ドイツの祝日•祭日のタグまとめ

ドイツの祝日•祭日」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはドイツの祝日•祭日に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ドイツの祝日•祭日」タグの記事(26)

  1. 聖ヨハネの日 - すみれのくらし〜実験生活〜

    聖ヨハネの日

    今日(24日)は、「Johhanistag」聖ヨハネの日。バプテスマのヨハネの生誕祭です。ヨハネは、イエス•キリストより先に人々に教えを説き、水によって罪を洗い流す洗礼を始めた布教の先駆者と言われ、ヨルダン川でキリストに洗礼を授けたことにより洗礼者(バプテスマ)の名で知られています。ドイツでは、春の訪れと共に愉しんだSpargel(白アスパラ)とルバーブの収穫が終わる日でもあるので、今年最後...

  2. Fronleichnam - すみれのくらし〜実験生活〜

    Fronleichnam

    今日(3日)はFronleichnam。「聖体祭」と呼ばれるキリスト教の祝日でした。Fronは「主」、Leichnamは「体(死体)」Fronleichnamはイエス・キリストの体(聖体)を意味します。キリストが最後の晩餐で、パンと葡萄酒を自分の聖体として弟子たちに与えたことに由来し、キリストの秘跡に感謝し、いつでも共にあることを喜び祝う日と言われています。夕食はパンとワイン。後で見ると赤ワ...

  3. Pfingstmontagのブランチ - すみれのくらし〜実験生活〜

    Pfingstmontagのブランチ

    今日(24日)はPfingstmontag。引き続きペンテコステの祝日でした。そして此方は「Pfingstferien」と呼ばれる休暇に入ります。久しぶりに娘とブランチの準備をしました。グリーンピースのスープとグルテンフリーのクロワッサン、Frankfurter Würstchen(フランクフルトソーセージ)。サラダ、Spiegelei(目玉焼き)ルバーブジャムをのせたギリシャヨーグルト、フ...

  4. ペンテコステとSpargel - すみれのくらし〜実験生活〜

    ペンテコステとSpargel

    今日(23日)はペンテコステ。イースターから50日目のPfingsten 「聖霊君臨祭」と呼ばれるキリスト教の三大祝日です。「Pfingsten に何かリクエストある?」と聞くと「Spargel!」と即答が。この時期、愚問でしたね…。という訳で、今夜はSpargel(白アスパラ)料理。オランデーズソースが続いたので、Buttersoße(バターソース)にしました。付け合わせは定番のアスパラの...

  5. 雄ヤギのビール - すみれのくらし〜実験生活〜

    雄ヤギのビール

    5月13日は「Chiristi Himmelfahrt」キリスト昇天の日。イースターに死から復活したイエス・キリストが40日後、再び天に昇ったと言われるキリスト教の重要な祝日です。そしてドイツでは、Vatertag(父の日)。日本の父の日とは違い、男性が仲間と集まり、ビールを飲んで楽しむ日でもあります。コロナ禍でうちで過ごすしかありませんが、夫にビールを準備しました。EinbecherのMa...

  6. Ostermontagのブランチ - すみれのくらし〜実験生活〜

    Ostermontagのブランチ

    聖月曜日「Ostermontag 」は残りの鳥パンで、ブランチをしました。カラフルな卵は、スーパーなどで売られている茹で卵。驚きのビビットな色遣いですが、中身は普通です。グリーンアスパラのスープ、サラダ、生ハム、目玉焼き、いちごとキウイのブランマンジェ。バターをたっぷり使った鳥のロールパンも美味しくいただきました。そして今日は、別称エマオの日「Emmaustag 」。エマオに向かい歩いていた...

  7. イースターの食卓 - すみれのくらし〜実験生活〜

    イースターの食卓

    復活祭「Ostersonntag」の夕食。断食が終わるこの日は、ラム肉やうさぎ肉、卵、乳製品など、我慢していた食材をたっぷり使って復活祭を祝います。ローズマリー、ニンニクとオリーブオイルに漬けたラム肉を、オーブンで焼きました。インサラータ・カプレーゼ、南瓜色のさつま芋とインゲンのソテー。胡桃のグリーンサラダ、ほうれん草のスープ、たくさん話して、美味しく食べて。娘とのんびり、時間を過ごしました...

  8. 復活祭のキャロットケーキ - すみれのくらし〜実験生活〜

    復活祭のキャロットケーキ

    今日はイースター「Ostersonntag」。十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが死後3日目に復活したことをお祝いする日です。おやつは、イースターうさぎに因んだキャロットケーキ。イースターは、断食が明ける日でもあります。私の乳製品の断食も終了しました!久しぶりに味わったダブルクリームのケーキ。ナッツとドライフルーツ、スパイスが、人参生地をバランス良く纏めて美味しかったです。午後、病...

  9. 鳥パンと人参ケーキ - すみれのくらし〜実験生活〜

    鳥パンと人参ケーキ

    今日は聖土曜日「Karsamstag」。明日の復活祭に向けて、パンとケーキを焼きました。グルテンフリーのパン用粉を使って、まずは鳥の形のロールパン作りを。娘が手伝ってくれました。鳥だけじゃなく、芋虫さんもできた様な…。次はキャロットケーキです。ピーカンナッツ、オレンジピールとレーズン、シナモン、ナツメッグを加えた、オリジナルレシピで作りました。焼いた生地が冷めたら、クリームチーズクリームを塗...

  10. 聖金曜日Karfreitag - すみれのくらし〜実験生活〜

    聖金曜日Karfreitag

    今日は聖金曜日「Karfreitag」。イエス・キリストが十字架にかけられた日です。キリストが何も飲まなかったことから、昔は断飲の日だった地域もあったそうですが、現在は魚料理を食べる習慣があります。お昼は虹鱒のムニエルにしました。お腹にパセリを詰めて、レモン、トマト、オリーブオイルとオーブンに。ケーパーとレモンのソース。ブルーベリーのサラダ、グリンピースとほうれん草のスープ。粉吹き芋を合わせ...

  11. 聖木曜日Gründonnerstag - すみれのくらし〜実験生活〜

    聖木曜日Gründonnerstag

    今日は聖木曜日「Gründonnerstag 」。イースターまでの「聖なる3日間」が始まる大切な日です。「Gründonnerstag」は直訳すると緑の木曜日。断食節ということもあり、簡素な緑色の食材を使った食事をとります。おやつはWaldmeisterと葡萄のゼリー。Waldmeisterのシロップでゼリー液を作り、皮を剥いた葡萄を入れて固めました。初夏のような温かいお天気で、ハーブの冷た...

  12. Fastenzeit 断食期間の始まり - すみれのくらし〜実験生活〜

    Fastenzeit 断食期間の始まり

    Aschermittwoch「灰の水曜日」と呼ばれる今日から四旬節が始まりました。これからイースターまでの40日間は(日曜日は数えません)Fastenzeit 断食期間。(灰の水曜日には魚を食べる習慣があります。)教会では死と懺悔を考えさせるために、信者の額に十字架の印をつける儀式「Asche aufs Haupt streuen 」悔い改めが行われ、(↑画像お借りしました。)18歳から59...

  13. スミレの火曜日 - すみれのくらし〜実験生活〜

    スミレの火曜日

    今日は「Veilchendienstag 」。「スミレの火曜日」と呼ばれる、カーニバルの最終日です。謝肉祭(カーニバル)を祝い、明日からの四旬節に向けラム肉で食べ応えのある夕食にしました。我が家ではBerliner(ベルリーナー)代わりのグルテンフリードーナツ。今日は娘が作りました。異例だらけでしたが、「女性のカーニバルの日」からの6日間の「狂騒の日々」がまもなく終わります。ご訪問ありがとう...

  14. 薔薇の月曜日 - すみれのくらし〜実験生活〜

    薔薇の月曜日

    今日は「Rosenmontag」。「薔薇の月曜日」と呼ばれる山車が街中を練り歩く、カーニバル、メイン行事の日です。今年はロックダウンで、参加できる行事はありません。学校も会社もお休みの、静かなローゼンモンターク。友達と散歩に行くという娘に、Berliner代わりにグルテンフリーのドーナツを持たせました。こんな感じでカーニバル期間中はドーナツを何度か作ります。今日は粉糖のみにしました。昨年、カ...

  15. 女性のカーニバルの日 - すみれのくらし〜実験生活〜

    女性のカーニバルの日

    今日は「Weiberfastnacht」ヴァイバーファストナハト女性のカーニバルの日でした。カーニバルの盛んな地域では、女性が市庁舎などに雪崩れ込む行事が行われ街なかで出会った男性のネクタイを切るという風習があります。本当にハサミで切られるので、男性は切られてもいいネクタイを締めて出かけます。今年はロックダウンで参加できる行事はありませんが、少しでもカーニバル気分に、と娘とドーナツを作りまし...

  16. グルテンフリーのガレット•デ•ロワ - すみれのくらし〜実験生活〜

    グルテンフリーのガレット•デ•ロワ

    公現節の日、「Dreikönigskuchen」の代わりに、「ガレットデロワ」を作りました。今年はシュトレンで余ったオレンジピールを消費したかったので、アールグレイの茶葉と一緒に入れてみました。アーモンドクリームに追加するだけですが、味はかなり変化します。オレンジピールとアールグレイをフードプロセッサーで細かくし、グランマルニエに漬け、アーモンドクリームによく混ぜて、冷蔵庫で一時間ほど休ませ...

  17. 東方三賢人の日 - すみれのくらし〜実験生活〜

    東方三賢人の日

    1月6日は公現節、「 Dreikönigstag 」東方三賢人の日です。(東方の三博士、東方の三賢者の呼称もあります。)救世主の誕生を告げる星を見た三人の賢人が、ベツレヘムのイエス・キリストを訪ね、その誕生を祝福した日と言われています。此方では三賢人に扮した子供達が、聖歌を歌い、家々を回る風習があります。今年はロックダウンで中止となりました。(ケルン大聖堂には、三賢人の遺骨が奉納されていると...

  18. Silvester - すみれのくらし〜実験生活〜

    Silvester

    「Silvester 」大晦日は、家族で過ごすクリスマスとは違い友人と集まったり、パーティーに行ったり騒がしく過ごします。街中に打ち上げ花火が鳴り響き、火薬の煙と大騒音で新年が幕を開けます。この花火による火事や事故も多く、今年は病院や消防への影響が考慮され、花火が禁止されました。レストランは閉められ、パーティーや会食もない静かな大晦日。こんな大晦日は初めてです。家にいるお陰で、昨日(30日)...

  19. クリスマスイヴ - すみれのくらし〜実験生活〜

    クリスマスイヴ

    今夜はHeiligabend 、クリスマスイヴ。夕食を準備している間に、夫がクリスマスツリーを設置してくれました。此方では、ツリーはクリスマスイブから1月6日まで飾る習慣があります。(ドイツ内でも様々な行事、習慣は、地域、宗教により異なります)娘が飾り付けをし、点灯は夕食の始まりに。その時までに、ツリーの下にプレゼントを置いておきます。プレゼントはクリストキント(子供のイエス様)が運んでくる...

  20. 第四アドヴェント - すみれのくらし〜実験生活〜

    第四アドヴェント

    今日は第四アドヴェント。朝、4本目の蝋燭に火を灯しました。4本目の蝋燭は「愛」神とその息子の愛の象徴という意味を持ちます。誰もが誰かに、神様に愛されていることを感じて過ごせますように。◇アドヴェントの時期、ドイツの多くの家庭ではナッツが居間に置かれています。お気に入りの「Nussknacker」くるみ割り人間。口が小さいので、胡桃は入りません…。実用はきのこ型のくるみ割り器を使っています。穴...

総件数:26 件

似ているタグ