テーブルウェアフェスティバルのタグまとめ

テーブルウェアフェスティバル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはテーブルウェアフェスティバルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「テーブルウェアフェスティバル」タグの記事(54)

  1. テーブルウェアフェスティバル2019④ - 秋田 蕗だより

    テーブルウェアフェスティバル2019④

    少し間が空きましたが、テーブルウェアフェスティバル2019続きです。今年、印象に残ったのは、こちらのブース。美しい舞妓さん。京都清水焼のお部屋でした。華やかです。カラフルですが、着物のあでやかさを感じる品の良さがあります。ブルーホワイトもあり!花結晶シリーズは、繊細な世界。細い半月のお皿にカトラリー。素敵なしつらえ。テーブルウェアコンテストに出場された方で、こちらの品々を活用されたテーブルを...

  2. テーブルウェア・フェスティバル2019。。。 - ひだりききの猫

    テーブルウェア・フェスティバル2019。。。

    今年も賑やかトリオで行ってきました(^^♪娘と娘義母yukoさんと私恒例の、東京ドームで開催の「テーブルウェア・フェスティバル2019」です今回は寒波の影響で。。雪が心配3人でメールを交換しながら。。。様子をみます10日の予報は。。晴れ!!予定通りに行けそうです(*^^)v22番ゲート入口前集合です!!顔を合わせた瞬間から。。おしゃべりもスタート(^^ゞ賑やか、賑やか♫手荷物チェックをして入...

  3. 先日の戦利品 - Awesome!

    先日の戦利品

    お皿色々、先日の戦利品焼き物は三種買ってきました。白色は古谷製陶所(花形箸置きも)茶の楕円は波佐見焼h+(エイチプラス)雲形は津軽金山焼(箸置きも)クローバー箸置きは福岡・高取焼初めましての津軽焼歴史はそれほど古くなく、現代焼き物良質で鉄分の多い土だとか。筋斗雲のような…まさに名前はクラウディプレートと言うそう。初おろしは魚と決めていたんだけど、この日夫が生姜焼きがどうしても食べたいというの...

  4. テーブルウェアフェスティバル~2019☆ - nobuぱん

    テーブルウェアフェスティバル~2019☆

    こんにちは。*nobuぱん* の nobu です。先週末、"テーブルウェアフェスティバル"へ行ってまいりました。年々、人が増えてきているような・・。今回も、好きだなと~♡思うコーディネートを写真におさめてきました。ただ、たくさん撮ってきたのに使える写真が少ない(泣)人がたくさんいるので、パッとアングルを考えて撮ったり、いろいろな照明に合わせて撮ることが難しくて・・。写真で...

  5. テーブルウェアフェスティバル2019 ① - 秋田 蕗だより

    テーブルウェアフェスティバル2019 ①

    テーブルウェアフェスティバル訪ねて来ました。朝から晴れていた東京の冬。実家近くの坂からは、遠くに富士山。ビルの間に顔をのぞかすだけになってしまいましたね。私には、ふるさとの冬の風景になります。地下鉄を乗り継いでいざ後楽園スタジアムへ。入り口付近は、待ち合わせの人達でいっぱい。先ずは秋田川連塗り工房寿次郎さんのブースニ行きました。暖かな笑顔で出迎えて下さった伝統工芸士佐藤史幸さん。今年は、何と...

  6. テーブルウェアフェスティバル2019/番外編 - まほろば日記

    テーブルウェアフェスティバル2019/番外編

    今年はいつもより多くの写真を撮ったものの、とてもすべてを撮りきれるわけではありません。私が収めた写真以外にも、たくさんの素敵なコーディネートがありました。多くの展示を観た後は、これまた沢山の販売ブースが待っています。あれこれ見て回るのも楽しみのひとつです。会場の一角ではセミナーも開催されて。東京ドームのグラウンドいっぱいに展開されるテーブルウェアフェスティバル。本日(2月11日)まで開催中で...

  7. テーブルウェアフェスティバル2019/ノリタケ・レイノー・波佐見焼 - まほろば日記

    テーブルウェアフェスティバル2019/ノリタケ・レイノ...

    今年は大倉陶園と並んでノリタケとフランス・レイノーの展示もありました。また別のブースには、長崎の波佐見焼の展示もあり、初めて知る窯がたくさんありました。ノリタケ1904年創業の日本を代表する洋食器メーカー華やかなコーディネートが多かったです。今回は新しい食器ばかりでしたが、オールドノリタケなどアンティークやヴィンテージのものも素敵なものがたくさんありますね。フランスのレイノー今回の展示テーマ...

  8. テーブルウェアフェスティバル2019/第27回テーブルウェア大賞② - まほろば日記

    テーブルウェアフェスティバル2019/第27回テーブル...

    テーブルウェア大賞のもうひとつの部門、テーブルウェア・オリジナルデザイン部門の作品からいくつか心に触れた作品を・・・全部で120点の作品がずらりと並んでいました。どの器もオリジナリティがあって作者による唯一無二の作品ばかり。他にもたくさんの素晴らしい作品がありました。毎年のことですが、人人人。東京ドームの中ですので、球場の広告と相まって、一種独特の雰囲気です。

  9. テーブルウェアフェスティバル2019/第27回テーブルウェア大賞~優しい食空間コンテスト~ - まほろば日記

    テーブルウェアフェスティバル2019/第27回テーブル...

    毎年行われる、テーブルウェアのコンテスト。2つの部門があり、毎年それぞれテーマを設けて多くの方々が応募されるようです。ここに展示される方々のコーディネートは力作ばかりで、いつも感嘆しています。以下はテーブルウェア・コーディネート部門の中で個人的に素敵だなと思った作品です。テーマは、「私流・テーマカラーでおもてなし」以下は、特別審査部門から。テーマは、「麺を愉しむ食卓」因みに、会場内はこんな感...

  10. 搬入設営のときのこだわり - cha-blissの香茶の時間を

    搬入設営のときのこだわり

    テーブルフェスの搬入設営のときに、ずっと頭にあった、ある言葉「…感覚の問題かな。細かいニュアンスなんですよ。僕がこだわっているのは。聴いている人には、ほとんど分からないかもしれないけど...。まあ、とにかく自分が納得するものをOKテイクしておけば、これが製品になっても問題ないだろうと。職人のこだわりだね。ほとんど…。」と、仰っていたのは、ギタリストの松本孝弘さん(2008年 NHK メガヒッ...

  11. テーブルウェアフェスティバル2019/大倉陶園 - まほろば日記

    テーブルウェアフェスティバル2019/大倉陶園

    テーブルウェアフェスティバルでいつも楽しみなのが大倉陶園のコーナーです。今年創業100年を迎える大倉陶園。理念は一貫して「良きが上にも良きものを」「セーブルのブルー・オークラのホワイト」と評されるという、その美しい白・高温で焼成することで生み出される硬質な品質そして肌の滑らかさは本当に美しいと思います。迎賓館や日本の一流ホテルなどで使用されており、日本の文化や伝統に裏付けられた最高級の洋食器...

  12. 年に一度のお楽しみ - Awesome!

    年に一度のお楽しみ

    今晩のヨルカシ佐賀銘菓「さが錦」今日は朝からお友達とお出掛けこちらへ☟昨年、急須を買った常滑焼のブースの抽選で招待状2枚が当たりました。ラッキー!お友達には事前に送付、今朝は現地東京ドーム内で待ち合わせ。毎年この時期のお楽しみ今年もしっかり満喫してきました笑お買い物もここ数年で一番買って来たかも…ははは。この湯飲み、招待状が届いた常滑焼のブースで2つ購入置いてある商品は八割方急須で、でも昨年...

  13. テーブルウェアフェスティバル2019気になったもの④ - cha-blissの香茶の時間を

    テーブルウェアフェスティバル2019気になったもの④

    テーブルウェアフェスティバル2019気になったもの④富山の折り紙みたいに使える錫のシートこういう使い方✨新鮮です❤︎こんな感じの、曲木のものは時々見かけますが、それを錫シートで✨って、素敵です器の並べ方が、今回一番好き✨と思ったテーブル一二単をこういう風に使うなんて洒落ていますし、和食器って、いつもどう並べれば良いかわからないのですが...これは!素敵です❤︎お茶の席でも使えそうなのもありが...

  14. テーブルウェアフェスティバル2019/著名人のテーブル - まほろば日記

    テーブルウェアフェスティバル2019/著名人のテーブル

    毎年、各界の著名人による、「おもてなしの食空間」が紹介されます。バイオリニスト・作曲家の川井郁子さん時折テレビなどで拝見しますが、美しい方ですよね。白を基調とした透明感のあるシンプルなコーディネートでした。こちらは毎年恒例の黒柳徹子さんとビーズ作家の田川啓二さんのブース毎年楽しみに訪れる方も多いようです。古いお着物でしょうか。美しいです。爽やかなガラスのコーディネート。初夏のイメージでしょう...

  15. テーブルウェアフェスティバル2019/Botanical Table~ナチュラルな暮らしを愉しむ~ - まほろば日記

    テーブルウェアフェスティバル2019/Botanica...

    Botanical Table ~ナチュラルな暮らしを愉しむ~各国の陶磁器&ガラス&クリスタルブランドの器が“ボタニカル”をテーマにずらりとコーディネートされていました。イギリスの陶器ブランドバーレイティータイムにぴったりなコーディネートですね。言わずと知れたハンガリーのヘレンドポルトガルのボルダロ・ピニェイロ個人的にとても好きなコーディネートでした。フィンランドのペンティックテーブルクロス...

  16. テーブルウェアフェスティバル2019気になったもの④ - cha-blissの香茶の時間を

    テーブルウェアフェスティバル2019気になったもの④

    テーブルウェアフェスティバル2019気になったもの④重厚感たっぷりの金の折敷と重箱カッコいい❤︎こんな大きな折敷?、特注でしょうか?高そうですそして重箱の金のムラムラ加減が素敵ですいつか、こんな食卓お呼ばれしたいwwwいろいろな古いものを組み合わせて、独特の空間を作っていますきっと、普段からこういう生活しているんだろうなーと。羨ましい。こんな味のあるところで食事したいですおばあさまから譲り受...

  17. テーブルウェアフェスティバル2019気になるもの② - cha-blissの香茶の時間を

    テーブルウェアフェスティバル2019気になるもの②

    テーブルウェアフェスティバル2019気になるもの②芸能人ブースの飾りフラワーデザイナーの川崎景太さんの展示。フラワーデザイナーというだけあって、植物の魅せ方がどれも素敵です。モノトーンの写真にカラフルな花を一輪合わせる!今度真似させていただきます東儀秀樹さんの展示ギターに目がいっちゃって、卓上の演出の写真撮ってないし、覚えてないんですけどwww.手前のギブソンはビンテージなのかしら?フライン...

  18. テーブルウェアフェスティバル2019/ドイツの食器② - まほろば日記

    テーブルウェアフェスティバル2019/ドイツの食器②

    ドイツの食器の最後は、2つのメーカーの展示です。Dibbernディバーン革新的で、時代を超越した食器のトップブランドのひとつ。こちらはボーンチャイナ製。高品質でドイツ国内ではとても有名なブランドですが、こちらも日本では見かけません。木製のサービスプレートにシンプルなボーンチャイナなかなか素敵ですね。アンバー色のグラスとも相まって雰囲気があります。東南アジアや北アフリカなど熱い国のお料理に映え...

  19. テーブルウェアフェスティバルは悪天候の日がおすすめ?! - ATELIER Let's have a party ! (アトリエレッツハブアパーティー)         テーブルコーディネート&おもてなし料理教室  

    テーブルウェアフェスティバルは悪天候の日がおすすめ?!

    アトリエ Let's have a party ! の 大場です。2005年より 東京・吉祥寺にて 季節のおもてなしや様々なパーティースタイルの「テーブルコーディネート&おもてなし料理レッスン」を開催しています。 ★2月のレッスン(2/18~3/10*2/21、22を除く)詳しくはホームページをご覧ください。昨日は久しぶりの雨でした。これはチャンス!ということで 現在東京ドーム...

  20. テーブルウェアフェスティバル2019/ドイツの食器① - まほろば日記

    テーブルウェアフェスティバル2019/ドイツの食器①

    テーブルウェアフェスティバル2019の続きです。今年の特集企画は、ジャーマン・テーブルウェア。マイセン、KPMと2大名窯の展示を観た後には、さらに歴史あるテーブルウェアメーカーの展示が続きます。フュルステンベルグ1747年創業の歴史あるメーカー。ドイツ本国ではとても有名なメーカーですが、日本では見かけません。私も長年白磁の花瓶を愛用しています。とても使いやすく、フォルムも綺麗です。モダンなデ...

総件数:54 件

似ているタグ