トライアンフのタグまとめ

トライアンフ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはトライアンフに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「トライアンフ」タグの記事(177)

  1. リオビサ(Leo Visser) - まみっちのチューリップ

    リオビサ(Leo Visser)

    2019.01.11にやって来た赤に近いピンクと白のバイカラーのトライアンフ。チューリップとしての詳しい記載を探せなかったのですがLeo Visserは、レオ・ヴィッサーと読むみたいで、そう読むとオランダのスピードスケートの選手みたいです。ちなみにLeo=Leendertらしい。やって来た時まだ縁の白が目立っていなくて、ピンクっていうより赤に近い濃いピンク縁が白くなってきます。濃いピンクで縁...

  2. 水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    水曜日の授業風景

    1976FXE1200Hさんのショベルヘッドビッグエンドベアリングレースはだいぶ広がっており、ローラーサイズでのクリアランス調整が難しかったため、クランクピンをS&S製の.001”オーバーサイズのものを使い、ローラー選択、クリアランス調整。コンロッド小端部での振れチェック。コンロッドワッシャーはダミーワッシャーを付けスラスト量計測。厚みはオーバーサイズにする必要がありますので、製作します。も...

  3. 月・火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月・火曜日の授業風景

    1976FXE1200Hさんのショベルヘッドカムカバーを交換したためか、ピニオンベアリングレースとピニオンシャフトブッシュのラインだしに苦労しつつ、どうにか解決の方向に。カムギア・ピニオンギア計測しピニオンギアサイズ選定。ピニオンブッシュ・レースのライン出て、クリアランスか適正になった状態で、もともと付いていたピニオンギアを入れてみると、ギアの偏芯ップリが酷いのがよくわかる。タイミングギア周...

  4. 土・日・の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土・日・の授業風景

    1976FXE1200北海道のHさんは5日連続授業まずはピニオンベアリングレースラッピングしローラー選択、クリアランス調整。製作しておいたピニオンブッシュ、カムブッシュにダウエルピン穴加工、オイル穴加工しカムカバーに圧入。ピニオンブッシュラインリーミングしたものの、ピニオンシャフトの回りが悪い。ピニオンシャフトベアリングレースとピニオンブッシュのラインが今一でラッピングやり直し。1977FL...

  5. 火・水曜日のVMS - Vintage motorcycle study

    火・水曜日のVMS

    1981FXS1340修理依頼、Sさんのショベルヘッドエンジンの組みつけが終わり、プライマリーへ配線剥き出しになっていたステーターコイル交換、ローターとの干渉チェックし取り付け。プライマリーベルトの張り、Dチェーンの遊び調整。クラッチは錆びつききれない状態でありましたので、分解チェック。こちらもOHとなりました。XL33.4 FRONT FORK修理依頼のXL33.4フロントフォークロワー側...

  6. 日・月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日・月曜日の授業風景

    1940 INDIAN SCOUTMさんのインディアン問題があったホイールベアリングカラーを製作し取り付け。スロットルプランジャーと新たなハンドルのスロットルグローブ形状が微妙に合わず削り調整。ハンドル交換に伴い、スイッチ取り付けねじ穴、アウターケーブルマウントスクリューねじ穴を位置決めして製作。IGスイッチも交換、インディアン用の8端子のもの。一つの端子がマウント部とアーシングされるマグネ...

  7. 『 Triumph Italia 2000 Coupe 1958-1962 』 - いなせなロコモーション♪

    『 Triumph Italia 2000 Coupe...

    イギリスのトライアンフ社が1958~1962まで販売した トライアンフ・イタリア・2000クーペ、1962年モデルです。TR3のシャシーにミケロッティがデザインしたエレガントなエクステリアをイタリアのカロッツェリア・ヴィニャーレ社が製造し架装したスペシャルモデルで、生産台数は3百数十台?と云われ、現存する車は極僅かな貴重モデルです。ノリタケの森にて撮影♪PENTAX K-3Ⅱ/ *smc P...

  8. 来年もよろしくお願いします - Vintage motorcycle study

    来年もよろしくお願いします

    卒業間近の1947FL1200、Iさんのナックルさんと1951T100、Hさんのトライアンフさん。ハーレーと英車、この一年のVMSを象徴するような2台4歳差でありながら、国も設計思想も違う二台が足立区の舎人出会い、丸裸にされたわけですから、なかなか感慨深いです。ナックルのIさんはトリニティー時代から含めうちで3代目の車両で長い付き合いですが、今回はなんやかんやと状態が悪く本当苦労しました。普...

  9. 2018年まとめ(Moto編) - The Trap of Heuristiks

    2018年まとめ(Moto編)

    今年は5月にバイクを降りてしまったので、まとめも減ったくれもありませんが…◆試乗今年は3台だけ。◆Red85今年の8月に最初の車検予定でしたが、5月に売ってしまいました。本当は車検を機に別車両に乗り換えるつもりでしたが、諸々色々ありまして、しばらくバイクを降りることにしました。Red85はストリートファイターとして非常に良いバイクでしたが、ボクの好みやライディング傾向には合致しませんでした。...

  10. なんやかんや製作もの - Vintage motorcycle study

    なんやかんや製作もの

    今年も、もうすぐ終わりますね。今年も有難いことに切れることなく生徒さんが入り無事来年を迎えられます。本当にありがとうございます。新入生が入ると勿論交換パーツが必要となり、その中には単品製作するものもあります。スクールという性質上、予めパーツを作っておかないと、生徒さんの作業が進まなくなりますので、今日は最近の製作もののお話。まだまだ、製作しなければならないものが残っていますが、明日以降、年内...

  11. 3連休の授業風景 - Vintage motorcycle study

    3連休の授業風景

    1977FLHS1200K君のショベルヘッド今回はエンジン腰上を持ち込みチェック。シリンダーとピストン計測。0.1mmのクリアランスでボーリング予定。ロッカーアームブッシュは以前に入れた割りブッシュタイプのものからJIMS製のものに交換予定。バルブガイド計測。同じく0.1mmクリアランスがあるためバルブガイド交換。ガイドを抜き取るため、燃焼室内を重曹ブラストでカーボン完全除去しガイド抜きとり...

  12. 1951TRIUMPH T100 キャブ取り付け - Vintage motorcycle study

    1951TRIUMPH T100 キャブ取り付け

    今日も引き続きHさんのトライアンフT100のお話。もともとは276シングルキャブですがHさんの希望でツインキャブ化当時のレーシングキットは276のツインでありますが、スペースの問題もあり、コンセントリック626のツイン化します。ツインキャブコンバート用のマニホールドガスケットは単品製作。キャブ各部チェックチョークバルブは抜き取り、めくらねじ取り付け。適正ジェットサイズはわからないので、キャブ...

  13. 1951TRIUMPH T100 シリンダー・シリンダーヘッド組み付け - Vintage motorcycle study

    1951TRIUMPH T100 シリンダー・シリンダ...

    今日はHさんのトライアンフT100のお話。エンジントップエンド組みつけていきます。シリンダーは.020”o.sのピストンでボーリング済みタペットはIN側EX側ともに新品に交換。分解時にシリンダーの抜き取りに苦戦しましたので、一旦シリンダー仮組み。ダウエルピンの腐食太りが原因だったようなので、ダウエルピン抜き取り研磨。私自身、初めてやるT100ピストンリングの不良が無いよう祈りつつリングチェッ...

  14. 土・日・の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土・日・の授業風景

    1958 VELOCETTE VENOMIさんのベロセット・ベノムIN側のバルブガイドはオーバーサイズを単品製作しヘッドに圧入。バルブシートカット45度面は大分広がり荒れていましたが、あたり幅1.3mm程度に調整。擦り合わせして灯油漏れチェックし問題なし。バルブ突き出し量、バルブスプリング取り付け長チェック。1959 PARILLA 175Mさんのパリラキャブ問題、電気問題は解消され、切れた...

  15. 平日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    平日の授業風景

    1927 SUNBEAM MODEL9Oさんのサンビームエンドプレイが多かったことと、シャフトとのガタもあったため、カムフォロアーブッシュ製作。サンビームのノーマルカムフォロアーブッシュの鍔部分は少々特殊で外側から内側にかけて沈んでるような形状で、ブッシュを作り直す場合にブッシュの鍔部分の厚みの選定が非常に難しい・・・薄いシムを製作しそれを元に適正スラストになるようブッシュ鍔部の厚み選定し、...

  16. 1951TRIUMPH T100 エンジン・ギアボックッス搭載&プライマリー周り組み付け - Vintage motorcycle study

    1951TRIUMPH T100 エンジン・ギアボック...

    今日はHさんのトライアンフT100のお話。まずはギアボックスにマウントプレート&アジャスターをつけておきフレームに搭載。フロントエンジンプレート、リアエンジンプレートを取り付けエンジン搭載。フロントエンジンプレートはフロント側フレームとリア側エンジンフレームの間に入ります。オイルタンク取り付け。オイルタンクはレーシングキットの1ガロンタンク。プライマリー周りの組みつけに。クラッチのドリブンプ...

  17. 土・日・の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土・日・の授業風景

    1927 SUNBEAM MODEL9Oさんのサンビーム随分とカムフォロワーのエンドプレイが多く、シャフトとのガタも多かったカムフォロワーブッシュを交換なのですが、カムフォロワーのブッシュとあたり面が小さいことと、ブッシュの鍔部分が平面が出ていないため、新たに作るブッシュの鍔部分の厚みを測定するのが困難です。00.2mm程度のシムを製作しその厚みを元に、適正スラストになるように製作するブッシ...

  18. 平日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    平日の授業風景

    1963 TRIUMPH T120Yさんのトライアンフ車体周りの分解・計測作業が終わりフレーム塗装みだすため梱包作業。固着し取れなかったマニホールドはヘッド固定冶具をつくり分解。新品ベアリングが到着しましたので、ケースとの嵌め合い寸法、クランクシャフトとの嵌め合い寸法計測。ドライブ側のシャフトとの嵌めしろがないのでこちらはシャフト溶射肉盛。またタイミング側ケースとの嵌め代も心もとないのでベア...

  19. 土・日・の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土・日・の授業風景

    1964TRIUMPH SMALLUNIT500Kさんのトライアンフスモールユニットエンジン4本ともねじ山が駄目になっていたロッカーボックス。1つはヘリサート加工済み、残り3箇所はアルミロウで穴埋め後面研。穴位置決めのポンチ製作し穴あけ位置を決め、ボール盤にセットし穴あけ、タップで新たなねじ山製作。1977FLHS1200新入生Kくんのショベルヘッド。エンジンとトランスミッション持込でOHし...

  20. 1951TRIUMPH T100 リアホイール&棟上 - Vintage motorcycle study

    1951TRIUMPH T100 リアホイール&棟上

    今日は先日に引き続きHさんのトライアンフ、Rホイールのお話。タイヤは交換でリム・スポークは状態良く、バラさずにそのまま使います。まずはドラムブレーキから。ドラムと一体式のスプロケットは以前に交換した後が。スプロケット自体あまだ使えそうなのでこのまま使います。ブレーキ分解。ブレーキカムはシャフト部分が随分変磨耗しガタガタ・・・。残念ながらこのカムのリプレイス品は手に入らないので、このカムを加工...

総件数:177 件

似ているタグ