トップリーグのタグまとめ

トップリーグ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはトップリーグに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「トップリーグ」タグの記事(85)

  1. 全勝対決はドロー、いよいよ大谷先発 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    全勝対決はドロー、いよいよ大谷先発

    ラグビー・トップリーグ第6節、ホワイトソックスの全勝対決は雨中での試合となった。神戸製鋼、パナソニックともに雨中とあってハンドリングエラーを気にしたようでキックを多用した試合運びとなった。また、試合運びもトーナメントのようにペナルティを得るとPGを狙うなど勝ちにこだわった試合運びであった。前半はお互いに2PGの6-6で折り返し、後半3分にトライ(&ゴール)で神戸製鋼がリードしたものの11分に...

  2. 大谷初安打、サントリー全勝、名古屋はドロー、有原デビュー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷初安打、サントリー全勝、名古屋はドロー、有原デビュー

    エンゼルスの大谷翔平に2021年シーズンの初安打がうまれた。ホワイトソックス戦に2番・DHで先発出場、1打席目に1塁線をするどい当たりで破り3塁打と思われたが、1塁手のグラブを弾いていたため、エラーと判定されてしまった。シーズン初安打はお預けとなってしまった大谷翔平、やはりあせりがあるのか続く3打席はボール球に手を出して空振りの三振をきっしてしまった。6-12と大きくリードされた9回裏二死1...

  3. トップリーグ混戦上位争い、野村悔しい三振、大谷開幕4戦目先発 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トップリーグ混戦上位争い、野村悔しい三振、大谷開幕4戦目先発

    ラグビー・トップリーグ第5節が終了し、予選ラウンドも残るは2試合となった。レッドカンファレンス、ホワイトカンファレンスでトップ争いが熾烈となっている。レッドカンファレンスではサントリーがトヨタとの全勝対決を制して5連勝を飾った。昨日はクボタが三菱重工相模原を32-17で破りこちらも5連勝となった。ただ、この試合前半と後半でチームの勢いに差がでてしまった。前半はクボタが一方的に攻め27-3とリ...

  4. 東芝連敗、日本ハムも大敗スタート - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    東芝連敗、日本ハムも大敗スタート

    プロ野球が開幕した。日本ハムは敵地での楽天戦であったが、開幕投手に指名された上沢直之が立ち上がりに先頭打者に被弾されるなど満足なピッチングができずに5回途中で6失点してしまった。打線も楽天の開幕投手涌井の前に7回散発4安打無得点と抑えられてしまった。その中、7番サードで先発した野村佑希は第1打席こそ凡退してしまったが、第2打席は四球を選んで出塁、一死2、3塁のチャンスを演出した。そして7回先...

  5. 東芝完敗、日本ハムは大勝、日本勢大活躍のバドミントン - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    東芝完敗、日本ハムは大勝、日本勢大活躍のバドミントン

    落雷の影響で試合中止となったラグビー・トップリーグ第4節の東芝対サントリーの試合が行われた。3連勝中のサントリーに東芝がどんな戦いをしてくれるのか注目してTV観戦した。試合は開始早々からサントリーのペースであった。サントリーのSOバレットに3連続PGを決められて0-9とリードを許すと、前半17分にはCTB中村の見事なキックパスからWTB中野が先制のトライを決めた。サントリーの攻撃が面白いよう...

  6. 永瀬王座A級昇級、大谷好調キープ、4選手出場停止 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    永瀬王座A級昇級、大谷好調キープ、4選手出場停止

    将棋の第79期順位戦B級1組最終局が行われた。A級昇級残り一枠を巡って永瀬拓矢王座と木村一基九段が争っていた。永瀬王座は勝利すれば昇級が確定する有利な立場であった。その永瀬王座は近藤誠也七段と対局した。対局は深夜まで形勢不明な大熱戦となり、入玉を目指した近藤七段の玉を永瀬王座が押し戻し、153手で近藤七段を破って自力でのA級昇級を決めた。先に昇級を決めていた山崎隆之八段が敗れたため、9勝3敗...

  7. トップリーグNZ代表躍動、清宮一発 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トップリーグNZ代表躍動、清宮一発

    ラグビー・トップリーグの開幕週3試合が行われた。注目はサントリーのSOで先発するボーデン・バレットである。どんなプレイを魅せてくれるのか期待していたが、期待以上の素晴らしいプレイを随所に魅せてくれ、21得点を稼ぎだす活躍であった。チームも75-7と三菱重工を圧倒して開幕戦を勝利した。流、中村との連携もとれており、さすがオールブラックスといえる動きであった。今後の活躍も期待できそうだ。そしても...

  8. 高梨通算60勝、トップリーグ開幕 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    高梨通算60勝、トップリーグ開幕

    ノルディックスキーワールドカップジャンプ女子の第9戦が行われ、高梨沙羅が今季3度目の優勝を飾った。この勝利で通算60勝の大台にのせ、表彰台も通算106度目となった。表彰台獲得回数はアポネンが持つ106度が最多記録であるがこの記録まであと2つ、今季中の更新が視界にはいってきた。男子の小林陵侑も同日行われた試合で日本男子最多となる18勝目をあげており、20日に行われるジャンプ複合団体での優勝も期...

  9. トップリーグ開幕延期、トヨタWECマシン発表 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トップリーグ開幕延期、トヨタWECマシン発表

    ラグビー・トップリーグの開幕延期が発表された。16日から開幕する予定のとっぷりーぐであったがトヨタ自動車、サントリー、キャノンに続いて東芝、NEC、神戸製鋼にもPCR検査で陽性者がでたため、開幕することが不可能にちかい状況となってしまったようだ。そのために開幕を延期することを決定し、日本ラグビー協会で考えられていたいくつかのパターンから最良のものを選択する時間をつくったようである。日本代表の...

  10. トップリーグ開幕に暗雲 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トップリーグ開幕に暗雲

    16日の土曜日からラグビー・トップリーグがはじまる。2023年ラグビーW杯に向けて重要なシーズン開幕である。今季のトップリーグは2019年ワールドカップで活躍した名選手が続々とトップリーグ参戦チームに加入しており、1ラグビーファンとしても期待していた。しかしコロナウィルスの影響はラグビー界にも拡がっていた。トヨタ自動車ヴェルブリッツにて13名、サントリーサンゴリアスにて7名、キヤノンイーグル...

  11. 王位戦挑戦者決定リーグ、TL中止決定そしてNPBは - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    王位戦挑戦者決定リーグ、TL中止決定そしてNPBは

    将棋の第61期王位戦挑戦者決定リーグが佳境を迎えている。23日は紅白あわせて3局が行われた。注目の対局は紅組の永瀬拓矢二冠と佐々木大地五段の対局であった。ここまで両棋士とも2連勝、この一局に勝利すると紅組のトップが視野に入ってきそうな重要な対局であった。将棋も大熱戦となり、1局目はなんと267手の熱戦の末に持将棋となり指し直しとなった。その対局は106手で、永瀬拓矢二冠が勝利し紅組唯一の3連...

  12. スポーツ界の対応、大谷2度目のブルペン入り - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    スポーツ界の対応、大谷2度目のブルペン入り

    新型コロナウィルスに対する政府の対応要請を受けて、プロスポーツ界もそれぞれの対応策を発表した。NPBは今後開催されるオープン戦、春季教育リーグを無観客試合として開催することを決定した。商業ベースで考えると無観客試合は入場料収入がなくなってしまうことではあるが、選手、運営スタッフに安全面、観客の安全面を考えるとやむを得ない決断であったと思う。チームにとっては選手の開幕に向けての調整などやるべき...

  13. 日本ハム連敗、東芝も大敗 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム連敗、東芝も大敗

    日本ハム連敗スタートである。オープン戦とはいえ、白星はチームに勢いをつけるだけに連敗は残念な結果であった。ただ開幕に向けてアピールが必要な選手は活躍したようだ。先発のマルティネスが2回1/3を投げ3失点であったが、昨年1年のブランクを意識させない投球であった。降板後、「久しぶりのゲームで、いい緊張感を持って試合に臨めた。ここまでのキャンプは自分のボールを投げることと、コンディションを整えるこ...

  14. トヨタ首位キープでデイ3へ、東芝初黒星、サンウルブズ連勝ならず - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トヨタ首位キープでデイ3へ、東芝初黒星、サンウルブズ連...

    WRC第2戦ラリー・スウェーデンデイ2が行われた。雪不足でスノーラリーではなくなってしまったラリー・スウェーデンであるが、この日もトヨタチームのエバンスの速さが際立っていた。雪のない路面でも速さは際立っており、トップを堅持するだけでなく、2位のタナック以下に16秒以上の差をつけている。2位はヒュンダイのタナック、3位にはトヨタのオジェ、4位にはロバンペラがつけている。ただ3位~6位は10秒差...

  15. トヨタがトヨタが首位発進、トップリーグは全勝対決、サンウルブズ連勝なるか首位発進、トップリーグは全勝対決、サンウルブズ連勝なるか - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トヨタがトヨタが首位発進、トップリーグは全勝対決、サン...

    WRC第2戦ラリー・スウェーデンデイ1が行われた。深刻な雪不足で大幅なSS変更が行われた中での開催、どんなラリーとなるか注目であったが、4本のSSのうち2SSでトップタイムをマークしたトヨタチームのエバンスがトップにたった。2番手はヒュンダイのタナック、3番手にトヨタのロバンペラ、4番手にオジェが続きトヨタチームとしては最高に近いデイ1であったと思う。デイ2も全く同じコースを走る4SSだそう...

  16. 神鋼、パナ強し、期待の右腕、いよいよキックオフ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    神鋼、パナ強し、期待の右腕、いよいよキックオフ

    ラグビートップリーグ第4節の残り試合が行われた。ここまで全勝の2チームは違った面で強さを魅せつけてくれた。まずパナソニック、日本代表対決と事前は盛り上がっていた。試合開始早々、パナソニックのHO坂手が危険なプレイで一発退場となり、パナソニックはほぼフルタイム14人で戦うこととなってしまった。しかし、パナソニックは統率が取れたチームだけあって14人を感じさせないプレイを随所に魅せてくれた。特に...

  17. サンウルブズ白星発進、東芝4連勝、本田五段は黒星スタート - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    サンウルブズ白星発進、東芝4連勝、本田五段は黒星スタート

    サンウルブズのスーパーラグビーがはじまった。今季が最終年度となるサンウルブズにとって目標はプレイオフ進出だそうだがまずは1勝あげることが目標なのであろう。スーパーラグビーでは初めての福岡県開催とあって多数の観衆で一杯となったレベル5スタジアムでレベルズ相手にどんな試合をしてくれるか注目してTV観戦した。現役の日本代表は一人もいないが、布巻など日本代表経験者もおり、首脳陣もヘッドコーチが日本人...

  18. 神戸製鋼強し、山口茜優勝、トヨタ悔しい2、3位 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    神戸製鋼強し、山口茜優勝、トヨタ悔しい2、3位

    ラグビートップリーグ第3節の2試合が行われた。ノエビアスタジアム神戸で開催された神戸製鋼対サントリーの試合は2万6312人の大観衆でスタンドが満員となった。昨年の1位、2位対決だけに関心があったとは思うが、それでも2万人以上が集まるとはラグビー人気が高まっていることの証明なのかもしれない。試合は開始直後からサントリーペースで進み、4分にSO田村煕のトライで先制した。神戸製鋼にPGで反撃された...

  19. 神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs サントリーサンゴリアス - ほんじつのおすすめ

    神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs サントリーサンゴリアス

    トップリーグ2020 第3節この日の試合、ノエスタ、ほぼ満席のような感じ。だって、W杯戦士が複数出場しますから。一応、神戸製鋼寄りで応援していますが、いいゲームが観たい。トライを決めたのが、まずサントリー。面白くなりそう。神戸製鋼が分があると思ってましたから。ダン・カーター選手と。田村選手のキックも見応えありました。神戸製鋼コベルコスティーラーズ 35-29 サントリーサンゴリアス

  20. トップリーグを観るためにノエスタにやってきた - ほんじつのおすすめ

    トップリーグを観るためにノエスタにやってきた

    今日は、神戸製鋼の試合観るために、ノエスタに。ダン・カーターがお出迎え。1時間前に来ましたが、先ほど行われたレジェンド・マッチの影響か、サイドスタンドは、ほぼ座席が埋まっていました。大八木さん見たかったなぁ。今日は、W杯戦士が出てくるので、にわかは楽しみ。サントリーサンゴリアスが円陣。神戸製鋼コベルコスティーラーズが円陣。

総件数:85 件

似ているタグ