トスカーナのタグまとめ

トスカーナ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはトスカーナに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「トスカーナ」タグの記事(39)

  1. カプローナの塔 - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    カプローナの塔

    正直、まだまだダンテアリギエーリさん、よく学んでません。此の前なんか、マッキアベリさんと一緒くたにしてしまいました。だって、日本では世界史で、イタリアの詩人ダンテの神曲が、イタリア語の標準語の規範となった。のたった1行なんですもん。全く個人的な見解なんですが、ダンテアリギエーリの横顔の肖像画が有名ですが、私・・・・・彼の鼻が嫌いです。笑なもんで、どうも勉強しようという意欲がわかない。(しょう...

  2. モンテセッラが山火事です! - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    モンテセッラが山火事です!

    朝、テレビをつけると、どこぞの山が火事で住民が避難しています。と言うニュースが目に飛び込んで来た。イタリアのテレビの朝のニュースでも今月は、日本の台風に北海道の地震が取り上げられたので、一瞬、避難している人たちの映像が日本の体育館の避難所みたいに見え、え?また日本?と慌てた。「ピサのモンテセッラの山火事で、現在カルチ市の市長から避難勧告が出され・・・・」え?ピサ?モンテセッラ????????...

  3. トスカーノアモール - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    トスカーノアモール

    トスカーナ州のエルバ島発信の世界的高級腕時計メーカーロックマンのコレクションのひとつトスカーノToscanoトスカーノとは、トスカーナの、またはトスカーナ人(男性)を意味する。数年前の夏のバカンスでエルバ島に行ったときのことだ。透明なエメラルドグリーンの海を前に、ビーチでぼおおおおおおおっとお昼寝。「なんか、とっても静かでリラックスできるね。」と一緒に行ったローマ在の日本女子たち。エルバ島の...

  4. チョコがない人生なんて! - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    チョコがない人生なんて!

    日本の甥っ子、姪っ子は大のキンデルチョコレート、そしてチョコレートクリームのヌテッラファン。毎回、キンデル送ってちょ!要請がかかる度に、イタリア人の友人たちは「日本にキンデルないの?」と不思議そうに聞いて来る。はい、ないんですよ。「Nooooooooo!!!!キンデルがない子供時代なんてありえない!」「Nooooooo ヌテッラのない人生って、どんなんなっちゃうわけ!!!!!!!」それくらい...

  5. ブルネレスキ通り - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    ブルネレスキ通り

    パッパアルポモドーロの記事でも書きましたが、某大手日系旅行代理店の出張後に突然の解雇以来、まったくもってトスカーナに縁がなくなったあたくしですが、10数年の時を経て突如トスカーナが私の人生でチカチカとネオンを輝かせたのは約2年前。その年は、いきおいトスカーナでの買付の仕事も入り、プライベートにビジネスにとトスカーナ往復。新しい目でトスカーナを見たら、食べ物は美味しいし、ワインも美味しいし、人...

  6. 懐かしいピザトスカーナ - 立川は Ecoutezbien  えくてびあん

    懐かしいピザトスカーナ

    今日のランチはトスカーナ。立川にずっと住んでいる人やお勤めしている人は知っている味。50年継ぎ足しのミートソースなんだそうです。最初から麺にミートソースが絡めてあって、さらに上からもかけてあるから、たっぷりのソースで麺をいただきます。「チーズ大好き宣言」と貼ってあるから、たっぷりパルメザンもかけました。これでSサイズ。おなかいっぱいで苦しい~。今日のランチメニューから、こちらはラタトゥイユの...

  7. ピサの赤い旗、ピサの十字架 - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    ピサの赤い旗、ピサの十字架

    ピサの町を歩くといろんなところに、ピサの十字架を発見します。赤地に白い十字架。ピサが海洋共和国として栄えた当時からのピサの旗。今でもピサ人たちの心を熱くするんだろうな。中世のイタリア半島は法王派と神聖ローマの皇帝派と各国がそれぞれ別れていたとき、ピサは常に皇帝派だったそうで、その忠誠の報償として赤髭王と呼ばれたフリードリッヒ1世に与えられたそうで、白い十字の部分はピサ市民のシンボルとして後に...

  8. 頭の中 - Life in Tuscany...トスカーナのワイナリーで美味しい生活

    頭の中

    次男が生まれてからというもの、とにかく頭の中は子供達のことで頭いっぱいブログも育児話だけに集中したくはないものの、頭の中は子供達のことだらけで他のことにあまり興味も湧きません今日はうちの3人男子達、皆20:30に就寝心の中でガッツポーズが止まらなかった・・っていうか実際していた久しぶりに20:30からの一人時間。ブログも書いちゃいますもう12月に入り年末も近づきお客様も多く、外出の誘いも多い...

  9. ちゃんとやってのけたのか、なんとかやってのけたのか、実は全然ちゃんと出来てなかったのか・・ - Life in Tuscany...トスカーナのワイナリーで美味しい生活

    ちゃんとやってのけたのか、なんとかやってのけたのか、実...

    ご無沙汰しておりますブログを見てわざわざワイナリーまで足を運んで下さるお客様がいるので、ブログを定期的に書かないことを反省したはずが・・・・またまた前回の投稿から時間があいてしまいました。シーズンが終わり、少しゆっくり出来ているここ数週間夏の間に冬用にと日本から送ってもらってたまっている本を読んだり溜まりに溜まった数千枚の写真を整理したり(次男誕生から良い写真がありすぎて全然仕分けが出来ず、...

  10. 2017年のGW③イタリア・フィレンツェからトスカーナ~リヴォルノへドライブ旅行 - a  window

    2017年のGW③イタリア・フィレンツェからトスカーナ...

    フィレンツェのホテルからオルチャ渓谷のホテル移動の途中の寄り道です☆備忘録です…フィレンツェからトスカーナドライブ前回も立ち寄ったアンティノリのワイナリーこの建築があまりにも素晴らしいので娘に見せたくて再訪 錆の色の塗料青い空と緑を邪魔しない自然の色が良い雰囲気を作り出しています何度見ても美しい…ワイナリーのレストランで軽く昼食次は。。近くにある小さな村に寄り道この辺りの学校では授業で中世ご...

  11. 長い夜はグラスをかたむけたくなるもの... - 毎日がばら色

    長い夜はグラスをかたむけたくなるもの...

    朝...夕...幾分しのぎやすくなり季節の移り変わりをダイレクトに肌で感じられるようになりました。昼間の太陽が差し込む日差しも夕食後の時間の長さも微妙に長いようにも感じられ...そんな時は少しだけほろ酔い気分になんてなりませんか?私のそんな想いが通じたかのようにある日素敵な贈り物が届きました。ブランド洋食器専門店 ル・ノーブル様から世界最大級のクリスタルメーカーイタリア・RCR社の高級クリス...

  12. Toscana Fair @Pistoia - L'arte del verde in Italia

    Toscana Fair @Pistoia

    Toscana Fairhttp://www.toscanafair.it/大きな造園畑にあるガーデンレストランです。これまで何度もブログでご紹介してきたトスカーナ州ピストイアにあるナーサリーPiante Matiの経営です。50ha近い広大な畑の中にあるレストラン、もちろんガーデンが売りです。テーブルコーディネートもメニューのデコレーションもナチュラルで美しい、自然派です。木陰の席も涼しげ...

  13. 2017イタリア・フランスの旅~フィレンツェ・トスカーナ編 - アートで輪を繋ぐ美空間Saga

    2017イタリア・フランスの旅~フィレンツェ・トスカーナ編

    <フィレンツェ>を訪れるのは3度目になります。ほとんど観たつもりでも今回初めてだったのはヴェッキオ宮殿の中。市庁舎ですがメディチ家の住居でもありました。入場に混んで並ぶことがなく塔に上るとドォウモ・ジョットの鐘楼そして街並みと一度に見渡せるのでお薦めです。360度綺麗に見えます。他ウッフィー美術館や礼拝堂もメディチの栄華を伺える建造も8年ぶりに見ました。守護聖人の祝日でばったりパレードに出く...

  14. トスカーナの藁と干草。 - ユキキーナの日記

    トスカーナの藁と干草。

    Paglia e Fienoパリア・エ・フィエーノ藁と干草という意味の2色のパスタ。トスカーナの田舎をイメージした素朴な一皿です。素朴で野暮ったい感じがたまりません(笑)。4月レッスンでは2種の手打ちパスタを一緒に作りましょう。レッスンでは普通の手打ちパスタを作りますが、試作&写真用には低糖質パスタで作りました。基本の低糖質パスタが作れればほうれん草を入れたり、イカスミやサフラン入れたりした...

  15. エトルリア人たちが眠る森 - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    エトルリア人たちが眠る森

    「ねえ、この入り口、なんか入ってくださーいって誘われてる(招待されている)感じしない?」とイタリア人が指差す先は・・・・・・・・エトルリア人たちのお墓跡。お箱に招待されても、困るでしょーに!!!!!!とつっこみたいが、意外にもイタリアって墓地巡りとかの観光スポットあります。あたし、18年前にポンペイに行ったときに、なにか拾っちゃったみたいで、その夜は一晩中金縛りや、誰かの話し声、ホテルの部屋...

  16. リボリータ - 天使と一緒に幸せごはん

    リボリータ

    寒いですね~1月だから寒いのは当たり前なんだけど、この数日間の底冷えの厳しさと言ったら容赦ない感じです...(_)寒い中、凍えながら帰宅して欲しくなるのがスープやシチューですね以前にもアップしましたが、寒い季節に私がよく作るのが「リボリータ 」です。フランスパンや食パンなど、パンが余ったときやサラダで食べるには、ちょっとなぁ、しなびてるよなぁ...という野菜があるときに作ります。要するに、余...

  17. 料理男子からシエナの伝統菓子を習う2016 - ユキキーナの日記

    料理男子からシエナの伝統菓子を習う2016

    オリーブ農園でのランチの後は、聖美さんのお友達のシルヴィオさんの御宅へお邪魔してシエナの郷土菓子「カヴァルッチ」を教えていただきました。スパイスがいっぱい効いてずっしりしたお菓子、カヴァルッチにはワインがよくあいます。お菓子つくりに来たつもりが、ワイン会に(笑)。後日、友人から「男性にサーブしてもらう寛ぎのワインタイムは幸せ~ってタイトルで以下、3枚の写真が送られてきました(笑)。ほんと、私...

  18. シエナのファンチュッリ農園でランチ - ユキキーナの日記

    シエナのファンチュッリ農園でランチ

    いつも教室でも使っているトスカーナの美味しいオリーブオイルを作っている農園に連れて行っていただいて、オリーブの木の剪定から収穫まで、あつ~く説明していただきました。木を傷つけないようやさしく、そして先代から受け継いだ土地を大事に守りながら作っている姿に自分の仕事への誇りとオリーブへの愛を感じます。何種類って言ってたか忘れましたが、とにかく広大な敷地でたくさんの種類のオリーブの木があります。ル...

  19. シエナに帰って来ました!2016 - ユキキーナの日記

    シエナに帰って来ました!2016

    アレッツオから高速バスで1時間半。シエナには電車よりバスが便利です。久しぶりに来たというのに、曇天で迎えてくれたシエナ。天気悪くても好き~♪♪(そのわりにはご無沙汰、6年ぶりですが)。生徒さんがイタリアへ行くというと、必ずシエナへ行くことをお薦めし、私が好きな店へも投入して最新情報は入手しているのでそんなに久しぶりな気がしません。夕方に到着し、夜は中世の雰囲気を再現しているトラットリア・ガッ...

  20. 超ど田舎アンギアーリのアグリその22016 - ユキキーナの日記

    超ど田舎アンギアーリのアグリその22016

    田舎好きにはまらないかと思われるこのアグリ。朝から霧がたちこめる風景を宿の窓から眺めるのも素敵です。アグリのオリーブ畑。鶏小屋の子たちは、、後日誰かに食べられているはずです。アグリにはネコもいっぱいいましたよ。朝、アンギアーリの町に週1のメルカートが出ていたので行ってみましたが、、今まで行ったどの町のメルカートよりも小さく、すぐに撤収。店もちっちゃっ!!そんなアンギアーリの町ですが、、なかな...

総件数:39 件

似ているタグ