ドイツの祝日•祭日のタグまとめ

ドイツの祝日•祭日」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはドイツの祝日•祭日に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ドイツの祝日•祭日」タグの記事(27)

  1. 第四アドヴェント - すみれのくらし〜実験生活〜

    第四アドヴェント

    今日は第四アドヴェント。朝、4本目の蝋燭に火を灯しました。4本目の蝋燭は「愛」神とその息子の愛の象徴という意味を持ちます。誰もが誰かに、神様に愛されていることを感じて過ごせますように。◇アドヴェントの時期、ドイツの多くの家庭ではナッツが居間に置かれています。お気に入りの「Nussknacker」くるみ割り人間。口が小さいので、胡桃は入りません…。実用はきのこ型のくるみ割り器を使っています。穴...

  2. ドラゴンの残り火と第三アドヴェント - すみれのくらし〜実験生活〜

    ドラゴンの残り火と第三アドヴェント

    今日は第三アドヴェント。まだ暗い朝食の時間、蝋燭に火を灯しました。3本目の蝋燭は、「喜び」真心、思いやりを意味します。コロナ禍。厳しい状況にいる方もたくさんいると思います。3本目の蝋燭の意味を考え、思いやりの気持ちを大切に、過ごしたいです。アヴェントのおやつは、先日見つけたグルテンフリーシュトレンとハーブティー「ドラゴンの残り火」にしました。美味しそうなシュトレン。開けた瞬間、豆系の粉の匂い...

  3. 第二アドヴェント - すみれのくらし〜実験生活〜

    第二アドヴェント

    今日は第二アドヴェント。クリスマスの3回前の日曜日でした。アドヴェントクランツ、2本目の蝋燭に火を灯しました。2本目の蝋燭には「平和」イエスの誕生、という意味があります。今週は普段以上に、平和を祈り過ごしたいと思います。今年のアドヴェントは、ニコラウスタークと重なり、今日は聖ニコラウスの日でもありました。嬉しいことに、玄関の外に置いた娘の靴にも、贈り物が入っていました。ユーカリグミ、白熊さん...

  4. ニコラウスターク - すみれのくらし〜実験生活〜

    ニコラウスターク

    明日、12月6日は「Nikolaustag(ニコラウスターク)」。4世紀頃に実在した、サンタクロースのモデルになったとも言われる人物「聖ニコラウスの日」です。ドイツではクリスマスと同じくらい大切な日。宗教改革前は、プレゼントを貰えるのは6日だけだったそうです。聖ニコラウスは司祭杖と、子供たちの1年の行いが書かれている金色の本を持っていて、(昨年、支援団体に来てくれた聖ニコラウス)良い行いをし...

  5. 第一アドヴェント - すみれのくらし〜実験生活〜

    第一アドヴェント

    今日は第一アドヴェント、クリスマスの4回前の日曜日です。朝食の時間にアドヴェンツクランツ最初の蝋燭に火を灯します。第1番目の蝋燭には「予言」キリストの到来、という意味があります。今日は娘のリクエストで(グルテンフリー)パンケーキのブランチに。ビーツのスープとベーコンのスクランブルを合わせました。夕方、シュトレンを食べました。贈り物用とは別に、家用は、グルテンフリーで準備しました。普通のシュト...

  6. 統一記念日 - すみれのくらし〜実験生活〜

    統一記念日

    10月3日は、「ドイツ統一の日」Tag der Deutschen Einheit という祝日でした。あれ?ベルリンの壁が崩壊したのは11月では?と思われた方の記憶は正しいです。ベルリンの壁は1989年11月9日に崩壊しましたが、この日はミュンヘン一揆(1923年)と、水晶の夜(1938年)が起こった日でもあることが祝日には相応しくないと考慮され、再統一ドイツが憲法上誕生した翌1990年10...

  7. 今日は聖体祭 - すみれのくらし〜実験生活〜

    今日は聖体祭

    今日は聖体祭と言われるキリスト教の祝日。復活祭から60日。聖霊君臨祭から10日後の三位一体の主日の週の木曜日に祝われます。(レオナルド・ダビンチ「最後の晩餐」)聖体はイエス•キリストの形態。最後の晩餐で、キリストがパンと葡萄酒を自分の体と血と示したことに由来して、カトリック教会の礼拝で用いられる聖別されたパン(ホスチア)はこの聖体と信じられています。今日はミサの後に、聖体行列が行われる地域も...

総件数:27 件

似ているタグ