デンドロビウムのタグまとめ

デンドロビウム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはデンドロビウムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「デンドロビウム」タグの記事(26)

  1. デンドロビウムウェンフェン咲きました大野 - 所沢洋蘭会

    デンドロビウムウェンフェン咲きました大野

    今年はよく咲いたので見て下さい。全部で100輪くらいは有ると思います。

  2. 山田さんのデンドロビウム - 所沢洋蘭会

    山田さんのデンドロビウム

    Dendrobium Hambuhren Gold 'Tower’2020年2月9日小島さんから頂いた株だそうです。ノビル系の交配種で登録は1975年。「ハンビューレン ゴールド」昔よくこの品種名を聞いた気がします。何だか響きが懐かしいです。

  3. デンドロパルペブラエとミディーの胡蝶蘭大野 - 所沢洋蘭会

    デンドロパルペブラエとミディーの胡蝶蘭大野

    岩田さんの所から来たDen.palpebraeです。今年は4本花芽が上がり今の所2.5本というところですか?なかなか豪華でしょ。これはDtpsDtps.Diane Sheena'Yumi' 椎名洋ラン園で妹から預かっているものです。たくさん咲いているので投稿します。

  4. 奥田さんから購入のデンドロ - 所沢洋蘭会

    奥田さんから購入のデンドロ

    昨年の1月サンシャイン蘭展で購入した、Den.Chatreeです。フレデリックシアナムコンカラータイプ×ノビルカーネアの交配です。奥田さんのところで交配したそうです。今年は1バルブですが、去年は4バルブ育っているので来年が楽しみです。

  5. ブドウ葉文抜き楕円皿にしてみた(No,291) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    ブドウ葉文抜き楕円皿にしてみた(No,291)

    2枚目の楕円皿が厚さ5mmでできた。今日は白化粧土をひしゃく掛けした。ブドウの葉を底に埋め込んだので、かけた後はがしました。同じ大きさなのに、遠近効きすぎです。浮いていたところに化粧土が入り込んだけど、虫食いとでも考えることにしましょう。還元が効けば抜いたところは黒っぽくあるいは青っぽくなるかな。抜部分に織部釉を掛けても面白いかも。緑(酸化)あるいは辰砂(還元の赤)?でも、と考えた。やっぱり...

  6. 退院を待っててくれたジャカランダ - 東京ベランダ通信

    退院を待っててくれたジャカランダ

    入院していると看護師に痛みを「10のうちいくつですか?」と聞かれる。耐えられないほどの痛みが10、痛み止めが欲しいくらいが5である。ボクの場合は今、からだに痛みはないが、足のむくみと痺れを数値化すると5くらいかな。ただ、ここ数日の冬瓜スープ、小豆、ハトムギ茶のおかげで、むくみは4くらいに下がったような気がするし、痺れもオクさんのマッサージと友人からいただいたシックスパッドのおかげで4に下がっ...

  7. 2度目のパルペブラエ大野 - 所沢洋蘭会

    2度目のパルペブラエ大野

    今年2度目の開花です。この花は岩田さんから咲かないので咲かせてみて欲しいと頂いたものです。育て方が悪く咲かなかったのではなく、岩田さんから頂いた株ですが、しっかりと育ててあったので2度も咲きました。私も低温処理が甘かったのか、この様になりました。もう1本花芽が出ています

  8. 娘コ退院の顛末 - 癒しの文鳥とメダカと私とお庭

    娘コ退院の顛末

    さてさて、雪コッコでございます。真ん中娘コもやっと退院してこれました。短期の入院ということで搾乳器を持参で頑張っていたものの、病院は休みの期間も手伝って主治医が決まらず2日間は絶食で点滴のみ。3日目にやっと来た主治医に早く退院をさせてと訴えても食事は明日から普通食を食べて様子を見ます。???看護師さんに搾乳はしてもらっても良いと言われてもご飯も食べずに献血して要るようなもの入院するときは直ぐ...

  9. 少し困って、少し嬉しい - 癒しの文鳥とメダカと私とお庭

    少し困って、少し嬉しい

    さてさて、雪コッコでございます人知れず咲く、デンドロビウム咲き始めの甘い蜜の香りも分からないほど放ったらかしてしまい、水切れ気味の黄色い蕾が悲しい。ごめんよ。お水あげましょ。これくらいしっかりした新根が生え出すと植え替えはオッケーとなるので今年はやってみようかな。名札をつけないので咲くまで名前が分からない先頭のお名前はズーッとファンシーと思っていたが検索して見ると全く違っていた&#1...

  10. 今年2度目の開花大野 - 所沢洋蘭会

    今年2度目の開花大野

    デンドロビウムハーベヤナム

  11. 浮き上がり待ち - 癒しの文鳥とメダカと私とお庭

    浮き上がり待ち

    さてさて、精神的な下降、浮上を繰り返すまだまだ安定的にない雪コッコでございます。そんなこと放ったらかしでお庭に飛び出せ😆花弁の先端がピンクに染まるツツジ(レジナ)花柄摘みをしていて二枚重ねの花弁に気付くフェアリードレスのように、ふんわり可愛く頂点の色付きは濃い風合いで別格のようです。大手マリ(ジェミニー)昨年はこぼれるように咲いていたのに水切れさせていまい、失敗。蕾が...

  12. ミルクピッチャー - たなぼた

    ミルクピッチャー

    デンドロビウムはかりかりに乾いて落花したそれがあんまり透明だからガラスのミルクピッチャーに入れてしばらく遊んだ

  13. それでも花は咲く - 癒しの文鳥とメダカと私とお庭

    それでも花は咲く

    さてさて、雪コッコでございます。皆様のブログを拝見していると…気の多い雪コッコはどーしても欲しくなりまたまた、買って来ました。多肉ちゃんですそして、美味しそうでない…多肉丼です。丼にはほど遠い、透かすか具合。凍結で失うリスクも覚悟してあわよくば、花を見たいと切望。生かさず殺さずの放置を決行すべくジワジワとお外に出します。以前からの多肉住人エケベリア(名前知らず)と黒兎耳覆輪万年草(セダム)と...

  14. もしもし、どなた? - 癒しの文鳥とメダカと私とお庭

    もしもし、どなた?

    デンドロビウム(ファンシーかな?)花芽?にしてはとんがり芽。お花の名札を着けないのでいつも咲いてから判明します😁ゴメン、プチプチを被せ忘れた~シオシオになったハイビスカス🌺急に寒くなったので枯れないかな?今日も冷え込みました。蛭子神社、八日戎(ようかえびす、えべっさん)まで寒さを引きずる勢い。いつもは必ず雪の舞う えべっさんで蛤を買う(姑さんが...

  15. デンドロビウムの花 - しらこばとWeblog

    デンドロビウムの花

    デンドロビウムの白い花が咲き出しました。昨日の記事は、わが家のエンジェルのベイビーでしたが、(^^ゞ今日の花の名前は、「エンジェルベイビー グリーン愛」。引っ越しされた花友さんの置き土産で、10年近く、ずっと元気で、よく咲いています。熱帯・亜熱帯性ゆえか、季節を問わず、なにかの条件が揃えば、咲きます。日本のセッコクと同属ですが、これは、東南アジア原産のSnow Angel種とSnow Bab...

  16. ランの花いろいろ☆続き - さんじゃらっと☆blog2

    ランの花いろいろ☆続き

    ☆ランの花いろいろ☆神代植物公園☆続き2019年7月27日(土)撮影温室でショクダイオオコンニャクを見たあと、ランの展示室で涼を取って生き返り、美しさ・珍しさに心癒されました。カトレア ナイスホリディアングロア・クリフトニィ前回チューリップのように見えた黄色いラン花開くとこんな感じです。リカステ・クルエンタデンドロビウム・クスバートソニーワルセウィツェラ・メリオンデンドロビウム・ウィクトリア...

  17. 山田さんの咲かせたDen. lindleyi - 所沢洋蘭会

    山田さんの咲かせたDen. lindleyi

    山田さんからの花便りです。デンドロビウム リンドレイ たぶん‘Florida Sunshine’だと思います。

  18. ブロンカルティエ咲きました。大野 - 所沢洋蘭会

    ブロンカルティエ咲きました。大野

    妻からもいいね!と言われました。

  19. 春が来る - Mag's DiaryⅢ

    春が来る

    総領町のセツブンソウが咲き始めているという。神社の近くの公開地は満開だとか。花の季節がやって来た。チョウも動き出す。春が来る。

  20. 春の彩☆ラン展 - できる限り心をこめて・・Ⅲ

    春の彩☆ラン展

    前回に引き続き、ラン展のようすです。洋ランは、鑑賞目的で栽培される、主として熱帯起源のラン科植物及びその交配品種のことで、その趣味が欧米経由で日本に入ったことから、この呼び名があります。 特に、カトレヤ・パフィオペディルム・デンドロビウム・シンビディウムの四属が有名で、これらを四大洋ランと言うこともあります。~ウィキペディアよりファレノプシス(胡蝶蘭)シンビディウム”親王””プリンセスまさこ...

総件数:26 件

似ているタグ