ディジュリドゥのタグまとめ

ディジュリドゥ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはディジュリドゥに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ディジュリドゥ」タグの記事(21)

  1. 「なる沖乃写真展」 - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    「なる沖乃写真展」

    キャメルKです。「なる沖乃写真展」とライブのポスターを随所に貼ってくださってます。駐車場もアートのムードいっぱい!入り口にはなるの写真がパネルになってました。ニュージーランドで私が撮ったものですが、木の形が面白いでしょ。今回、番外編(?)人気作品だったので私はふふふとほくそ笑んでいます。今回の展示会のきっかけになった新刊本「風の描いた旋律」を制作してくれた晴耕雨読の高松さんが素晴らしい文を寄...

  2. 「こんなもんでアート展」終了 - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    「こんなもんでアート展」終了

    ギャラリー遊での「こんなもんでアート展」最終週に行きました。先回に引き続き、遊さんに興味を持ちながらまだ行ったことのない方たちをお連れしました。インスピレーションを刺激してくれる場として、またファンが増えたようですよ。普通、ギャラリーは窓がなくて壁に囲まれていますが、ここは窓の向こう側の風景とのコラボを含めてのアートスペースです。季節や時間帯によっても違ったニュアンスが感じられるのがいいです...

  3. こんなもんでアート展 - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    こんなもんでアート展

    ギャラリー遊の「こんなもんでアート展」が始まりました。遊ならではのお出迎えセットにわくわく。これもひとつの「こんなもんでアート展」の作品?オーナーshunmeiさんの世界に引き込まれます。これもshunmeiさんのもうひとつのアートセンス。農機具がこんなに楽しくカラフルに!一色昇二さん作の楽団にハロ~♪あっ、これがウワサの「ナルさん人形」。これも一色さん作です。うちの玄関に置いてあったのを連...

  4. 竹あかりコンサート - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    竹あかりコンサート

    玉川近代美術館での竹あかりコンサートです。「黒の魅力展」として今治の美術家たち40名程の作品が並びます。あっ、まかなさんも黒だ。「珍しいわね」と皆さんに言われましたが、ライアー演奏では柔らかいトーンのものを着るので黒は初めてかも。作品が並ぶ館内では基本的に撮影はできないのでこれは始まり前の音出しの時のものです。実によく響くスペースです。薔薇の刺繍の施されたベストとペンダントは両方共ザルツブル...

  5. 風を感じて風にのせて - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    風を感じて風にのせて

    カラフルな風車がずらーーっとたーくさんクルクルクル。西条のこんな風景が見える「風の丘墓地公園」です。右側は青空だけど、石鎚山側は雲にすっぽり覆われています。始めに鐘を鳴らして黙祷をします。ここは薔薇園になる場所なのでオリジナルの「薔薇に寄す」から始めました。ナルがリコーダーを吹いていますが、東京から初めて西条に来た時に美しい水の流れに感動して作曲した「川辺にて」を演奏している所です。うーん、...

  6. 嬉しい手作りギフト - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    嬉しい手作りギフト

    すてきな切り絵を頂きました。昨年、玉川近代美術館で行った「竹あかりライアーコンサート」の時の写真をもとに製作してくれました。桜井の海辺の砂を使って立体的に施してくれています。ディジュリドゥを吹くのはしゃがんだ姿勢が多いのですが、この時は観客が多かったので自作のディジュリドゥスタンドに備え付けて立ったまま吹いています。ナルの表記は時々NARUと間違えられるのですが、ちゃんとLを使ってくれていま...

  7. 浜辺で - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    浜辺で

    シャリンバイが満開!ハチたちがしきりに蜜を吸っています。ヒルガオもやさしいピンクで砂地に一面です。ヒナギキョウもいっぱい!これもかわいいなぁ。空も海も真っ青!!!サングラスは必要だけどやはりそのままの色を見たい。ディジュリドゥを浜辺に持って行ってこの日はほんの少しだけ吹いてみました。なかなかいい感じなのでまた持って行ってみよう。オーストラリアからのディジュリドゥはユーカリの木でできているので...

  8. 蝶の舞ひなまつりコンサート - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    蝶の舞ひなまつりコンサート

    玉川での「蝶の舞ひなまつりコンサート」です。愛媛での6回目のひなまつりで私もようやく旧暦に慣れました。大きな窓の向こうにはのどかな景色が広がります。こんなすてきな風景をバックに奏でることができるとは何としあわせなことでしょう。天井が高くてとても気持ちのよい空間です。ウェルカムスィーツが皆様をお迎えします。春の曲をたくさん奏でました。ナルは愛媛に来てから何本も自分でディジュリドゥを作りましたが...

  9. サウンドメディテーション - HANANONEにっき

    サウンドメディテーション

    イーグルトライブさんでの、サウンドメディテーションへ初✨行くことができました♡三上 賢治 さんのディジュリドゥと、濱田 秀樹 さんのネイティブアメリカンドラムの振動が細胞に響く中、旅へ。それぞれの、振動が、ふかいところを揺り動かして、響き合っていく。。。終了後もゆっくりと、熟成していくような振動。何日かたって、ようやく言葉にしています。帰りに同じ方向の方たちと、おはなししながら帰ったのですが...

  10. 今治総合芸能祭を終えて - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    今治総合芸能祭を終えて

    今治総合芸能祭に初出演しました。緞帳はまだ閉まっています。ナルさん、開園前にディジュリドゥの調子を見ています。ライアーは楽屋で待機中。本番は撮影禁止なのでこれはリハの時のものです。山田逸朗さんの美しい映像が次々とバックに映し出されます。凛とした姿の大亀藤栄先生、そして写真では見えませんが能管の一宮教伸さんが背後に座っています。本番の前日、ゲネプロの時のです。大亀先生のシルエットが映像に重なっ...

  11. ナルが作ったもの - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    ナルが作ったもの

    ナルの小さい楽器があれこれ増えて来たのでこんなものを作りました。こうしてみると手品の箱みたいで、うさぎやハトが出て来そう。小さい笛、ハーモニカやパーカッション類がこの後ろに隠れています。曲の途中で笛類を取って持つ時間がないこともあるので、胸にぶら下げるものも作りました。柿渋の和紙の上に布やカラフルな紐を巻き付けています。ディジュリドゥは以前に作ったものですが、こうしてみると全体的に雰囲気が似...

  12. 嬉しいご縁が広がります - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    嬉しいご縁が広がります

    ニュージーランドからのネイトと今治に住むsayakaさんを迎えての集いです。愛媛に来てからの外国人のお客様は、ドイツ人3人、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人に次いで七人目です。WELCOME!ちろりん家は子だくさんだけど、いつも違った顔ぶれで三人までは連れて来てもらえます。ディジュリドゥをあれこれ試しているところです。グリーンのマットは私たちがニュージーランドに行った時にマオリ族の人...

  13. 竹あかりライアーコンサート - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    竹あかりライアーコンサート

    NPO法人「玉川サイコー」が「竹あかりライアーコンサート」を玉川文化交流館で開催してくださることになったので打ち合わせに行きました。昨年5月に、玉川サイコーが整備している万葉の森で演奏させて頂いた時のことはコチラです。光と風に鳥の声が和してとてもライアー的なひとときでした。昨年のイベント時に製作されたものが並んでいます。あかりが灯されたら雰囲気があってすてきでしょうね。会場になる玉川近代美...

  14. 懐かしい写真 - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    懐かしい写真

    あれこれと整理していたらとても懐かしい写真が出てきました。町田に住んでいた頃のだけど、リノベーション前の古い部屋の様子なのでなおさらに懐かしいです。 その後サンルームとのしきりを取り払って広げてから、ハープはここに置かれるようになりました。間の柱の上の部分はそのままだと四角っぽいのでカーブを付けて欲しいと、私のこだわりで大工さんにたってのお願いをしたのでした。無造作に置かれているナルのディジ...

  15. 祭りの後で - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    祭りの後で

    お祭りが一通り終わったので一旦家に戻ってからくじ引きをしに再度神社へ出向いて翠松苑へ白雲木を見に行きました。三日前に様子を見に行った時は到底こんなに咲くとは思えなかったのだけど、まだ少し蕾はあるもののほぼ美しく満開でうっとり~♪たった一本だったけど、この綺麗な色に惹き込まれます。翠松苑に泊まっていたオーストラリアからのご夫妻を囲んで10数名が集いました。神社ではまるでランドマークのようだった...

  16. 五月の陽射しの中で - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    五月の陽射しの中で

    毎年楽しみにしている白雲木の開花の様子を見に新緑が気持ちのよい翠松苑に行きました。ふふ、まだ赤ちゃんみたいにかわいい。いつもはお祭りの頃満開のはずだけど今年は少し遅いかも。この時期、矢車草を見るとここで二回行ったコンサートのことを思い出します。4月のコンサートを終えて矢車草を見ながら余韻に浸ったものでした。何て鮮やかな美しい色でしょう。ピンクの濃淡もすてきです。滴翠荘のフジも満開で、ああ、い...

  17. 東への旅その3 - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    東への旅その3

    下北沢ハーフムーンホールでの「春風ライアーコンサート」を終えて一旦中目黒へ戻ってから懐かしい町田へと移動して成瀬の「くりの家保育園」に行きました。町田に住んでいた頃に何度も通った道沿いです。元は栗林だったということで栗の木をイメージしたすてきなスペースは「ここはいつでも帰って来られる家」という気持ちを込めて付けられた名前のようです。園長先生を初め皆さんがやさしく迎えてくださいました。近所の田...

  18. 東への旅その2 - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    東への旅その2

    「春風ライアーコンサート」の行われた下北沢ハーフムーンホールは閑静な住宅街にあります。お洒落な入り口です。ゴーシュさんの奥様がお庭の花をアレンジしてくださいました。他にもお持ちくださった幾つもの観葉植物が打ちっ放しの壁によく似合って自然な雰囲気が広がりました。皆さんから頂いたたくさんのお花も始まる前にステージに置いたので華やかさが増しました。「皆さんお久しぶりです。四国の自然は豊かだし、食べ...

  19. 手作り楽器その2 - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    手作り楽器その2

    ナルがこんなものを作りました。3つに分かれているものを組み合わせると、、、ディジュリドゥの出来上がりです。持ち運びには便利ですよ。ディジュリドゥスタンドも作りました。マイクスタンドを利用したので高さの調節もできるし安定感があります。こんな風に置いて吹きます。もうひとつ違うタイプのも、やはりマイクスタンドで作りました。こうやって載せて角度を調節します。手を離してもいいので曲の途中でリコーダーな...

  20. 春が一歩一歩 - まかな瑠音の「音の雫の紡ぎ歌♪」

    春が一歩一歩

    アイリスがくっきりとしたお顔を向けています。こちらは旧暦なので4月3日までおひな様が飾られています。と、わかっていても小さい時から「すぐに片付けないとお嫁に行けなくなる」と聞かされていたもんで、やはり何だかあわてて(?)片付けてしまうのです。これは西条で和紙を製造なさっている杉野さん作のおひな様ですが、シンプルでいいですね。ナルがディジュリドゥを作る時にも和紙や柿渋を頂いていますが、こういう...

総件数:21 件

似ているタグ