムラサキ兄弟' の掲載に追われ埋もれていた越冬個体を蔵出しです。..........POTD.........暗闇背景に、虫に食されお窶れの葉、'テングチョウ' にお似合いです。-------------------------------------------------------------テングチョウ(天狗蝶)The Nettle-tr...

  4. フジバカマに集う蝶Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    フジバカマに集う蝶Byヒナ

    ミドリヒョウモンから始まったフジバカマに集う蝶たちの紹介も今日で最後。今シーズンの蝶の撮影が一区切りを迎えます。まずはサツマシジミ。前回も同じことを書いたような気がしますが、サツマは逆光気味で翅を透かせて撮るのが好みです。続いて、テングチョウとイチモンジセセリのツーショット。最後にアカタテハ。今年も様々な蝶が来てくれました。呼んでくれたフジバカマに感謝です~

  5. 初冬のおなごり惜しい、タテハチョウ達(2019/11/in early)at various places - 里山便り

    初冬のおなごり惜しい、タテハチョウ達(2019/11/...

    'ムラサキ兄弟' 探索中の合間にアッチコッチで出会った蝶達です。..........POTD..........小紫の葉でしょうか?お気に入り止まりです。-------------------------------------------------------------テングチョウ(天狗蝶)The Nettle-tree Butterfly [Libythea c...

  6. 晩秋に見られたタテハチョウの仲間in2019.10~11東京&埼玉 - ヒメオオの寄り道

    晩秋に見られたタテハチョウの仲間in2019.10~1...

    「見沼田んぼ」でも「東京都郊外の里山」でも晩秋のこの時期、個体数の多いタテハチョウの仲間というと繊細な幾何学模様を持つ裏翅を持つ「ヒメアカタテハ」です。in2019.10.13見沼田んぼin2019.10.26見沼田んぼ気温が15℃を切っても美しい表翅を見せて舞い出してくれました。in2019.11.09見沼田んぼ11月に入ってもまだまだ美しい「ヒメアカタテハ」です。************...

  7. 小畔川便り(そろそろ越冬準備:2019/11/4.5) - 小畔川日記

    小畔川便り(そろそろ越冬準備:2019/11/4.5)

    11月4日は3日の夜に雨が降ったけど、この日は晴天。10時過ぎに土手を歩きながら公園に向かう。土手のコスモスには、ツマグロヒョウモンチャバネセセリが吸蜜に来ていた。公園に着くと、banyanさんがお見えになっていた。挨拶をして一緒に探すことにする。とりあえずウラギンシジミの越冬個体を撮影。その後ウラギンシジミのメスムラサキシジミなどが出てきてくれた。ウラナミシジミも出てきて開翅してくれた。ム...

  8. 小畔川便り(ムラサキシジミの吸蜜:2019/11/1.2) - 小畔川日記

    小畔川便り(ムラサキシジミの吸蜜:2019/11/1.2)

    11月1日昨日はどんよりした曇りだったけど、今日は気持ちの良い晴天、9時半くらいに公園に行く。ところが何もいない。うろうろ30分以上歩きまわって、背中が暖かくなるころようやくテングチョウが飛び出した。撮影して様子を見ていると、葉の陰になった枝先に止まった。このまま越冬態勢に入るのかと思ったけど、しばらくしたら飛び出してしまった。ウラギンシジミのオスがアラカシの葉の先端に止まっていたので飛び出...

  9. SL待ちの間の蝶撮影 - 風任せ自由人

    SL待ちの間の蝶撮影

    秩父鉄道のSL狙いで秩父方面に出かけた。時間がたっぷりあったので、いくつかの候補地を見て回ってから撮影場所を決めようと思った。最初に訪れた場所の近くにはセンダングサなどがびっしりと生えていて、そこにウラナミシジミやモンシロチョウなどが沢山吸蜜に来ていた。そこでのSL撮影も問題なさそうだったので撮影場所はそこに決定した。そしてSLが来るまで蝶の撮影を楽しむことにした。ウラナミシジミ雌ウラナミシ...

  10. クロツバメシジミ(2019/10/23) - 小畔川日記

    クロツバメシジミ(2019/10/23)

    10月23日はFarfallaさんと、クロツバメシジミの撮影に行く。ポイントに着いて、車の後ろを見るとクロツバメシジミが交尾していた。最初に交尾シーンが撮れたので、後はいろいろなシーンをゆとりを持って撮影することができた。ツメレンゲの開花はまだだったので、この時期はコセンダングサが吸蜜源になっているようだ。ツタの紅葉には少し早かったけど、クロツバメシジミが止まった緑色の葉の隣に紅葉した葉があ...

  11. 天狗の鼻は高いのか!? - 夜つぐみの鳴くところで

    天狗の鼻は高いのか!?

    こちらはタテハチョウの仲間 テングチョウ(天狗蝶)です。ええ! こんな大きいの?そう実物大(なわけない)、前翅長でせいぜい大きくても30mmくらいでしょうか。開張でも40~50mmとタテハチョウ科では小型です。でもここまでアップすると良く判るでしょ (爆)天狗の鼻のように見える尖った器官は パルピ(下唇髭)です。すべての蝶にありますが、アゲハチョウ科やシロチョウ科では小さいんです。タテハチョ...

  12. テングチョウ「蝶図鑑」 - 超蝶

    テングチョウ「蝶図鑑」

    テングチョウこの蝶の思い出は、初めて見た墓地撮っていると、かみさんに叱られました(笑)新生に会えるのは6月初旬からです。

  13. 知多半島へ - 飛騨山脈の自然

    知多半島へ

    以前子供が住んでいた知多半島に出かけた。この地は干害のためか人工池が多いがその1つを訪れた。急に水音がしたので水面を見ると、頭だけ出したヌートリアと思われる動物が対岸に向かって泳いでいた。水難防止の頑丈がフェンスがあるのでいったい何所から入ったのだろう。池に張り出した樹の上でカワウが翼を広げて乾かしていた。写真に撮るときは元に戻ってしまった。近くのハンノキ林でミドリシジミが発生していた。この...

  14. ツマミヤガラス(TMG)-079(ゼフィルスを撮影しに行ったら...おまけヒオドシチョウ他)2019.06.09記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-079(ゼフィルスを撮影しに...

    「ゼフィルスを撮影しに行ったら」という趣旨のタイトルで何回かに分けて投稿することにした。そうは言っても、後編まで終わってしまったので、今回はそのおまけとして掲載する。なお、かなり前の内容になってしまうが、テーマは" ヒオドシチョウ "である。ヒオドシチョウ焦点距離: 300mmF値: F/6.3S: 1/500ISO: 640ダイミョウセセリ焦点距離: 110mmF値: ...

  15. 今朝も始発電車に乗って - 不思議の森の迷い人

    今朝も始発電車に乗って

    6月初めは平地産ゼフィルスの季節です。しかも今日の目的は朝早い蝶です。そのため今年2回目の始発電車に乗ることになりました。それでも現地に到着したのは午前8時、既にオオミドリシジミは活動していました。陽の当たる梢を占有するためスクランブル発進を繰り返していました。ミドリシジミよりもブルーに近い輝きです。ミドリシジミの仲間の中では輝きが強い方ではありませんが、独特な美しさがあります。低い位置には...

  16. テングチョウ - ハチミツの海を渡る風の音

    テングチョウ

    各地で大雨の所もあるようですが大丈夫ですか?愛南は午前中に雷雨が有りましたが午後には雨も止んでいました。先日のアオスジアゲハの続編あの時一緒に群生していたのは「テングチョウ」天狗のように突き出た突起物が特徴のテングチョウ(タテハチョウ科)飛んだ時内側のオレンジ色が見えます!テングチョウもかなりの数が集まっていましたがアオスジアゲハの中でも集団で撮るのは難しかったです(^_^;)近くにいた蝶た...

  17. 天狗のお山の昨今(2019/06/1st week) - 里山便り

    天狗のお山の昨今(2019/06/1st week)

    ある目的があって様子を見に '天狗のお山' 行ってきた。山道に入ると夥し数の 'テングチョウ' が、ビュンビュン飛び回っている。例年この時期に 'ウラギンシジミ' と共に発生する。その数、100? 200? 数えた訳では無いがそれ以上かも,,,,,例によって、椅子をセットし 'モーニング・コーヒー' ...

  18. 雑木林で幼虫を探してみる - 蝶超天国

    雑木林で幼虫を探してみる

    5月18日つづきオオルリの撮影は風が強いので諦めて・・・他のチョウの幼虫探しをするため移動しました。まずはエノキを食すオオムラサキですが・・・いつもより成長が遅い様です。まだ脱皮前の茶色の幼虫や脱皮して緑になったばかりの幼虫(脱皮した皮が横にあります)更に食が進み太りだした幼虫まで、沢山見つかりました。次はウメの仲間をを食すオオミスジですが、こちらも色々いました。上と下の写真は、そろそろ蛹に...

  19. ☆イボタの周辺で☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆イボタの周辺で☆

    29日、風が強く吹きました。ウラゴマダラの開翅が撮りたく、イボタを何か所か廻りました。ウラゴマダラは飛んではいるのですが、勢いが良くかなり遠くまで飛びます。開翅は撮れませんでしたが、元気なのが確認出来ました。23日は綺麗でしたが・・・。29日のウラゴマダラです。傷んでいます。2頭いると思ったのですが・・・。奥の1頭は、ルリシジミでした。イボタの花には、アオスジアゲハも来ます。テングチョウも新...

  20. ウラゴマダラシジミ、テングチョウ、クマバチ - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    ウラゴマダラシジミ、テングチョウ、クマバチ

    2019年5月25日木陰のある涼しい場所に蝶を探しに行きました。ウラゴマダラシジミ開きそうで開きません!開かないので飛び出しを狙いましたが被ってしまいました。テングチョウクマバチX-T3、XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

総件数:126 件

似ているタグ