トラフシジミのタグまとめ

トラフシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはトラフシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「トラフシジミ」タグの記事(54)

  1. ☆宮田村のアサギマダラ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆宮田村のアサギマダラ☆

    3日、上伊那郡宮田村で、アサギマダラを追いました。早朝、隣接するアカソバの畑でもアサギマダラを楽しみましたが、数は少ないです。林を隔てたフジバカマに畑に飛んでしまいます。朝露が光ります。林の中の小さな川は、激しい流れでした。アキノキリンソウが咲いていました。フジバカマには色々なチョウがいました。スジボソヤマキチョウキタテハメスグロヒョウモンシータテハウラナミシジミキタキチョウトラフシジミ夏型...

  2. ミヤマカラスシジミ・トラフシジミ(2017/07/24) 富士山麓遠征 ① - 里山便り

    ミヤマカラスシジミ・トラフシジミ(2017/07/...

    昨年に続き、 "小畔川日記" の 'ダンダラさん' にお誘いを受け、二つ返事で遠征に同行した。猛暑が続く中、早朝にも関わらず此処でも暑さの猛威が振るっています。木陰を見つけては ’涼’ を取りながらの撮影です。前年度より1週間早くの現地入りです。早速のお出迎えは 'ミヤマカラスシジミ達' でした。ミヤマカラスシジミ(深山鴉小...

  3. 公園の七不思議 - 不思議の森の迷い人

    公園の七不思議

    沖縄と順序が逆になってしまいましたが、6月の初めです。トラフシジミの夏型を探しに行きました。春型は毎年、埼玉の公園に行っていましたが、夏型を見に行くのは初めてでした。地面に積もっているのは木から降ってくるムクロジの花です。トラフシジミは地面に落ちた花から吸蜜しています。まるで小さな王冠が落ちているみたいです。トラフシジミの夏型の裏翅は全体的に褐色で、春型のようなくっきりした模様ではありません...

  4. トラフシジミ夏型 - Bravo! Birds

    トラフシジミ夏型

    ムラサキシジミかと思ってゆっくり近づいていったらトラフシジミでした。まさかここで会えるとは思ってもみなかったので嬉しい~♪鳥に噛まれた?箇所から綺麗なブルーが見えています。この日もう1頭目撃しました。トラフシジミ(虎斑小灰蝶)Rapala arata2018年6月下旬撮影

  5. 2018.6.3東京・白金の森トラフシジミ2018.6.17 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.6.3東京・白金の森トラフシジミ2018.6...

    2018.6.3日曜日も朝から晴れ。11時まで撮影する。しかし、前日と打って変って数が少ない。また、開翅する個体も少なかった。もう、吸水する必要はなくなったのだろうか?2018.6.5前日の月曜日は休園日。自宅に閉じこもっているのももったいないので自然教育園に行く。日曜日よりも数は多かった。ほとんど擦れているのにピカピカの個体も混じっていた。しかし開かず(3コマ目)。散ったムクロジの花の上を...

  6. ■トラフシジミと名残りのゼフ 3種18.6.16 - 舞岡公園の自然2

    ■トラフシジミと名残りのゼフ 3種18.6.16

    寒い!「梅雨冷え」とわかっていてもだ。昼前に小谷戸の里で簡単ボランティア参加、午後は会社時代の友人の「混声合唱団リサイタル」を聴きに鶴見まで夫婦でお出かけ。明日はは田んぼ作業とNPO法人の総会に出席予定だが、天気の具合はどうなる?昼前の帰り道で綺麗なウラナミアカシジミに会った。そろそろゼフのシーズンが終わりに近づいている。かわってトラフシジミの時期になる。トラフシジミ18.6.14FUJIF...

  7. 2018.6.2東京・白金の森トラフシジミ2018.6.15 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.6.2東京・白金の森トラフシジミ2018.6...

    2018.6.2トラフシジミの開翅予定日。しかし、土曜日なので11時までの撮影。9時の開園とともに入ると路上のスポットにトラフが数頭舞っていた。そして、次々と開翅する。しかしながら、前日とは異なりほとんどが擦れた個体ばかりだった。奇麗な個体はなかなか見つからない。開いても路上だけだった。これもだ。路上だと開いても嬉しさは50%。やっと葉上で開いたけれど色が出ない半逆光。また、翅の開きもここま...

  8. 2018.6.1東京・白金の森トラフシジミ2018.6.13 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.6.1東京・白金の森トラフシジミ2018.6...

    2018.6.21週間前、トラフシジミが1頭出たとのこと。トラフの特異的開翅日の条件を満たしていないけれど、そろそろ数が増えているかもしれないと朝一番で出かける。トラフシジミはすぐに現れた。というより、9時の開園前にはもう路上に集まっていた。トラフはこの時期、日に照らされた路上で吸水する。夏トラフはムクロジの花の季節でもあるが、落ちた花で吸蜜している個体も多い。路上だけではなく湿った倒木や下...

  9. 富山平野へ - 飛騨山脈の自然

    富山平野へ

    昨年クモガタヒョウモンを多く見た耕作放棄地に行ってみた。何かおかしい、半分以上地面に草が生えていない。除草剤でも巻かれたのか、でもそのような形跡はない。畦と法面の僅かな隙間に咲いているハルジオンにトラフシジミが来ていた。後翅に一杯花粉を付けている。思いもかけずアオスジアゲハに出会った。この蝶は住んでいる街には生息せず、たまにみられるものはすべて飛来個体でまったく目撃できない年も多い。写してい...

  10. ヤマキチョウとトラフシジミの産卵 - 蝶超天国

    ヤマキチョウとトラフシジミの産卵

    5月19日ヤマキチョウの産卵シーズンが始まったと連絡をいただき山に向かいました。草原や林縁のクロツバラを探すとよく卵は見つかりますが・・・・産卵シーンの撮影となると気象条件や運も必要でなかなか難しいものです。幸運にもこの日は一度だけヤマキチョウが狙いのクロツバラに立ち寄ってくれました。ちょうど産卵が終わって飛び立つところです。トリミングすると・・・お尻の先に産みたての卵があるのがよく分かりま...

  11. シャガにトラフシジミ - チョウ!お気に入り

    シャガにトラフシジミ

    この時期、あちらこちらでシャガの花を見かけます。きれいな花ですがチョウが次々と吸蜜に現れるかというとそうでもなく、時折気が向いたようにチョウが止ります。今日もウスバシロチョウは傍らを飛ぶだけで訪花する個体は無く、オナガアゲハが一度訪花した程度でした。しばらく眺めているとシジミチョウが飛んでいるので追いかけるとトラフシジミでした。花弁の白い部分もなんとか飛ばずに表現できるのもデジカメの威力です...

  12. GW最終日 - jick のぐうたら蝶日記

    GW最終日

    GW最終日はどうするか迷っていましたが、東京郊外の林道に行って来ました、ここはそれ程遠くなくて、蝶の種類も多く、この時期ならアオバセセリに遭遇出来る確率も高いのですが、採集者も多いので嫌な思いをする可能性も高いので二の足を踏んでいましたが、今朝、早く目覚めたので早めに出掛けて撮影すれば大丈夫かなと思い行って見ました、案の定採集者にかなり出会いました、10人は居たでしょうか、巡り合わせがよく、...

  13. トラフシジミとウスバシロチョウ(2018/4/11.20) - 小畔川日記

    トラフシジミとウスバシロチョウ(2018/4/11.20)

    4月11日はウスバシロチョウが出始めたというのでコツバメの公園に様子を見に行く。ホソオチョウがまだ飛んでいて、春らしい一枚が撮れた。ニコンD500ニッコール70-200ウスバシロチョウが吸蜜に来るウツギのところに行くと、ウスバシロチョウはいなくてトラフシジミが吸蜜していた。家内撮影ニコンD5500ニッコール55-200これもまたいい感じだ。ニコン1V31ニッコール10-30ミヤマセセリも吸蜜...

  14. 花の時期に合わせてアオバセセリ発生 - 蝶超天国

    花の時期に合わせてアオバセセリ発生

    4月22日つづき午後2時過ぎになって林道の日当たりが悪くなってきたころ、最後にアオバセセリのポイントに立ち寄りました。アオバセセリといえばウツギの吸蜜がよく似合いますが、ここではブルーベリーで吸蜜するのが特徴です。例年はアオバセセリも4月末日か5月に入ってから見られますが・・・今年は1週間以上早いこの時期に発生を確認しました。光の加減で発色が異なります。今年は開花時期とピッタリ合っていい感じ...

  15. 4月21日のチョウ - Mag's DiaryⅢ

    4月21日のチョウ

    4月21日、オオルリの姿を求めて山に行ったのだが、チョウがたくさんいて時間を使ってしまった。この日は、オオルリの声を聴きながらチョウの追っかけ。イシガケチョウがいた。トラフシジミが葉の上でストローを伸ばしていた。コチャバネセセリもいた。目立ったのはテングチョウとツマキチョウ。(おや、テングチョウは撮っていないょ。)飛んでいるところを撮るのに時間を使ったのだが("^ω^)・・・。

  16. 2018.4.12東京・白金の森トラフシジミ2018.4.23 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.4.12東京・白金の森トラフシジミ2018....

    2018.4.12前日は強風が吹き荒れた。この日も晴れ。気温が少し上がる。しかし、ノウルシでは全く姿を見せず、吸水ポイントで待つと1頭目がやってきた。前日の強風で飛び回れなかったせいか、数としてはいつもより多かった。ただ、半数は破損していた。翅は全く開かずに終わる。ツマキチョウの♂も発生終期になると飛び方も遅いようだ。そろそろ終わりのムラサキケマンで吸蜜していた。ハムシかと思ったらテントウム...

  17. 2018.4.10東京・白金の森トラフシジミ2018.4.21 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.4.10東京・白金の森トラフシジミ2018....

    2018.4.10前日は晴れたけれど月曜なので教育園は休み。連日、晴れの日が続く。ノウルシもなんとなくカサカサした感じになってきた。30分ほど待っていると、群落の後ろに1頭が飛び込みすぐ出てきたが、微動だにしない。この姿勢のまま10分が過ぎる。角度を変えて撮影してみるとストローは伸びている。しかし、花ではないようだった。この1頭が去った後、次は来なかった。いつもの路上吸水ポイントに移動する。...

  18. 2018.4.6東京・白金の森トラフシジミ2018.4.19 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.4.6東京・白金の森トラフシジミ2018.4...

    2018.4.6晴れ。風が少し強いがトラフシジミ探しに行く。ノウルシを探すと目の前に1頭がとまっていた。吸蜜している様子はなく、ただじっとしているだけで風に耐えている。マクロでも撮れる距離だが飛ばれた時のことを考え、300ミリで撮影。翅を開きそうもなかったが、待つこと30分、一瞬強風が吹き、その風で下に落ちてしまった。もぞもぞと這い上がり少し奥に飛んで吸蜜を始めた。再び飛び出すがいつものよう...

  19. トラフシジミ2018Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    トラフシジミ2018Byヒナ

    先々週と先週の日曜日に出会えた春の蝶、もう1種はトラフシジミです。トラフシジミは相性の悪い蝶で、春になるとあちこち探しに行くものの空振りばかり。これまで開翅を撮ったことも無ければ、夏型は見たことすら有りません。そんなトラフに出会え、しかもこれまでになくじっくり撮らせてもらいました。しかもマクロで撮れるというオマケつき。翌週は数が増えていました。望遠でも。シジミチョウの仲間がよく行う、後翅を擦...

  20. ☆トラフシジミは藤の花に集合☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆トラフシジミは藤の花に集合☆

    2日経ったら、蕾だった藤の花が咲き、トラフシジミは天辺の花に何頭も集合していました。高くて、カメラも上手く動かず「藤の花にトラフ」は、証拠写真に終わりました。綺麗なナガサキアゲハの♂も、吸蜜に訪れていました。ウツギの蕾に産卵する場面にも出会いました。開翅もしてくれました。このコは、裏翅の柄が少し違うような・・・。逆光で写すと、翅の縁が青く光りました。北上のアサギマダラが現れました。ツワブキに...

総件数:54 件

似ているタグ