トライアンフのタグまとめ

トライアンフ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはトライアンフに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「トライアンフ」タグの記事(495)

  1. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1978TRIUMPH T140ETさんのトライアンフはギアボックス周り。ハイギアのメインベアリングベアリング・ハイギアニードルベアリング・レイシャフトベアリング・メインシャフトベアリングとベアリング類は全交換。レイシャフトを仮組みしてスラストチェック。ギア類を仮組みしてギアチェンジチェックし問題なしなので、オイルシール・ガスケットをつけ本組み。ブッシュ類で唯一交換がキックシャフトブッシュ。...

  2. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1951TRIUMPH T100Hさんのトライアンフ前回ローリングシャシーになりましたが、気に入らないところがあり、一旦分解・塗装作業に。1946WR750MさんのWRネックステム、ステアリングダンパーアジャスターボルトが入る雌ねじ側修正。ここの螺子サイズは5/8”-14山UNSタップを立て、ステアリングダンパー取り付け。フロントブレーキ周りの修正作業に。1940WL750WLのI君はひたす...

  3. 土・日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土・日曜日の授業風景

    1971 BSA A65TさんのBSA車検所得後、仕事が忙しくなかなか試乗できていませんでしたが、オイル交換し試乗。車体周り、エンジン、ミッションと問題なし。キャブセッティングはもっと細かくセッティングすることはできますが、現状でも走行に問題なし。後は、細かなキャブセッティングをしつつ慣らし運転となります。というわけでVMSでの作業はそろそろ終わりということになります。1980XLH1000...

  4. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1976FXE1200Hさんのショベルヘッドカウンターシャフトブッシュを交換し、3rd&4thギアのスラスト調整。また1stギアのスラストも特製シムで調整。メインドライブギアブッシュは圧入前の内径加工をし圧入。ラッピング&ホーニング。メインドライブベアリングレースは状態良く、ニードルベアリングだけ交換。仮組みしてスラストチェック。メインシャフト・カウンターシャフト仮組みして回りっぷり...

  5. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1968 BSA A65 NさんのBSAは配線作業。点火モジュールとレギュレーターの設置位置を決め、ステー製作し発電周り、点火周りの配線作業。1973 TRIUMPH TR7EVYさんのトライアンフギアボックスの作業が終わり、プライマリー周り取り付け。クラッチセンター・クラッチスプロケットのガタ確認。ローターとステーターの隙間チェックしオルタネーター取り付け。クラッチのリリースディスクは面チ...

  6. 月・火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月・火曜日の授業風景

    1951 TRIUMPH T100Hさんのトライアンフは車体周りの組み付け作業ネックベアリングレースは問題なく、バラ球ベアリングを交換し、三又取り付け。組み付け済みのフロントフォーク組みつけ。組み付け前にフォークオイル注入。ナセルフロントフォークの小さなオイル注入口からオイルが入るか確認。ナセルカバーを通しておき、フォークを差込取り付け。ハンドルを取り付け、ナセルトップユニット取り付け。19...

  7. 日曜日・月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日・月曜日の授業風景

    1980FXWG 1340卒業生Mさんのワイドグライド。以前に転倒、故障しましたが自ら治し、無事VMSに到着。オイル交換・タイヤ交換など軽整備。1973 TRIUMPH TR7RVYさんのトライアンフはギアボックス周り1速にギアチャンジ時に移動した1STギアがストッパーであるサークリップに干渉し、レイシャフトを動かしギアチェンジを困難にする問題がありました。ライトサイド・レフトサイドのレイシ...

  8. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1968 BSA A65NさんのBSAサイドカバーのマウント問題も一段落し配線作業へ。ハイテンションコードは長さを合わせ製作。また、エレクトリックレギュレーター・ペイゾンのフルトライグニッションを使うため、モジュールとレギュレーターのマウントステー製作。A65は思いのほか置けるスペースが少ないですね。1978TRIUMPH T140ETさんのトライアンフまずは清掃作業・化粧直しが終わった、リ...

  9. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1951TRIUMPH T100[#IMAGE|a0248662_8554944.jpg|201711/06/62/|mid|700|1050#Hさんのトライアンフは車体周りの作業に。分解・調整・仮組み済のフロントフォークは化粧直しをして本組み。また、フレームも化粧直しをして組み付け。マウントボルトはずべて新品に交換。1980XLH1000久しぶりに登場のIさんのアイアンスポーツは配線作業。...

  10. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1968 BSA A65NさんのBSAはサイドカバー問題。FRPで作られているサイドカバーは、純正タイプのクイックタイプのマウントスタッドを使うと微妙に位置の違いで留めるとサイドカバーが割れてしまいそう。プレートタイプのマウントナットを製作し、ボルト化してカバーの位置決めが出来るように。エアクリナー・イグンッションコイルを付けサイドカバーをそれぞれ干渉しない位置に。1978TRIUMPH T...

  11. 日曜日・月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日・月曜日の授業風景

    1973TRIUMPH TR7RVYさんのトライアンフギアボックスのギアの入りが悪い問題を考察。1速ギアが移動しドライビングドックに噛むことで一速になる仕組みの5速ミッション。1速ギアのストッパー代わりと思われるサークリップに1速ギアが移動しクリップが押されることでレイシャフトが移動しギアチェンジが困難になるようだ・・・。厚みが違うスラストワッシャーを何種類か用意しレイシャフトの位置を考えて...

  12. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1951 TRIUMPH T100Hさんのトライアンフは前回に引き続き、ギアボックスの作業。ケース周りのブッシュ交換・調整作業が終わりハイギアベリングを入れ、シール圧入、新品スプロケット取り付け。研磨のため取り外したレイシャフトのスピードメーターギア取り付け。メインシャフトのクラッチプッシュロッドブッシュ取り付け。インアーカバーにメインシャフトベアリング、スピードメーターギアを取り付け仮組み...

  13. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1967TRIUMPH TR6Oさんのトライアンフはギアボックス周りメイン・レイシャフトベアリング交換しレイシャフトを仮組みしてスラストチェックし問題なし。ギアセレクターカムプレートのカシメられているシャフトが回り始めていたので溶接で点付け。シール取り付け、ハイギア・カムプレート取り付け。ギアボックッススプロケットは交換予定なので仮組み。苦労したのはプランジャーホルダー。ナット部がなめかかっ...

  14. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1948WL750MさんのWL3速ミッションから4速ミッションのギア周り交換するため、ギアボックスカバーを加工。メインローギアがカバーに干渉するため、冶具を製作しカバーを切削。カバー側のカウンターシャフトブッシュを交換。スプロケット(チェーン)に逃げがあるブッシュは圧入時一工夫してある専用工具を使いブッシュ圧入。専用で作ってあるラッピングロッドを使いラッピング。新品カウンターシャフトがガタ無...

  15. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1968BSA A65NさんのBSAはケーブル周り。まずは、スロットルケーブル製作。使うスロットルホルダーにあわせケーブルカラーを製作しアジャスターを付け、まずアウターケーブルの長さを選定。アウターケーブルが決まったところで、インナーケーブルを製作。スライドバルブ側のタイコを付けスロットルバルブに取り付け、レバー側までのケーブル長さを選定し、スロットル側のタイコ取り付け。スロットルホルダーに...

  16. ウェビックさんの「【新車】新たなBonnevilleが登場 トライアンフ、「Bonneville Bobber Black」と「Bonneville Speedmaster」を来春発売」 - マーチとバイク

    ウェビックさんの「【新車】新たなBonnevilleが...

    へーっ"ボバー"だって。こーゆうジャンルもあるんだなぁ。おーかっこいいかっこいい。

  17. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1951 TRIUMPH T100Hさんのトライアンフはギアボックス周りの作業。まずは製作したレイシャフト1stギアブッシュ圧入、ホーニングしクリアランス調整。同じく製作したハイギアブッシュも圧入。メインシャフトのハイギアブッシュ軸受け部は研磨してありますので、専用のラッピングロッドを使いハイギアブッシュラッピング、ホーニングしガタ無くスルスル。ギアボックスが削れてしまっていたため、留まり穴...

  18. ちょっと早い紅葉ネタです - 60代も元気に楽しむバイクライフ

    ちょっと早い紅葉ネタです

    2017年10月1日(日)今日から10月。ちょうど秋の運動会のシーズンであり、ツーリングにも絶好の季節ですね。紅葉には少し早いタイミングですが、過去のトライアンフと紅葉の写真を整理してみました。まずは購入の翌年(2013年)から↓2013年秋紅葉を探しながら西へ走って、途中で見つけたモミジ並木。兵庫県の国道429号線沿いだったと思います。↓2014年秋2014年も西へ向かって走りました。↓ ...

  19. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1985FXEF1340Tさんの4速エボオイルタンクを交換したいということで、持ち込まれたソフテイルのオイルタンクを、フレームに溶接無しでステー製作し取り付け。違うフレームに付いていた物ですから、もちろんマウント方法も違いますのでステーを単品製作する必要があり、こういう作業はまずどういうものを作るか考え、具現化していく作業で時間がかかります。1973TRIUMPH TR7RVYさんのトライア...

  20. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1946WR750MさんのWRはキャブ周りの作業。アルゼンチン出張での土産話を聞きつつ分解・清掃作業。マニホールド面を削り過ぎない程度に面研磨。フロートレベル、フロートバルブのチェック。バタフライバルブの隙間チェック、調整。マニホルドマウント螺子部は一部終了していたのでヘリサート加工。1967 TRIUMPH TR6Oさんのトライアンフ前回圧入したカムブッシュ。とりあえず圧入したままでカムシ...

総件数:495 件

似ているタグ