テーブルウェアのタグまとめ

テーブルウェア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはテーブルウェアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「テーブルウェア」タグの記事(291)

  1. アンティークプレート - sous les ombrages

    アンティークプレート

    お皿の表面、キズ多し...だけど完璧フランスアンティーク

  2. コーヒーポット - sous les ombrages

    コーヒーポット

    1900年代フレンチアンティーク

  3. 美味しい暑中見舞い - SABIOの隠れ家

    美味しい暑中見舞い

    妹から届いた暑中お見舞いのシャインマスカット岡山県産の「晴王(はれおう)」皮ごと食べられるシャインマスカットは高級品で、戴き物以外ではなかなか口にできません日本の農産物の開発技術力は凄いですね~!昔は マスカット オブ アレキサンドリア が高級品でしたが、今はシャインマスカットしらすと海苔マヨトースト味玉子と一緒に漬けていたじゃばら胡瓜で和洋折衷の朝ごはんスイカはいつも買ってくるとすぐにカッ...

  4. ウェッジウッド・デミタスカップ&ソーサー - sous les ombrages

    ウェッジウッド・デミタスカップ&ソーサー

    こちらのデミタスカップ&ソーサーは1960年頃のウェッジウッドのもの

  5. ヴィンテージスプーン - sous les ombrages

    ヴィンテージスプーン

    モチーフが可愛いヴィンテージスプーン

  6. スープチューリン - sous les ombrages

    スープチューリン

    両サイドのハンドルに圧巻のレリーフ残念ながら蓋はないけれど猫脚の珍しいタイプ刻印あり

  7. シュウマイ - SABIOの隠れ家

    シュウマイ

    大雨続きの今年の梅雨近所への買い物以外は外出も控え、運動不足です お陰で家事がはかどりますが・・・我家のシュウマイは、いつも佐賀県呼子のイカしゅうまいスタイルです皮を細切りにしてまとわらせる方が、たくさんの皮を消費できます二人家族なのでシュウマイ&ワンタンの皮を一袋買うと、なかなか使い切れません以前は残った皮を冷凍していましたが、解凍した時イマイチな感じなので、賞味期間中に二度作り食べきるこ...

  8. 七夕の食卓 - SABIOの隠れ家

    七夕の食卓

    夫が出張の為、一足早く七夕の家呑み久々に「素麺寄せ」を作りました二人では14×11×4cmの流し缶では多過ぎるので、レシピ半量で高さが低い素麺寄せにしました具材は星型大小に抜いた長芋・枝豆・オクラ・カニカマ・錦糸卵素麺も2/3束に減らしましたお出汁に粉末寒天を振り入れ、具材を置いた上から少しずつ流し入れて冷蔵庫で冷やし固めます家庭懐石料理教室で習い復習した時は、干し椎茸を甘辛く煮たものを角切...

  9. シルバープレート - sous les ombrages

    シルバープレート

    透かしレリーフが素敵なシルバープレート刻印ありフランスアンティーク

  10. あじさいのティーテーブル - SABIOの隠れ家

    あじさいのティーテーブル

    今日から暫くは梅雨の中休みのようで、久々に気持ちの良いお天気ですプリンセスシャーロットはますます青色が濃くなりました冷蔵庫にあった使いさしの生クリームとドライクランベリーを使い、乾燥いちじくとアメリカンチェリーのブリザーブも入れてクラフティを焼きました最後にメレンゲを分け入れるので、ふんわりした食感のケーキですタルト台に生地を流してタルトにすることもできます☟素朴なケーキなので、ポーランド食...

  11. ミックスベリーのトルテ - SABIOの隠れ家

    ミックスベリーのトルテ

    苺もそろそろおしまいなので、苺と冷凍ベリーを使ったケーキを作りました未だかつてないミスをしてしまい、予定を大幅に変えて出来上がりました二人分10cmセルクル仕立てにしました本当は何度か作っている☟のようなケーキを作るつもりが・・・まずメレンゲを立てる工程 ⇒ 卵白を泡立てたところに砂糖を加えてピンと角(つの)が立つまでにするところを、砂糖ではなく間違えてアーモンドプードル+薄力粉を加えてしま...

  12. レモンケーキ - SABIOの隠れ家

    レモンケーキ

    福岡の従妹が送ってくれたマヌカンピスさんのレモンケーキマヌカンピスとは「小便小僧」のことだそうですブリュッセルにある小さなマヌカンピスは有名ですね周りに鉄柵がしてあって、ちょっと高い所に立っており服を着ていて、季節ごとに衣替えします箱もレモンを描いたレモン型をしていて、とてもオシャレまた「捨てられない症候群」の餌食になったわ~よくあるレモンケーキはホワイトチョコがコーティングされていますが、...

  13. おいしいお届け物 - SABIOの隠れ家

    おいしいお届け物

    福岡の従妹から届いたおいしいもの便手作りのシークワーサージャムを早速ヨーグルトにかけていただきました庭に植えたシークワーサーが金柑より小さな実を鈴なりにつけたのを1個ずつ切ってジャムにしたそうですシークワーサーは、酸っぱくて沖縄でしか採れずグリーンのイメージでしたが、徐々に色づいて金柑のような色になるそうです芸術的な細さに切ってあり、感激!そんなに酸っぱくなくてマーマレードのような感じベトナ...

  14. ウィリアム・モリス柄 - SABIOの隠れ家

    ウィリアム・モリス柄

    マールブランシュ北山の『おうちで楽しむおやつお菓子箱』で休日のお茶時間土曜日は一日中、雨 ☂ 肌寒かったので、温かいほうじ茶をいれましたお気に入りのカップは英国のテキスタイルディザイナーウィリアム・モリスがデザインしたNIKKO BONE CHAINA製で、5客とも柄が違いますコーヒー、紅茶、日本茶、中国茶、デザートにも合いますマールブランシュさんの「茶の菓」お濃茶のラングドシャにホワイトチ...

  15. 筍ごはん筍を使い切る① - SABIOの隠れ家

    筍ごはん筍を使い切る①

    そろそろ筍も終盤を迎え、茹で筍を毎日少しずつ使っています昔、祖母が「精(灰汁)が強いので、沢山食べてはダメ」と言っていました確かに・・・地表に出てからは毎日グングン成長する筍灰汁(精)も強いでしょう筍ごはん昆布+塩+みりん+薄口醤油に薄揚げを入れましたコープ個配で買ってみた氷温熟成の鯖を焼くノルウェー産ですが、しっとりしていて美味でしたいつも行くスーパーで山陰・九州産の生鯖があれば買います原...

  16. サンデーモーニング - SABIOの隠れ家

    サンデーモーニング

    日曜日の朝もいつものようにAM5時前には目が覚めてしまいます「歳をとると眠れなくなる」と聞いていた通り、数年前から早起きです渡辺淳一氏の著書の中に「年寄りが寝れない眠れないと言うけれど、眠るのにもエネルギーが必要で、歳をとると共にそのエネルギーがなくなるからだ」とあったのを実感していますシャルロットに使った生クリームが余っていたので、キッシュを焼く事にしました冷凍パイシートが1枚しかなかった...

  17. おうち居酒屋 - SABIOの隠れ家

    おうち居酒屋

    5月3日は結婚記念日例年、GWには記念日旅行を兼ね国内旅行していましたが、今年は外出自粛の為家でゴロゴロ、のほほん週間です家呑みで軽~くお祝い 出前の握り寿司を頼むか迷ったけれど、冷凍庫も満杯なので食材消費の為お造りだけを買って夕暮れ前からおうち居酒屋開店新鮮とは言え、お造り程コスパの悪いものはありませんが・・・夫はお造りが大好きまぁ、買って来て並べるだけなので手間要らずです・ベランダ栽培の...

  18. オクトゴナルのスープチューリン - sous les ombrages

    オクトゴナルのスープチューリン

    白いオクトゴナルのスープチューリンはよく見かけたけど花柄模様のあるものを見つけたときは衝撃的でした...

  19. クランベリーケーキ - SABIOの隠れ家

    クランベリーケーキ

    ドライクランベリーを大量に入れたケーキをマルグリット型で焼きましたパウンドケーキのようなケーキをふんわり焼く極意は、溶き卵を10回くらいに分けて攪拌することです一昨年の夏に尿路結石で強烈な痛みを経験しました亡母や夫も経験したので、救急車を呼びたくなるほどの激痛だということは知っていましたが、石が止まる位置によって寝ても痛い、起きても痛い座薬を入れて激痛に耐え、水分を大量に摂って石を出すしか方...

  20. 春になると食べたくなる桜餅風道明寺蒸し - SABIOの隠れ家

    春になると食べたくなる桜餅風道明寺蒸し

    ソメイヨシノはそろそろ散り始め、八重桜の蕾がふくらんできましたたまに行く魚屋さんでスズキの三枚おろしとホタルイカを買い、今の時期にぴったりな道明寺粉を使った一品を作りました・スズキのグリル 甘酢あんかけ・帆立貝柱の道明寺蒸し・ホタルイカの酢味噌掛け・野菜サラダ桜餅に使う道明寺粉に赤パプリカパウダーをひとつまみ入れ、30分吸水し中に4等分した帆立貝柱を入れて包み、上にも貝柱を乗せて10分蒸し上...

総件数:291 件

似ているタグ