デイゼル機関のタグまとめ

デイゼル機関」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはデイゼル機関に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「デイゼル機関」タグの記事(4)

  1. 国鉄時代の気動車改良について - 日本国有鉄道研究家 blackcatの鉄道技術昔話

    国鉄時代の気動車改良について

    久々に投稿させていただきます。今回は、国鉄時代(昭和57年)に、国鉄が保有する気動車の燃費改善対策として、気動車のエンジン改良工事が行われたとされています。記録では、新型気動車の開発が進められているが、それとは別にキハ40系に搭載されているDMF15HS系エンジンを直噴化改造+電子ガバナ方式に改造して18%の燃費が改善されたと言う記録が書かれています。 はじめに国鉄形の気動車エンジンは、D...

  2. これからの車両を考える 気動車編 【交通技術の記事から】 - 日本国有鉄道研究家 blackcatの鉄道技術昔話

    これからの車両を考える 気動車編 【交通技術の記事から】

    引き続き、これからの車両を考えるとい言うタイトルで、交通技術の記事から、本文を引用しながら解説を加えさせていただこうと思います。国鉄では、エネルギーの高価格時代に入ったとして、省エネルギーを前面に出した内燃機関の製作などを強く意識するようになります。ディーゼル車両のエネルギー効率は、電気車両と比較して、前提条件が同じなら、一般に言われているほどには、トータル効率としては現状でも悪くない恐らく...

  3. 気動車発達史 番外編 気動車寝台 - 日本国有鉄道研究家 blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 番外編 気動車寝台

    寝台列車の常識を変えた、電車寝台国鉄形の代表する電車として、寝台電車583系を御存じの方も多いかと思います、昭和42年10月改正誕生した寝台電車で、昼夜ともに走行できるように考えられた列車でした。昭和40年代は、高速道路も開通しておらず、新幹線も東京~大阪間しか開通しておらず、長距離の移動も鉄道が主流でした。寝台列車の需要も多いのですが、寝台列車はその性格上、昼間は客車区で留置せざるを得ず...

  4. 気動車発達史 27-2アルファコンチネンタルエクスプレスの話 - 日本国有鉄道研究家 blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 27-2アルファコンチネンタルエクスプレスの話

    久々に気動車発達史をアップしたいと思います。国鉄末期にキハ28・58形を改造したアルファコンチネンタルエクスプレス(キハ59・29)に関するお話です。アルファコンチネンタルエクスプレスは車両もさることながら、その販売方法はギャランティ方式と呼ばれるものが導入されました、この辺は技術的な部分とは外れますので詳細は省略しますが、買い上げ運賃のうち、国鉄側に不足が生じた場合はホテルがその不足金を充...

総件数:4 件

似ているタグ