トランプのタグまとめ

トランプ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはトランプに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「トランプ」タグの記事(535)

  1. 抱腹絶倒!安倍総理に「リベラルな国際秩序の回復」を期待する慶大教授・細谷雄一先生 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    抱腹絶倒!安倍総理に「リベラルな国際秩序の回復」を期待...

    まずは、以下のリンク先の慶大・細谷雄一教授の論文をご一読ください。この中で、細谷先生は、「幸いにして、安倍晋三政権は長期安定政権となり、一貫性のある外交戦略を展開している。日本は、リベラルな国際秩序を維持する上で、これまで以上に指導的な立場に立つ必要が生じるであろう。」とおっしゃっています。本社社主は、抱腹絶倒してしまいました。細谷先生は、安倍総理に何を期待しているのでしょうか?細谷先生が「...

  2. 展覧会「嫌な女」 - FEM-NEWS

    展覧会「嫌な女」

    展覧会「嫌な女」が1月12日からニューヨーク市など全米でスタートした。「嫌な女」は、アメリカ大統領選のテレビ討論会で、トランプ候補がクリントン候補に向かって言い放ったことばだ。ネットで録画を視聴したが、トランプ候補は、正確には「なんて嫌な女だ」と言った。クリントン候補が、富裕層に増税をして社会保障にもっとお金を回すべきだ、と提案している真最中のこと。トランプ候補は、クリントン候補に最後まで言...

  3. アメリカは一枚岩ではない。カリフォルニア州は「トランプ離れ」の動き。 - 香取俊介・東京日記

    アメリカは一枚岩ではない。カリフォルニア州は「トランプ...

    1月14日(奴■国際政治は大統領就任前のドナルド・トランプ氏のTwitterでの発言に揺れ動いている。人種差別主義的発言を連発し、下品な言葉をはきかけることで、アメリカのエスタブリッシュメントへの敵対感情を抱く白人庶民層の心をつかんだ。まさかの逆転勝利に裏にはロシアのプーチン大統領のハッキングがあるとの情報機関のリークもからみ、まさに「トランプ劇場」の観をていしている。■内外に波紋をひろげる...

  4. 器用なメリル ストリープと彼女に便乗する人たち - 井上靜 網誌

    器用なメリル ストリープと彼女に便乗する人たち

    ゴールデングローブ授賞式で非難されたのが面白くないからと、トランプ次期アメリカ合州国大統領は、そのメリル ストリープを「過大評価された女優だ」こき下ろしたそうだが、そのように政治的な問題よりずっと前から、メリル ストリープって何であんなに高く評価されているのか不可解だった。もちろん、その出演作のほとんどが趣味に合っていなかったということもあるが、その芸も特筆すべきというほどだと感じなかった。...

  5. メリルSがトランプを批判。障害ある記者を真似た次期大統領を嘆く。メディアの重要性も訴える - 日本がアブナイ!

    メリルSがトランプを批判。障害ある記者を真似た次期大統...

    頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)oよろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】日本のメディアや有名人も是非、見習って欲しいとしみじみ思ってしまった話を。(@@)<&こんなに人間としてモラルに欠ける米大統領が誕...

  6. トランプ - さっちゃん@赤穂の日々

    トランプ

    最近検索数がのびているこの話題の情報などはチェックしていますか。これまでに全くこの話題は、気にした事がない情報ですが頻繁に目につくので気にしてできる範囲で検索してみました。この話題を簡単に調べてみて感じましたが、FBやツイッターなどでも話題になっているんだと思いました。良い機会情報を少々引用してみました。

  7. トランプ氏の「ロシアンスキャンダル」真贋がとわれる時。真ならアメリカ政界は混沌。 - 香取俊介・東京日記

    トランプ氏の「ロシアンスキャンダル」真贋がとわれる時。...

    1月11日(水)■アメリカ界の雲行きがあやしくなってきた。次期大統領就任をひかえて、トランプ氏にロシアの情報機関が接触し、工作を展開した証拠がFBIによって明らかにされたというのだ。米ロのトップリーダーがメールをかわし、互いをほめあう。背後になにかがあると考えるのが普通。以下はCNNのつたえる内容。■CNN) ロシアが昨年の米大統領選に介入したとされる問題で、オバマ大統領やトランプ次期大統領...

  8. 中国がトランプ氏の通商政策に対抗する用意を表明 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    中国がトランプ氏の通商政策に対抗する用意を表明

    日米貿易摩擦から米中貿易摩擦へ。時代は変わりました。日本は、1980年代前半、レーガン時代のアメリカに対して厖大な貿易黒字を出したが、その後、円高と構造改革要求でコテンパンにやられました。中国は、日本がアメリカにやられた歴史をしっかり研究しているでしょう。日本の轍は踏まないようにどう対応するのか?とにかく、トランプの財政出動で、アメリカの金利は上がるし、ドル高にはなると思います。そうなるとど...

  9. トランプ - けるくくのつぶやき

    トランプ

    近頃検索数がのびてるこの話題のニュースなどはみていますか。よく取り上げられるこの話題ということもあり、情報を確認しているというような方もかなり多いと考えます。現時点で確認をしていないというような方もいるのではないかと思うのでわたしが参考になった記事などを引用してみましたトランプ政権は中東情勢を変えられるのかトランプ政権に先立つジョージ・ブッシュ氏とバラク・オバマ氏の両政権による中東政策は失敗...

  10. 酉年相場とトランプ大統領 - 木村佳子のブログ ワンダフル ツモロー 「ワンツモ」

    酉年相場とトランプ大統領

    今年は酉年。年初から各要人が酉年にちなんだ訓話などを口にされていますが、飛ぶ鳥だけでなく物事の様を表す言葉としては果実成熟の極み、熟成という意味を持つといわれます。さて、相場ですが昨年と違い、年初から強い展開です。トランプ就任演説までは期待先行かもしれません。私は1月は利確が出て安い場面があるとみなしているのですが、安い場面では日銀等の巨額資金運用者の買いが意識され、さほど大きく崩れないかも...

  11. 「クリントン」小泉純一郎に「トランプ」安倍晋三 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「クリントン」小泉純一郎に「トランプ」安倍晋三

    小泉純一郎さんも安倍晋三さんも「清和会」出身ですが、小泉さんは、良くも悪くも、1990年代から2000年代前半に隆盛を極めた「ポストモダニズム」のチャンピオンです。政治的にはリベラル(総理在任中の男女共同参画積極姿勢や総理退陣後の脱原発など)な面もあるが、階級格差拡大は放置、空爆しまくりのアメリカのやりたい放題について行く。そういうタイプです。民主党で言えば、昔の前原誠司さん(今は社民主義に...

  12. 小泉、小池、トランプの劇場型政治~ポピュリズムよりも政治と中身を国民にアピールしないと - 日本がアブナイ!

    小泉、小池、トランプの劇場型政治~ポピュリズムよりも政...

    頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)oよろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】もう仕事始めだ~~~。ツマンナ~イ。_(。。)_でも、しょ~がないから、頑張りましょうね~。o(^-^)o90年代にはいり、世界で...

  13. 【思想・哲学】2016ポストモダニズムの滅亡を受けて2017年の課題 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【思想・哲学】2016ポストモダニズムの滅亡を受けて2...

    【思想・哲学】ポストモダニズムの滅亡を受けて2017年明けましておめでとうございます。昨年2016年はポストモダニズム※が世界規模で滅亡しました。アメリカ大統領選挙の「トランプ当選」という結果、イギリスのEU離脱。欧州における反EU政党の躍進。格差が拡大する中で、有効打を打てず、ハッキリしないポストモダンな既成勢力への苛立ちが一挙に噴出しました。そして、ポストモダンなシステムからの離脱やクリ...

  14. 2016年12月の主なニュース - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    2016年12月の主なニュース

    2016年12月の主なニュース11月の主なニュース12月31日(土)衝撃の言葉が象徴する沖縄の1年…読者が選ぶ「沖縄版流行語大賞2016」ファミマの過労死訴訟、直接雇用関係にはないフランチャイズの本部が和解に応じる12月30日(金)冬型緩む共謀罪、通常国会で強行突破の構え法務省基地建設抗議の市民、相次ぎ不起訴に那覇地検12月29日(木)エルドアン、「米がISIS支援」/アレッポではテロリスト...

  15. トランプ・ゲーム - きょうのばんごはん

    トランプ・ゲーム

    ロウソクといえば、台風のときの停電を思い出す。今は、送電システムが丈夫になっているのかな?停電するほどの大きな台風に見舞われていないのかな?ここ十数年、停電を経験していないような気がする。幸いなことに。けれども、子どもの頃は、台風がくるとよく停電した。夜、停電すると、テレビも観られないし、新聞も本も読めない。夕食の支度は辛うじてするが、後片付けもままならない。何もやることがないからと、母はさ...

総件数:535 件

似ているタグ